1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「ご回答申し上げます」は正しい敬語?意味と使い方を例文つきで解説

「ご回答申し上げます」は正しい敬語?意味と使い方を例文つきで解説

「ご回答申し上げます(ごかいとうもうしあげます)」は、回答するという意味です。ビジネスシーンで相手からの問い合わせに答えるときなどに使います。

「ご回答申し上げます」とは

意味

「ご回答申し上げます」は「ごかいとうもうしあげます」と読みます。 「ご回答申し上げます」の意味は「回答する」です。 「回答」の意味は「質問・要求などに対して答えること」です。 「申し上げます」は「〜をする」という意味です。

敬語

「ご回答申し上げます」は品詞分解すると、「ご」+「回答」+「申し上げる」+「ます」となります。 「回答」についている「ご」は謙譲語の接頭辞です。

接頭辞「ご(お)」敬語の種類は文脈によって尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなります。

  • 相手の動作を高めて敬意を示すためにつける接頭辞「ご」は、尊敬語
  • 自分の動作をへりくだって相手に敬意を示すためにつける接頭辞「ご」は、謙譲語
  • 言葉をただ丁寧にいうだけにつける接頭辞「ご」は、丁寧語

この場合の接頭辞「ご」は、自分の動作に対してつけている接頭辞なので謙譲語になります。 「申し上げる」は、謙譲語です。 「ます」は丁寧語です。 「申し上げる」は本来「言う」の謙譲語ですが、「ご〜申し上げる」で「する」という意味の補助動詞になります。 よって、「ご」と「申し上げる」と2つの謙譲語が使われてますが、2つセットで1つの謙譲表現なので、二重敬語にはあたりません。 「申し上げる」を補助動詞「する」という意味で使う場合は、敬語の接頭辞「お」または「ご」が必要なため、「回答申し上げます」は厳密には間違った敬語表現です。 「回答申し上げます」なら「回答を言う」という意味になりますが、そもそも「回答を言う」という表現があまり一般的ではないので、使わない方がよいでしょう。 ちなみに補助動詞は平仮名で表記するという決まりがあるので、本来は「回答もうしあげます」と書くのが正しいですが、慣例的に「ご回答申し上げます」と漢字で書くことが多いです。

「ご回答申し上げます」の使い方と例文

ビジネスシーンで相手の問い合わせに答える

「ご回答申し上げます」は、相手からの問い合わせに答えるときに使います。 例えば、メールの最初に「○○の件についてご回答申し上げます」と入れることで、何の用件で連絡をしたのかがわかるようにすることができます。 また、問い合わせを受けた人とは別の人物が答えるという場合には、メールの初めに「商品担当○○が変わってご回答申し上げます」などと使います。

ビジネスメール例文

問い合わせに対する回答

【件名】 製品に関するお問い合わせのご回答 【本文】   麗日環奈様 株式会社△△△の鷲尾円香と申します。 この度は、弊社製品に関してお問い合わせいただきありがとうございます。 ご質問いただきました件について、以下の通りご回答申し上げます。 1.発売日 10月16日(土)10:00〜 2.販売店舗 コンビニエンスストア・書店 3.予約   不可 以上です。 その他、ご不明点があればお気軽にお問い合わせくださいませ。 よろしくお願い申し上げます。 鷲尾

別の人が回答する

【件名】 お問い合わせに関するご回答 【本文】   あいうえお株式会社 総務部 上田隆様 いつもお世話になっております。 株式会社かきくけこの切島瑛汰です。 この度は、お問い合わせいただき誠にありがとうございます。 お問わせいただいた件ですが、製品担当の私がご回答申し上げます。 商品「△△△」は、現在受注生産となっております。 11月15日までにご注文いただきますと、12月25日に納品可能でございます。 注文をご希望の場合は、15日までご連絡いただきますようお願いいたします。 何か、不明な点があればお問い合わせくださいませ。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 切島

在庫確認の返信

【件名】 「□□□」の在庫について 【本文】 株式会社AAA 営業部 飯田様 平素よりお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 株式会社BBB商品部の轟です。 この度お問い合わせいただきました「□□□」の在庫数についてご回答申し上げます。 現在、「□□□」は生産が間に合っておらず在庫がございません。 11月中旬に入荷予定ですので、詳細が決定いたしましたらご連絡いたします。 大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。 轟

「ご回答申し上げます」の類似表現との違い

ご回答いたします

「ご回答いたします」も、「回答します」という意味です。 「回答」に謙譲語の接頭辞「ご」をつけて、「する」の丁重語「いたす」と丁寧語「ます」をつけた敬語表現です。 丁重語は、謙譲語Ⅱともいわれますが厳密には別の種類の敬語なので二重敬語にはなりません。 丁重語は、へりくだることで相手に敬意を示すという点で謙譲語と同じですが、謙譲語とは違い動作の対象ではなく自分が今話している相手に敬意を示す敬語です。 「お〜いたす」で動作の対象と聞き手、読み手を敬うことができます。 「ご回答申しあげます」と「ご回答いたします」は、どちらも「回答する」という意味ですが、「ご回答申し上げます」のほうが謙虚でやや丁寧です。

ご回答差し上げます

「ご回答差し上げます」は、「ごかいとうさしあげます」と読みます。 「ご回答差し上げます」の意味は、「回答をする」です。 「ご回答差し上げます」は、「回答」に謙譲語の接頭辞「ご」をつけて、「与える・やる」の謙譲語「差し上げる」と丁寧語「ます」をつけています。 「ご回答差し上げる」は「ご(お)〜差し上げる」といった謙譲表現として使うため、二重敬語ではありません。 「ご回答申しあげます」を「ご回答差し上げます」としても「回答をします」という意味に変わりはありません。 しかし、「差し上げる」が「与える」「やる」の謙譲語であるため、上から目線な印象を与えます。 例えば「担当者に確認し、後ほどご回答差し上げます」という使い方をすると、自分の都合で回答するのに時間をもらうにもかかわらず「改めて回答をしてあげます」というニュアンスになってしまうので失礼です。 よって、「ご回答申し上げます」のほうが謙虚で丁寧です。

ご回答させていただきます

「ご回答させていただきます」は、「回答」に謙譲語の接頭辞「ご」をつけて、「させてもらう」の謙譲語「させていただく」に丁寧語「ます」をつけた敬語表現です。 「いただく」は「もらう」という意味で、自分が何らかの利益を得ることを表します。 「させていただく」の「させる」は許容を表します。 「させていただく」を使用するには、

  • 相手から許可があるか
  • 自分に利益があるか

の2つの条件が必要です。 「ご回答させていただきます」の場合は、直接的に許可を得ているわけではないので、やや大袈裟な表現といえますが謙虚な表現として使われることが多いです。 しかし、クドい敬語表現であるためシンプルに「ご回答いたします」を使う人が多いです。

「ご回答」の類語

ご返答

「ご返答」は「ごへんとう」と読みます。 「ご返答」の意味は「問われたことに答えること」です。 相手から何らかのアクションを受けて、それに返事をすることをいいます。 例えば、相手の質問に対して答えるときに「ご返答いたします」などと使います。 「ご回答」は質問や要求に対して答えることをいいますが、「ご返答」は質問だけではなく呼びかけに対して答えることに対しても使うことができます。

「ご返答」の意味とビジネスでの使い方!類語「返信・返事・応答・回答」との違い

WURK

ご返信

「ご返信」は「ごへんしん」と読みます。 「ご返信」の意味は「返事の手紙やメールを送ること」です。 例えば、問い合わせに対する返事をメールや手紙するときに「ご返信いたします」などと使います。 電話や口頭で答える場合には使うことができないので注意しましょう。

自分にも使える?「ご返信」の意味と正しい使い方!「ご返答」との違い

WURK

ご教示

「ご教示」は「ごきょうじ」と読みます。 「ご教示」は「知識や方法などを教え示すこと」という意味です。 目上の人に資料の作成方法を教えてもらいたいときに「ご教示ください」などと使います。

「ご教示」の意味と読み、使い方、例文、英語、「ご教授」との違い

WURK

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「ご回答申し上げます」は正しい敬語?意味と使い方を例文つきで解説