1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「ご提供いただく」は二重敬語?意味と使い方を例文つきで解説

「ご提供いただく」は二重敬語?意味と使い方を例文つきで解説

「ご提供いただく」は、提供してもらうという意味です。ビジネスシーンで相手に情報の提供を依頼するときや、何かを提供してもらったときのお礼を伝える場面で使います。

「ご提供いただく」とは

意味は「提供してもらう」

「ご提供いただく」は「ごていきょういただく」と読みます。 「ご提供いただく」の意味は「提供してもらう」です。 「提供」には「他人の役に立てるために、自分の持っている資料・物品・設備や労力・技能などを与えたり使用させたりすること」という意味があります。 「いただく」は「もらう」という意味です。

二重敬語ではない

「ご提供いただく」は、品詞分解すると「ご」+「提供」+「いただく」となります。 「提供」についている「ご」は尊敬語です。

接頭辞「ご(お)」敬語の種類は文脈によって尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなります。

  • 相手の動作を高めて敬意を示すためにつける接頭辞「ご」は、尊敬語
  • 自分の動作をへりくだって相手に敬意を示すためにつける接頭辞「ご」は、謙譲語
  • 言葉をただ丁寧にいうだけにつける接頭辞「ご」は、丁寧語

この場合の接頭辞「ご」は、相手の動作に対してつけているので尊敬語になります。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 「ご〜いただく」で一つの謙譲語と解釈することもできます。 したがって、「ご提供いただく」は尊敬語+謙譲語の敬語表現なので二重敬語ではありません。 二重敬語とは、一つの語に対して同じ種類の敬語を二つ以上重ねてしまうことをいいます。 例えば「社長の自宅へお伺いする」は、「訪問」の謙譲語「伺う」にさらに謙譲語の接頭辞「ご」をつけているので二重敬語になります。

「ご提供いただく」の使い方

ご提供いただきたく存じます

「ご提供いただきたく存じます」は「提供してもらいたいと思う」という意味の依頼表現です。 ビジネスメールの文中で使われることが多いですが、「ご提供いただきたく存じます。よろしくお願いいたします」などの形で文末に結びの言葉として使うこともできます。 「ご提供いただきたく存じます」の「ご提供いただきたく」は、「提供」に尊敬を表す接頭辞「ご」をつけて「もらう」の謙譲語「いただく」と願望を表す「たい」をつけています。 「ご提供いただきたく」で、「提供してもらいたい」という願望を表します。 「存じます」は「思う」の丁重語「存ずる」に丁寧語「ます」をつけています。 丁重語は謙譲語Ⅱとも言われ、自分をへりくだることで相手に敬意を示すという点で謙譲語と同じですが、通常の謙譲語とは違い聞き手・読み手に敬意を示す敬語です。

ご提供いただければ幸いです

「ご提供いただければ幸いです」は「提供してもらえれば嬉しい」という意味です。 「ご提供いただければ」の「ご提供いただければ」は、「低絵今日」に尊敬を表す接頭辞「ご」と「もらう」の謙譲語「いただく」、婉曲表現の「れば」を使用した敬語表現です。 婉曲表現の「れば」を使うことで、断定を避けた柔らかい依頼表現になります。 「幸いです」は、「〜してもらえれば嬉しい・ありがたい」という意味があります。 「幸いです」は「幸甚です」とすることもできます。 「幸甚です」は「〜してもらえればこの上なく嬉しい・ありがたい」という意味で、「幸いです」よりかしこまった表現です。

ご提供いただきますようお願いいたします

「ご提供いただきますようお願いいたします」は、「提供してもらうようお願いする」という意味です。 「ご提供いただきますようお願いいたします」の「ご提供いただきますよう」は、「提供」に尊敬を表す接頭辞「ご」をつけて、「もらう」の謙譲語「いただく」と丁寧語「ます」、婉曲表現「よう」をつけています。 「いただきますよう〜」で「もらえるよう」という意味になり、断定を避けた柔らかい依頼表現になります。 「お願いいたします」は、「お願いする」の謙譲語+丁重語+丁寧語です。 「お」は謙譲語で、動作の対象を敬う接頭辞です。 「いたす」は丁重語で、聞き手・読み手を敬う補助動詞です。 丁重語とは、謙譲語Ⅱともいわれ、へりくだることで相手に敬意を示すという点で通常の謙譲語と同じですが、動作の対象ではなく聞き手・読み手に敬意を示す敬語です。 「お願いいたします」の「ます」は丁寧語です。 「いたす」は漢字で「致す」と書きますが、補助動詞は平仮名で表記するという決まりがあるので、「お願いいたします」と書くのが正しいです。

ご提供賜りますようお願い申し上げます

「ご提供いただきますよう〜」をより丁寧にすると「ご提供賜りますよう〜」となります。 「ご提供賜りますよう」は、「提供」に尊敬を表す接頭辞「ご」をつけて「もらう」の謙譲語「賜る」と婉曲表現の「よう」を使った敬語表現です。 「賜る」は「いただく」と同じく「もらう」の謙譲語ですが、「いただく」よりも一段と恐れ多い気持ちを込めて使われます。 したがって、「ご提供いただきますよう」よりも「ご提供賜りますよう」のほうが丁寧でかしこまった依頼表現です。 「お願い申し上げます」は、「お願いする」の謙譲語です。 「お〜申し上げる」で、動作対象を敬う謙譲表現になります。 「申し上げる」は本来「言う」の謙譲語ですが、この表現では「する」という意味の補助動詞です。 「お願い申し上げます」の「ます」は丁寧語です。 「申し上げる」も補助動詞なので、本来は「お願いもうしあげます」と書くのが正しいですが、慣例的に「お願い申し上げます」と漢字で書くことが多いです。

ご提供いただけますか

「ご提供いただけますか」は、「提供」に尊敬を表す接頭辞「ご」と、「もらう」の謙譲語「いただく」に丁寧語「ます」と疑問の終助詞「か」をつけた敬語表現です。 「提供してもらえますか?」と疑問形にすることで、柔らかい依頼の表現になります。 「ご提供いただくことは可能でしょうか」という敬語表現もあります。 「ご提供いただくことは可能でしょうか」は、「提供してもらうことはできるだろうか?」と可否を確認する表現で、依頼をするときに使用される正しい敬語表現です。 しかし、やや強意的であるためビジネスシーンでは使用を避ける人も多いです。

ご提供いただきありがとうございます

「ご提供いただきありがとうございます」は、ビジネスシーンなどで相手に何かを提供してもらったことに対するお礼の気持ちを伝えるときに使います。 「ご提供いただきありがとうございます」は「提供してくれてありがとう」という意味です。 「ありがとうございます」は、形容詞「ありがたい(有り難い)」の連用形「ありがとう」に、「ある」の丁重語「ござる」、丁寧語「ます」をつけています。 「ご提供いただきありがとうございます」は、「ご提供いただきありがとうございました」とすると過去形になります。 過去に提供してもらったことに対するお礼を伝える場合は「ご提供いただきありがとうございました」を使います。

「ご提供いただき」の例文

情報提供の依頼

【件名】 情報提供のお願い 【本文】 営業部各位 お疲れ様です。 商品開発部の森本です。 先日発売された「△△△」の評判はいかがでしょうか。 売上げだけではなく、実際に商品を手にとったお客様の生の声をお聞きしたくご連絡差し上げました。 今後の商品開発の参考にさせていただきたく存じます。 営業するにあたって感じた個人的な感想でもかまいません。 お忙しい中恐縮ですが、ご意見をご提供いただきますようお願いいたします。 森本

場所提供の依頼

【件名】 イベント開催における場所提供のお願い 【本文】 緑谷市役所 ご担当者様 平素よりお世話になっております。 株式会社EVENT 企画運営部の小林です。 この度神奈川県の委託により、神奈川県各圏域にて「エコライフ・フェア」を開催いたします。 そこでイベント開催場所として緑谷市地域交流センターをお貸しいただけないでしょうか。 ご迷惑をおかけしますが、ご提供いただければ幸いです。 なお、イベントの詳細は添付ファイルをご覧ください。 ご不明な点などがあれば、小林までお気軽にご連絡くださいませ。 よろしくお願い申し上げます。 小林

サンプルの送付の依頼

【件名】 サンプルご送付のお願い 【本文】 株式会社花束堂 営業部 花垣様 お世話になっております。 株式会社PRESENTの松山です。 先日御社の新製品のカタログを拝見させていただきました。 社内でも評判がよく、ぜひ弊社でも取り扱い商品に組み入れたいと考えております。 つきましては、御社カタログP15の「△△△」のサンプルをご提供いただきたく存じます。 サンプル貸し出し料が発生する場合は、請求書を同封していただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 送付先 〒111-2222 東京都△△区△△町3-45 株式会社PRESENT 松山優子宛 松山

資料を提供してもらったお礼

【件名】 資料ご提供のお礼 【本文】 株式会社花束堂 営業部 花垣様 お世話になっております。 株式会社PRESENTの松山です。 先日はご多忙の中、資料をご提供いただきありがとうございます。 現在「△△△」の購入を前向きに検討しており、お見積りをお願いしたく存じます。 詳細については、あらためてご連絡いたします。 引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。 松山

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「ご提供いただく」は二重敬語?意味と使い方を例文つきで解説