1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 重複(じゅうふく)と重複(ちょうふく)の意味の違いと使い分け

重複(じゅうふく)と重複(ちょうふく)の意味の違いと使い分け

「重複(じゅうふく)」と「重複(ちょうふく)」の意味は「同じ物事が重なること」です。今回は、「重複(じゅうふく)」と「重複(ちょうふく)」の意味と使い方、違いを紹介します。

「重複(じゅうふく)」と「重複(ちょうふく)」の違い

重複(じゅうふく)
「重複」の慣用読み
重複(ちょうふく)
「重複」の正しい読み方

「重複」の正しい読み方は「ちょうふく」です。 「重」は音読みで「ジュウ・チョウ」、「複」は音読みで「フク」と読みます。 本来は「重複(ちょうふく)」と読みますが、「体重(たいじゅう)」のように「重」を「じゅう」と読む熟語が多いことから、「重複(じゅうふく)」と読み間違える人が多く「重複(じゅうふく)」が慣用読みとして認められるようになりました。 慣用読みとは、誤読する人が多いことで常用化した読み方を指します。 「重複(じゅうふく)」と「重複(ちょうふく)」の意味は同じです。 どちらの読み方をしても誤りではありませんが、ビジネスシーンなどかしこまった場面では正しい読み方である「重複(ちょうふく)」と読むのが望ましいです。

「重複(じゅうふく)」の意味と使い方

「重複」は慣用読みで「じゅうふく」と読みます。 「重複」の意味は「同じ物事が重なること」です。 「重」には「かさねる。かさなる。繰り返す」という意味があります。 「複」には「かさねる。かさなる。二つ以上ある」という意味があります。 「重複」は、同じ意味のある言葉を2つ重ねることで意味を強めている言葉です。 「重複」は「重複した」「重複している」のように動詞として使用することが多いです。 例えば、USBに同じデータが2つ以上入ってしまっていることを「データが重複している」と言い表すことができます。 また「重複立候補」「重複表現」のように、名詞と合せて使用することもできます。

「重複」の例文

  • 前回と説明が重複する箇所もあると思いますが、おさらいだと思って聞いてください。
  • 重複して予約を受け付けてしまい、トラブルになった。
  • 重複立候補していた東北ブロックで初当選することができた。
  • 落選した人に重複当選した分のチケットを譲った。

「重複(ちょうふく)」の意味と使い方

「重複」の正しい読み方は「ちょうふく」です。 「重複(ちょうふく)」を「重複(じゅうふく)」と読み間違える人が多かったことから、「重複(じゅうふく)」が慣用読みになりました。 「重複(ちょうふく)」の意味や使い方は、「重複(じゅうふく)」と同じです。 ちなみに、「重」を「ちょう」と読む熟語には他にも「重複(ちょうふく)」「貴重(きちょう)」などがあります。

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 意味の違い
  4. 重複(じゅうふく)と重複(ちょうふく)の意味の違いと使い分け