1. TOP
  2. 教養
  3. 弔事マナー
  4. 香典を渡す時にする挨拶とは?お悔やみの言葉・手紙・返事の仕方も解説

香典を渡す時にする挨拶とは?お悔やみの言葉・手紙・返事の仕方も解説

香典を渡す時は「ご霊前にお供えください」「この度はご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」などの挨拶の言葉を述べます。これらの挨拶に対する遺族の返事は「恐れ入ります」などが一般的です。通夜や葬儀に参列できない場合は、挨拶文を添えて郵送します。また香典に対するお礼である香典返しを贈る際も挨拶状を添えるのがマナーです。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

香典とは?

「香典」とは「香の代わりに死者の霊前に供える金品」

「香典」の読み方は「こうでん」です。 「香典」の意味は「香の代わりに死者の霊前に供える金品」です。 「香典」は「香奠」と書くのが正式ですが、「奠」は常用漢字ではないため「香典」と代用して書くのが一般的です。 「香」には「仏前で焚く香料」という意味が、「奠」には「神仏などへの供え物」という意味があります。 「香典」は元々仏教用語です。仏教以外でも「香典」といいますが、正式には「不祝儀(ぶしゅうぎ)」といいます。 しかし「香典」の方が広く知られているため、仏教以外の宗教でも便宜上「香典」を用いることが多いのです。 弔事で使用する封筒のことを「不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)」と言います。「香典袋」と言うこともあります。 また「香典」は通夜・葬儀・告別式にお供えする金品のみのことを指します。 初七日や四十九日などの法要でお供えする金品は「供物(品物の場合)」「供物料(現金の場合)」と言います。

香典のマナー|金額相場・選び方・書き方・お札包み方・渡し方【完全版】

WURK

香典を渡す時の挨拶

香典は受付で渡しお悔やみの言葉をかける

通夜や葬儀、告別式で不祝儀(香典)を渡す際は一言お悔やみの挨拶を述べます。 直接手渡しする際は口頭で、直接伝えられない場合は手紙で述べましょう。(郵送の挨拶文については後ほどご紹介します。) 口頭でお悔やみを述べる場合は、受付で香典を渡す際に一言挨拶をします。 受付での挨拶の例は下記の通りです。

  • ご霊前にお供えください
  • この度はご愁傷様です
  • お悔やみ申し上げます

挨拶の注意点は、忌み言葉を使わないことです。 忌み言葉とは、縁起が悪いとして使用を避ける言葉や忌み言葉の変わりに使う外の表現のことを指します。 忌み言葉の例は下記の通りです。

  • 悪いことを連想させる言葉:「四」「九」 など
  • 再び訪れることを連想させる言葉:「再び」「さらに」「また」「再々」「次々に」「追って」「続いて」 など
  • 重ね言葉:「繰り返す」「重ね重ね」「くれぐれも」「たびたび」「まだまだ」「皆々様」 など
  • 直接的な表現:「死亡」「死ぬ」「生きる」「生存」「不幸」 など

通夜・葬儀・告別式で受付が設けられていない場合の香典は、祭壇に直接お供えするか、喪主に直接渡します。 喪主に渡す場合も、上記でご紹介したような挨拶を一言添えてます。 なお通夜・葬儀・告別式以外の儀式で供物や供物料を渡す際の挨拶は、

  • 心を込めて供養させたいただきます
  • ご仏前にお供えください

などと伝えるのが一般的です。

受付係・遺族の返事

弔問客からのお悔やみの言葉や挨拶に対する受付係・遺族の返事例は下記の通りです。

  • 恐縮です
  • 恐れ入ります
  • 痛み入ります
  • お預かりいたします
  • ありがとうございます

また無理に返事をせず、お辞儀をするだけでも問題ありません。 「ありがとうございます」という人も見受けられますが、「香典に対するお礼=故人の逝去に対する感謝に繋がる」という考えから「ありがとうございます」という返事は弔事では避けるべきという意見もあります。

香典を郵送する時の挨拶文

香典を郵送する場合は挨拶文を添える

通夜・葬儀・告別式に参列できない場合の香典は、後日遺族に直接渡すか郵送します。 香典を郵送をする場合は、必ず現金書留で郵送をします。 また、香典と合わせて手紙(挨拶文)を添えて送るのがマナーです。 手紙は白無地の便箋に縦書きし、封筒を使う場合は一重封筒にします。(二重の封筒は「不幸が重なる」と捉えられるため) また忌み言葉や「追伸(悲しみが重ならないように)」は避けるようにしましょう。 挨拶文には下記の内容を書きます。

  1. 訃報を聞いた驚きや悲しみ
  2. 故人の冥福
  3. 遺族への慰めと励ましの言葉
  4. 参列できないことへのお詫びの言葉
  5. 末文

手紙の文例を下記でご紹介しますのでご参考になさってください。

挨拶文の例

<お悔やみの手紙例> お父様の突然の訃報に接し、ただただ驚いております。 ご家族の皆様の悲嘆いかばかりかと心中拝察申し上げ、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 お力落としとは存じますが、お体を損なわれることのないよう、どうぞご自愛くださいませ。 本来なら何をおいても参上してお焼香させていただくべきところですが、やむを得ない事情によりお伺いすることができず、誠に申し訳ございません。 いずれ機会を見てご挨拶に参りたいと考えております。 とり急ぎ書中をもって、お悔やみ申し上げます。 合掌

<お悔やみの手紙例> ご尊父様のご逝去の報に接し、ただ驚いております。 ご入院中とはうかがっておりましたが、ご家族様のご心中もいかばかりかと存じ、心よりお悔やみ申し上げます。 本来ならば、お参りさせていただくところですが、あいにく、遠方のため、伺うことがかなわぬ失礼をお許しください。 心ばかりのものを同封いたしますので、御霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。 お父上様を偲び、謹んで哀悼の意を表します。

香典返しの挨拶状

「香典返し」とは香典(不祝儀)のお礼

「香典返し」とは香典(不祝儀)のお礼として品物を贈ることを指します。香典返しは挨拶状とともに弔問者に贈られます。 香典返しを贈るタイミングは「当日返し」と「忌明け返し」の2種類があります。 「当日返し」は通夜や葬儀の当日に香典返しを渡す方法です。「即日返し」や「その場返し」ともいいます。 「忌明け返し」は忌明け(喪に服する期間が終わること)に香典返しを贈ります。忌明けのタイミングは宗教によって異なります。 挨拶状を書く際、忌み言葉や句読点を使わないことが注意点です。(句読点をつけることは相手を子供扱いすることに繋がるため) 香典返しの挨拶状には下記の内容を記します。

  1. 香典(不祝儀)へのお礼の言葉
  2. 故人の納骨や法要がすんだ報告(忌明け返しの場合のみ)
  3. 香典返しの品を贈る旨
  4. 書中で挨拶することへのお詫びの言葉
  5. 末文

下記で手紙例をご紹介しますので、参考にしてください。

香典返しの挨拶状の例

<香典返しの挨拶状の文例(当日返しの場合)> 本日はお心のこもったお悔やみの言葉を始め過分なお心配りをいただきまして誠にありがとうございました つきましてはささやかではございますがご香典返しといたしまして心ばかりの品をご用意させていただきました 何卒ご受納くださいますようお願い申し上げます 本来なら挨拶かたがた持参すべきではございますが略儀ながら書面にて深くお礼申し上げます 喪主

<香典返しの挨拶状の文例(仏教、忌明け返しの場合)> 謹啓 先般 母○○永眠の際の際にはご多用のところご丁重なご弔詞(ご芳志)を賜りまして誠にありがとうございました 四十九日法要を営みました 供養のしるしまでに心ばかりの品をお届けいたしましたのでお納めくださいませ 書面にて失礼ではございますがお礼かたがた挨拶申し上げます 敬具 令和○年○月○日 涌井太郎

香典に関するその他のマナー

香典(不祝儀)の金額相場

香典(不祝儀)の金額は故人との関係性や立場、また自身の年齢によって決まります。 特徴としては、自身の年齢が上がるにつれて、また血縁関係が近いほど不祝儀(香典)の金額が高くなります。 金額に迷う時は、自分と同じような立場の人と相談して決めると良いです。 金額の注意点として下記があります。

  • 「4」や「9」は避ける(死や苦を連想させるため)
  • 偶数は避ける(数が割り切れる=縁が切れると連想させるため)

しかし最近では数字をあまり気にしない人も多くいるので、相手や状況に応じて判断をしましょう。 金額の相場を下記の表にまとめましたのでご参考になさってください。 ただしあくまで目安であり、

  • 金額に迷った時
  • 故人が近親者や親しい友人等の場合
  • 故人が世帯主など一家の中心的存在だった場合
  • 自分が肩書きのある立場である場合

などの場合は、 相場よりも多めに出しましょう。

不祝儀(香典)の金額相場一覧表
贈り先 金額相場
祖父母 1万〜3万円
5万〜10万円
子供 10万円前後
兄弟姉妹 1万〜5万円
子供の配偶者の親 3万〜5万円
1万〜3万円
おじ・おば 1万〜3万円
いとこ 1万〜3万円
上記以外の親戚 5千円〜2万円
職場関係(上司、同僚、取引先) 5千円〜1万円
友人・知人 3千円〜1万円
隣人 2千円〜1万円

香典袋(不祝儀袋)の選び方

香典袋(不祝儀袋)は故人の宗教・宗派に合わせたものを使用する必要があります。 例えば仏教は菊や蓮の花、神道は無地、キリスト教は百合の花か十字架、もしくは白封筒を用います。 また包む金額に見合った香典袋(不祝儀袋)を選ぶことも大切です。 香典袋(不祝儀袋)は大きく分けると2つの種類があり、水引きが印刷されている「印刷多当」タイプと、水引きが印刷でなく付属されている「金封」タイプがあります。金封タイプには4種類があり、これらの袋の違いは、袋の大きさ、水引きの種類や色、そして包む金額です。 金額が、1万円以下の場合は印刷多当を、1万円以上の場合は金封の袋を使用します。

  • 1〜3万円水引金封
  • 〜10万円中金封
  • 10万円前後大金封
  • 10万円〜100万円〜特大金封

を使用します。 水引きの色は宗教や宗派によって異なりますが、〜3万円までは黒白それ以上の額は双銀のものを使うのが一般的です。

香典(不祝儀)の書き方

香典袋(不祝儀袋)に金額などを記入する際は必ず薄墨を使用しましょう。 薄墨には「悲しみの涙で墨が薄れる、突然のことで墨をする時間がない」という意味合いが込められています。 香典(不祝儀)の表書きは、宗教や宗派によって異なります。 仏教(仏式)では「御香典」、神道(神式)では「御玉串料」、キリスト教では「御ミサ料」(カトリック)、「忌慰料」(プロテスタント)などの表書きを使います。 宗派が不明な場合は「御花料(お花料)」もしくは「御白花料」と書きます。「御悔(おくやみ)」という表書きもありますが、あまり一般的ではないので避ける方が良いでしょう。 名前は、香典(不祝儀)を包む人のフルネームを記入します。旧姓や会社の肩書きなどを添えてもかまいません。 連名で包む際の名前は最大3名までとし、それ以上は別紙に全員の名前をまとめて書きます。 金額は大字(だいじ)で書くのが正式なマナーです。 「大字」とは漢数字の「一・二・三…」などの代わりに用いる「壱・弐・参」などの主に改ざんを防ぐ目的で使われる漢字です。 「お金」という意味を持つ「金」を添えて、「金 ○○○圓」という形で書きます。例えば、3,000円は「金 参仟圓」、10,000円は「金 壱萬圓」と書きます。 金額を書く際に「金 ○○圓也」と「也」をつける人がいますが、現在は「也」は不要です。

香典(不祝儀)の入れ方・包み方

香典に包むお札は古いお札もしくはわざと折り目をつけた新札のみです。 新札だと前々から用意をされていたようで失礼な印象を与えるからです。 複数枚お札がある場合は、お札の向きを全て揃えて入れます。 お札は奉書紙や半紙などでの包むもしくは封筒に入れます。中包みでの包み方は上記のイラストを参考になさってください。 封筒にお札を入れる場合、弔事では「顔を伏せる」ように入れるのが一般的とされています。 封筒の「表」に対してお札が「裏」を向くように入れますが、その際人物の顔が底を向くように入れます。 お札の人物像を伏せるように入れることで、故人に対する悲しみやお悔やみなどの気持ちを表します。 上包みの折り方は弔事では「悲しくてうつむいている」という意味で、上の折返しが上面にきます。(上の折返しを最後に折ります) 水引きの結び方は「結びきり」の基本の真結びです。水引きの色が2色の場合、右に濃い色、左に薄い色がくるように結びます。 不祝儀袋(香典袋)を持参する際は袱紗(ふくさ)という1枚の布を使います。 布を折る順番は右→下→上→左です。 袱紗が無い場合に風呂敷を代用する時も折り順は同じです。

香典(不祝儀)の渡し方

不祝儀(香典)は通夜や葬儀、告別式の受付で渡すのが基本です。 通夜や葬儀、告別式の両方に参列する場合、最初に弔問する通夜に不祝儀(香典)を渡すのが一般的です。 受付で不祝儀(香典)を渡す際は袱紗から取り出し表書きの正面を受付係に向けて両手で渡します。 受付がない場合は、焼香の際に霊前にお供えするか遺族に直接渡します。 遺族に手渡しする時も相手に表書きの正面を向けますが、焼香時は表書きの正面を自分に向けます。 焼香の後に遺族が霊前に向けて不祝儀(香典)を置き直すためです。 何かしらの事情で通夜や葬儀に参列できない場合は、後日弔問時もしくは郵送(現金書留)で不祝儀(香典)を送ります。 訃報を知ったらなるべく早めに対応しましょう。

まとめ

今回は香典を渡す時の挨拶の言葉について解説しました。

  • 香典を受付で渡す時は「ご愁傷様です」「ご霊前にお供えください」などと一言挨拶を述べて渡す。受付がなく遺族に直接渡す場合の挨拶も同じ。
  • 通夜などに参列できない場合は香典を郵送しても良い。挨拶文を添える。
  • 香典に対するお礼の金品を「香典返し」という。香典返しを贈る際はお礼を述べた挨拶状を添えるのがマナー。
  • 香典(不祝儀)の金額相場や書き方などは宗教や宗派によって異なる。

本記事の他にも、香典に関する記事を用意していますので、ぜひ参考にしてください。

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 教養
  3. 弔事マナー
  4. 香典を渡す時にする挨拶とは?お悔やみの言葉・手紙・返事の仕方も解説