1. TOP
  2. 英語の教材と書籍
  3. Hapa英会話を実際に使った感想と評価!口コミと評判も徹底紹介
Hapa英会話を実際に使った感想と評価!口コミと評判も徹底紹介

Hapa英会話を実際に使った感想と評価!口コミと評判も徹底紹介

Hapa英会話を実際にレビューした感想と評価を紹介します。Hapa英会話の特徴、効果、返品制度の有無、勉強法など細かく解説します。世の中の口コミや評判も包み隠さずお伝えします。Hapa英会話はトラベル英会話を習得したい方におすすめの教材ですが、その他のおすすめ教材との比較もしていきたいと思います。

はじめに

今回、Hapa英会話をレビューするにあたり、英会話教材29商品を実際に購入し徹底的に分析しました。 他社の英会話教材と比較もしながら、Hapa英会話の評価をしていきたいと思います。

《本記事の筆者の経歴》 ・TOEIC950点 ・アメリカ滞在歴5年(現在は日本在住) ・カリフォルニア州立大学コミュニケーション学部卒(上位10%のHonor Studentで卒業) ・留学エージェントにて語学学校斡旋業(フィリピン留学を担当) ・英話コーチングスクールにてコンサルタント業(約80人の生徒さんを担当)

Hapa英会話の基本情報

《Hapa英会話》基本情報
名前 Hapa英会話
価格 29,800円(送料無料、税込)
→特別限定価格19,800円
内容 テキスト1冊+CD・DVD12枚組
レベル 初級者(中学英語が不安な方)〜中級者(中学英語が身に付いている方)
レッスン数 全6シーン(カフェ、ファストフード、道案内、ショッピング、ホテル、レストラン)
1日の学習時間 30分
学習の継続期間 30日
返金制度 あり(90日間全額返金保証)
サポート メール
無料視聴 あり(CD、DVD)
特典 Hapa英会話完全版(テキスト1冊+CD・DVD12枚組) 計3点

会社概要
会社名 株式会社チカラインターナショナル
代表者 横田 力
所在地 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-18-16 RES代々木ビル3階
設立 平成19年10月2日
資本金 500万円
電話番号 03-6300-0619
メールアドレス 不明
FAX番号 03-6300-0619

公式サイトはこちら

Hapa英会話の特徴

トラベル英会話に特化した英会話教材

Hapa英会話の特徴はトラベル英会話に特化した英会話教材です。 Hapa英会話では6つのシチュエーションで、トラベル英会話を学びます。 ・カフェ:注文、注文時の特別な要望の伝え方、カフェでのトラブル対応 ・ファストフード:単品・セットでの注文、注文時の特別な要望の伝え方、ファストフードでのトラブル対応 ・道案内:道の聞き方、道の尋ね方、道案内の仕方 ・ショッピング:入店、試着、購入、返品、交換 ・ホテル:予約有りのチェックイン、予約無しのチェックイン、フロントデスクへ電話、チェックアウト ・レストラン:席案内、飲み物・前菜の注文、メイン料理の注文、食事中の会話、お会計

「聞く英語」は覚えない!?リスニングとスピーキングを分けた学習メソッド

Hapa英会話は、会話の丸暗記ではなく実践に重きをおいており、リスニングは「何を聞かれているか」の会話の流れを日本語で把握すれば良く、スピーキングでは会話の流れのパターンに応じてシンプルに伝えることが重要としています。 海外旅行で自分が聞く英語(リスニング)を覚える必要なないと製作者は謳っており、カフェや店などで相手(店員)が話す内容はある程度決まっています。 例えば、「お持ち帰りですか?」や「何かお探しなものはございますか?」などの英語表現を丸暗記する必要はなく、リスニングは聞かれている内容を日本語で前もって把握しておく学習法を推薦しています。(詳細は後ほどご紹介します) また、トラベル英会話の習得に文法を完璧に理解する必要はないとも主張しています。 上記で旅行先でリスニングする内容はある程度決まっていると触れましたが、それに対する、「店内で食べます」「見ているだけです」などの答えもある程度決まっていますよね。 Hapa英会話はスピーキングで必要な単語やフレーズが多く紹介されており、文法の解説は一切ありません。

「3ステップ・ロールプレイ学習法」でトラベル英会話を習得

上記の学習メソッドをもとに、Hapa英会話では3ステップ・ロールプレイ学習法を使ってトラベル英会話の習得を図ります。 3ステップ・ロールプレイ学習法とは、実際の会話シーンを想定したロールプレイを実践することです。 ロールプレイはビジネスの研修などで実践されることもありますよね。 英会話の予行練習を行うことで本番(実際の海外旅行)はストレスフリーで英会話を楽しめるようになります。 3ステップ・ロールプレイ学習法は、名の通り3つのステップがあります。 ステップ1:会話の流れを覚える ステップ2:単語とフレーズをざっと覚える ステップ3:CDでロールプレイを繰り返す 会話の流れを映像や音声などをもとにを丸ごとざっくり覚えさせる仕組みで、臨場感溢れる英会話教材です。 音声CDやDVDの英会話を使って一人でもロールプレイが実施できる作りになっています。

ロサンゼルス生まれのバイリンガルが製作

Hapa英会話は日米バイリンガルのセニサック敦さんによって制作されました。 (教材名になっているHapaは元々ハワイ語で今はロサンゼルスでもよく使われる「ハーフ」に相当する英語表現です) セニサックさんは、ロサンゼルスのロサンゼルスの語学スクール「BYB English Center」で校長を務める傍ら、Youtube(チャンネル登録者40万人!)、Podcast(全体ランキングと教育部門ランキングで1位入賞の実績あり!)やブログなどで英語のレッスンや学習アドバイスなどを発信しています。全国セミナーも開催しています。 セニサックさんが校長を務める「BYB English Center」はロサンゼルスで30年以上に渡り英語を教える個人レッスン制の語学学校で、これまでに2,800人以上の生徒がレッスンを受講しています。 日本の有名企業の駐在員やその家族に大変人気がある「日常英会話コース」の内容を取り入れた教材がHapa英会話です。

平均的な価格で、90日の全額返金保証あり

Hapa英会話の通常販売価格は29,800円(税込)ですが、筆者は特別限定価格19,800円(税込)で購入しました。現時点(2019年12月)でも特別限定価格で販売されています。 Hapa英会話のベースとなっていてセニサックさんが校長を務めるBYB English Center「日常英会話コース」の授業を受けると1時間で5,000円以上の料金がかかりますが、Hapa英会話は安価な料金で提供されています。 送料は無料で、クレジットカード決済手数料、コンビニ後払い手数料、代引引換手数料も無料です。 Hapa英会話に関する問い合わせは公式サイトの問い合わせフォームから可能です。 Hapa英会話の特典は3点です。 本教材と同じような構成ですが、本教材ではカバーされていない内容が学習できます。 特典に含まれる英会話は下記の通りです。 ・飛行機の中の会話編 ・入国審査と税関編 ・タクシーに載ったときの会話編 ・マクドナルド編 ・スターバックス編 ・バー編  上記の場面での英会話を習得すれば、海外旅行での会話がさらに増えるでしょう。 また、Hapa英会話では、90日全額返金保証を設けています。 万が一Hapa英会話の学習で英語力の向上が感じられない場合は、商品開封後でも返金制度を適用することができます。 適用条件は、購入日から90日から365日以内となります。

公式サイトはこちら

Hapa英会話の教材セット内容

Hapa英会話の教材セット内容(特典を除く)は下記の通りです。CDとDVDの枚数が多い点が特徴的です。 ・テキスト1冊(B5 170ページ) ・音声CD12枚 ・DVD1枚 また、Hapa英会話には2人(厳密に言うと2匹?)の登場人物が登場します。 ・HAPA-nyan(ハパニャン):猫のキャラクターで、カリフォルニア育ちの日本とアメリカのハーフの設定。 ・Daruman(ダルマン):だるまのキャラクターで、日本生まれ日本育ちの設定。

テキスト

Hapa英会話のテキストはB5で持ち運びしやすい大きさです。 上記でご紹介した6つシチュエーション(カフェ、ファストフード、道案内、ショッピング、ホテル、レストラン)を7つの項目で学習を進めていきます。(内1つはおすすめスポットの紹介なため学習範囲ではありません) 学習項目の詳細は下記の通りです。 1. Introduction(会話の流れの紹介) 2. Variation{会話の中で入れ替えて使用する単語やフレーズの紹介} 3. Useful Knowledge(知っていると便利な単語や知識などの紹介} 4. Dialog(会話例) 5. Review(学習内容の復習) 6. Live Conversation:実践的な生の英会話の紹介) 7. Hot Spot(セニサック敦さんおすすめの南カリフォルニアのスポットの紹介) また、テキストの後半には本編とは別に「ダルマンを悩ます」と「これだけは覚えておきたい!旅行英会話100フレーズ」が載っています。 砕けた英語や通じないカタカナ英語や返事に困る質問の解説、海外旅行先でとっさに英語が出てこない時などに役立つ情報が紹介されています。

CD

Hapa英会話の音声CDは12枚組です。2種類の音声CDが用意されています。 ・《日本語→英語》 ・《英語のみ》 Hapa英会話は英語ネイティブが話すスピードそのものです。 他の英会話教材では「ナチュラルスピード」とされている音声がネイティブスピーカーよりも遅いことが多いですが、Hapa英会話で話される英語はネイティブスピーカーの中でも比較的話すスピードが速い人が多く登場します。 また、発音もネイティブの発音をそのまま使用しているため、他の英会話教材で使われている「理解しやすい綺麗な英語」とは全く異なります。

DVD

Hapa英会話には1枚のDVDが学習教材として設けてあります。 ロサンゼルスでの実際の英会話のシーンが収録されていて、これらは実際にBYB English Centerが行っている課外授業です。 ・カフェ ・ファストフード ・レストラン ・ホテル ・ショッピング ・道案内 DVD中の英会話はネイティブ同士の会話で、スピードはかなり速いです。 筆者がレビューしてきた29種類の英会話教材の中でダントツで速く、筆者でも聞き取りに苦戦しました。 かなり難易度の高い速さであることは確かですが、内容を最初から完璧に聞き取る必要はありません。(理由は後ほどご説明します。) DVDの字幕は日本語、英語、字幕無しが選択できます。

公式サイトはこちら

Hapa英会話の使い方・勉強法

Hapa英会話の学習時間の目安は1日30分の学習です。 上記でも説明した通り、Hapa英会話では聞く英語と話す英語を切り分け、3ステップ・ロールプレイ学習法を通じて英会話習得を図ります。 ・会話の流れを覚える(ステップ1) ・単語やフレーズを覚える(ステップ2) ・ロールプレイを繰り返す(ステップ3) この3ステップ・ロールプレイ学習法を細かく分けた7つの学習項目を自身のペースで進めていきます。 学習項目を3ステップ・ロールプレイ学習法に割り当てると下記のようになります。 ステップ1:会話の流れを覚える(Introduction) ステップ2:単語とフレーズをざっと覚える(Variation、Useful knowledge) ステップ3:CDでロールプレイを繰り返す(Dialog、Review、Live conversation)

ステップ1:会話の流れを覚える

3ステップ・ロールプレイ学習法の最初のステップでは音声CD《日本語→英語》を使用し、会話の流れを日本語で覚えます。 どういうことをどの順番で聞かれるのかを意識し英会話のパターンを掴みます。 相手のフレーズは暗記する必要はなく、会話の流れは日本語で覚えます。 テキストの「Introduction」はこのステップに該当する項目です。

ステップ2:単語とフレーズをざっと覚える

3ステップ・ロールプレイ学習法のステップ2ではスピーキングで使用する単語やフレーズを覚えます。 テキストの「Variation(バリエーション)」「Useful Knowledge(便利で役立つ知識)」を主に使用します。 「Variation(バリエーション)」では会話の中で入れ替えて使える単語やフレーズなどの英語表現を学びます。 例えば、「〜をください」と注文する際の表現は「I'd like...」「I'll have...」「I'll take...」「Can I have...」「Can I get...」などで言い換えができます。 「Variation」では相手からよく聞かれる質問と回答例も学びます。 例えばカフェの店員がよく尋ねる内容として「ホットかアイスか」「ドリンクのサイズ」「店内か持ち帰りか」などがあります。 これらの質問は聞かれている内容をざっくりと日本語で覚え、自身の回答で使う単語などは英語で覚えます。 「Useful Knowledge(便利で役立つ知識)」では、知っていると便利な単語やフレーズなどの英語表現や知識が紹介されています。 他の英会話教材では学べないような詳細な単語が網羅されているので、より深い英会話ができるようになります。 例えばカフェのシーンではカフェ用語(サイズの言い方、牛乳の種類など)を学びます。 日本でドリンクのサイズは「S・M・L」と表現しますが、アメリカでは「Small・Medium・Large」や「Short・Tall・Grande」などと言います。 また、普通の牛乳を「milk」と言うことはよく知られています。その他の牛乳の種類は、低脂肪牛乳「2% milk」、無脂肪牛乳「nonfat/skim milk」、そして豆乳「soy milk」と言いますが、ここまで網羅している英会話教材は他に無いでしょう! 上記はほんの一部でUseful Knowledgeで学ぶ情報量はとても豊富なので、全てを覚えるというよりは自身が使いそうな単語を厳選して覚えることをおすすめします。

ステップ3:CDでロールプレイを繰り返す

3ステップ・ロールプレイ学習法の最後のステップはロールプレイです。 テキストの「Dialog」「Review」「Live Conversation」と《英語のみ》の音声CD、もしくはDVDを使って行います。 Dialog(ダイアログ)では基本的な会話例でロールプレイを行います。 通勤時など声が出せない環境では《日本語→英語》の音声CDを使い、日本語の後に流れる英語を予測しながら聞きます。 声が出せる環境での学習では《英語のみ》の音声CDを使い、自身が話すフレーズのみを声に出してロールプレイをします。 自身の回答は音声CDと同じである必要はなく、「Variation」や「Useful Knowledge」で覚えた単語やフレーズに置き換えても大丈夫です。 Review(レビュー)ではレッスンの復習を行います。 復習方法は2種類あります。 ・リーディング(音声CDを使わずに行う復習) ・リスニング(音声CDを使用して行う復習) テキストの正誤チェック表を使用することで、抜け漏れなく英会話を身につけることができます。 ✕がついた表現は重点的に再度復習することも忘れないようにしましょう。 リーディングでの復習は、テキスト中央のコラムが見えないように隠し、日本語訳もしくは英語訳が出来るかをテスト感覚で進めていきます。 正しく言えた場合はR(Reading)の枠内に○、言えなかった場合は✕を記入することで習熟度が確認できます。 リスニングでの復習の場合も上記と同様(但しテキストは無し)の方法で進めていきます。 Live Conversation(生の英会話)では実践的な英会話が紹介されています。 DVD内の英会話のスクリプトがテキストに記載されています。 Live Conversationでの英会話は話すスピードがとても速く、かつネイティブの自然な発音で話されているためとても難易度が高いです。 そのため、DVDの音声のスピードでロールプレイを実施するというよりは、聞き流し学習を繰り返し行うことで実際の英会話のシュミレーションがバッチリできます。

Hot Spot(ホットスポット)

Hot Spotは学習では使用しませんが、製作者セニサック敦さんおすすめのスポットが紹介されています。(DVDに収録されている場所も含まれています。) アメリカを訪れる機会があれば、おすすめスポットに立ち寄るのも良いでしょう。 注意点として、場所は全てカリフォルニアであるという点と、紹介されている場所の内約半数が既に閉店している(筆者調べ)という点があります。

「ダルマンを悩ます」

メインレッスンでは使用しませんが、テキストの後半にダルマンを悩ますと題したシリーズが記載されています。 ここでは日本人が間違えやすいポイント「砕けた英語」「カタカナ英語」「返事は Yes or No?」の3つのトピックで詳しく解説されています。 「砕けた英語」では、学校で習得する「正しい英語」ではなく日常英会話でよく使われるスラングが紹介されています。 例えば、 ・wanna(want to) ・Gonna(going to) ・Ain't(am not / are not /is not など) などの英語表現です。 「カタカナ英語」をそのまま使用しても英語ネイティブには通じません。 発音が違ったり、和製英語だったりするものの英語表現を習得します。 例えば「コーラ(Coke)」は「コーク」と発音し、「ガソリンスタンド」は「ガスステーション(Gas station)」と言います。 否定疑問文の回答に困る日本人は多くいます。 「返事は Yes or No?」のパートでは否定疑問文への肯定・否定の回答を習得します。 例えば、「Aren't you tired?(疲れていないの?)」の質問に対して「疲れていない」と返事をする方法などです。

これだけは覚えておきたい!旅行英会話100フレーズ

テキストの最後には「これだけは覚えておきたい!旅行英会話100フレーズ」が11の状況別に記載されています。 ・挨拶 ・挨拶に返答 ・お別れの挨拶 ・お礼を言う ・謝る ・あいづち ・断る ・自己紹介 ・相手について尋ねる ・その他 各フレーズ毎の発音方法がアルファベットとカタカナで表示されているので自然な発音を習得することが可能です。 また、フレーズを使った会話例も載っているので、英会話のイメージを持ちながら学習を進めることができます。

DVDの使い方:学習の始めと仕上げに使う

公式サイトなどでDVDの使い方が詳しく説明されていませんが、DVDは学習の始めと最後に使うと良いでしょう。 学習の始めに使用する時はDVDの内容を全て理解する必要はありません。 そのため会話の流れをある程度掴み、学習を経て目指す姿として認識する程度で良いです。 そもそもDVDの音声スピードはかなり速いため学習を始める前は聞き取りや理解がとても困難です。 そして、「3ステップ・ロールプレイング学習法」の最後のステップのロールプレイングで使用します。 最初にDVDを観た時よりも会話の流れや内容が理解できるようになっているはずです。

公式サイトはこちら

Hapa英会話の感想と評価

学べる会話表現がとても詳しいので、海外旅行で困ることはない

Hapa英会話はトラベル英会話に特化している英会話教材です。 海外旅行や滞在での英会話学習に1番おすすめの英会話教材です! Hapa英会話で学習をすると、海外旅行で現地の人と積極的にコミュニケーションが取れるようになるでしょう。 旅行だけに限らず、留学やワーキングホリデー、そして駐在などで現地滞在する人も日常生活でのリスニングとスピーキングが円滑に出来るようになります。 Hapa英会話のシチュエーションはとても細かく設定されており、関連する単語やフレーズがとても豊富に紹介されています。 具体的には、カフェで飲み物を注文する際、「ホイップクリーム抜き」「豆乳に変更」と特別なリクエストをする時などの表現です。 筆者はよくカフェで牛乳を豆乳に変更するのですが、Hapa英会話では「牛乳を豆乳に変更してください(Can I swich it for soy milk?)」と自分が言いたいことを的確に伝えることができるようになります。 他の英会話教材ではトラベル英会話や日常英会話の基本的な表現は学べても、「一問一答」と学べる内容がとても限定的です。 Hapa英会話で学べる英語表現の網羅性が高く、海外旅行で困ることはなくなるでしょう。

リスニングの難易度は高い

Hapa英会話で使われている文法や単語は中学英語レベルですが、教科書には載っていない砕けた表現が多いです。 話し言葉が使用されているため、主語などが抜けている文章や「wanna」など省略表現も多く使われています。 そのため「教科書英語」に慣れている人にとっては少し難しく感じられるかもしれません。 また、音声CDやDVDの音声のスピードがともて速いです。 他の英会話教材と比較してもその速さはダントツで、TOEICのリスニングテストの音声よりも速いです。 また、話されている英語はネイティブのリアルな英語ですので音声変化(単語と単語が組み合わさり発音が変わる)が多く生じています。 英会話教材のために作られた文章ではないので、ある程度耳が英語に慣れている人でないと聞き取りに苦戦するかもしれません。 教材自体の難易度はそこまで高くないのですが、リスニングに関してだけは要注意です。 別途ネイティブスピーカーの英語の発音ルールを習得することをおすすめします。 リスニング特化のおすすめの英会話教材がいくつかございますので、本記事の最後でご紹介します。

英語は「完璧」に習得する必要は無い!

Hapa英会話の製作者であるセニサック敦さんは、英会話は「ざっくりと」習得することが大切だと説いています。 これには筆者も同感で、英会話に完璧を求める必要はないと思っています。 英語学習者の中には「リスニングは一言一句聞き取る必要あり」、「スピーキングは文法的なミスなく話す必要がある」と思い込んでいる人が非常に多い印象があります。 筆者が英語コンサルタントとして勤務していた時も、「完璧主義者」の方が大変多い印象を受けました。 その姿勢が悪いというわけではありませんが、「完璧主義者」ほど英会話の習熟度が低いのが実態でした。。。 母国語である日本語でも、私たちは全ての単語が聞き取れなくても聞き取れた単語をつなげて意味を推測しています。 例えば「今日の夜にAさん宅に行くからいつもより帰りが遅くなります」という会話を全て聞き取れなくても、 「今日・Aさん宅・行く・帰り・遅く」という単語が聞き取れれば、脳が補完作業をしてくれるため意味を推測して理解することが可能です。 ネイティブスピーカーでも同じで、英単語を一言一句落とすことなく聞いていることは少なく、推測しながらリスニングをしています。 実際にHapa英会話の製作者であるセニサック敦さんも、英語の会話では必ずしも一言一句聞き取れていないと述べています。 特に旅行のリスニングに関しては全てを聞き取るのではなく、「何を聞かれているか」を理解するのが最も大切です。

「文法の理解は不要」には反対

Hapa英会話はトラベル英会話において文法は必要ないと謳っていますが、筆者はこの点については反対です。 旅行の買い物だけで英語を使いたい人には、フレーズの丸暗記するだけでよいと思います。 しかし、ワンランク上の英語力を身に付けたい方は、中学英語レベルの文法は必ず身に付けた方がよいでしょう。 簡単な英文法の知識を身に付ければ、トラベル英会話を応用することが可能です。 自分で言いたいことを言えるようになるには、ネイティブの幼児や子供のように日本人の成人が英語を英語のまま認知するのは困難で、英単語や英文法を日本語で理解する必要があります。 ただ、英文法だけを勉強するのは退屈なので、英文法も復習しながら英会話教材を進めていくのが効率的かと思います。 Amazonで買える、英会話教材との併用におすすめな英文法書は本記事の最後に紹介します。

当たり前だがTOEIC対策やビジネス英語対策はできない

Hapa英会話はかなりカジュアルな英語で構成されたトラベル英会話を学ぶ教材ですので、TOEICなどの英語試験対策や専門性の高いビジネス英語を学びたい人にはおすすめできません。 TOEICなどの英語の試験では試験によく出る英単語の習得や、問題の解き方などをマスターする必要がありますが、Hapa英会話ではそれらのスキルを習得することはできません。 リスニングに関しては、Hapa英会話の方がTOEICよりもスピードが速いため、幾分スコアアップは期待できますがHapa英会話の学習だけでTOEICの点数を上げることは困難でしょう。 また、Hapa英会話で学ぶ英会話のほとんどが話し言葉ですので、受験英語やビジネス英語などのフォーマルな英語の習得も難しいです。 TOEIC対策やビジネス英語対策にはHapa英会話以外の他の英会話教材の購入をおすすめします。 シチュエーションが海外での英会話と限定的なので、日本にいる外国人と英会話を楽しみたいという人にとってもHapa英会話は不向きでしょう。そんな方におすすめな英会話教材も最後にご紹介しますね。

公式サイトはこちら

Hapa英会話の口コミと評判

高評価な口コミ

かなりいいですよ 海外旅行で恥じなく会話ができることを目的に購入しました。 記載どおりで、単なる聞き流すだけでなく、聞くとしゃべることを区別して、理解すればこの教材はかなり使えます。 単なる聞くだけでは正直力はつきません。 しっかり、手法を理解した上で、また教材も活用した上でCDを基本に聞いて、口に出して、また不明な箇所は書き出すことをすれば上達すると思います。 当初聞き流しだけでは力がつかないので、とにかくメソッドの理解が必須です。

良く海外旅行に行きますが、飛行機の中やショップやレストランで英語でやり取りしてると、わからない質問があり、困ってうやむやに返事したら、自分の思っていた事と違う事になり慌ててNO.NOと叫び恥ずかしい思いをしました。 でも、今回一から勉強したいと思って購入しました。聞いてみてびっくり、いろんなシチュエーションでの会話があって、あの時恥をかいた会話がこんな返答すればよかったのか…と後悔。もっと早く入手したかったです。もっと聞き込んで今度こそスラスラ返答して、楽しい旅行にしたいです。

今までいろいろと試してみましたが、ちょっと物足りなさを感じていました。 この教材はそこを補ってくれていて、本当に「使える英会話」を教えてくれていると思います。 楽しく学べるし、実用的だし、何より実際に英語を使ってみたくなるので、旅行の楽しみまで増えました。 ぜひこのスタイルでこの続きも学びたいです!

英語圏の旅行に数回行ったことがあるのですが、行く前の予習で参考書での文法の勉強とガイドブック英会話の本で、良く使う英会話を勉強していましたが、実際に海外で会話をチャレンジしたら、ネイティブ英語の速さと語学力不足で、途中で諦めモードになっていました。 たまたま見つけたHapa英会話で3週間ほどやっていますが、マクドナルドやファーストフード店など、良く知っている馴染みのある場所なので会話の予測もつきますし、実際海外でも体験できる場所なので即使える感が或るのがいいですね。そして繰り返し聞いているうちに、今まで早口で聞こえていた英語が聞き取れるようになってきましたし、内容も理解できるようになりました。やっぱり、身近な場面が教材になっていたのが私には良かったです。

わかりやすい 一語一語完璧に覚えなくていいというのが目からウロコでした。 実際にあるシチュエーションの会話形式になっているので、話すイメージがしやすく覚えやすいです。 今までいろんな英語CDを買いましたが挫折、、、。 でもこれは聴き飽きないし、聴いてて楽しい。 英語が話せるようになりそうな、今までにない予感がするので 期待して聴き続けたいと思います。

シーン別に細かい部分まで学習できる点が高評価でことが伺えます。 実際に使える表現が厳選されているため、使っている場面をイメージしながら学習ができますし、ロールプレイもスムーズにできるでしょう。 音声CDの速いスピードも徐々になれるので、根気強く付き合っていけば大丈夫そうです。

低評価な口コミ

上級者~超上級者向けだと感じました。一般的な教材DVDとは大きく違い、家庭用ホームビデオカメラで撮っただけのDVDなので周囲の雑音などがめちゃくちゃ入っていてレストランなどでは子供の泣き声などの雑音が強く入っていてメインンの会話があまり聞き取れない。ある程度耳の慣れている上級者などなら問題ないのだろうけど…(音声だけ後で入れなおすとかした方がいいですよ)。 とにかくDVDとしての出来は素人レベルですが、「リアル」な感じはいいですね(皮肉的な意味で)。

父が英語を勉強したいと言うので、色々調べてこちらの商品にたどり着き代わりに購入しました。 超初心者の父には、本場のスピードのCDは全然聞き取れないようです。でも、気に入って車でずっと流していました。「聞くだけで覚える」方法で英語を覚えるつもりみたいです。 たった30日で英語が話せるとは思えない。

設定場面が、レストラン、お店、ホテルなどで、旅行者や居住者には大変よいと思いますが、旅行も居住もする予定がない身には、ちょっとつまらない感じです。現地の生の会話を収録したというDVDがほしくて購入しましたが、内容そのものはよいのですが、音声状況が思っていた以上によくなく、やや期待はずれでした。

今までいくつか教材を購入しましたが、お値段の割りに沢山のテキストや教材が入っていてお得感は満載でした。 しかし、どれも良く似た表紙やタイトルのテキストとCDで、いったいどれから始めれば良いのか分からず、そのまま放置していたら、既に半年以上が過ぎてしまいました。 普通は学習手順など書かれた用紙や小冊子が入っていると思うのですが、何が入っているのか内容を書かれたものすらなく、時間があるときにじっくり確認しなければと思いながらも、既に存在を忘れかけていて、時々思い出しては「やらなきゃ」と思い、また忘れています。 せめて通勤中にCDを聞こうと思いウォークマンにダウンロードしたものの、音質が悪いのか小さすぎてほとんど聞き取れません。 それでも無駄にするのは嫌いなので、なんとか利用できないものかと思い続けています。

毎日聞いたけど、上達しませんでした。 残念です。 聞いてるだけで話せるようになるのは、無理でした。

教材の難易度や使い方、質に関する口コミが目立ちました。 確かに音声CDやDVDの音声スピードはとても速く、初心者の人には難易度が高いように感じました。 教材の使い方も、他の英会話教材では提供がある「学習ガイド」のようなものが無いためどのように学習を進めるべきか迷う気持ちも理解できます。(そういう方は本記事をぜひ参考にしてください!) 教材の質ですが、確かに白黒印刷であることや音声CDとDVDの音質、画質が悪いのは事実です。 DVDでは周りの騒音などが入っています。こちらはぜひ改善してもらいたいところです。。。

公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたか? Hapa英会話は一言でいうと「トラベル英会話の決定版」です。 「海外旅行でネイティブと自然に会話できるようになりたい!」という方がいたら、Hapa英会話が超絶おすすめです!

「Hapa英会話」はこんな人におすすめ! ・旅行先の様々な状況に対応できる英会話を身につけたい方 ・これから海外留学や就職を検討されている方 ・ネイティブのスピーキングの速さに慣れたい方

公式サイトはこちら

その他のおすすめの英会話教材

Hapa英会話以外のおすすめ英会話教材を紹介していきたいと思います。 Hapa英会話はトラベル英会話の習得に特化した英会話教材でした。 他社の英会話教材の中には、シチュエーションがもっと豊富なものや発音ルールを深く学べるものも存在します。 本記事では、Hapa英会話とは違う特徴を持ったおすすめの英会話教材を3つご紹介したいと思います。 英会話教材29商品全部のレビュー記事は下記になります↓

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較

eigobu.jp

Native English(ネイティブイングリッシュ)

今回レビューした全29商品の中で最も王道でたくさんの英語学習者の方々にとって有益だと思った英会話教材がNative English(ネイティブイングリッシュ)です。 Native English(ネイティブイングリッシュ)はとにかく教材の質が高いです。 基本的な挨拶からはじまり、自己紹介、天気、頼みごと、電話、日本文化、カフェ、ホテル、レストラン、空港など様々なシチュエーションの英会話が紹介されています。 また、それぞれのレッスンで使われた重要フレーズに解説がついており、これがとても分かりやすく好評です。 ラジオのDJ風に英語フレーズを解説してくれるCDをも付いています。 中学英語が基礎になってはいるものの、ネイティブスピーカーのナチュラルな英語が再現されており、中学英語が不安な初心者の方も中学英語はある程度できている中級者の方も満足のいくコンテンツになっています。 リスニングとスピーキングをバランスよく学びたい方は、Native English(ネイティブイングリッシュ)は超絶おすすめです!

公式サイトはこちら

Native English(ネイティブイングリッシュ)の詳細レビュー記事はこちら⬇

ネイティブイングリッシュを使った評価と感想!効果は?悪い口コミはある?

eigobu.jp

JJ ENGLISH エクササイズ(ジェージェーイングリッシュ)

JJ ENGLISH エクササイズ(ジェージェーイングリッシュ)は今回レビューした29商品の中で最も新しい商品です。 東進ハイスクールのカリスマ英語講師である安河内哲也先生が監修&出演しているレクチャー動画がとても分かりやすく、文法解説も比較的豊富です。 JJ ENGLISH エクササイズ(ジェージェーイングリッシュ)は、アメリカの発音の詳しいレクチャーもが付いています。 英単語と英単語が組み合わさって音が変化する「音声変化」のルールが学べる点は、Hapa英会話にもNative English(ネイティブイングリッシュ)にもない特徴です。 通常の英会話教材では海外のカフェやホテルという題材が多い中、JJ ENGLISH エクササイズ(ジェージェーイングリッシュ)は日本が舞台になっています。 日本のことを英語で説明する力、そして日本に関する教養が身に付く教材です。 個人的には、JJ ENGLISH エクササイズ(ジェージェーイングリッシュ)の「純ジャパ英語でいいじゃない!」=「中学英語をフル活用して自分が言いたいことを言えるようになろう」というコンセプトが大好きです。 JJ ENGLISH エクササイズ(ジェージェーイングリッシュ)は、英会話教材というよりハイクオリティーな英語の教科書のような作りになっており、論理的に英語を学びたい人に超おすすめです!

公式サイトはこちら

JJ ENGLISH エクササイズ(ジェージェーイングリッシュ)の詳細レビュー記事はこちら⬇

JJ ENGLISHを使った感想と評価!効果はある?口コミ・評判は?

eigobu.jp

PRIME ENGLISH(プライムイングリッシュ)

Prime English(プライムイングリッシュ)は、「音声変化(単語と単語が組み合わさって音がどう変化するか)」の解説が最も詳しい英会話教材です。 全ての英文に対してカタカナで発音方法が示されています。 しかし、いわゆるカタカナ英語にはなっておらず、ネイティブの発音に近い表記になっています。 例えば「Apple」を「アップル」ではなく「アポォ」、「Good morning.」を「グッドモーニング」ではなく「グッモーニン」などと記入されています。 Prime English(プライムイングリッシュ)はネイティブのナチュラルな英会話を再現しているため、難易度が高めです。中学英語も不安な方だと難しく感じる可能性が大です。 Native English(ネイティブイングリッシュ)またはJJ ENGLISH エクササイズ(ジェージェーイングリッシュ)で基礎的な英会話を学んだあとに、取り組むのがベターだと思います。

公式サイトはこちら

Prime English(プライムイングリッシュ)の詳細レビュー記事はこちら⬇

プライムイングリッシュをレビューした感想!効果なし?失敗口コミは?

eigobu.jp

併用におすすめな英文法参考書

英会話教材は「聞く力」と「話す力」を伸ばすことに重点を置いており、文法の習得を目的としていません。 英文法に自信のない方は、英文法の参考書を併用することをおすすめします。 筆者が実際に使ってみておすすめな英文法書を3冊ご紹介いたします。

Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル

こちらは中学3年間の英文法をたった30日間で復習するために作られた英文法参考書です。 今後の発展的な英語学習に生かす土台をつくりあげることが可能です。 インプットとアウトプットの量が同じくらいに設定されており、他の英文法参考書と比べてアウトプットの比重が大きいのが特徴です。 具体的には「前回レッスンの復習問題」と「その日に学んだメインレッスン演習」の2つがあり、空欄を埋めるなどの簡単な復習ができます。 英語自体は中学レベルですが、日本語の説明が論理的かつ長めです。 論理的に英文法を学習&復習したい人向けです。 筆者が英語コーチングスクールで教えていた際は、この教材が苦手だという女性生徒さんが多かった一方で、男性生徒さんには人気でした。

この本をAmazonで見る

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

こちらも中学英語文法を一冊にまとめた英文法参考書です。 本当に基礎の基礎だけをまとめたもので、英文法の難易度はMr. Evineよりも低いです。 説明も短めでイラストが多く、Mr. Evine よりも読みやすいものになっています。 演習問題もありますが、そちらもコンパクトに作られています。 感覚的に英語を学習したい方におすすめです。 英語コーチングスクールでは女性生徒さんに大変人気でした。

この本をAmazonで見る

一億人の英文法

「一億人の英文法」は、スピーキングのための英文法書で、英会話を学んでいる方にピッタリな一冊です。 こちらの参考書は、上記の2冊よりもかなりレベルの高く、TOEIC対策にもおすすめです。 「社会人がどの英文法書を買うべきか迷ったら、これ!」です。 著者の大西泰斗先生は英単語のイメージ解説で有名な方です。NHKのラジオ英会話にも出演されています。 本書でも動詞や助動詞の持つニュアンスをイラスト付きでわかりやすく解説してくれています。 「Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル」と「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」はどちらも基礎的な英文法の参考書ですので、初級者の方は自分のタイプに合うどちらか一方を購入されればよいかと思います。 ワンラック上の文法力を目指すなら「一億人の英文法」です。 まずは「Mr. Evine の中学英文法を修了するドリル」か「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」で基礎を固めた後に、より高度な英文法を会得するために購入するのもアリです。

この本をAmazonで見る

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 英語の教材と書籍
  3. Hapa英会話を実際に使った感想と評価!口コミと評判も徹底紹介