1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「ご協力賜りますようお願い申し上げます」の意味と使い方をメール例文つきで解説

「ご協力賜りますようお願い申し上げます」の意味と使い方をメール例文つきで解説

「ご協力賜りますようお願い申し上げます(ごきょうりょくたまわりますようおねがいもうしあげます)」は、協力してもらうようお願いしますという意味です。ビジネスメールで相手の力を借りたいとお願いをするときや、注意喚起をするときに使います。

意味と敬語

ご協力

「ご協力」は「ごきょうりょく」と読みます。 「ご協力」の意味は「力を合わせて物事を行うこと」です。 「協力」についている「ご」は尊敬を表す接頭辞です。

接頭辞「ご(お)」敬語の種類は文脈によって尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなります。

  • 相手の動作を高めて敬意を示すためにつける接頭辞「ご」は、尊敬語
  • 自分の動作をへりくだって相手に敬意を示すためにつける接頭辞「ご」は、謙譲語
  • 言葉をただ丁寧にいうだけにつける接頭辞「ご」は、丁寧語

「ご協力」の「ご」は、相手が協力することに対してつけている接頭辞なので尊敬語になります。

賜りますよう

「賜りますよう」は、「たまわりますよう」と読みます。 「賜りますよう」の意味は、「もらうよう」です。 「賜りますよう」は、「もらう」の謙譲語に丁寧語「ます」と婉曲表現の「よう」をつけた敬語表現です。 「賜る」は、「もらう」の謙譲語、「与える」の尊敬語の二つの意味がありますが、この場合は相手から何かをしてもらうという動作について、相手を高めるために使用されている謙譲語です。 「賜りますよう」とすることで直接的な表現を避けることができるので、ただ「お願いします」とお願いをするよりも柔らかい印象になります。

お願い申し上げます

「お願い申し上げます」は、「おねがいもうしあげます」と読みます。 「お願い申し上げる」は、「お願いする」の謙譲語です。 「お〜申し上げる」で、動作対象を敬う謙譲表現になります。 「申し上げる」は本来「言う」の謙譲語ですが、この表現では「する」という意味の補助動詞です。 「お願い申し上げます」の「ます」は丁寧語です。 補助動詞は平仮名で表記するという決まりがあるので、本来は「お願いもうしあげます」と書くのが正しいですが、慣例的に「お願い申し上げます」と漢字で書くことが多いです。 したがって「ご協力賜りますようお願い申し上げます」は、「力を貸してもらうようお願いします」という意味で、相手の協力を仰ぐときに使います。

使い方と例文

協力を依頼するビジネスメールの結びの言葉で使う

「ご協力賜りますようお願いいたします」は、相手に協力を依頼するメールの文末に結びに言葉として主に使います。 電話や口頭で使われることは稀です。 例えば調査をするのに相手の力を貸してもらいたい場合などです。 また、依頼の一種として注意喚起する場面でも使います。 例えば「ご理解ご協力賜りますようお願いいたします」などの形で、相手が不便を感じることは承知しつつも、禁止や命令を含む言い方になります。

ビジネスメール例文

アンケートに回答してもらいたいとき

【件名】 商品に関するアンケートのご依頼 【本文】 商品をご購入の皆様 この度は、弊社製品をご購入いただきまして誠にありがとうございます。 弊社では、商品をご購入いただいた皆さまに向けて、ご意見やご感想を伺うためのアンケートを実施しております。 つきましては、添付のアンケート用紙にご回答いただけたら幸いです。 今後のサービスの向上に役立てるため、ご協力賜りますようお願いいたします。 株式会社オモチャ 商品担当

上司に協力を依頼するとき

【件名】 株式会社○○○訪問同行のお願い 【本文】 大森営業部長 お疲れさまです。営業部1課の小池です。 この度部署異動に伴い、株式会社○○○様の担当が私、小池となりました。 そこで、大変恐縮ではございますが、大森部長に株式会社○○○様へのご挨拶の訪問にご同行をお願いできないでしょうか。 前任者の不手際から先方への対応が芳しい状況です。 大森部長は株式会社○○○様から絶大な信頼があり、関係も大変良好だったと聞いております。 お忙しい中大変恐縮ですが、ご協力賜りますようお願いいたします。 小池

取材協力を依頼するとき

【件名】 取材のお願い 【本文】 タチツテト株式会社 佐野様 はじめまして。 大学館編集部の龍宮寺健太と申します。 私共は、20代向けの情報を発信する月刊誌「青年マガジン」を発行しております。 このたび、起業家の方の取材をし本誌で紹介できればと考えているのですが、佐野様に取材をお願いるすることは可能でしょうか。 取材内容については、添付の資料にまとめておりますので、そちらをご覧の上ご検討いただければ幸いです。 取材のご対応について是非ご協力賜りますようお願い申し上げます。 大学館編集部  龍宮寺健太 〒123-456 神奈川県横浜市東神奈川区山田町11-22 5F TEL 045-123-345

催事への協力依頼

【件名】 催事への協力依頼 【本文】 街の中の中学校 校長 町田忠三郎様 平素よりお世話になっております。 街の中の商店街、組合長の郷田健吾です。 早速ではございますが、当商店街では皆様への日頃のご愛顧を感謝し、イベントを開催する運びとなりました。 その中で「中学生なんでも作品展」を企画し、地元各中学校にご案内させていただいております。 校務等お忙しい折とは存じますが、本企画にご賛同のうえ、ぜひ街の中の中学校の皆様にもご参加いただき、イベントを盛り上げていただきたく存じます。 詳細は決まり次第メールにてお知らせします。 ご協力賜りますようお願い申し上げます。 郷田

ボランティアの依頼をするとき

【件名】 清掃ボランティアのお願い 【本文】 株式会社タチツテト 総務部 益子結衣様 いつも大変お世話になっております。 株式会社マミムメモ、総務部の有村です。 この度は、清掃活動のご協力のお願いがあり、ご連絡いたしました。 10月10日(土)に開催予定の弊社主催「上野部地区の清掃活動」について、現在ボランティアスタッフを募集しております。 以下詳細です。 日時:10月10日(土)9時〜10時半 集合場所:ローズマリー公園 持ち物:軍手 お忙しい中大変恐縮ですが、ご参加いただける場合は、10月5日までに有村までご連絡いただければと存じます。 日頃からご愛顧いただいている近隣住民の皆様に感謝の気持ちを伝えるためにも、ぜひご協力賜りますようお願い申し上げます。 有村

値引きを交渉するとき

【件名】 お見積り金額について 【本文】 あいうえお株式会社 営業部 島田様 お世話になっております。 かきくけこ株式会社の大谷です。 お見積書のご送付ありがとうございました。 誠に申し訳ないのですが、御社の見積もりでは予算をオーバーしてしまいます。 現状ではこの価格で契約を結ぶことが難しい状況です。 心苦しいのですが、合計金額を50万以下に抑えていただけないでしょうか。 御社との継続的かつ長期的なお取引を考えておりますので、事情をご考慮のうえ、ご協力賜りますようお願い申し上げます。 大谷

注意喚起で使う例文

  • 飲食目的以外でのフードコートのご利用はお控えください。ご協力賜りますようお願い申し上げます。
  • 他のお客様のご迷惑となりますので、上映中はスマホの電源をお切りください。ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。
  • 風邪が大変流行っております。手洗いうがいの徹底にご協力賜りますようお願い申し上げます。

類似表現との違い

「いただきますよう」との違い

「ご協力賜りますようお願い申し上げます」と似た敬語表現に「ご協力いただきますようお願い申し上げます」があります。 「ご協力いただきますよう」の「いただきますよう」は「もらうよう」という意味です。 「もらう」の謙譲語「いただく」に、丁寧語「ます」と婉曲表現の「よう」をつけた敬語表現です。 「ご協力いただきますよう」と「ご協力賜りますよう」は、どちらも「もらう」の謙譲語と丁寧語、婉曲表現の「よう」を使った丁寧な敬語表現です。 しかし、「賜りますよう」の「賜る」が「もらう」より一段と恐れ多い気持ちを込めて使われる謙譲語なので「ご協力賜りますよう」のほうが丁寧でかしこまった敬語表現であるといえます。 ただし、「賜りますよう」は丁寧すぎて慇懃無礼(丁寧すぎて逆に失礼)になる場合があります。 自分と同等の立場の人や目下の人に対して使うのは不適切なので注意しましょう。

「くださいますよう」との違い

「ご協力賜りますようお願い申し上げます」は、「ご協力くださいますようお願い申し上げます」ということもできます。 「くださいますよう」は、「くれるよう」という意味で、「くれ」の尊敬語「ください」に、丁寧語の「ます」と婉曲表現の「よう」をつけた敬語表現です。 まず、「賜りますよう」は謙譲語であり、「くださいますよう」は尊敬語であるという違いがありますが、謙譲語と尊敬語に敬意の度合いの違いはありません。 自分の動作に対してなら謙譲語を、相手の動作に対してなら尊敬語を使います。 また、「賜りますよう」は「もらうよう」、「くださいますよう」は「くれるよう」という意味の違いもありますが、これもどちらの方が丁寧ということはありません。 しかし、「くださいますよう」が「くれ」の尊敬語を使用した命令形であるため「賜りますよう」の方が丁寧な響きがあります。

「お願いいたします」との違い

「ご協力いただきますようお願い申し上げます」は、「ご協力いただきますようお願いいたします」ということも可能です。 「お願いいたします」は、「お願いする」の謙譲語+丁重語+丁寧語です。 「お」は謙譲語で、動作の対象を敬う接頭辞です。 「いたす」は丁重語で、聞き手・読み手を敬う補助動詞です。 丁重語とは、謙譲語Ⅱともいわれ、へりくだることで相手に敬意を示すという点で通常の謙譲語と同じですが、動作の対象ではなく聞き手・読み手に敬意を示す敬語です。 「お願いいたします」の「ます」は丁寧語です。 「申し上げる」は、補助動詞でも慣用的に漢字で書かれることが多いですが、「お願いいたします」は平仮名で正しく表記されることが多いです。 「お願い申し上げます」と「お願いいたします」の丁寧の度合いはどちらも同じですが、「お願い申し上げます」のほうが意味的に謙虚でやや丁寧です。 そのため、ビジネスシーンなどでは「お願い申し上げます」が使われる傾向があります。 「ご協力賜りますようお願いします」ということもできます。 「お願いします」は、「願う」に尊敬を表す接頭辞「お」と「する」の連用形「し」に丁寧語「ます」をつけた敬語表現です。 丁寧語は、文末につけることで文章全体を丁寧にする敬語表現なので、丁寧の度合いは「お願いいたします」「お願い申し上げます」のほうが高いです。

併用する語

どうか/何卒/よろしくお願い〜

「ご協力賜りますよう」の後に、「どうか」「何卒」「よろしく」をつけて使うことも多いです。 「どうか」は、心の底から強く願っている様子を表します。 何か心から強くお願いしたり、物事を頼む場合に「お願いいたします」などと併用して使います。 「どうか」をより丁寧に堅い表現にすると「何卒(なにとぞ)」になります。 「なに」に「と」と「ぞ」を付けることで、「どうにかして強く」という意味になり「なに」を強調する役割を担っています。 「何卒」は当て字ですが、ビジネスシーンでは漢字で表記するのが一般的です。 「よろしく」も、相手に強く依頼したり感嘆する気持ちを表します。 「よろしくお願いいたします」などと使われますが、ビジネスシーンではより改まった印象になる「何卒」や「どうぞ」のほうが使われます。

恐縮ですがご協力〜

「恐縮ですが(きょうしゅくですが)」の意味は、「申し訳なく思うのですが」です。 「恐縮」の意味は、「申し訳なく思い、恐れ入ること」です。 相手に迷惑をかけたり世話になったことに対して、身も縮まるほど申し訳なく思っている気持ちを表します。 「恐縮ですが〜」で、ビジネスシーンにおいて依頼をするときのクッション言葉として使うことができます。 クッション言葉とは、相手に何かを依頼したり、お断りをする場合などに言葉の前に添えて使用する言葉のことです。ビジネスシーンでは様々な状況で使われます。 クッション言葉を使うことで直接的な表現をさせることができ、丁寧で柔らかい印象を与えることができます。 クッション言葉には、その他にも、

  • 恐れ入りますが
  • 申し訳ありませんが
  • ご迷惑をおかけしますが
  • お手数をおかけしますが

などがあります。

敬語の言い換え

ご協力ください

「ご協力ください」は、「協力」に尊敬を表す接頭辞「ご」と、「くれ」の尊敬語「ください」をつけた敬語表現です。 正しい敬語表現ですが命令文なのでやや上から目線で、目下の人や同等の立場の人に対して使うのは問題ありませんが、親しくない上司や社外の人に対して使うのは避けた方がよいでしょう。 「ご協力くださいませ」とすると柔らかいニュアンスになります。 「くださいませ」は、「ください」に「ませ」をつけた敬語表現です。 「ませ」は「丁寧な気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意」を表します。 「くださいませ」とすることで、「くれ」を丁寧にするだけでなく柔らかい印象を与えることができます。

ご協力いただけますか

「ご協力いただけますか」は、「協力」に尊敬を表す接頭辞「ご」と、「もらう」の謙譲語「いただく」に丁寧語「ます」と疑問の終助詞「か」をつけた敬語表現です。 「ご協力ください」では丁寧さに欠けますが、「協力してもらえますか」と疑問形にすることで、柔らかい依頼の表現になります。 「ご協力いただくことは可能でしょうか」は、「協力してもらうことはできるだろうか?」と可否を確認する表現で、依頼をするときに使用される正しい敬語表現です。 しかし、やや強意的であるためビジネスシーンでは使用を避ける人もいます。

ご協力願います

「ご協力願います」は、「協力」に尊敬を表す接頭辞「ご」と、「願う」に丁寧語「ます」をつけた敬語表現です。 「ご協力願います」も正しい敬語表現ではありますが、「願います」が「願う」という言葉の丁寧語であるという点で丁寧さに欠ける(謙虚な態度が感じられない)表現であるため、親しくない上司や社外の人に対して使うは避けた方が無難です。 上司や社外の人に使用する場合は、「お願いいたします」などより丁寧な敬語表現を使用しましょう。

ご協力のほどよろしくお願いいたします

「ご協力のほど」は、「協力」に尊敬を表す接頭辞「ご」をつけて、婉曲表現の「ほど」をつけています。 「ほど」は、断定を避ける表現です。 「ご協力のほどよろしくお願いいたします」で、相手に強制することなくお願いをすることができます。 「ほど」は漢字で書くと「程」ですが、漢字にはしません。 「程」の本来の意味は、「物事の経過に伴う様子、程度」です。 そこから転じて断定を避ける表現として用いられています。 このように、本来の意味とは違う使い方をする場合は、漢字ではなくひらがな表記にします。

ご協力いただけると幸いです

「ご協力いただけると幸いです」は、「協力」に尊敬を表す接頭辞「ご」と「もらうと」の謙譲語「いただけると」と、「幸い」に丁寧語「です」をつけた敬語表現です。 「幸いです」は、そうしてもらえれると幸せですという気持ちを表します。 よって「ご検討いただけると幸いです」は、「協力してもらえると嬉しいです」という意味の丁寧な表現になります。 「ご協力いただければ幸いです」としても、意味は同じです。 「いただければ〜」には仮定のニュアンスがあり、「してもらえれば嬉しい」という願望を表す丁寧な言い回しになります。 「ご協力いただけますと幸いです」も、「もらう」の謙譲語「いただく」にさらに丁寧語「ます」をつけた丁寧な敬語表現です。

ご協力いただきたく存じます

「ご協力いただきたく存じます」は、「協力」に尊敬を表す接頭辞「ご」をつけて、「もらう」の謙譲語「いただく」と「思う」の丁重語「存ずる」、丁寧語「ます」をつけた敬語表現です。 「ご協力いただきたく存じます」で、「協力してもらいたいと思います」と柔らかくお願いをする表現になります。 「ご協力いただければと存じます」とするとより丁寧です。 「いただければ」は、上述した通り「してもらえたら〜」という仮定の表現で願望を表す丁寧な言い回しです。

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「ご協力賜りますようお願い申し上げます」の意味と使い方をメール例文つきで解説