1. TOP
  2. テクノロジー
  3. LINEの使い方
  4. LINEの位置情報の送り方とオン・オフの方法|バレて危険か?

LINEの位置情報の送り方とオン・オフの方法|バレて危険か?

LINEには自分の現在地点や指定した位置情報をトークルームやノート、タイムラインで共有することができます。LINEの位置情報機能は追跡機能ではないため、リアルタイムで自分の現在地が勝手に相手に共有されることはありません。本記事では、LINEの位置情報機能を使用するための端末とLINEアプリの設定方法と、位置情報の共有の方法などを詳しく解説します。

LINEの位置情報は何に使われる?

トークルーム・ノート・タイムラインでの共有

LINEの位置情報はトークルーム、ノート、タイムラインでの共有が可能です。 LINEの友だちに自分の現在地や目的地などをシェアすることができます。 LINEの位置情報機能では「forsquare」という外部サービスが使用されています。 位置情報はGoogle マップ上に表示されます。

LINE Beacon(ライン ビーコン)

LINE Beacon(ビーコン)とは、お店などに設置されたビーコン(Bluetooth機器)と通信することで、クーポンやセールなどお得な情報や、広告など便利な情報を受け取ることができる機能のことです。 例えばLINE Beaconを導入しているお店に到着すると、お店で利用できるクーポンがその場でLINEで届いたりします。 またLINEではLINE Beacon以外でも、位置情報を利用した広告配信も行っています。

<LINE Beaconのオンオフ設定方法>

  • オンにする場合:LINEアプリ内【設定】【プライバシー管理】【情報の提供】【LINE Beacon】をオン→LINE Beacon同意のお願いの画面で【同意して利用開始】をタップ→Bluetooth設定の【オン(許可)】をタップ
  • オフにする場合:LINEアプリ内【設定】【プライバシー管理】【情報の提供】【LINE Beacon】をオフ

天候・災害などの緊急速報

LINEの位置情報機能は、天候や災害などの緊急速報でも使われることがあります。 位置情報をオンにしていると、LINEのニュースタブや公式サイト「LINE NEWS」にJアラート(全国瞬時警報システム)やLアラート(災害情報共有システム)などが届きます。 緊急時に素早く情報を手に入れることで、自分自身や周りの人の身を守ることが可能になります。 下記に「LINE 公式ブログ」のリンクを張っておきましたので、ご参照ください。

LINEの位置情報利用について

位置情報はオンでも送らない限りは相手にはバレない

「LINEで自分の現在地がバレてしまうので危険なのではないか」という人がいますが、LINEの位置情報設定がオンになっていても共有をしない限りバレることはありません。 LINEの位置情報機能は追跡機能ではないので、リアルタイムで勝手に自分の居場所が相手に伝わってしまうことはありません。(以前LINEにはLINE HEREという位置情報共有サービスがありましたが、現在は廃止されています。)

LINEの位置情報の履歴は残らない

LINEの位置情報の履歴を確認する方法はありません。 iPhoneには「行動履歴」というものが残っています。 【設定】→【プライバシー】→【システムサービス】→【利用頻度の高い場所】でオンオフの切り替えと履歴の閲覧が可能です。 Androidのスマホでは、Google マップにロケーション履歴が残ります。 Google マップのアプリを開き、画面右上に表示されるアイコンをタップし、【タイムライン】をタップすると、ロケーション履歴のオンオフと履歴が確認できます。

LINEの位置情報をオン・オフに設定する方法

ここでは、LINEの位置情報をオン・オフにする設定方法をご紹介します。 位置情報機能のオン・オフ設定は、

  1. 端末自体の位置情報設定
  2. LINEアプリ内での位置情報設定

の2つの設定を行う必要があります。 端末自体の位置情報設定が「オフ」になっている場合、LINEアプリで位置情報の設定を「オン」にしていても位置情報を取得することはできません。 したがって位置情報の設定を変更する際は、端末とLINEアプリ両方で設定を行ってください。

iPhoneの場合

まず端末設定を実行

iPhoneの【設定】アプリを開き、【プライバシー】【位置情報サービス】の順にタップをします。 最上部の[位置情報サービス]のスライドバーを切り替えることで端末自体の位置情報設定をオン⇔オフに変更できます。 アプリごとの位置情報設定を行う場合は、同じ位置情報サービス画面下部のアプリ一覧からLINEを選択します。 LINEの位置情報をオフする場合は[位置情報の利用を許可]を【なし】、オンにする場合は【次回確認】【このAppの使用中のみ許可】【常に】の中から選択をします。

  • iPhone内全てのアプリの位置情報を「オン」にしたい場合:【設定】【プライバシー】【位置情報サービス】をオン
  • iPhone内全てのアプリの位置情報を「オフ」にしたい場合:【設定】【プライバシー】【位置情報サービス】をオフ
  • iPhoneのアプリの位置情報を個別に設定したい場合:【設定】【プライバシー】【位置情報サービス】をオンにし、アプリ別に個別通信設定(なし・次回確認・このAppの使用中のみ許可・常に)を行う

次にLINEアプリ内設定

iPhoneで位置情報の設定が完了したら、次はLINEアプリ内で位置情報の設定を行います。 まずはLINEを起動し、ホーム画面右上の設定【⚙(歯車マーク)】【プライバシー管理】【情報の提供】の順にタップをします。 [位置情報の取得を許可]の項目のスライドバーが緑色だと位置情報が「オン」、グレーだと「オフ」になります。 位置情報設定をオフからオンに変更する際は、画面上に「位置情報の利用について」という案内が表示されます。 内容を確認し【許可する】をタップすると、LINEアプリ内の位置情報が「オン」に設定されます。

Androidの場合

端末設定

端末自体の位置情報設定は、端末の【設定】アプリから【位置情報】の項目をタップします。 [位置情報の使用]などと表示された箇所のスライドバーを切り替えることで、端末の位置情報をオン⇔オフに変更することができます。 アプリごとに位置情報の設定を行いたい場合は、位置情報画面内にある【アプリの権限】【位置情報へのアプリのアクセス】などの表示をタップします。 アプリ一覧からLINEをタップし、【許可しない】【アプリの使用中のみ許可】【毎回確認】などから選択をしタップします。

  • Androidスマホ内全てのアプリの位置情報を「オン」にしたい場合:【設定】【位置情報】【位置情報の使用】をオン
  • Androidスマホ内全てのアプリの位置情報を「オフ」にしたい場合:【設定】【位置情報】【位置情報の使用】をオフ
  • Androidスマホ内のアプリの位置情報を個別に設定したい場合:【設定】【位置情報】【位置情報の使用】をオンにし、【位置情報へのアプリのアクセス】でアプリ別に個別通信設定を行う

LINEアプリ内設定

AndroidスマホのLINEアプリ内設定は、iPhoneのLINEアプリ内設定の手順とほぼ同じです。 まずLINEアプリを開き、【設定】【プライバシー管理】【情報の提供】の順にタップをします。 [位置情報の取得を許可]の項目のチェックマークを入れると「オン」、外すと「オフ」に設定できます。 位置情報設定を「オン」にする際は、iPhone同様に「位置情報の利用について」という案内画面が表示されます。 【許可する】をタップすると、LINEアプリ内の位置情報が「オン」になります。

LINEで位置情報を共有する方法(iPhone / Android共通)

ここでは、LINEで位置情報を共有する方法を解説します。 位置情報はトークルーム、ノート、タイムラインで共有可能ですが、それぞれ共有方法が異なりますので別々に詳しくご紹介していきます。

トークルーム

まず始めに、トークルームでの位置情報の共有方法をご紹介します。 1対1のトークルーム、複数人のグループトーク、オープンチャット全てのトークルームで共有方法は同じです。

1. トークルーム画面左下の【+】→【位置情報】をタップ

まずは位置情報を共有したいトークルームを開きます。 画面下部の一番左側にある【+】をタップします。 すると利用できるサービス一覧が表示されますので、その中から【位置情報】をタップします。

2. 地図上で共有したい場所を指定する

画面上部にGoogleマップが表示されます。 下部には現在地周辺の施設一覧が表示されます。施設一覧は下にスワイプすることで非表示にすることができます。 マップ上の青い丸が、端末が位置する現在地点を示しています。 LINEの位置情報では、現在位置だけでなく場所を指定してその場所の位置情報を共有することもできます。 つまり相手に「嘘の現在地」を送ることもできるのです。。。その嘘を相手は見破ることはできません。 現在地以外の位置情報を共有する方法は、

  • 地図をピンチ(2本指で拡大・縮小)などで動かしてピンを設置する
  • 検索機能で施設名やスポット名などを探す

の2通りがあります。

3. 【この位置を送信】をタップして位置情報を共有

地図上に共有したい位置情報が画面上に表示されたら、【この位置を送信】をタップします。 すると相手に位置情報が送信され、トークルーム内で名称や住所を確認することができます。

共有された位置情報の確認方法

LINEの友だちに共有された位置情報の確認方法をご紹介します。 トークルームで友だちから送られてきた位置情報をタップすると、画面上にGoogleマップが表示されます。 端末がある場所(自身の現在地)は青い丸、相手が共有してきた場所は赤いピンで表示されます。 画面上の【シェアされた位置情報】もしくは画面右上の【︙】をタップすると、他の選択肢が表示されます。 iPhoneの場合は[Googleマップで開く][マップ(Appleのマップ)で開く][現在地からの経路][共有]が表示されます。 Androidの場合は[ほかのアプリで開く][現在地からの経路][他のトークに送信][この位置を送信]が表示されます。 マップアプリもしくは[現在地からの経路]を開くと、ナビ機能を使用することができます。 冒頭でも少しご紹介しましたが、共有された位置情報をタイムラインやLINEの他の友だちに共有することも可能です。

ノート

次にLINEのノートでの位置情報の共有方法をご紹介します。

1. トークルーム右上の【≡】→【ノート】をタップ

位置情報を共有したい友だちのトークルームを開きます。 画面右上の【≡】をタップし、メニュー一覧から【ノート】をタップします。

2. 【ノートを作成】もしくは画面右下の【+】をタップ

ノートの新規作成を行います。 画面右上の【+】をタップし、【投稿】もしくは【カメラ】をタップします。リレーでは位置情報を共有することはできません。 トークルームでノートを初めて作成する場合は、画面中央の【ノートを作成】をタップすることでも作成可能です。 ノートの「投稿」と「カメラ」の機能の違いは、投稿は文章入力が先、カメラは写真の撮影もしくは選択が先になります。 いずれの機能でも文章入力と写真撮影・選択の利用は可能です。

3. 作成画面内の【位置情報をシェア】をタップし、地図上で共有したい場所を指定する

ノートの作成画面内に青字で表示される【位置情報をシェア】をタップします。 そうすると、画面上にGoogleマップ(上部)と周辺施設情報(下部)が表示されます。 現在地もしくは指定の場所に赤いピンが来るように地図を操作し、【この位置を送信】をタップします。

4. 画面右上の【投稿】をタップ

ノートの作成が完了したら、最後に画面右上に表示される【投稿】をタップします。 ノートが投稿されると、友だちに「○○○○がノートに投稿しました。」という通知が届きます。 ノート投稿者のみ投稿後に内容の修正または削除ができます。

ノートの確認方法

ノートの確認方法は主に下記の3つです。

  • トークルーム内の【ノート】メッセージ
  • トークルーム画面右上【≡】→【ノート】
  • タイムライン

タイムライン

1. タイムライン画面右上の【+】をタップし投稿種類を選択

タイムライン画面を開き、画面右上の【+】をタップします。 そうすると投稿の種類が[投稿][カメラ][リレー]の中から選択ができます。 ノートと同様に、位置情報が利用できるのは【投稿】【カメラ】のみですので、いずれかをタップします。

2. 作成画面内の【位置情報をシェア】をタップし、地図上で共有したい場所を指定する

作成画面内に青字で表示される【位置情報をシェア】をタップすると、画面上にGoogleマップ(上部)と周辺施設情報(下部)が表示されます。 現在地もしくは指定の場所に赤いピンが来るように地図を操作し、【この位置を送信】をタップします。

3. 公開設定を行う

タイムラインへ投稿する際に気をつけたいのが公開設定です。 タイムラインの公開範囲は、下記の4通りから選択ができます。

  • 全体公開:友だち以外の人も閲覧・シェアが可能
  • 自分のみ
  • すべての友だち
  • 親しい友だち

親しい友だちは、LINEの友だちの中からリストを作成することができます。

4. 画面右上の【投稿】をタップ

投稿が作成できたら、最後に画面右上の【投稿】をタップします。 投稿が完了したらタイムライン上に投稿内容が表示されます。 公開設定を「自分のみ」にした場所は、タイムラインには表示されずプロフィール(タイムライン画面右上のプロフィールアイコン→自分の写真・動画→投稿をタップ)から確認ができます。 投稿した内容は、投稿後に修正や削除が可能です。

LINEで位置情報が共有できない時の対処法

最後に、LINEの位置情報がうまく機能しない場合の対処法をご紹介します。

端末・LINEアプリで位置情報が「オン」になっているか確認する

上記でもご紹介しましたが、LINEの位置情報機能を使うためには、端末とLINEアプリの位置情報設定をどちらもオンにする必要があります。 そのため、もう一度スマホ端末とLINEアプリの位置情報の設定状況を確認してみましょう。

<位置情報の設定方法>

  • iPhone端末:【設定】【プライバシー】【位置情報サービス】をオン
  • Android端末:【設定】【位置情報】【位置情報の使用】をオン
  • LINEアプリ:【設定】【プライバシー管理】【情報の提供】【位置情報の取得を許可】をオン

インターネット環境を確認する

位置情報が共有できない時は、インターネット環境が不安定な可能性があります。 モバイル通信を使用している場合は、電波の良い場所(屋外、窓際など)に移動して再度試してみましょう。 Wi-Fiを使用している場合は、Wi-Fiを再起動したり、異なるネットワークに接続したり、Wi-Fiを切断しモバイル通信を使用してみましょう。

位置がズレる時は修正する

インターネット環境などが原因で、共有したい場所のピンの位置がズレている場合は、地図を操作してピンの修正を行いましょう。 1本指で地図を上下左右に移動することができ、2本指で地図の拡大・縮小ができます。 地図の位置を最初の状態に戻したい時は、画面左上の現在地マークをタップすると最初の位置に戻ります。 ただし地図の大きさは最初の状態には戻りませんので、自身で拡大や縮小を行う必要があります。

検索ワードが正しいか確認する

LINEの位置情報で検索可能なのは、「東京都」「東京駅」「東京タワー」などのスポット名や施設名、市町村名などです。 検索結果が出ず「一致する情報はありません」と表示されてしまう場合は、誤字脱字がないかを確認しましょう。 また住所入力で検索することはできませんので、必ず名称を入力しましょう。

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. LINEの使い方
  4. LINEの位置情報の送り方とオン・オフの方法|バレて危険か?