1. TOP
  2. テクノロジー
  3. LINEの使い方
  4. LINEを既読つけずに読む方法をiPhone/Androidで解説

LINEを既読つけずに読む方法をiPhone/Androidで解説

LINEには、メッセージを確認した時に「既読」のマークが付きます。この既読マークは、相手がLINEを確認したことを知れる便利な機能ですが、「すぐに返信しなくてはいけなくなるから既読をつけたくない」などと感じる人は多いと思います。そこで本記事では、既読を付けずに読む方法をiPhone、Android、PCごとに詳しくご紹介しています。また、LINEの「既読」に関する様々な疑問も解決しています。

【iPhone】既読をつけずにLINEを読む方法

方法1:トークルームを長押しする

やり方

  1. iOS13以前の場合はソフトウェアを最新バージョンにアップデートする
  2. LINEアプリを開き、トークリスト上で個別トークを長押しする
  3. ポップアップ画面以外の場所をタップするとトークリストに戻る

この方法はiPhoneの「触覚タッチ(3D Touch)」という機能を使用した方法です。別名「ブオン機能」ともいいます。(名付け親は藤田ニコルさんだそうです!) 触覚タッチ(3D Touch)はiOS13以降を搭載したiPhone 6s以降の端末のみ対応しています。Android端末ではこの方法は使えません。 やり方はとてもシンプルです。iOSが13以前の場合はまず始めにiOSを最新バージョンにアップデートします。(設定方法は下記でご紹介しています。) LINEアプリを開いて、トークリストの画面上で個別のトークルームの上を長押しすると、ポップアップでトークルームが表示されます。 これで画面上に表示される範囲のメッセージは既読を付けずに読むことができます。他の方法と比較すると既読を付けずに確認できる内容が広範囲です。 デメリットは、長押しの操作を誤ってしまい画面をタップしてしまうと、トーク画面が開いてしまい既読が付いてしまうという点です。 画面の長押しの操作がうまくいかない場合は、画面を押す時間の長さを調整しましょう。(設定方法は下記でご紹介しています。) また、ポップアップ画面に表示される範囲外のメッセージの閲覧は不可なので、未読メッセージが多くある場合にすべてのメッセージを確認することができない点もデメリットといえます。

iOSのアップデート方法

iOSのバージョン確認やアップデートはiPhoneの設定アプリから行います。 設定アプリを開き、[一般]→[ソフトウェア・アップデート]の順に進みます。 アップデートが必要な場合は、上図のような内容が表示されますので、内容を確認し[ダウンロードしてインストール]をタップします。 「お使いのソフトウェアは最新です。」と表示されている場合は、アップデート不要です。

触覚タッチの設定方法

設定アプリを開き[アクセシビリティ]→[タッチ]→[触覚タッチ]の順に進みます。 「タッチの継続時間」の項目で[速い]もしくは[遅く]を選択します。[遅く]になっている場合は、長押ししても反応しづらく感じることあります。 画面上に表示されている画像で触覚タッチのテストができます。

方法2:プッシュ通知にメッセージの内容を表示する

やり方

  1. iPhone端末設定でプッシュ通知をオンにする
  2. LINEアプリ内の通知設定で「メッセージ内容表示」をオンにする
  3. 通知でメッセージ内容を確認する(通知を長押しすると通知が拡大される)

LINEアプリ内の通知設定で「メッセージ通知の内容表示」をオンにしておくと、プッシュ通知内でメッセージの内容を確認することができます。 iPhoneではロック画面、通知センター、バナーの3種類の通知スタイルがあります。 全ての通知スタイルで、テキストだけでなく写真やスタンプなどもサムネイルで表示されます。 ボイスメッセージ、ファイル、連絡先、位置情報などは、プッシュ通知内では「○○を送信しました」の文言のみが表示され内容を確認することはできません。 通知を見るだけでも既読を付けずに内容を確認することができますが、通知を長押しするとメッセージの内容が画面いっぱいに表示されます。 筆者が検証したところ、1,000文字を超える長文でも全文を確認することができました。 通知を長押しした後に右上の[✕]をタップすると、通知をひとつずつ削除することができます。 これにより過去の未読メッセージも既読を付けずに内容を確認することが可能です。 ただし、誤ってプッシュ通知をタップ、スワイプしてしまうと既読がついてしまいますので注意が必要です。 また、スマホ画面を第三者に覗かれてしまいメッセージ内容が読まれてしまう危険性がある点もデメリットといえます。

プッシュ通知を表示させる設定(iPhone端末設定)

この方法を使用するためには、そもそもプッシュ通知を表示させる設定を行う必要があります。 設定アプリを開き[通知]をタップし、アプリ一覧の中から[LINE]をタップします。 [通知を許可]をオンにし、その下の「通知」の項目で表示させたい通知スタイルを選択します。 バナーのみ通知方法を[一時的]もしくは[持続的]から選択することが可能です。

プッシュ通知にメッセージ内容を表示させる設定(LINEアプリ内設定)

iPhoneの通知設定を行った後は、LINEアプリ内でプッシュ通知にメッセージ内を表示させる設定を行います。 LINEアプリを開き、ホームタブ画面右上の[⚙]→[通知]をタップします。 一番上の[通知]をオンにし、[新規メッセージ][メッセージ通知の内容表示][サムネイル表示]を全てオンにします。

テキストサイズの変更方法

プッシュ通知内に表示される文字数は、テキストサイズによって異なります。 文字が小さければ通知に表示される文字数が多くなります。 テキストサイズはLINEアプリの設定もしくはiPhoneの設定アプリで可能です。 LINEアプリを開き[設定]→[トーク]→[フォントサイズ]の順に進み、4種類の中からフォントサイズを選択します。 もしくは、iPhoneの設定アプリを開き[画面表示と明るさ]→[テキストサイズを変更]の順に進み、画面下部のスライドバーで文字の大きさを変更できます。

方法3:機内モードをオンにする

やり方(必ず下記の手順で操作してください

  1. 友だちからのメッセージを受信する
  2. コントロールセンターもしくは設定アプリで機内モードを「オン」、Wi-Fiは「オフ」にする
  3. 通常通りLINEを起動しトークを開いてメッセージを確認する
  4. LINEアプリを終了する
  5. 機内モードを解除する

「機内モード」とは文字通り飛行機に搭乗する際に使用する機能で、Bluetooth以外の無線通信がすべて無効(オフ)になります。 機内モード設定中はインターネット接続は不可(別途設定が必要)ですが、通常通りLINEを開くことは可能なので、既読を付けずに内容を確認することができます。(機内モード中はメッセージ送信やダウンロード等は不可です。) この方法の主なやり方は、 ①メッセージを受信 → ②機内モードをオン → ③LINEアプリを開きメッセージを確認 → ④LINEアプリを閉じる → ⑤機内モードをオフ です。手順を間違えると、そもそもメッセージが受信できなかったり、既読がついてしまう場合があります。 ④ではLINEアプリを完全に終了させるようにしてください。アプリを起動させたままだと機内モードを解除後に既読が付きます。 この方法の最大のデメリットは、機内モード解除して最初にLINEを起動するタイミングで既読が付いてしまうという点です。 既読をずっと付けたくない場合は、今後LINEを使わないしか方法はありません。。。 機内モードのオン・オフの設定とアプリの終了の方法は次にご紹介します。

機内モードオン・オフの設定方法

機内モードはコントロールセンターもしくは設定アプリから設定できます。 コントロールセンターは、画面の右上から左下に向かってスワイプ(Face ID搭載iPhone)、もしくは画面下端から上に向かってスワイプ(ホームボタン搭載iPhone)で開きます。 画面左上に表示される飛行機のマークで機内モードのオン・オフを設定できます。 飛行機のマークがオレンジ色で表示される場合は「オン」、グレーで表示される場合は「オフ」となります。 機内モードをオンにしてもWi-Fiに接続されていれば既読が付いてしまいますので、機内モードは「オン」、Wi-Fiは「オフ」にします。 機内モードマークはオレンジ、Wi-Fiマークはグレーになるように設定します。 設定アプリ上で操作する場合は、設定一覧の機内モードのスライドボタンをタップすることで「オン」と「オフ」の切り替えができます。

LINEアプリを完全に終了させる方法

機内モードでLINEのメッセージを確認した後は、必ずLINEアプリを完全終了するようにしてください。 LINEを開いたままだと、機内モードをオフにした瞬間に既読マークが付いてしまいます。 アプリを完全に終了させる方法は、スマホ画面下部から上にスワイプし、画面の中央あたりで指を止めます。 ホームボタン搭載のiPhoneの場合は、ホームボタンを2回素早く押します。 そうすると起動中のアプリが並んで表示されますので、スワイプしてLINEの画面を開き上にスワイプするとLINEが完全に終了します。

方法4:画面縦向きロックを解除する

やり方

  1. 端末の画面縦向きのロックを解除(オフ)にする
  2. LINEアプリを開き画面を横向きにして見る

iPhone横向きでiPhoneを使用すると、縦向きで使用する時よりも確認できる範囲が広がります。 画面縦向きロックの解除方法は、コントロールセンターで行います。 コントロールセンターは、画面の右上から左下に向かってスワイプ(Face ID搭載iPhone)、もしくは画面下端から上に向かってスワイプ(ホームボタン搭載iPhone)で開きます。 鍵のマークをタップすると画面縦向きロックの設定・解除ができます。 赤色で表示されている場合は「オン」、グレーで表示されている場合は「オフ」となりますので、「オフ」に設定します。 画面縦向きロックを解除した後にiPhoneを横に傾けると、プッシュ通知やLINEアプリのトークリストでメッセージの内容を横向きで確認することができます。

【Android】既読をつけずにLINEを読む方法

方法1:既読回避専用アプリを使う

やり方

  1. Play ストアで既読回避アプリをダウンロードする
  2. 端末とLINEアプリの通知設定を行う
  3. 既読回避アプリを開きメッセージを確認する

左:LINEトークリストの表示 中央:既読回避アプリ「のぞきみ」 右:既読回避アプリ「既読回避サポーター」 画像のように、既読回避アプリを使えばLINEに既読を付けずにメッセージの内容を確認することができる

まずご紹介する方法は、既読を付けずにLINEを見るために開発された「既読回避専用アプリ」を使う方法です。 既読回避専用アプリはAndroid端末でのみ使用可能で、現時点でiPhone向けの既読回避アプリはありません。 既読回避アプリの多くが無料で使用できます。 この方法の主な流れは、Android端末に既読回避アプリをインストールし、通知設定をした後にアプリ上でメッセージを確認するだけです。 既読回避アプリを介せば既読が付くことはありません!LINEアプリで送信取消されたメッセージも既読回避アプリでは確認することができます。 テキストだけでなく、写真やスタンプも確認できるアプリも多くあります。 この方法の主なデメリットは、通知設定が必要になる点、インストール以前のメッセージの閲覧はできない点、またアプリによっては動画や写真が表示されない点です。 筆者は今回4つのアプリを検証してみましたので、下記の表でそれぞれの特徴をご紹介します。

仏式の法要一覧表
既読回避サポーター のぞきみ NINE あんりーど
ダウンロード数 100万以上 50万以上 10万以上 5万以上
価格 無料 無料 無料 無料
広告表示 なし あり あり あり
スタンプ表示
写真表示
動画表示 ✕(サムネイル表示あり) ✕(サムネイル表示あり)
他アプリへの対応 Facebook / Instagram / WhatsApp / Kakao Talk / Between / Telegram / hike Facebook / Twitter

アプリインストール後の通知設定方法(端末)

上記でも解説したように、既読回避アプリをインストールした後は端末の通知設定が必要です。 設定を行わないと、既読回避アプリとLINEが連動されません。 端末の設定アプリを開き、[アプリと通知]→[詳細設定]→[特別なアプリアクセス]→[通知へのアクセス]の順に進みます。 該当アプリにアクセスの許可をします。

アプリインストール後の通知設定方法(LINE)

端末の通知設定が完了したら、次はLINEアプリ内で通知設定を行います。 LINEを起動し、ホームタブ画面右上の[⚙]→[通知]をタップします。 画面の一番上に表示される[通知]を「オン」に設定し、メッセージ通知方法で「ポップアップで知らせる」を選択します。 そして[メッセージ通知の内容表示]の項目を「オン」に設定します。

方法2:プッシュ通知にメッセージの内容を表示する

やり方

  1. Android端末設定でプッシュ通知をオンにする
  2. LINEアプリ内の通知設定で「メッセージ内容表示」などをオンにする
  3. 通知でメッセージ内容を確認する

Android端末もiPhone同様に、プッシュ通知内にメッセージを表示することで、既読を付けずにLINEを読むことができます。 Androidスマホではロック画面、ヘッドアップ(ポップアップ)、通知ドロワーの3種類の通知スタイルがあります。 通知に表示されるのはテキストのみで、写真やスタンプ、ボイスメッセージなどを受信すると「(友だち)が○○を送信しました」の文言のみが表示されます。 またiPhoneでは通知内で1,000文字以上の長文でも全文を読むことができましたが、Androidの場合は150〜200文字前後のみ確認可能です。 同じ友だち(グループ)からのメッセージは最新の1件のみがプッシュ通知内で表示されます。 iPhoneのように複数の通知を溜めることはできません。 この方法の注意点は、誤操作で既読が付いてしまう可能性がある点と、第三者にメッセージ内容が読まれる危険性がある点です。

プッシュ通知を表示させる設定

この方法を使用するためには、まずは端末にプッシュ通知を表示させる設定を行います。 LINEアプリを開き、ホームタブ画面右上[⚙]→[通知]の順にタップをします。 一番上の[通知]とその下の[通知設定]が両方「オン」になっていることを確認します。 次に[メッセージ通知]をタップし、[通知の表示][アラートを受け取る][ポップアップ]の3箇所を「オン」に設定します。 [詳細設定]→[ロック画面]の順にタップし、ロック画面で表示させる内容を選択します。[すべての通知内容を表示する][ロック解除時のみプライベートな内容を表示]などを選択しましょう。 画面左上の[←]をタップし一つ前の設定画面に戻り、[メッセージ通知の内容表示]にチェックマークを付けたら設定終了です。

方法3:機内モードをオンにする

やり方(必ず下記の手順で操作してください

  1. 友だちからのメッセージを受信する
  2. クイック設定パネルもしくは設定アプリで機内モードを「オン」Wi-Fiは「オフ」にする
  3. 通常通りLINEを起動しトークを開いてメッセージを確認する
  4. LINEアプリを終了する
  5. 機内モードを解除する

iPhoneと同様にAndroidでも機内モードを使えば既読を付けずにLINEを読むことができます。 この方法の主なやり方は、iPhoneと同じです。 ①メッセージを受信 → ②機内モードをオン → ③LINEアプリを開きメッセージを確認 → ④LINEアプリを閉じる → ⑤機内モードをオフ 上記の手順を間違えてしまうと、メッセージの受信ができなくなったり、既読が付いてしまいますので注意して操作を行いましょう。 ④ではLINEアプリを完全に終了させるようにしてください。アプリを起動させたままだと機内モードを解除後に既読が付きます。 機内モードのオン・オフ設定は、クイック設定パネルで簡単にできます。 ただしiPhoneと同様に、機内モード解除後、最初にLINEを立ち上げるタイミングで既読が付いてしまいますので、既読をずっと付けないようにすることはできません。 Androidの機内モードのオン・オフ設定は下記でご紹介します。

機内モードオン・オフの設定方法

機内モードはクイック設定パネルもしくは設定アプリで設定可能です。 クイック設定パネルはスマホの画面上部を下に向けてスワイプすると開きます。 一度スワイプすると画面上に6つのマークが表示され、それ以上のマークを表示させたい場合はパネル中央下部の[ _ ]を下に向けてスワイプします。 飛行機のマークをタップすることで機内モードのオンとオフの切り替えができます。 緑や青色で表示される場合は「オン」、グレーで表示される場合は「オフ」となります。 機内モードを「オン」にする際に、一緒にWi-Fiも「オン」にならないように注意しましょう。 機内モード設定中もWi-Fiに接続されていれば、LINEのメッセージに既読が付いてしまいます。 設定アプリ内で機内モードのオン・オフを切り替える場合は、設定アプリを開き[ネットワークとインターネット]→[詳細設定]の順に進みます。 [機内モード]のスライドボタンをタップすることで、オンとオフの切り替えが可能です。

LINEアプリを完全に終了させる方法

機内モードでLINEのメッセージを確認した後は、必ずLINEアプリを完全終了するようにしてください。 LINEを開いたままだと、機内モードをオフにした瞬間に既読マークが付いてしまいます。 アプリを完全に終了させる方法は、スマホ画面下部から上にスワイプし、画面の中央あたりで指を止めます。 そうすると起動中のアプリが並んで表示されますので、スワイプしてLINEの画面を開き上にスワイプするとLINEが完全に終了します。

方法4:画面の自動回転設定をオンにする

やり方

  1. 端末の画面の自動回転をオンにする
  2. LINEアプリを開き画面を横向きにして見る

こちらもiPhoneと同様の方法です。 スマホを横向きで使用することで、トークリストや通知内で表示される文字数が多くなります。 LINEは横向きでの表示に対応していますが、アプリによっては横向き非対応のものもありますので、全ての画面が横向きで確認できるというわけではありません。 画面を横向きで表示するためには、クイック設定パネルもしくは設定アプリで設定を行う必要があります。 クイック設定パネルを開き、パネル内の[自動回転][縦向き][縦画面]などと表示されるマークで設定ができます。(マークの名称は端末によって異なります。) 緑や青で表示されている場合は「オン」、「グレーで表示されている場合は「オフ」となりますので、「オン」に設定します。 設定アプリで操作する場合は、[ディスプレイ]→[詳細設定]の順に進み、[画面の自動回転]のスライドボタンをタップします。

【PC】既読をつけずにLINEを読む方法

方法1:トークルームを非アクティブ化する

PC版LINEで、トークルームを別ウィンドウで開き非アクティブ化しておくことで、既読を付けずにメッセージの内容を確認することができます。 ただしこの方法はChrome版LINEでは非対応になります。(Chrome版LINEは別ウィンドウで開くことができないため) まずはトークルームを別ウィンドウで開きます。 そしてそのトークルームを非アクティブ(トークルーム以外のページをクリックしておく)の状態にします。 トークルームをアクティブの状態に戻すと既読マークが付きます。

方法2:インターネット接続を切る

PC版LINEでメッセージを受信した後に、インターネット接続を切った状態でLINEを確認すると既読は付きません。 メッセージを受信した後にインターネット(Wi-Fi)の接続を切ります。 Macの場合は画面右上のWi-Fiのマークをクリックし、[Wi-Fi]のスライドボタンをクリックしてグレーの状態にします。 Windowsの場合は、画面右下のWi-Fiマークをクリックし、[切断]をクリックします。 Wi-Fi接続を切断した後にLINEで通常通りメッセージを確認します。 メッセージの内容を確認したら、LINEアプリを終了させます。 注意点は、インターネットに再接続後に既読が付いてしまう点です。 LINEアプリを開かなくても自動的に既読が付きますので、既読をずっと付けないでおくということはできません。 Chrome版LINEのみ、LINEを起動しトークルームを開くことで既読が付きます。

LINEの既読に関して

既読を削除する方法はない

付いてしまった既読マークを削除したいと思う人もいるかもしれません。 しかし残念ながら、既読を未読に戻す方法はありません。 既読の機能には、相手がメッセージを確認したという生存確認の意味合いも込められているそうです。

既読の下の時間は送信された時間

既読のマークの下には時刻が表示されます。 これはメッセージの「送信時間」であり、メッセージが「既読になった時間」ではありません。 相手がメッセージを読んだ時間を確認するためには、既読マークが付く瞬間を見るしか方法はありません。

既読が後からつく場合がある

基本的に、メッセージを見るのとほぼ同時に既読マークはつきます。 既読マークをつけるタイミングを手動で設定する方法はありません。 ただし、通信環境が悪い場合や、機内モードなどインターネットに接続されていない場合、相手がアカウントをブロックしている場合は、既読が付くまでにタイムラグが生じる可能性があります。

LINEの既読の色は背景色によって変わるだけ

LINEの「既読」の文字色のみを変更することはできませんが、着せかえを変更することによって文字色を変えることは可能です。 文字色は着せかえの色に応じて変わります。 例えば「基本」の着せかえではグレーっぽい色、「コニー」の着せかえではピンクの文字に自動的に変わります。 そのため「既読」の文字色を変えたい場合は、着せかえを変更しましょう。 着せかえの変更方法は、ホームタブ画面右上の[⚙]→[着せかえ]→[マイ着せかえ]の順に進み、設定したい着せかえの[適用する]をタップします。

LINEの既読のフォント・サイズは変えられる

iPhoneの場合のフォントとサイズの設定方法

LINEの「既読」マークを含み、テキストのフォント(字体)やサイズは設定で変えることができます。 iPhoneでのフォントとサイズの変更は、LINEアプリ内で行います。 ホームタブ画面右上の[⚙]→[LINE Labs]の順にすすみ、[カスタムフォント]を「オン」にします。 現時点で14種類のフォント(デフォルト含む)から好きなフォントを選択することができます。画面上部のプレビューで実際のフォントを確認することができます。 フォントの選択が完了したら画面右上の[✕]で画面を閉じて設定完了です。 フォントサイズの変更方法は上記でもご紹介している通り、ホームタブ画面右上[⚙]→[トーク]→[フォントサイズ]の順に進みます。 アプリ内では[小][普通][大][特大]の4種類からフォントサイズを選択することができます。 チェックマークをつけ、画面右上の[✕]で画面を閉じて設定完了です。 [iPhoneの設定に従う]をタップすると、設定アプリで設定するフォントサイズと同じ大きさでLINEも表示されます。 設定アプリでは7種類の中からサイズを選択することが可能です。 設定アプリを開き[画面表示と明るさ]→[テキストサイズを変更]をタップします。 画面下部のスライドボタンで文字の大きさを変更し、画面左上[戻る]をタップして設定完了となります。

Androidの場合のフォントとサイズの設定方法

残念ながらAndroidではLINEアプリ内のカスタムフォントには対応していません。 しかし、端末自体でフォント設定が可能です。端末によってはフォント設定がないものもあります。 端末の設定アプリを開き[ディスプレイ]→[詳細設定]→[文字フォント設定]の順にタップをします。 [文字フォント切替]をタップすると、プリセットフォント一覧が表示されます。[ダウンロードフォント検索]をタップすると、一覧以外のフォントも設定できます。 設定したいフォントをタップすると、ポップアップでフォントの見本が表示されるので確認をして[再起動して変更]をタップします。 フォントサイズの変更は、フォント設定と同様に[ディスプレイ]→[詳細設定]→[文字フォント設定]の順に進みます。 [フォントサイズ]をタップし、4種類の中から文字の大きさを選択します。フォントサイズ変更時はスマホの再起動は不要です。

グループチャットは人数は分かるが誰かは不明

グループチャット内でも既読マークはつきます。 既読の横に表示される数字は、そのメッセージを見た人数です。 例えば「既読 3」と表示されている場合は、グループメンバーのうち3人が既読したという意味になります。この人数に自分は含まれません。 既読になった人数はわかるものの、誰が見たかを把握することは不可です。

LINE WORKSは誰が既読したかわかる

ビジネス版LINEの「LINE WORKS」では、グループLINEのメンバーの中で誰が既読したのかがわかります。 [<既読 ○(数字)]をタップすると画面が切り替わり、既読メンバーと未読メンバーがそれぞれ把握できるようになっています。

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. LINEの使い方
  4. LINEを既読つけずに読む方法をiPhone/Androidで解説