1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「しており」の意味と敬語の種類、使い方、英語を例文つきで解説

「しており」の意味と敬語の種類、使い方、英語を例文つきで解説

「しており」は「している」の丁重語です。ビジネスシーンなどでも非常に多く使用される敬語表現なので、聞き覚えがあるという人がほとんどでしょう。みなさんは「しており」を正しく使用することができていますか?今回は「しており」の意味と正しい使い方を詳しく解説していきます。「しており」を含むその他の表現も合わせて紹介しますので是非参考にしてください。

「しており」の意味と敬語の種類

「しており」は「している」の丁重語

「しており」は「している」の丁重語です。 「しており」を品詞分解すると、

  • 動詞「する」の連用形「し」
  • 接続助詞「て」
  • 補助動詞「おる」の連用形「おり」

となります。 「おる」は「いる」の丁重語(謙譲語の一種)です。 丁重語とは、動作の対象ではなく話を聞いている相手に敬意を示すために使用されます。 例えば「昨日から弟の家で勉強をしております」の「おります」は、弟へ敬意を示しているのではなく話を聞いている人に敬意を示している「丁重語」です。 また、自分以外の動作にも丁重語を使用することもできます。 例えば「寒い日が続いております」など、主語が「寒い日」でも「おります」と丁重語を使用することによって、聞いている相手に敬意を示すことができます。 ただし、「斎藤様がお越しになりました」のように主語が目上の人だった場合、主語に対して敬意を示さなければならないため、丁重語は使用できません。

「しており」の漢字は「して居り」

「しており」の漢字は、「して居り」となります。 ただし「補助動詞」は仮名表記というルールがあるため、手紙やメールで使用する場合は平仮名で表記しましょう。

「しており」の使い方と例文

「しており」は連用形中止法で接続詞ではない

「しており」は、「〜だから」「それから」といった前の文や後ろの文の関係を示す接続詞だと認識されがちです。 しかし、「しており」は「連用中止法」であり「接続詞」ではありません。 「連用中止法」とは「日曜は働き、月曜日に休む」の「働き」のように、連用形で区切って後ろの文章に繋げることをいいます。 「しており」は、「〜していて...」という連用中止法を「〜しており」にして丁重語にしたものです。 常日頃から行っていることに対して使う場合も一時的にやっていることに使う場合もあります。 話し言葉でも書き言葉でも使うことができます。 かたい表現なので、論文やレポート、ビジネス文書で使うことがほとんどです。

「しており」の例文

  • 息子もクラブ活動に興味を示しており、来年がくるのを楽しみにしています。
  • 最善を尽くしておりますが、現状は悪化するばかりです。
  • 食事もきちんととれており、体調は回復に向かっています。

「しており」の過去形は「しておって」

「しており」は「しておる」の連用形です。 「おる」は「いる」の丁重語で、過去形にすると「しておった」となります。 さらに「しておった」を連用形にして「しておって」です。 「昨日」「先日」「〜だった」などの過去表現が文中にあれば、「しておって」ではなく「しており」を使っても過去の内容であることが相手に伝わります。 例えば、「先月には作業はすでに終了しており、外観は完成しています」などです。 逆にいえば、「しておって」を使えば、「昨日」など過去表現を使用しなくても過去の内容であることが相手に伝わります。 また、過去表現と「しておって」を併用しても問題ありません。 ただ、「しておった」は古めかしい響きがあるため、違和感を覚える人も多いです。 基本的には「しており」を使った方が無難といえるでしょう。

「しておって」の例文

  • すでに材料が用意しておって、スムーズに作業をはじめることができました。
  • 昨日ミスがないことは確認しており、あとは完成品をお渡しするだけです。

「しており」を含む表現

「しております」「しておりません」とも使う

「しております」「しておりません」といった形でも使用されます。 「しております」は、「います」の丁重語「おる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「して」は、動作を表す言葉「する」+接続助詞「て」で成り立っていて、「して」はある動作を行うこと、「おります」は動作が継続していることを表します。 「息子は毎日元気に学校に行っております」というように、動作や状態が現在も進行していることを聞き手に敬意を示して伝えることができます。 「しておりません」は「しております」とは反対に継続を否定した表現です。 動詞「する」の連用形「し」+接続助詞「て」+補助動詞の「おる」の連用形「おり」+丁寧の助動詞「ます」の未然形「ませ」+打ち消しの助動詞「ぬ(ん)」で「しておりません」となります。

「しておりませんので」より「しておりませんでして」が丁寧

「しておりませんので」は、「〜していないので」を敬語表現にしています。 「ので」は原因理由を表す接続助詞です。 「まだ○○は出勤しておりませんので、確認をすることができません」というように、「○○していないから、○○」といった現状を伝える場面で使用されます。 「しておりませんので」より「しておりませんでして」がより丁寧な敬語表現となります。 「でして」は「でし」と「て」で成り立っています。 「でし」は、丁寧な断定を表す助動詞「です」の連用形で、「て」は接続助詞で原因理由を表します。 ビジネスシーンなどかしこまった場面では「しておりませんでして」を使用するのが望ましいです。

「しておりませんか」で疑問

「しておりません」に疑問を表す終助詞「か」をつけると、「しておりませんか」で疑問形になります。 「しておりませんでしょうか」は二重敬語でよくある誤用なので注意しましょう。 「二重敬語」とは、すでに敬語になっているものに同じ種類の敬語を重ねて使用してしまうことです。 「しておりませんでしょうか?」は、「おる」に丁寧語の「ます」の未然形「ません」に、さらに丁寧語の「でしょう」疑問を表す終助詞「か」をつけて疑問形にしているため、二重敬語となります。 「しておりませんか」には「おる」と「ます」の2つの敬語が使用されていますが、丁重語と丁寧語という種類の違う敬語を組み合わせているため二重敬語にはなりません。

「しておりましたら」で仮定

「しております」に仮定を表す「たら」をつけると「しておりましたら」になります。 「する」の連用形「し」+接続助詞の「て」+「いる」の丁重語「おる」+仮定の「たら」です。 「掃除をしておりましたら、失くしものを見つけました」というように、後ろに表現される出来事が前に表現される出来事に引き続いて起こることを表す接続助詞です。

「しており」の英語

be doing

「しており」は現在進行形なので、英語は、 is [am, are] doing となります。

The weather is changing for the better.

天気は回復しております。

My son is studying for the exam.

息子は試験に向けて勉強しております。

まとめ

「しており」をまとめると、

  • 「しており」は「している」の丁重語
  • 「しており」の漢字は「して居り」
  • 「しており」の過去形は「しておった」
  • 「しておりませんので」より「しておりませんでして」が丁寧
  • 「しておりませんでしょうか」ではなく「しておりませんか」

など。

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「しており」の意味と敬語の種類、使い方、英語を例文つきで解説