1. TOP
  2. 教養
  3. テクノロジー
  4. LINEの既読のタイミングを徹底解説|後から付く?確認方法は?

LINEの既読のタイミングを徹底解説|後から付く?確認方法は?

既にほとんどの人が把握していると思いますが、LINEには既読機能があります。相手(受信者)が未読メッセージを含むトークルームを開いたタイミングで送信者側の画面に「既読」のマークがつきます。では、既読の下に表示される時間は何の時間を指しているのでしょうか?本記事では既読の下の時間の意味や、既読機能に関する様々な疑問点を詳しく解説しています。

LINEの既読の下の時間

既読の下の時間は送信された時間

LINE 「既読」の文字の下には時刻が表示されます。 テキスだけでなく写真やスタンプなどにも「既読」が付きます。 この時刻はメッセージの「送信時間」であり、メッセージを「相手が受信した時間」でも「既読にした時間」でもありません。 またメッセージが「既読」になったからといって、表示される時間が「既読時間」に変わることもありません。 そもそも「既読」には「すでに読み終えたこと」という意味があります。 LINEの場合メッセージに「既読」が付くのは、相手がメッセージ受信後にトークルームを開いた時です。 トークリスト上やプッシュ通知でメッセージの内容を確認するだけでは「既読」の文字は付きません。 またグループトークの場合は、メンバーの内何人が既読になったかがわかるよう、既読になった人数が「既読 3」などと数字で表示されます。

既読になった時間を確認する方法はない

相手が何時にメッセージを読んだか気になることもあるでしょう。 しかし残念ながら、既読になった時間を確認する方法は、トークルームを開いたままにしておいて既読マークが付く瞬間を見るしか方法はありません。 これはかなり非効率なやり方になるので、既読になった時間を正確に把握するのは不可能だと思っても良いでしょう。

既読が後からつく場合がある

上記でご説明したように、「既読」は相手がメッセージ受信後トークルームを開くタイミングで付きます。 しかし状況によっては、相手が実際にメッセージを読んでから「既読」が付くまでに時間差が生じる場合があります。 例えばモバイル通信やインターネット環境が不安定な場合、LINEで不具合が生じている場合は、「既読」が表示されるまでにタイムラグが起こる場合もあります。 ちなみに、既読マークをつけるタイミングを手動で設定する方法はありません。

LINEの既読が付いても相手は読んでいない可能性

LINEのメッセージに「既読」は付いているが、なかなか相手から返信がないことってありませんか? ここでは、既読が付いても相手がメッセージを読んでいない時はどんな時かをまとめています。

未読メッセージが溜まっている場合

未読メッセージが多いと、画面をスクロールして内容を確認する必要があります。 相手のトークルームに未読メッセージが複数件溜まっている時、既読になっても相手が内容を読んでいない可能性があります。 一つのトークルーム内に10件以上未読メッセージが溜まると、メッセージ受信者のトークルーム内に「ここから未読メッセージ」と表示されます。 画面上に表示されていないメッセージに対しても、トークルームを開くと「既読」が付きます。 相手側がスクロールをする際に、単純にメッセージを見落としているという可能性が高いです。 つまり、相手が半ば無意識に「既読スルー」してしまっているということです。

トークルームを開いたままの状態にしている場合

LINEのトークルームを開いたままの状態にしていると、本人がメッセージを読んでいなくても「既読」は付きます。 例えばトークルームを開きっぱなしでスマホやPCの電源を入れたまま放置していたり、誤操作で気づかない内にトークルームが開いた状態になってしまっているような時です。 このような場合はメッセージを送信した瞬間に既読が付くことが特徴的です。 すぐに既読は付くのに返信がない場合は、相手がメッセージに気づいていない可能性が非常に高いといえます。

トークリスト上で「既読」にされた場合

iPhone

Android

未読のメッセージは、トークルームを開かずトークリスト上で「既読」にすることができます。 この方法でメッセージを確認していると、メッセージに既読が付いても相手が読んでいない可能性があります。 操作方法は、iPhoneの場合は、トークリスト上でトークを右から左にスワイプします。 そうすると[既読][非表示][削除]の選択項目が表示されます。ここで[既読]をタップすると、トークルームを開かなくてもメッセージを「既読」したことになります。 Androidの場合は、トークリスト上でトークを長押しします。 そうすると[非表示][通知オフ][ピン留め][既読にする][削除]が表示されるので、[既読にする]をタップします。 ちなみに[非表示]はトーク履歴は保持しつつトークリスト上からトークを削除すること、[削除]はトーク履歴を削除しトークリストからトークを削除することを指します。

LINEの既読にならない原因

そもそもLINEのメッセージ等に既読がつかない時もあると思います。 ここでは、既読にならない原因をご紹介します。

メッセージが確認できない状況にいる

シンプルに相手がLINEを使えない状態であることが多いでしょう。 例えば仕事中や授業中などスマホを使えない環境にいる時や、お風呂や食事中などですぐに確認できる状態ではない時は、既読にはなりません。 またスマホやPCの電源が切れてしまったり、インターネット環境が不安定であったりする場合も、LINEのメッセージを確認することは難しいです。 このような場合は時間を置くと既読になることがほとんどなので、しばらくそのままで待っておくと良いでしょう。

既読を付けずに読まれてる

「既読」が付かないからといって、常に相手が無視しているとは限りません。 実はLINEは「既読」を付けずにメッセージを読むこともできるのです。 例えばトークリスト上で個別のトークルームを長押ししてポップアップ画面内でメッセージを確認したり、既読回避アプリを使ってメッセージを読むと(Androidのみ)、メッセージに「既読」を付けずに読むことができます。 既読を付けずにLINEを読む方法は、詳しくは別の記事で解説していますのでぜひ参考にしてください。

★内部リンク

ブロックされている

LINEが既読にならない時は、相手があなたのアカウントをブロックしている可能性もあります。 ブロックした本人は、トークルームの閲覧はできてもブロック後のメッセージの送受信はできません。 ブロック中に友だちから受信したメッセージは、ブロック解除後も見ることはできません。 ブロックされた側はその事実を知ることなく、今まで通りメッセージを送ることができます。 ブロック中に相手に送信したメッセージは、既読が付く時とそうでない時があります。 ブロック解除後にブロックした側からメッセージを送ると、ブロック中に送信したメッセージには「既読」はつきません。 ブロック解除後に、ブロックされた側が先にメッセージを送ると、ブロック中に送信したメッセージにも「既読」が付きます。

機種変更でアカウントを引き継いだ

これは頻繁に起きるケースではありませんが、スマホの機種変更時のLINEアカウントを引き継ぎがうまくいかないと「既読」がつかないことがあります。 相手のアカウント引き継ぎの最中に送信したメッセージは、相手がトーク履歴のバックアップや復元を行わないと、スマホに表示されない可能性があります。 送信者側の画面には通常通りメッセージが送信できたように反映されていても、受信側にはメッセージ自体が表示されない場合もあるということです。 また、スマホの機種変更時にLINEアカウントの引き継ぎではなく「新規登録」される場合も、既読は付きません。

LINEの不具合

LINEが既読にならない場合、LINE側でシステム障害が発生している可能性もあります。 LINEの公式ツイッターなどで不具合の情報を確認することができます。

LINE公式ツイッター

LINEを退会している

LINEが既読にならない時、もしかしたら相手がLINEアプリを削除していたり退会している可能性もあります。 アプリを削除したりLINEから退会すると、当たり前のことですがLINEが使えなくなります。 よって未読メッセージに既読が付くことはないのです。

LINEの既読について

既読を削除する方法はない

付いてしまった既読マークを削除したいと思う人もいるかもしれません。 しかし残念ながら、既読を未読に戻す方法はありません。 既読の機能には、相手がメッセージを確認したという生存確認の意味合いも込められているそうです。

LINEの既読の色は背景色によって変わるだけ

LINEの「既読」の文字色のみを変更することはできませんが、着せかえを変更することによって文字色を変えることは可能です。 文字色は着せかえの色に応じて変わります。 例えば「基本」の着せかえではグレーっぽい色、「コニー」の着せかえではピンクの文字に自動的に変わります。 そのため「既読」の文字色を変えたい場合は、着せかえを変更しましょう。 着せかえの変更方法は、ホームタブ画面右上の[⚙]→[着せかえ]→[マイ着せかえ]の順に進み、設定したい着せかえの[適用する]をタップします。

LINEの既読のフォント・サイズは変えられる

iPhoneの場合のフォントとサイズの設定方法

LINEの「既読」マークを含み、テキストのフォント(字体)やサイズは設定で変えることができます。 iPhoneでのフォントとサイズの変更は、LINEアプリ内で行います。 ホームタブ画面右上の[⚙]→[LINE Labs]の順にすすみ、[カスタムフォント]を「オン」にします。 現時点で14種類のフォント(デフォルト含む)から好きなフォントを選択することができます。画面上部のプレビューで実際のフォントを確認することができます。 フォントの選択が完了したら画面右上の[✕]で画面を閉じて設定完了です。 フォントサイズの変更方法は、ホームタブ画面右上[⚙]→[トーク]→[フォントサイズ]の順に進みます。 アプリ内では[小][普通][大][特大]の4種類からフォントサイズを選択することができます。 チェックマークをつけ、画面右上の[✕]で画面を閉じて設定完了です。 もしくは、iPhoneの設定アプリを開き[画面表示と明るさ]→[テキストサイズを変更]の順に進み、画面下部のスライドバーで文字の大きさを変更できます。 [iPhoneの設定に従う]をタップすると、設定アプリで設定するフォントサイズと同じ大きさでLINEも表示されます。 設定アプリでは7種類の中からサイズを選択することが可能です。 設定アプリを開き[画面表示と明るさ]→[テキストサイズを変更]をタップします。 画面下部のスライドボタンで文字の大きさを変更し、画面左上[戻る]をタップして設定完了となります。

Androidの場合のフォントとサイズの設定方法

残念ながらAndroidではLINEアプリ内のカスタムフォントには対応していません。 しかし、端末自体でフォント設定が可能です。端末によってはフォント設定がないものもあります。 端末の設定アプリを開き[ディスプレイ]→[詳細設定]→[文字フォント設定]の順にタップをします。 [文字フォント切替]をタップすると、プリセットフォント一覧が表示されます。[ダウンロードフォント検索]をタップすると、一覧以外のフォントも設定できます。 設定したいフォントをタップすると、ポップアップでフォントの見本が表示されるので確認をして[再起動して変更]をタップします。 フォントサイズの変更は、フォント設定と同様に[ディスプレイ]→[詳細設定]→[文字フォント設定]の順に進みます。 [フォントサイズ]をタップし、4種類の中から文字の大きさを選択します。フォントサイズ変更時はスマホの再起動は不要です。

グループチャットは人数は分かるが誰かは不明

グループチャット内でも既読マークはつきます。 既読の横に表示される数字は、そのメッセージを見た人数です。 例えば「既読 3」と表示されている場合は、グループメンバーのうち3人が既読したという意味になります。この人数に自分は含まれません。 既読になった人数はわかるものの、誰が見たかを把握することは不可です。

LINE WORKSは誰が既読したかわかる

ビジネス版LINEの「LINE WORKS」では、グループLINEのメンバーの中で誰が既読したのかがわかります。 [<既読 ○(数字)]をタップすると画面が切り替わり、既読メンバーと未読メンバーがそれぞれ把握できるようになっています。

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 教養
  3. テクノロジー
  4. LINEの既読のタイミングを徹底解説|後から付く?確認方法は?