1. TOP
  2. 教養
  3. テクノロジー
  4. インスタグラムのリポストのやり方!ストーリーも可?無料アプリは?

インスタグラムのリポストのやり方!ストーリーも可?無料アプリは?

インスタグラムでは「リポスト」をすることがあります。「リポスト」とは「再投稿」のことで、人の投稿などを自分のアカウントで再度投稿することです。今回は、「リポスト」の方法を詳しく解説していきます。

インスタグラムの「リポスト」とは?

インスタグラムの「リポスト」とは、他の人の投稿を自分のアカウントで再度投稿することです。Twitterの「リツイート」機能と似ています。 インスタには相手の投稿をそのまま自分のフィードでシェアする機能はありません。 相手の投稿をストーリーズでシェアするか、相手が投稿した写真と文章をアプリなどを介して自分のフィードの投稿としてシェアすることしかできません。 今回はリポストについて詳しく解説していきます。

インスタの投稿をリポストする方法

まずはリポストアプリを使用せず、インスタグラムアプリ本体でできるリポストの方法を紹介します。

他人のフィード投稿を自分のストーリーにリポストする

1. リポストしたい投稿の紙飛行機マークをタップ

まずリポストしたい投稿を開きます。 いいねやコメントのアイコンの横に紙飛行機のマークがあるのでタップします。

2.ストーリーズに投稿を追加

メニューが表示されるので[ストーリーズに投稿を追加]をタップします。 するとストーリーズの編集画面が開きます。

3. 編集してシェア

普段ストーリーズに投稿する時のように編集ができます。 ストーリーズで他のユーザーの投稿をシェアする場合、ストーリー上では画像とユーザーネームしか表示されません。 動画をシェアする場合はストーリーズ上にサムネイルが表示されます。動画を見るためには元の投稿を開く必要があります。 また、フィード投稿の文章を全文読むには、投稿元のページに飛ぶ必要があります。 ストーリーズの投稿をタップすると、元の投稿者のページに飛ぶことができます。 元の投稿で複数枚投稿されている場合は、1枚目の画像のみがストーリー上では表示されます。 全ての投稿を見るためには、元の投稿者のページに飛ぶ必要があります。

自分のストーリーを自分のフィードにリポストする

ストーリーは24時間で自動的に消えてしまいますが、自身のストーリーズに投稿した画像や動画を、フィードにリポストすることもできます。

1. ストーリーを開き「投稿としてシェア」

自分のストーリーズを開き、右下の[…その他]をタップして[投稿としてシェア]を選択します。

2.通常の投稿通りに編集

[投稿としてシェア]を選択すると、通常の投稿の編集画面に移動します。 まず画像の編集をしましょう。 写真はフィード投稿のサイズになるため、ストーリーの画像を全画面サイズのまま投稿することは出来ません。 上下のいずれかが切れてしまいます。

3.キャプション入力などをしてシェア

画像の編集が終わったら、キャプションの入力やタグ付けなどをして右上の[シェア]を押せば完了です。

リポストしたストーリーを消すのもアリ

フィードにリポストをすると、同じ内容のものが2つ投稿されることになります。 フィードの投稿もストーリーの投稿も同じなのが気になる場合は、フィードにリポストをしたストーリーを消すのもひとつです。 ストーリーズの削除方法は、該当のストーリーを開き画面右下の[…その他]→[削除]の順にタップをします。 「この写真(動画)を削除しますか?」と表示されるので、[削除]をタップします。

画像保存+文章コピペして通常投稿することも可能

画像をスクショなどをして保存し、文章を入力し「通常投稿」としてリポストをすることで、他人がフィードに投稿した内容を自分のフィードで投稿することができます。 インスタの投稿はアプリ上ではコピペができないので文章を打つ必要があります。 ただし、そのような行為をすると相手に嫌がられる可能性がとても高くなります。 どうしてもリポストしたい場合は、相手に許可を取りリポストであることを明記しましょう。 もしくはスクショをする際に相手のユーザーネームや文章まで撮影し投稿するといいでしょう。 インスタグラムで投稿された画像を保存する方法は下記を参照してください。

その他のシェア方法

他人のストーリーズは他人にDM可

他のユーザーのストーリーズ投稿をリポストする方法はないのか?と思う方もいるかもしれません。 誰かのストーリーズを他の人にも見てもらいたい時に、他ユーザーにDMで送ることができます。 ただし、非公開アカウントをDMを送る相手がフォローしていない場合は、ストーリーズが表示されない場合があります。 筆者が検証したところやはりストーリーズを見ることはできず、DMには「ストーリーズを見ることができません」と表示されました。 ストーリーズの右下にある紙飛行機のアイコンをタップすると送信先を選ぶ画面が出来てます。 ここで送りたい相手を検索・選択し、下部の[送信]を押せばDMに送ることができます。 この時、複数人選択することやメッセージを入力することも可能です。 他のユーザーのストーリーを自分のストーリーにリポストするのであればアプリを使いましょう。 リポストアプリについては後述しています。

フィード投稿は他のSNSにシェアすることも可

自分や他ユーザーのフィード投稿は、LINEやTwitterなど他のSNSにシェアすることもできます。 シェアしたい投稿を開き、右上の[…]を開きます。 [宛先を指定してシェア]をタップすると、近々でやり取りをしたLINEの相手やメール・Twitter・Facebookなどのアイコンが表示されます。 LINEであれば、表示されたメニューの中で転送ができます。 Twitterを選択した場合はTwitterのアプリが開きツイート画面に移動しますので、文章などを入力してツイートしましょう。 ただし、フォローしていない非公開アカウントのフィード投稿はシェアされない場合があります。 筆者がフィード投稿をLINEで送信して検証したところ、フィード投稿は開かれず「このアカウントは非公開です」と表示されました。

リポストアプリの使用方法

上記でインスタアプリ内でのリポスト方法をご紹介しましたが、外部のアプリを使ってリポストをする方法もありますのでご紹介します。 外部のリポストアプリでシェアできるのは、公開アカウントの投稿のみとなります。非公開アカウントの投稿のリポストは不可です。

おすすめリポストアプリ

Repost for Instagram リポスト(Kiryl Laba)

「Repost for Instagram リポスト」はiPhoneで使うことのできるアプリです。 フィードの投稿もストーリーズの投稿も簡単にリポストすることができます。 また複数枚の投稿もリポストすることが出来ます。

Repost for Instagram - Regrann(Red Cactus)

「Repost for Instagram - Regran(Red Cactus)」はAndroid版限定のアプリです。 ご使用端末がAndroidの場合は、こちらのアプリの使用がおすすめです。 Android版リポストアプリは、他にも 「Repost for Instagram - Regram(Kimcy929)」「Repost for Instagram - Regrann(JaredCo)」などがあります。

リポストアプリでリポストする方法

ここではiPhone用リポストアプリ「Repost for Instagram リポスト」の使い方をご紹介します。 その他のリポストアプリでも基本的な操作は同じです。

①投稿のリンクをコピー

まずは「App Store」や「Google Play」でリポストアプリをダウンロード(無料)しましょう。 インスタアプリを開き、保存したい画像や動画の投稿のリンクをコピーします。 フィードの投稿もストーリーズの投稿も保存することができます。 リンクのコピーは、フィード・ストーリーズ共に投稿の右上の三点リーダー […] から [リンクをコピー] を選びましょう。

②アプリを開く

インスタグラムで [リンクをコピー] をタップした後、そのまま「Repost for Instagram」を開くと「RepostにInstagramからペースト」と表示され、 [アクティブ] の下にコピーした投稿が表示されます。 それをタップして [再投稿] を押すと「ストーリーズ」か「フィード」に投稿をするかが選べるので投稿したい方を選びましょう。

③キャプションにテキストを貼り付けてシェア

「ストーリーズ」か「フィード」を選択すると、編集画面に移ります。 この時点で自分のスマホにリポストしたい画像が保存されていますので、画像を選択してキャプション入力画面に移動します。 元投稿の文章は[再投稿]を押した際にスマホにコピーされているので、キャプション画面を長押しして[ペースト]を選び、テキストを貼り付けましょう。 最後に[シェア]をタップすると、リポストが完了となります。

リポストアプリの注意点

画像に相手のユーザーネームが記載される

リポストアプリをすると、画像にユーザーネームが記載されます。 そのため、画像のみを元投稿と同じように投稿できるわけではないので注意しましょう。

非公開アカウントや親しい友だち設定の投稿は出来ない

非公開アカウントの投稿や親しい友だち設定になっているストーリーズの投稿は、自分がフォローをしていてもアプリからはアクセスできないため、リポストすることが出来ません。 どうしてもリポストしたい場合は相手に許可を取り、スクショなどをしてリポストしましょう。

無料トライアル期間がすぎると有料になることも

上記でご紹介した「Repost for Instagram リポスト」は、ダウンロード自体は無料です。 無料トライアル期間は3日間で、それ以降は年間2,100円の料金が発生します。(2021年2月現在)

通知や足跡はないが、相手に気づかれる場合も

リポストアプリを使用しても、相手に通知がいったり足跡が残ることはありません。 ただし、あなたのアカウントが公開アカウントであれば、相手がハッシュタグ経由などであなたのリポストした投稿を見つける可能性は多いにあります。

リポストする時のマナー

リポストする前に許可を取るべし

勝手にリポストをするのは相手も気分は良くありません。 自分で撮った写真を、他人があたかも自分で撮ったかのような投稿をしてたいら、嫌ですよね。 また個人情報などが分かってしまう場合もありますので、勝手にリポストはしないようにしましょう。 必ずコメントやDMで相手に許可を取るようにしましょう。

リポストさせてもらったらお礼をいう

リポストをしたら、元々の投稿者にお礼を言うようにしましょう。 リポストをした投稿の内容に、感謝の言葉と相手のアカウントのリンクを付けるなどをするとより良いでしょう。 さらに直接DMなどでもお礼を言いましょう。 SNS上での人間関係を円滑に進めるためにも、「ありがとう」をしっかりと伝えるようにしましょう。

リポストであることを明記する

また、リポストをした投稿にリポストであることを明記しましょう。 「リポスト」と記載したり、画像にタグ付けをしたり、キャプションで「photo by @ユーザーネーム」と入力したりするといいでしょう。 キャプション内で「@ユーザーネーム」と入力するとそのアカウントのメンションリンクを貼ることができ、投稿後そのユーザーのプロフィールページに飛ぶことができます。

画像・動画・文章を勝手に編集しない

リポストをする時は勝手に画像や文章を編集するのはやめましょう。 あくまで著作権は投稿者にありますので、他人の投稿をリポストする時は全てをそのまま投稿することを心掛けましょう。 また、画像や動画を編集すると、まるで相手が投稿した画像や動画が良くなかったかのように思えます。 相手が不快に思ったり傷付いたりしてしまう可能性がありますので、リポストをする際はそのまま投稿しましょう。

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 教養
  3. テクノロジー
  4. インスタグラムのリポストのやり方!ストーリーも可?無料アプリは?