1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「お大事に」の意味、言い換え、ビジネスでの敬語表現やメールの返事の仕方
「お大事に」の意味、言い換え、ビジネスでの敬語表現やメールの返事の仕方

「お大事に」の意味、言い換え、ビジネスでの敬語表現やメールの返事の仕方

「お大事に」は体調が悪い友人や入院しる会社の人間などに対して使うフレーズです。毎日使う言葉ではないので、いざ使うときに目上の人に使っていいのか迷ってしまいますよね。そんな「お大事に」の意味とビジネスシーンにおける使い方を徹底解説します。

「お大事に」の意味

「お大事に」には ・病気が悪化しませんように ・早く良くなりますように ・お体を大切に ・いたわる という意味があります。 「いたわる」の意味は「困っている人や病気の人に同情の気持ちを持って優しく接する」です。 「お大事に」は主に相手の健康状態を気遣い、体調の回復を願う気持ちを伝える表現です。 「大事」には「おおごと」「重大なこと」「大変なこと」という「大きなこと」を表す意味もあります。 「お大事に」という言葉には、治療に専念して早く回復して下さいという願いと、病気が悪化しませんようにという願いが込められています。

「お大事に」の使い方

「お大事に」は相手の体調を気遣う表現として使用されています。 しかし目上の相手に使うと上から目線のように感じてしまうため、使用を躊躇してしまう方も多いと思います。 目上の相手に「お大事に」は使っても良いのでしょうか?

「お大事に」は省略言葉なので目上の人にはNG

「お大事に」は相手をいたわる言葉ですが、目上の人に使うのは失礼にあたります。 なぜなら「お大事に」は「お体を大事になさって下さい」や「大事に至りませんように」を省略した言葉だからです。 「お大事に」ではなく「お大事になさってください」と文章を完結させることによって、目上の人に使うことができます。 しかし完結させる表現でも、「お大事にしてください」は適切ではありません。 「して下さい」は動詞「する」+要求・命令の補助動詞「下さい」で成り立っているため、目上の相手に使うと失礼に当たります。 「お大事になさってください」に「どうか」や「くれぐれも」、「どうぞ」を前に加えるとより丁寧な表現になります。 同等や目下の相手であったら「お大事に」と使うのが自然です。

「お大事に」への返事の仕方

「お大事に」自分の体を大切にしてねという意味ですが、「はい、そうします」と答えると不自然に聞こえてしまいます。 「お大事に」と言われたときは、 「ありがとうございます」 「お気遣いありがとうございます」 といったように、相手が自分の体を気遣っていることに対してのお礼の気持ちを伝えることが大切です。

「お大事に」の例文

「お大事に」を使った例文を紹介します。

「どうかお大事に、一日も早く回復なさってください」 「○○様がご病気のため、ご入院されていると知り大変驚いております。どうかご無理をなさらず、お大事になさってください」 「平熱だからといって高をくくらず、きちんと病院に行ってお大事にしてください」 「お風邪を召されたとお聞きしました。まだまだ寒い日が続くので、くれぐれもお大事になさってください」

体調を気遣う「お大事に」の類語・言い換え

「お大事に」以外の体調を気遣う言葉を紹介します。 ◯自愛<じあい> (意味:自分の体を大切にすること、病気などしないよう気をつけること) ・「厳しい暑さが続きますので、ご自愛下さい」 ◯養生<ようじょう> (意味:怪我や病気の回復に努めること) ・「この機会にしっかり養生なさって下さい」 ◯療養<りょうよう> (意味:病気を直すため、治療し健康の回復をはかること) ・「くれぐれも無理をなさらずご療養に専念されて下さい」 ◯静養<せいよう> (意味:健康の回復のため心身を静かに落ち着けて休ませること) ・「無理をなさらずしっかりご静養下さい」 ◯休養<きゅうよう> (意味:仕事などを休んで気力や体力を養うこと) ・「この機会にゆっくり休養なさって下さい」

他にも体調を気遣う表現はあります。

「1日も早い回復をお祈りします」 「お体を大切になさってください」 「一日も早くお元気になられますように」 「一日も早い復帰をお待ちしています」 「病気の具合はいかがでしょうか。心よりお見舞い申し上げます」 「一日でも早く全快されますよう、心よりお祈り申し上げます」

「お大事に」の関連表現の是非

お大事にどうぞ

「お大事にどうぞ」は病院で聞くことが多い言葉です。 間違った表現ではありませんが、「医師から患者」のように上の者から下の者に向かって使う言葉のイメージなので、目上の相手に使うには不適切でしょう。

お大事にしてあげてください

「お大事にしてあげてください」は「する」+「与える」の謙譲語「あげる」+要求・命令の補助動詞「ください」で成り立っています。 「お大事にしてあげてください」は「〜してあげる」と敬意を込めた表現ですが、「ください」が相手に少し強引な要求をしている印象を与えるため、目上の相手に使うには不適切でしょう。 「お大事にしてあげてください」は病気になった本人ではなく、看病する人に対して使う言葉とされていますが、厳密にはこのような言い方は不自然です。 代わりに第三者に使う場合は、そのまま「お大事になさってください」や「どうぞお大事に、とお伝えください」と言うのが無難でしょう。

「お大事に」英語表現

「お大事に」の英語表現はいくつかありますが、最も一般的なのは「Take care!」となります。 より丁寧にいうと「Please take care of yourself.」となります。 その他にも、 ・Please get well soon.(早くよくなってください) ・I hope you get well.(早くよくなってください) ・Get better soon.(早くよくなってください) ・I'm sorry.(お気の毒です) などと言います。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

ビジネスシーンで英語が必須な方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

さいごに

「お大事に」という言葉について理解できたでしょうか? ✔︎「お大事に」は相手の体調を気遣って、回復を願う気持ちを伝える表現 ✔︎「お大事に」を目上の相手に使う場合は「お大事になさって下さい」や「大事に至りませんように」と言った方が丁寧な言い方になる ✔︎「お大事に」の返事としては「ありがとうございます」や「お気遣いありがとうございます」が適切

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「感銘を受ける」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語も紹介!

eigobu.jp

「ちなみに」の意味と使い方、敬語、類語、語源、漢字、英語

eigobu.jp

「善処します」の使い方に注意!意味とビジネスでの使い方!類語や英語も

eigobu.jp

「私用」と「所用」の意味と使い方の違いは?類語・対義語・英語表現も

eigobu.jp

「前略」の意味と例文!結語は「草々」ビジネスでは「拝啓」使う

eigobu.jp

「邂逅」の読み方、意味、漢字、使い方を例文付きで紹介!英語表現も

eigobu.jp

「先日」の範囲はいつまで?意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

eigobu.jp

「所謂」をいわゆると読むのは漢文が由来!意味、類語、英語も例文付きで紹介

eigobu.jp

「辟易する」とはどんな意味?「辟易」の正しい読み方と使い方

eigobu.jp

「お大事に」「お大事にしてください」は敬語?意味、使い方、類語も紹介

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「お大事に」の意味、言い換え、ビジネスでの敬語表現やメールの返事の仕方