1. TOP
  2. 日本語
  3. ネット用語・若者言葉
  4. あっ…(察し)の意味と語源、使い方を例文つきで解説

あっ…(察し)の意味と語源、使い方を例文つきで解説

「あっ…(察し)」は、「何かを察したことを表すフレーズ」です。相手からの情報によってそれが意味しているものやその先にあることを感じ取り、あえて言葉にはしないけど状況を把握した時に使います。心の声を「()」を使って表現しており、ネットスラングの1つとしてSNSなどでよく見かけます。

「あっ…(察し)」の意味と語源

「あっ…(察し)」の意味は「何かを察したことを表すフレーズ」です。 察していることを表す「(察し)」を最後につけて使われています。 相手からの情報によってそれが意味しているものやその先にあることを感じ取り、あえて言葉にはしないけど状況を把握した時に使います。 語源となったのは、ゲイビデオの映像のとあるシーンのセリフで、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)の掲示板のひとつ「なんJ(なんでも実況ジュピター板)」で使われるようになりました。 そのシーンというのは、インタビューをしているシーンがあり、インタビュアーが年齢を聞いたところ「24歳」と返ってきました。それで「もう働いてるの?」と聞くと「学生です」と言われた際にインタビュアーが「あっ…(察し)フーン…(納得)」と言ったのが始まりです。 この24歳で学生ということに対して、。医学生であったり大学院に進んでいたりすることも想像できますが、他に留年や浪人をしている可能性もあるため、諸々と察してそれ以上は突っ込まないでおいたということです。 このことから「あっ…フーン(察し)」「フーン(察し)」と用いられることもあります。

「あっ…(察し)」の使い方と例文

「あっ…(察し)」と、わざわざ文章として打つ場合は察したことを相手に伝えるために使います。 主に、相手がとある物事を伝えたいがために遠回しなことを言った際に、返信で「あっ…(察し)」と使います。 例えば「あれ?今日デートじゃなかった?日にち変えたの?」と聞いた際に「変えたっていうか、もうないかな」と言われたら「(振られたのかな?)」と察しますよね。このような時に「あっ…(察し)」と使います。 「あっ…(察し)」を使った場合は「相手の事情を察したのでこれ以上は踏み込みません」「なんとなく事情は分かったから言わなくていいよ」といった気持ちも含まれます。 「あっ」は、元々驚いたり感動したりする時に発する言葉ですよね。 それから言ってはいけないことを言ってしまった時などにも「あっ…」などと言います。 会話の中では自然と発してしまうことが多いフレーズですが、SNS上やネット掲示板ではあえて「あっ」を使って察したことを表します。そのほとんどがネタなこともあり、「あっ…(察し)」と言われる側もあえて「あっ…(察し)」と言わせるように遠回しで自分の状況を伝えてくることもあります。

「あっ」の例文

  • 「仕事何してるの?」「今ちょっと仕事してないんだ」「あっ…」
  • (解雇なのか自主退職なのか分からないけど何か事情があってやめたんだな…)

  • 「お前の彼女ほんと可愛いよな」「今彼女いないよ」「あっ…(察し)」
  • (別れたのか…)

  • 「元気ないじゃん、どうしたの?」「今日推しガチャ最終日だったんだけどさ…」「あっ…(察し)」
  • (ガチャで推しが出なかったんだ…)

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. ネット用語・若者言葉
  4. あっ…(察し)の意味と語源、使い方を例文つきで解説