1. TOP
  2. テクノロジー
  3. Facebookの使い方
  4. Facebookで友達や投稿を検索する方法|出てこない時の対処法は?

Facebookで友達や投稿を検索する方法|出てこない時の対処法は?

Facebook(フェイスブック)で友達や投稿を検索して見つけ出す方法を画像付きで丁寧に解説します。メールアドレスや電話番号から探しことも可能。便利な絞り込み機能を使った方法も紹介します。

はじめに

Facebook(フェイスブック)検索について解説していきます。 Facebook検索で検索できることは多岐に渡ります。

  • Facebookに登録されている利用者
  • 投稿
  • 写真
  • 動画
  • スポット
  • ページ
  • グループ
  • アプリ
  • リンク
  • イベント

本記事では、よく検索させる「友達」と「投稿」のFacebook検索方法をわかりやすく解説していきます。 Facebookの利用方法はスマホアプリとパソコンブラウザの二種類がありますが、利用者数の多いスマホアプリのみ解説していきます。 パソコンブラウザで使用した場合、デザインに多少の違いはあるかと思いますが、基本的に手順は同じです。

友達をFacebookで検索する方法

トップページの検索マークをタップ

まずFacebookのスマホアプリを開きます。 そしてトップページにある、虫眼鏡の検索マークをタップします。

検索ページで名前をタイピングする

すると検索ページに移りますので、実際に名前をタイピングし、iPhoneまたはAndroidのキーボードの「検索」ボタンをタップしてください。 以前に検索したことがあると、履歴で出てきます。 履歴で表示された言葉をタップしても検索することができます。

検索結果一覧を閲覧

すると検索結果の一覧が表示されます。 Facebookはかなりの頻度でデザインをアップデートしています。 同じ時期でもユーザーによって表示方法が異なることが多くあります。 現在の検索結果一覧は上図の2通りが見受けられました。 人物が上位表示されます。 自分自身やすでに友達になっているユーザー、フォローしているユーザーが優先的に表示されます。 友達の場合は右側に表示された「メッセンジャー」ボタンをタップすると、メッセンジャーアプリに移行します。 その後に知り合いかもしれないユーザーが表示されます。 以前のように「知り合いかも」という文言自体は表示されません。 共通の友達や出身地、職歴など様々なデータを駆使して、優先順位が割り出されています。 下にスクロールしていくと、検索キーワードに関連した投稿なども表示されます。

絞り込み機能「人物」をタップ

検索結果が多すぎて探しづらかったり、探している友達が表示されない場合は絞り込む機能を使ってみましょう。 Facebook検索を利用すると、検索欄のすぐ下に絞り込む機能が表示されます。

  • 投稿
  • 人物
  • グループ
  • 写真
  • 動画
  • ページ
  • スポット
  • イベント
  • Marketplace

友達を探しているので「人物」をタップしましょう。

フィルターを選択する

「人物」をタップすると、さらに細かいフィルターを選ぶことができます。 3つのアカウントで試したところ、「人物」をタップした後にのデザインは3パターンもありました。。。 「フィルター」が出てこないパターンもあり、その場合はさらに細かく絞り込みすることはできません。

  • フィルター
  • 市区町村
  • 学歴
  • 職歴
  • 友達の友達

と出てきます。 「フィルター」はその中から、「市区町村」「学歴」「職歴」を選びます。 「市区町村」をタップすると、また検索欄とリコメンドが出てきます。

出てこないときは?

名前をいくら検索しても出てこない時は下記を試してみてください。

  • 違う漢字で検索する
  • ローマ字で検索する
  • メールアドレスで検索する
  • 電話番号で検索する

正直いってGoogleと比べるとFacebookの検索の精度はそこまで高いとはいえません。 たとえば「池袋に住んでいる渡辺さん」を検索したい時に、「渡辺 池袋」と複数キーワードで検索しても、求めている検索結果はなかなか出てきません。 複数キーワードで検索すると、無関係なグループアカウントや法人アカウントが出てくることもありますので、注意してください。 Facebookにとっては広告収益を伸ばすことが最大目標となっているはずです。 ほとんどのユーザーはFacebook上ではあまり検索せず、すでにいいねやフォローしているコンテンツを受身で消費しています。 よって、検索精度の向上は優先順位がかなり低く、コンテンツ配信の最適化にかなりのリソースが割かれていると考えられます。 同じ「わたなべ」でも「渡辺」「渡邉」「渡邊」など漢字が複数ある場合がありますよね。 「渡辺」と検索すると「渡辺さん」が上位表示されますので、お求めの「わたなべさん」が「渡邉さん」の場合は「渡邉」と検索しましょう。 人によってはFacebookの名前を平仮名や片仮名で登録している人もいますので、念のため平仮名や片仮名でも検索してみましょう。 それでも見つからない場合は、ローマ字検索がおすすめです。 全てのユーザーではありませんが、日本語で名前を登録している人でも、ローマ字表記も登録している人が多いためです。 それでもなお出てこない場合は、メールアドレスや電話番号で検索することも可能です。 ただし、メールアドレスや電話番号での検索では自分が表示されないように設定しているユーザーもいますので注意してください。 上記の方法全てを試しても、出てこない場合は、Facebookを利用している可能性が高いといえます。

投稿をFacebookで検索する方法

検索欄にキーワードを入れる(複数ワードがよい)

「投稿」を検索する際も、「人物」を検索する時と同じように検索欄に検索したい投稿内に使われていたキーワードを入れてみましょう。 「人物」を探すときにはあまり役に立たなかった複数キーワード検索も、「投稿」を探すときには結構使えます。 検索結果一覧ページはデフォルトだと「人物」「法人ページ」「グループ」など色々出てきてしまうので、検索欄の真下にある「投稿」をタップしましょう。 ハッシュタグを検索したい場合は、「#東京」などと、半角のハッシュマークを使用しましょう。 Facebookでハッシュタグを使う人はあまり多くありませんが、ハッシュタグに限定された検索結果をみることができます。 上記画像のように、アカウントによって検索結果一覧ページのデザインが違う場合があります。

フィルター機能を使う

「投稿」の検索結果一覧ページをみると、またもやアカウントによって右上にフィルター機能がある場合とない場合があります。。。

フィルター機能が表示される場合

フィルター機能がある場合はそれをタップすると、

  • 既読の投稿
  • 投稿日
  • 投稿の作成者
  • タグ付けされた位置情報

の4項目を出てきます。 それぞれ自分の条件にあったものに設定して、「結果を表示」をタップしましょう。 すると絞り込みした条件で検索結果が表示され、条件に合った投稿を見つけやすくなります。

フィルター機能が表示されない場合

フィルター機能が表示されない場合は、とりあえず下にスクロールして過去の投稿をさかのぼってみてください。 それでも探している投稿が見つからない場合は、「投稿」ボタンをタップする前の検索結果一覧ページに戻って、

「◯◯」に一致する既読の投稿をすべて見る

という文言をタップしてみましょう。 ただし、この文言も検索ワードによって表示される場合とされない場合もあります。 表示されない場合は、「投稿」一覧ページからさらに絞り込むことはできません。 すると、検索欄の下に、フィルター機能が出てきますので、使用することができます。

アクティビティログを見る

「アクティビティログ」を見ると、自分がFacebook上で今まで行ってきた全ての活動を確認することができます。 投稿はもちろんのこと、どの投稿に「いいね」や「コメント」をしたか、どのページを見たかなど細かくチェックすることが可能です。 上記の方法で友達の投稿が見つけられない場合でも、自分が「いいね」している場合は、この方法で見つけ出すことができます。

トップページ右下のメニューボタン

まずは、Facebookをアプリを開きます。 そして、トップページの右下にある [≡(メニューボタン)] をタップします。

[設定とプライバシー] → [設定] の順にタップ

メニューページから下にスクロールし、[設定とプライバシー] をタップします。 その後に、[設定] をタップします。

「あなたのFacebook情報」内の [アクティビティログ] をタップ

設定ページに入ったら、下にスクロールします。 「あなたのFacebook情報」内の [アクティビティログ] をタップします。

[フィルター] を使うことも可

すると、「アクティビティログ」を確認することができます。 「フィルター」を使うことも可能です。 それぞれのアクティビティの右端にある […] をタップすると、[見る] または [削除] を選択することができます。

Facebook検索に関する知識

Facebook検索は相手にバレる?

Facebookで他人をいくら検索しても、その人のページを閲覧しても、相手にバレることはありません。 Facebookには足跡は付きません。 「知り合いかも」などと表示されるのも、Facebook社が独自のアルゴリズムから表示しているだけなので、心配無用です。

Facebook検索をログインせずにする方法はある?

ただし、Facebook社はあなたがどんなことを検索しているのか、つまりどんなことに興味あるのかを把握しています。 検索ログをFacebook自体にも残したくない場合は、ログアウトした後にGoogleで「Facebook 山田太郎」などと検索しましょう。 ログインしていない状態でもFacebookページは閲覧することが可能です。

Facebook検索の削除方法は?

上記で紹介したアクティビティログのページで、自分が検索したというアクティビティを削除することも可能です。 アクティビティの右端にある […] をタップし、 [削除] をタップしましょう。

Facebook検索で自分を検索結果に表示しない方法は?

[≡(メニューボタン)][設定とプライバシー][設定][プライバシー設定][メールアドレスであなたを検索できる人][自分のみ] また、 [≡(メニューボタン)][設定とプライバシー][設定][プライバシー設定][電話番号であなたを検索できる人][自分のみ] また、 [≡(メニューボタン)][設定とプライバシー][設定][プライバシー設定][Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか][オフにする] の3つの方法で、Facebook検索(またはGoogle検索)で自分が表示される機会を限定することはできますが、Facebook検索から自分の表示を完全に無くすことはできません。 Facebookで自分が完全に表示されないようにするには、退会するしかありません。 Facebookの退会方法に関しては下記の記事をご参考ください。

Facebookの退会(アカウント削除)の方法【2021年】何が起こる?利用解除との違いは?

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. Facebookの使い方
  4. Facebookで友達や投稿を検索する方法|出てこない時の対処法は?