1. TOP
  2. 英語の意味と使い方
  3. 【完全版】「well」の意味と使い方!「good」との違いも解説します

【完全版】「well」の意味と使い方!「good」との違いも解説します

ネイティブの日常生活でも映画でもよく登場する「well」ですが、副詞、形容詞、間投詞、名詞、スラングで意味が異なりますのでわかりやすく解説します!また「good」との違いもわかりやすく説明します。

「well」と「good」の違い

「well」も「good」もどちらも「よい」という意味ですが、明確な違いがあります。 今回はその違いを一つずつ説明していきたいと思います。

「well」と「good」の違い①

まず1つ目の違いは、「well」は副詞として使用するのに対して、「good」は副詞として正式には使用しない、という点です。 「well」を副詞として使用するときには様々な意味があります。 ①「よく、満足に、申し分なく」 ②「正しく」 ③「うまく、上手に」 ④「都合よく」 ⑤「十分に」 ⑥「かなり」 などです。 どれも意味が大きく異ることはありません。文脈によって和訳を注意する必要はあります。 副詞「well」の例文をいくつか見てみましょう。

My family lives well in a big house in California.

わたしの家族はカリフォルニアの大きな家で何不自由なく生活しています。

She speaks English well.

彼女は英語を上手に話す。

Everything is going well with me.

すべてうまくいっています。

「good」は副詞的に使用しない、と上で述べましたが、アメリカのスラングでは「good」を副詞の「well」の意味で使用することもあるので注意です。

Wow you know about it real good!

おー、お前それについてめっちゃよく知ってるな!

上記の例文は、とても口語的です。 正式には、 Wow you know about it really well! となります。 例文では、「good」は「well」の意味で副詞的に使用されていますね。 「real」も形容詞ですがアメリカ英語のスラングでは副詞的に使うことがあります。ここでは正式には「really」が正しいです。 この例文では、「good」は動詞「know」を修飾する副詞で、「real」は副詞「good」を修飾する副詞です。

「well」と「good」の違い②

「well」は主に副詞として使い「good」は副詞として原則的に使用不可、という話を上記でしました。 ですが、「well」を形容詞として使うこともあるのです! そして、形容詞「well」と形容詞「good」にも違いがあります。 <1> 形容詞「well」は、「健康な」という意味で、形容詞「good」は漠然と「よい」という意味です。 ですから、形容詞「well」の同義語は「healthy」にあたり、反対語は「ill」「sick」にあたります。 形容詞「good」の反対語は、「bad」が該当します。 <2> 用法にも違いがあります。形容詞「good」は、限定用法と叙述用法の両方が可能ですが、形容詞「well」は基本的に叙述用法のみです。 つまり、「She is well.」 は可能ですが、☓「She is a well woman.」 とは基本的には表現しません。(口語的にこのように表現することはあります) 形容詞「well」の使った例文を見ていきましょう。

I don't feel well.

気分がよくない。

"How are you?" - "I'm quite well. Thanks."

「お元気ですか。」-「とても元気です。ありがとうございます。」

イギリス英語のスラング副詞の「well」

イギリス英語では、「well」にはスラングの意味もあります。 「well」を、「めっちゃ」と意味の副詞で使います。「really」の置き換えと考えるとわかりやすいです。 アメリカ英語ではこのような用法はありません。 代表的なイギリス映画「ハリー・ポッター」でもこの使われ方がしています。 例文を見てみましょう。

The new movie called xxx is well good!

xxxという新しい英語めっちゃいいね!

I'm well excited about the concert tomorrow!

明日のコンサートすげえ楽しみだ!

間投詞の「well」の意味と使い方

「well」には間投詞の意味もあります。 ネイティブスピーカーが「well」を間投詞として使用する場合は、 話者は次にする発言をためらっている場合 です。 これから相手が嫌がる発言をするときなどに、前置きで「well」を言うことで「ためらい」を示し少し丁寧な表現にしています。

Well, I think you are late.

えーっと、あなた遅刻してると思うけど。

Well, I'm not sure.

えーっと、まだわかりません。

「well」+過去分詞の形容詞

「well」は過去分詞と「-(ハイフン)」を用いて連結し、1つの形容詞になります。 中でも一番有名なのが、 well-known です。「よく知られた」という意味です。 その他にも、 well-built well-chosen well-accepted well-behaved well-documented well-done well-off などがあります。

The elementary school students of this prefecture is well-known for their high IQ.

この県の小学生たちはIQが高いことで有名だ。

The artist became well-known all over the world after he passed away.

その画家は没後に世界中で有名になった。

In general, baseball players are well-built with board shoulders.

一般的に、野球選手は体格がよく、肩幅も広い。

CEOs always need to use well-chosen words in public.

CEOは公の場では常に適切な言葉を使う必要がある。

名詞の「well」の意味と使い方

「well」には名詞の意味も2つあります。

名詞「well」①:「よいこと」

1つ目の名詞「well」の意味は、「よいこと」「幸福」「繁栄」などです。 この意味での「well」は、用いる場面はかなり少なく、ほぼ下記の例文のみです。

I wish well to him. = I wish him well.

彼に幸福を祈ります。

名詞「well」②:「井戸」

名詞「well」の2つ目の意味は、「井戸」です。 これは今までの「よい」という言葉とは全く意味が違うので注意が必要です。

The huge amount of water came spurting out of the well,

大量の水が井戸から吹き出した。

「well」と使った代表的なイディオム

副詞「well」を使ったイディオム(慣用表現)もかなりたくさんありますが、今回は代表的な3つを紹介したいと思います。どれもネイティブが日常的に使用するものばかりです。

「as well」

「as well」は、「なおその上」「...も」という意味です。「too」と同義です。 否定文では用いません。 例文です。

She gave me clothes and dinner as well.

彼女は私に服をくれ、その上に夕食までごちそうしてくれた。

She speaks English, and her brother speaks as well.

彼女は英語を話すが、彼女の弟も英語を話す。

「may well」

「may well...」で、「...するのももっともだ」という意味になります。 「...」には動詞の原型がきます。 例文です。

You may well be surprised at what happened last night.

昨夜起きたことに驚くのは当然だ。

You may well ask!

本当にそうだ!

「You may well ask!」は、直訳では「あなたは尋ねて当然だ!」という意味です。 相手の疑問文に対して使う表現です。あなたが疑問に思い尋ねてることはごもっともだ、かた転じて、その通りだ、というニュアンスで使います。

「might as well」

「might as well...」で、「...する方がよい」という意味になります。 「...」は動詞の原型がきます。 「may as well」ということもあります。 また、「might just as well」という風に「just」が挿入されることもあります。 例文です。

He'll never listen, so you might as well be talking to the wall.

彼は人の話を聞かないだろうから、壁に話しかけていた方がましだ。

You might as well stay at home, because you can hardly look at the players in the stadium.

あなたは家に留まった方がいい、なぜなら球場では選手を見ることはほとんどできないからね。

英語学習に興味のある方へ

英会話教室「NOVA」が英語部で一番人気!

当サイト「英語部」で一番人気の英会話教室が、NOVAです。 全国展開(270校舎)をしている大手英会話教室の中で圧倒的に価格が低いのが特徴です。 しかも講師は全員ネイティブ! ・グループレッスン(最大4人)月額1万円 ・マンツーマン月額2万円 ・月謝制 ・入会金ゼロ ご興味のある方はホームページから無料体験レッスンをぜひ!

NOVAの公式HPを見る

おすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい使い方や文法が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

ビジネス英語を本気で学びたい人におすすめな英会話教室に関しては別の記事でまとめましたので(オンライン英会話、英語学習アプリも紹介してます)、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

こちらの記事もチェック

エロいスラング英語「naughty」の意味と使い方!You're being naughty.はどんな意味?

eigobu.jp

【完全版】「That's it.」の意味と使い方

eigobu.jp

【完全版】実は5つもある「This is it!」の意味と使い方

eigobu.jp

「feature」の意味と使い方 - 名詞、他動詞、自動詞の和訳

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 英語の意味と使い方
  3. 【完全版】「well」の意味と使い方!「good」との違いも解説します