1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「ご連絡くださいますようお願いいたします」の意味と使い方をメール例文つきで解説

「ご連絡くださいますようお願いいたします」の意味と使い方をメール例文つきで解説

「ご連絡くださいますようお願いいたします(ごれんらくくださいますようおねがいいたします)」は、連絡をくれるようお願いをしますという意味です。ビジネスシーンなどで相手に連絡するようにお願いをするときに「お忙しい中恐縮ですがご連絡くださいますようお願いいたします」などと使います。

意味と敬語

「ご連絡」は「ごれんらく」と読みます。 「ご連絡」の意味は、「関係がある人びとに情報などを知らせること」です。 「連絡」についている「ご」は、尊敬を表す接頭辞です。

ご連絡

接頭辞「ご(お)」敬語の種類は文脈によって尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなります。

  • 相手の動作を高めて敬意を示すためにつける接頭辞「ご」は、尊敬語
  • 自分の動作をへりくだって相手に敬意を示すためにつける接頭辞「ご」は、謙譲語
  • 言葉をただ丁寧にいうだけにつける接頭辞「ご」は、丁寧語

「ご連絡」の「ご」は、相手が連絡することに対してつけている接頭辞なので、尊敬語になります。

くださいますよう

「くださいますよう」の意味は、「くれるよう」です。 「くださいますよう」は、命令形「くれ」の尊敬語「ください」に丁寧語「ます」と婉曲表現の「よう」をつけた敬語表現です。 「くださいますよう〜」とすることで、直接的な表現を避けることができるので、ただ「お願いします」とお願いをするよりも柔らかい表現になります。

お願いいたします

「お願いいたします」は、「おねがいいたします」と読みます。 「お願いいたします」は、「お願いする」の謙譲語+丁重語+丁寧語です。 「お」は謙譲語で、動作の対象を敬う接頭辞です。 「いたす」は丁重語で、聞き手・読み手を敬う補助動詞です。 丁重語とは、謙譲語Ⅱともいわれ、へりくだることで相手に敬意を示すという点で通常の謙譲語と同じですが、動作の対象ではなく聞き手・読み手に敬意を示す敬語です。 「お願いいたします」の「ます」は丁寧語です。 「いたす」は漢字で「致す」と書きますが、補助動詞は平仮名で表記するという決まりがあるので、「お願いいたします」と書くのが正しいです。 したがって「ご連絡くださいますようお願いいたします」は、「連絡をくれるようお願いをします」という意味になります。

使い方と例文

ビジネスメールで使う

「ご連絡くださいますようお願いいたします」は主にビジネスメールで使います。 口頭や電話対応で使われることは、あまりありません。 使う場面は、例えば確認をしたら教えてほしいなど連絡をいれるように頼むときです。 基本的に連絡をしてほしいとお願いをする文末に結びの言葉として入れることが多いですが、文中に入れることも稀にあります。

ビジネスメール例文

会議の出欠を確認するとき

【件名】 商品開発会議のお知らせ 【本文】 営業部 各位 お疲れ様です。 開発部 龍宮寺です。 表題の件、下記の通り商品開発会議を行います。 ご多忙の折恐縮ですが、皆様のご都合を伺えればと存じます。 日時:10月15日(水)14:00〜15:30 場所:3階会議室A ご出欠につき、今週中に龍宮寺までご連絡くださいますようお願いいたします。 開発部 龍宮寺

懇親会の出欠をとりたいとき

【件名】 懇親会のお知らせ 【本文】 営業部各位 お疲れ様です。営業部の橋本です。 来月15日に営業部で懇親会を開催することになりました。 詳細は下記の通りです。 日時:10月15日(金)18:30〜 場所:プライベートダイニング馬民 緑谷駅前店 住所:緑谷市青山町1-22-33 会費:3000円 ご多忙の中とは存じますが、ぜひご参加ください。 予約の関係上、10月11日(月)までに幹事の橋本までご連絡くださいますようお願いいたします。 橋本

スケジュール調整の依頼

【件名】 打ち合わせ日程調整のお願い 【本文】 株式会社PIERO  営業部 三橋拓哉様 いつもお世話になっております。 株式会社JOKER、営業部の内田です。 本日は次回お打ち合わせの日程の調整をお願いしたくご連絡させていただきました。 11月5日(月)14時と決めさせていただきましたが、急な出張が入ってしまい、5日は会社を留守に致します。 こちらの都合で大変申し訳無いのですが、下記の日程でご調整をお願いできないでしょうか。 ・11月8日(木)14時〜 ・11月12日(月)13時〜 ・11月13日(水)終日可能 ご都合の良い日をご連絡くださいますようお願いいたします。 上記日時でご都合が合わない場合は遠慮なくお申し付けくださいませ。 内田

検討をして改めて連絡してほしいとお願いをするとき

【件名】 弊社製品のお取引について 【本文】 マミムメモ株式会社 総務部 佐野様 お世話になっております。 株式会社カキクケコの花垣です。 先日は、お忙しい中商品説明のお時間をくださりありがとうございました。 弊社商品の導入について社内で検討していただけたでしょうか。 商品についてご不明な点があれば、花垣までお申し付ください。 お忙しい中恐縮ではございますが、決まり次第ご連絡くださいますようお願いいたします。 花垣

送付した書類を受け取って連絡してほしいとき

【件名】 書類送付のご案内 【本文】                        株式会社カキクケコ 営業部 大沢様                        平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 ご依頼いただきました書類を下記の通り送付させて頂きました。                               〈送付内容〉 ・見積書 1通 ・請求書 1通 お忙しい中恐れ入りますが、内容を確認後ご連絡くださいますようお願いいたします。 株式会社△△△  営業部 馬場

進捗状況を聞くとき

【件名】 市場調査の進み具合はいかがでしょうか 【本文】 サシスセソ株式会社  マーケティング部 瀬谷様 いつもお世話になっております。 株式会社SYUGEIの 轟です。 先日依頼をいたしました市場調査の進み具合はいかがでしょうか? 10月9日に行われます会議にて進捗状況を報告したく存じます。 誠に勝手なお願いではございますが、現在の進捗状況をご連絡くださいようお願いいたします。 轟

入金をしてほしいとき

【件名】 入金のご確認 【本文】 ハイホー株式会社  灰谷千鶴子様 いつも大変お世話になっております。 株式会社コビトの松野です。 9月末に8月ご利用分の請求書をお送りいたしましたが、ご確認いただいておりますでしょうか? 10月15日がお支払い期限となっておりましたが、本日10時現在、入金の確認がとれておりません。 お忙しい中お手数をおかけしますが、ご確認のうえ本日中にご連絡くださいますようお願いいたします。 なお、本メールと行き違いで入金していただいていた場合は、失礼をご容赦ください。 松野

返信を催促するとき

【件名】 見積書を再送いたします 【本文】 株式会社有頂天 上田様 いつもお世話になっております。 株式会社上機嫌の下田です。 9月10日に、お見積書をメールでお送りしましたが、ご確認いただけたでしょうか。 念のため再送させていただきます。 ご多用中大変恐縮ですが、9月15日までにご連絡くださいますようお願いいたします。 下田

類似表現との違い

「いただきますよう」との違い

「ご連絡くださいますようお願いいたします」と似た敬語表現に「ご連絡いただきますようお願いいたします」があります。 「くださいますよう」は、上述したように「くれるよう」という意味で、「くれ」の尊敬語「ください」に、丁寧語の「ます」と婉曲表現の「よう」をつけた敬語表現です。 「いただきますよう」は、「もうらうよう」という意味で、「もらう」の謙譲語「いただく」に、丁寧語「ます」と婉曲表現の「よう」をつけた敬語表現です。 まず、「くださいますよう」は尊敬語であり、「いただきますよう」は謙譲語であるという違いがありますが、謙譲語と尊敬語に敬意の度合いの違いはありません。 相手の動作に対してなら尊敬語を、自分の動作に対してなら謙譲語を使います。 また、「くださいますよう」は「くれる」、「いただきますよう」は「もらう」という意味の違いもありますが、これもどちらの方が丁寧ということはありません。 しかし、「くださいますよう」が「くれ」の尊敬語を使用した命令形であるため「いただきますよう」の方が丁寧な響きがあります。

「お願い申し上げます」との違い

「ご連絡くださいますようお願いいたします」は、「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」ということも可能です。 「お願い申し上げます」は、「お願いする」の謙譲語「お願い申し上げる」に丁寧語「ます」をつけた敬語表現です。 「お〜申し上げる」で、動作対象を敬う謙譲表現になります。 「申し上げる」は本来「言う」の謙譲語ですが、この表現では「する」という意味の補助動詞です。 「申し上げる」も補助動詞なので、「お願いもうしあげます」とひらがなにするのが正しいです。しかし、慣例的に「お願い申し上げます」と漢字にすることが圧倒的に多いです。 一方「お願いいたします」は正しくひらがな表記にすることが多いです。 「お願いいたします」と「お願い申し上げます」は、どちらも丁寧の度合いはどちらも同じですが、「お願い申し上げます」の方が意味的に謙虚で、やや丁寧です。そのため、ビジネスシーンなどでは「お願い申し上げます」が使われる傾向があります。 「ご連絡いただきますようお願いします」ということもできます。 「お願いします」は、「願う」に謙譲語の接頭辞「お」と「する」の連用形「し」に丁寧語「ます」をつけた敬語表現です。 丁寧語は、文末につけることで文章全体を丁寧にする敬語表現なので、丁寧の度合いは「お願いいたします」「お願い申し上げます」のほうが高いです。

「お願い申し上げます」と「お願いいたします」の意味の違いと使い分け

WURK

併用する語

どうか/何卒/よろしくお願い〜

「ご返信くださいますよう」の後に、「どうか」「何卒」「よろしく」をつけて使うことも多いです。 「どうか」は、心の底から強く願っている様子を表します。 何か心から強くお願いしたり、物事を頼む場合に「お願いいたします」などと併用して使います。 「どうか」をより丁寧に堅い表現にすると「何卒(なにとぞ)」になります。 「なに」に「と」と「ぞ」を付けることで、「どうにかして強く」という意味になり「なに」を強調する役割を担っています。 「何卒」は当て字ですが、ビジネスシーンでは漢字で表記するのが一般的です。 「よろしく」も、相手に強く依頼したり感嘆する気持ちを表します。 「よろしくお願いいたします」などと使われますが、ビジネスシーンではより改まった印象になる「何卒」や「どうぞ」のほうが使われます。

恐縮ですがご連絡〜

「恐縮ですが(きょうしゅくですが)」の意味は、「申し訳なく思うのですが」です。 「恐縮」の意味は、「申し訳なく思い、恐れ入ること」です。 相手に迷惑をかけたり世話になったことに対して、身も縮まるほど申し訳なく思っている気持ちを表します。 「恐縮ですが〜」で、ビジネスシーンにおいて依頼をするときのクッション言葉として使うことができます。 クッション言葉とは、相手に何かを依頼したり、お断りをする場合などに言葉の前に添えて使用する言葉のことです。ビジネスシーンでは様々な状況で使われます。 クッション言葉を使うことで直接的な表現をさせることができ、丁寧で柔らかい印象を与えることができます。 クッション言葉には、その他にも、

  • 恐れ入りますが
  • 申し訳ありませんが
  • ご迷惑をおかけしますが
  • お手数をおかけしますが

などがあります。

敬語の言い換え

ご連絡ください

「ご連絡ください」は、「連絡」に尊敬を表す接頭辞「ご」と、「くれ」の尊敬語「ください」をつけた敬語表現です。 正しい敬語表現ですが「ください」が命令形「くれ」の尊敬語であるため、一方的なニュアンスがあり目上の人に使用するには丁寧さに欠けます。 「ご連絡くださいませ」とすると柔らかいニュアンスになります。 「くださいませ」は、「ください」に「ませ」をつけた敬語表現です。 「ませ」は「丁寧な気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意」を表します。 「くださいませ」とすることで、「くれ」を丁寧にするだけでなく柔らかい印象を与えることができます。

ご連絡願います

「ご連絡願います」は、「連絡」に尊敬を表す接頭辞「ご」と、「願う」に丁寧語「ます」をつけた敬語表現です。 「ご連絡願います」も正しい敬語表現ではありますが、「願います」が「願う」という言葉の丁寧語であるという点で、目上の人に使用するには不適切です。 目下の人間や自分と同等の立場の人に使用するのであれば問題ありませんが、目上の人や社外の人に使用する場合は、「お願いいたします」などより丁寧な敬語表現を使用しましょう。

ご連絡のほどよろしくお願いいたします

「ご連絡のほど」は、「連絡」に尊敬を表す接頭辞「ご」をつけて、婉曲表現の「ほど」をつけています。 「ほど」は、断定を避ける表現です。 「ご連絡のほどよろしくお願いいたします」で、相手に強制することなくお願いをすることができます。 「ほど」は漢字で書くと「程」ですが、漢字にはしません。 「程」の本来の意味は、「物事の経過に伴う様子、程度」です。 そこから転じて断定を避ける表現として用いられています。 このように、本来の意味とは違う使い方をする場合は、漢字ではなくひらがな表記にします。

ご連絡いただけると幸いです

「ご連絡いただけると幸いです」は、「連絡」に尊敬を表す接頭辞「ご」と「もらうと」の謙譲語「いただけると」と、「幸い」に丁寧語「です」をつけた敬語表現です。 「幸いです」は、そうしてもらえれると幸せですという気持ちを表します。 よって「ご連絡いただけると幸いです」は、「連絡してもらえると嬉しいです」という意味の丁寧な表現になります。 「ご連絡いただければ幸いです」としても、意味は同じです。 「いただければ〜」には仮定のニュアンスがあり、「してもらえれば嬉しい」という願望を表す丁寧な言い回しになります。 「ご連絡いただけますと幸いです」も、「もらう」の謙譲語「いただく」にさらに丁寧語「ます」をつけた丁寧な敬語表現です。

ご連絡いただきたく存じます

「ご連絡いただきたく存じます」は、「連絡」に尊敬を表す接頭辞「ご」をつけて、「もらう」の謙譲語「いただく」と「思う」の丁重語「存ずる」、丁寧語「ます」をつけた敬語表現です。 「ご連絡いただきたく存じます」で、「連絡してもらいたいと思います」と柔らかくお願いをする表現になります。 「ご連絡いただければと存じます」とするとより丁寧です。 「いただければ」は、上述した通り「してもらえたら〜」という仮定の表現で願望を表す丁寧な言い回しです。

ご連絡賜りますようお願い申し上げます

「ご連絡賜りますようお願い申し上げます」は、非常に丁寧な依頼表現です。 「賜りますよう」は、「もらう」の謙譲語に丁寧語「ます」と婉曲表現の「よう」をつけた敬語表現です。 「賜る」は、「もらう」の謙譲語、「与える」の尊敬語の二つの意味がありますが、この場合は相手から何かをしてもらうという動作について、相手を高めるために使用されている謙譲語です。 同じく「もらう」の謙譲語「いただく」よりも一段と恐れ多いという気持ちを込めた謙譲語です。 「ご連絡賜りますようお願い申し上げます」で、「連絡をもらえるようにお願いします」という意味になり、丁寧にお願いをすることができます。 ちなみに、「賜れますよう」は誤用です。 「賜れますよう」の「れ」は助動詞「れる」の連用形です。 助動詞「れる」の意味は主に尊敬・可能で使います。 「賜る」が、敬語なので敬語の助動詞を使うのは不適切です。 「れる」が可能の意味ならば「してもらうことができますように・・・」という意味になります。 無理矢理、可能の意味で捉えることもできますが、このような使い方は一般的ではりません。

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「ご連絡くださいますようお願いいたします」の意味と使い方をメール例文つきで解説