1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「バイタリティ」の意味と類語!バイタリティのある人の特徴とは?高める方法は?
「バイタリティ」の意味と類語!バイタリティのある人の特徴とは?高める方法は?

「バイタリティ」の意味と類語!バイタリティのある人の特徴とは?高める方法は?

「バイタリティ」という言葉をご存知でしょうか。「バイタリティ」とは「活力・生命力」といった意味のある言葉で、「エネルギッシュに活動する人」などに対して「バイタリティがある」などと表現することがあります。今回は「バイタリティ」の意味や「バイタリティある人」の特徴を徹底解析!また、「バイタリティ」を高める方法についてもまとめます のでぜひ参考にしてください。

「バイタリティ」の意味

「バイタリティ」の意味は「活力」「生命力」「エネルギー」

「バイタリティ」の意味は、「活力」「生命力」「エネルギー」といった人間のいきいきとした旺盛差を表す言葉です。 詳しくは、後述しますが「バイタリティ」は元々の語源である英語で表記すると「vitality」となります。 この「vita」はラテン語で「命」という意味があり、人間の生命力を感じさせる「活力がある」「元気がある」というような意味合いで人に対して使用されます。 まれに、この「活力」や「エネルギー」といったニュアンス以外でも「継続する力」として、制度や言語に対して使われることがあります。 「長時間物事をすすめる・続けるだけの能力がある」という解釈で「存続性、持続力」というニュアンスになるのです。

「バイタリティがある」「バイタリティが高い」「バイタリティ溢れる」などと使う

「バイタリティ」という言葉は、上述したように、人に対して使用する言葉で、「やる気や活力がある」「モチベーションが高い」といった様子を表現するのに使われます。 言い回しとしては、例えば ・バイタリティがある ・バイタリティが高い ・バイタリティが溢れる ・バイタリティを発揮する ・バイタリティに富む ・バイタリティがない ・バイタリティが足りない ・バイタリティが衰える ・バイタリティが失われる ・バイタリティに欠る などがあげられます。 詳しい使い方については例文を参考にしてください。

例文 ・今どきこんなにバイタリティがある真面目な学生も中々いないので驚きました。 ・彼女はどんなにスケジュールがパンパンでも常にバイタリティが高いので尊敬します。 ・若者のバイタリティ溢れる精神は、時に思いも寄らないアイデアを生み出すことがあります。 ・やっと自分のバイタリティに大いに発揮できる会社に入スアすることができた。 ・彼は、休日も読書や勉強のために時間を使うバイタリティ富んだ人だ。 ・私には、膨大な資料を一日でまとめるほどのバイタリティがない。 ・若い頃は1人旅をするのが趣味だったのだがバイタリティが衰え、知らない土地には中々行けなくなってしまった。 ・新入社員には、まだまだ仕事に対してのバイタリティが足りないようだった。 ・試験になかなか合格することができず、バイタリティが失われはじめてしまった。 ・君が社会でなかなか評価されないのは、いまいちバイタリティに欠るせいなのではないだろうか

「バイタリティ」の語源は英語「vitality」

「バイタリティ」の語源は英語「vitality」です。 「vitality」の英英辞典での解説は「energy and strength」となっています。 つまり「エネルギーと強さ」です。 英語「vitality」の意味は「生命力、活力」で、もちろんカタカナ語の「バイタリティ」と同じです。

「バイタル」「バイタル・サイン」も同じ語源の言葉

「バイタル」や「バイタル・サイン」も同じく「生命」という意味合いのある語源の言葉です。 様子や、活力に満ちている様子を表した言葉で、医療現場などではなどで生命が問題なく維持されていることを示すサインである「バイタルサイン」を略して「バイタル」といいます。 医療物のドラマや映画で「バイタル問題有りません!」などというセリフを聞いたことがあるのではないでしょうか。 これは、つまり、体温・脈拍・血圧・呼吸数といった生命兆候に「問題がない・異常なし」ということを伝えているセリフです。

「バイタリティ」の類語

「生命力」「活力」

人間の生きる源となる力」という意味合いなら「生命力」「生気」「活力」「活力」「体力」「元気」「エネルギー」といった言葉が類語になります。 ・「生命力」 「生命力」「命あるものが自身で生きていく力」 ・道端に割いている花に強い生命力を感じた ・どんな環境でも生きていく生命力が人間には備わっている ・「生気」 「生気(せいき)」「いきいきとした様子・活気」 ・退院した彼の顔はまさに生気に満ちていた ・転職してからの彼は、あまりの忙しさに生気を失っているようだった ・「活力」 「活力(かつりょく)」「元気に活動する力」 ・子供というのは、非常に活力のある生きものです。 ・活力がある人は1人でもいれば職場の雰囲気が変わると思うのですが・・・。 ・「体力」 「体力」 「生命活動に必要な運動能力」 ・頭は良くありませんが体力にはかなりの時間があります! ・体力がありあまってしまうようで、運動しない日はなかなか寝付くことができない ・「元気」 「元気」 「心身の活動の源となる力」 ・元気があれば何でもできる! ・今日は元気がないみたいだけど、何か嫌なことでもあったの? ・「エネルギー」 「エネルギー」 「活動の源として体内に保持している力」 ・明日の大仕事に備えてエネルギーを温存しておこう ・残業をした後は夕飯を作るエネルギーが残っていない

「英気」「旺盛さ」

活気あふれる態度」というニュアンスなら、「英気」「旺盛さ」「快活」「生生たる」などが類語になります。 ・「英気」 「英気(えいき)」 「何かを使用とする元気」 ・来月の繁忙期に備えて英気を養いましょう。 ・恩師に会えば、生徒たちも英気を取り戻すはずだ! ・「旺盛さ」 「旺盛さ(おうせい)」 「気力や勢力が盛んな様子」 ・青年に成長していくにつれて、食欲旺盛さは誰にも負けないものとなった ・面接では幼い頃からの自分の「好奇心の旺盛さ」をアピールした ・「快活」 「快活(かいかつ)」 「気持ちや性格が元気で活気のある様子」 ・その場にいる人が元気になれるようにとクラブ名を「快活クラブ」と名付けた ・子供の頃は快活な性格だったのだけど、いつの間にか消極的な子になってしまったようだ ・「生生たる」 「生生たる(せいせいたる)」 「活力のある・元気のある様子」 ・生生たる若者の姿を最近見かけなくなった気がする ・いかなる状況においても、母は生生たる様子で家族を元気づけてきた ・「精彩・生彩」 「精彩・生彩」 「生き生きとして、活気のある様子」 ・出会った頃の彼は、あまりにも精彩に欠けていて驚きを隠せなかったことを覚えている ・舞台に立つ彼女は眩しすぎるほど輝き、生彩を放っていた。

「やる気」「モチベーション」

「積極的で前向きな姿勢」というニュアンスなら、「やる気」「モチベーション」「気勢」「神気」「意気」などが類語になります。 ・「やる気」 「やる気」 「進んで物事を成し遂げようとする気持ち」 ・入社したての頃はやる気に満ちあふれていたが、残業の多さに気持ちが萎えてしまった。 ・やる気スイッチさえ押せれば誰だって何でも成し遂げることができるはずだ。 ・「モチベーション」 「モチベーション」 「何か行動するときの動機や意欲 ・モチベーションの低い人が1人でもいると、空気が乱れてしまう ・いつでも高いモチベーションを維持できることが私の強みです ・「気勢」 「気勢(きせい)」 「何かをしようと意気込んでいる気持ち・勢い」 ・必死に勉強に励むその姿にはその姿には、気勢が感じられた ・もう少し気勢が感じられれば援助してやってもかまわないのだが・・・ ・「神気」 「神気(しんき)」  「ありとあらゆるものの元になる力・気力」 ・神木の前に立っているだけで、神気を与えられた気がした ・その立ち姿は、神気を帯びていてその場の空気が一瞬にして変わったのわかった ・「意気」 「意気(いき)」 「何かをしようとする積極的な心・元気な様子」 ・結果はどうであれ、挑戦してみようというその心意気は尊敬できるものですよ ・まったく成果が見られず、みな意気が消沈してしまっているようでした

「バイタリティ」の対義語

「バイタリティ」の対義語はありません

「バイタリティ」という言葉の類語として、正確には一言で「これ」と言える単語はありません。 ただ、「バイタリティ」の反対は「バイタリティがない」ということですので、「生命力がない」「元気がない」「やる気がない」といった、マイナスの意味合の言葉が「バイタリティがある」という状態の反対の言葉であると言えるでしょう。

バイタリティのある人の特徴

パワフル!

「バイタリティ」ある人は、非常にパワフルです。 「パワフル」とは、「生命力がみなぎっている」こと、つまり生き生きとしていて力強さや活力に溢れていることをいいます。 パワーがあるので、どんな困難にぶち当たっても乗り越えるだけの精神力があります。 「バイタリティ」ある人は、パワフルすぎて「あつ苦しい」と思われがちですが、物事に立ち向かっていくためにも「パワフルさ」は必要なものです。

常に笑顔で周囲を明るくするオーラがある

「バイタリティ」ある人は、つねにニコニコ笑顔で過ごしているので明るいオーラをがあります。 笑顔がなく、どんよりしている人は、消極的な印象を与えますし「バイタリティ」があるようには見えませんよね。 たとえ苦しいことがあったり、苦しいときでも「ニコニコ」としている人からは、前向きな活力や生命力を感じさせる人は「バイタリティ」ある人であると言えるでしょう。 どんなときでも笑顔の人は、集団生活において周りの空気を明るくするムードメーカとなります。

周りに人があつまる

「バイタリティ」ある人は、いつも笑顔で明るいオーラを放っているので自然と周りに人が集まります。 明るく前向きな人と一緒にいるだけで、「よし、頑張ろう!」という活力をもらえたりしますよね。 さらに、「バイタリティ」ある人は、表情だけではなく発する言葉も前向きなので、同じように明るく前向きな人を引き寄せるという性質もあります。 反対に悪口や批判、愚痴といったマイナスな事ばかりを口にする人は、自分だけではなく周りの人も不幸にしてしまうので避けられてしまうものです。

規則正しい生活をしていて健康的

どんなことにも全力で取り組むには、まず健康的な体が必要であると言えるでしょう。 「バイタリティ」ある人は、規則正しい生活を送っているのでとっても健康的に毎日を過ごしています。 不規則な生活をしていると、体に怠さを感じてしまうなど健康に影響が出てしまうだけではなくマイナス 思考で消極的になってしまうなどメンタルにも影響がでてしまいますよね。 「バイタリティ」ある人は、健康的な食事をとり質の高い睡眠がとれるよう心がけるといった面でも意識が高いのです。

姿勢ががよく動きが機敏

「バイタリティ」ある人は、姿勢がよくテキパキとした機敏な動きをします。 例えば、仕事ができる「キャリアウーマン」って姿勢よシャキシャキとあるようなイメージがありますよね。 自分の中で「やる気」は充分にある!」と思っていても猫背で動きがトロトロとしていているだけで、自信がなさそうな暗い印象を与えてしまいがちです。

時間の使い方がうまい

「バイタリティ」がある人は、無駄な時間を過ごすということがありません。 つまり、時間の使い方が非常にうまいのです。 自分の中できちんと優先順位をつけることができるので、やらなければならないことを後回しにしてしまうこともないし、本気を出せばすぐ終わることを、ダラダラすすめることで余計な時間を使ってしまうなんてこともありません。 時間の使い方がうまいからこそ、仕事とプライベートの時間をきっちり区別をつけて、仕事のストレス発散やリフレッシュにプライベートの時間を使うなど公私ともに龍二つさせることができるのです。

仕事や遊びなど全てのことに全力

仕事にはやる気をだせないけど、遊びのためなら全力を出せる!という人は多いのではないでしょうか。 誰もが、「仕事」となると何をするにも億劫に感じてしまうものですよね。 しかし、「バイタリティ」のある人は仕事も遊びも全です! 遊びのときだけ元気で職場ではやる気がないなんてこともないですし、逆に仕事を頑張りすぎて休日はダラダラ過ごすだけ・・・なんていうこともありません。 仕事の時間もプライベートの時間も自分人生の時間の一部として充実した日々を過ごすことができます。

好奇心旺盛

「好奇心旺盛」なのは「バイタリティ」が高いからであると言えるでしょう。 自分の知らないことに興味をもち、挑戦するには思いの外パワーがいります。 だから子供のことは「見たい!知りたい!」と好奇心に溢れていても、大人になると興味がもてなくなったり挑戦してみようという意欲がわかなくなってしまうのですね。 「バイタリティ」ある人は、色々なことに興味をもつことができるので色々なことを自分の中に取り入れていれ、視野を広げることができます。

失敗を恐れずチャレンジする勇気がある

「バイタリティ」ある人は、失敗を恐れることなくチャレンジする勇気があります。 人は、年齢を課せねれば重ねるほど失敗を恐れてしまうもの。 恥をかきたくないという思いや、リスクを避けてしまうので自信のないことにチャレンジすることを避けてしまいます。 しかし、「バイタリティ」ある人は自分の立場関係なく積極的にチャレンジしていくころができます! とても勇気のある人であると言えるでしょう。

失敗してもくよくよしない

「バイタリティ」ある人は、たとえ失敗してしまってもいつまでもくよくよ落ち込んだりすることがありません。 大切なことは、「失敗した」という結果ではなく、「失敗してしまったその後どうするか」であるということを知っているのです。 その瞬間は落ち込んだり悩んだたしても、さっと切り替えて自分自信が成長する過程として失敗を生かして行動していくことができます。

周りからどう見られようが気にしない

「バイタリティ」ある人は、たとえ失敗したとしてもくよくよしません。 非常にプラス思考なので「失敗」を学びとして捉えることができます。 「失敗」したからこそ気付けることってありますよね。 「失敗」を「成功」に変える精神力の強さがあるので、「失敗」を「失敗」のままで終わらせることがありません。かならず自分の成長に繋げることができるのです。

努力家で継続する力がある

「バイタリティ」ある人は、どんなことに対しても向上心をもって努力することができます。 メンタルが強いので、たとえ躓くことがあったとしても、心折れることなく継続することができるのです。 努力し、やり抜く力というのは「バイタリティ」がないと、なかなか難しいことです。 高い意識をもって目標に向かいコツコツと努力していくことが出来る人は「バイタリティ」があると言えるでしょう。

自分に自信がある

「バイタリティ」ある人は、失敗しても前向きにとらえそこからさらに成長することができるので、「成功体験」がネガティブでバイタリティのない人の倍はあります。 自分に自信がないと、いつもでもクヨクヨしたり後ろ向きな姿勢が目立つようになってしまいますよね。 「バイタリティ」ある人は「自分はやろうと思えば何でも成し遂げることができる」という自信があるのです。 「自分に自信がある」からといって、他人に対して偉そうに接したり自分の気持ちばかりを主張することはありません。「おかけさまで」という謙虚な姿勢があるので周りに人がよってきます。

バイタリティを高める方法

姿勢を正す癖をつける

「姿勢を正す」ということには、「バイタリティ」を高める効果があります。 例えば、スマホを見ているとき、信号まちで立ち止まっているとき、 ・背中が丸まっている ・肩に力が入っていて肩こりを感じる ・体が前に倒れている ということはありませんか? 姿勢が悪いと、胸を圧迫してしまい呼吸が浅くなってしまうため、体に充分な酸素を送ることができません。この酸素不足が体に怠さを感じさせてしまうなど「やる気」の低迷に繋がってしまいます。 まずは、意識して「ピシッ」と姿勢を正す癖をつけましょう。 脳に充分な酸素を送って上げることで、脳が活性化され集中力を高めるなど「バイタリティ」と高めることに繋がります。

人の悪口など、マイナスなことを口にしない

上述したように「バイタリティ」のある人は、自然とプラスの言葉を口にする癖がついています。 「言霊」というように、いい言葉には良いことを呼び寄せる力があるのです。 上手くいっていないときや、上司にムカついた、部下にイラっとした時などついつい「悪口」や「愚痴」といったマイナスなことを口にしてしまいがちですが、ぐっとこらえましょう。 人の悪口は言わない・できるだけポジティブな言葉に変えて発言gするなど意識してみると自然と「バイタリティ」が上がってくるでしょう。

笑顔でいることを心がける

「バイタリティ」を高めたいと感じるということは、何だか「やる気がでないな」などと気持ちが後ろ向きになっているということですよね。 「辛いな」と感じているときでも、笑顔でいすことを心がけましょう。 口角を上げているだけでも、ガラリと表情は明るくなります。 笑顔で過ごすことで自然と気持ちも前向きになってくるはずです! 前向きに行動したいのなら、まずは気持ちを前向きにしましょう。

決まった時間に寝て起きる習慣をつける

日々生活していく中で「バイタリティ」を高くいるためには、「規則正しい生活」を送ることは非常に大切なことです。 例えば、夜深しをしてしまって朝起きるのが辛い・・・と感じてしまうとそれだけで体はしんどく思うように活動ができなくなってしまいます。 しかし、「寝る」という行為にも休んでいるように見えて体力が必要なので「寝すぎ」もよくありません。 「決まった時間に寝て起きる」という習慣をつけ、「質の良い睡眠」を心がけましょう。

健康的な食事を心がける

「規則正しい生活」に加えて「バイタリティ」を高めるために重要なことは、「健康的な食事」です。 好きなものしか食べない、1日1食しか食べない、など食事の量に偏りがあったり栄養バランスが悪いと、日中に怠さを感じたり慢性的な体調不良で「バイタリティ」があがらない・・・といったことになってしまいます。 きちんと健康的な食事をとり、身も心も健康な状態にしておくことで「バイタリティ」を高めることができます。

運動する習慣をつける

「運動」することを習慣にすると、「体力」をつけることが出来るだけでなく、辛い状況を耐え抜く「忍耐力」をつけることができます。 激しいものではなく、少しウォーキングをするだけでもOK! 「運動」して汗をかくことはストレス発散にもなりますので、ぜひ短い時間からでも運動をする習慣をつけてみてください。

お風呂はシャワーで済まさず湯船につかる

とくに暑い夏場など、シャワーで汗を流すだけ〜で終わらせてしまう人も多いのではないでしょうか。 実は、湯船に浸かることには様々な効果があります! 湯船にしっかりと体がつかることで、血液の流れがよくなるので、それだけで疲労回復に絶大な効果があります。さらに、「睡眠の質」も高めることができるので、翌朝の目覚めがよくなるはずです! 前日の疲労を感じたままでは「バイタリティ」を上げることができません。 暑い日でも湯船にはつかってくださいね!

夢を見つけたり目標をたてる

自分の「夢」はないかなと、今一度自分と向き合ってみましょう。 「夢」が見つかると、自分の目ざすべきところが明確になるのでそれだけで「ぐん」と「バイタリティ」が上がります。 「夢がないな」という人は、小さな目標でもかまいません。 ・決まった時間寝て、朝は早起きする など、目標を立てて達成する「成功体験」が「やればできるはずだ!」という自信につながり「バイタリティ」を高められるでしょう。

バイタリティある理想の人を観察して真似てみる

身近にいる「いつもバイタリティがあってすごいな!」と尊敬出来る人をよく観察して真似してみましょう。 身近にいないというのであれば、「憧れの芸能人」でも構いません。 お手本となる人に身近にいてもらうことが「バイタリティを高める」ということに繋がるはずです。 自分では意識していないようなことでも意識していたり、「バイタリティ」と高める為にこれだけはいるもやっているんだ!というようなことがあるかもしれません。 迷惑がかからないよう、お食事にお誘いするなど話しを聴いてみる機会を作ってみましょう。

しっかり休息する

「バイタリティ高く頑張らなければ!!!!」といつでもキビキビシャキシャキ動いて仕事をしている人もいるかもしれませんが、それではスタミナ切れしてしまいますし、心にもよくない負担をかけてしまいます。 上述している通り「バイタリティ」を高めるためには、しっかりと休息することが重要なのです。 休みの日でも「仕事をしていないと」と思ってしまう人にとっては、そういった意味でも以外とプライベートの時間と仕事の時間のオン・オフをつけることが難しかったりします。 「しっかりと休息をとる」ということも重要であるということを頭に入れておくべきでしょう。

バイタリティに関する書籍

モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書

なぜ、あなたは稼ぐために頑張れないのか?あなたは「上の世代」と違い、生まれたころから何もかもが揃っていたので、金や物や地位などのために頑張ることができません。埋めるべき空白が、そもそもない「乾けない世代」なのです。しかし、仕事がなくなっていく時代には、この「乾けない世代」こそが希望になります。

この本の詳細を見る

「やる気が出ない」が一瞬で消える方法

やる気がないときに、努力や根性のような精神論で解決しようとすると、効果があるどころか悪化する。原因はあなたの中にあるのではなく、思わぬところにある。例えば、誰かに遠慮して好きなことを我慢している、母親と仲が良い、SNSで批判ばかりしている、知らないうちに人から嫉妬されていた、など。それらが身体を蝕み、無気力状態になっているのだ。7万件の臨床結果をもとに本当の原因を見つけだし、心理学的療法を行なうことで、日々の活力を取り戻す方法を解明。

この本の詳細を見る

いかがでしたか?

「バイタリティ」について理解していただけましたか? ✓「バイタリティ」の意味は「活力」「生命力」「エネルギー」 ✓「バイタリティがある」「バイタリティが高い」「バイタリティ溢れる」などと使う ✓「バイタリティ」の語源は英語「vitality」 ✓「バイタリティ」の類語は「生命力」「生気」「英気」など 「バイタリティ」があると、常に前向きな気持ちで生き生きと生活することができ、仕事に対する姿勢も良くなり、さらにプライベートの時間も充実させることができるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。 「何だかだるいな・・・」と思いながら生活するより「バイタリティ」ある生活を送ったほうがすべてのことが上手くいきそうですよね!!! これからの人生を充実したものにするためにも「バイタリティ」を高めるということを意識して生活してみてはいかがでしょうか。ぜひ試してみてください(^o^)

こちらの記事もチェック

「ミスリード」の意味と使い方、「伏線・ミスディレクション」との違い

eigobu.jp

「デリカシー」の日本語での意味は?類語、語源、デリカシーない人の特徴

eigobu.jp

「フィジカル」の意味と音楽とサッカーでの使い方、対義語「メンタル」との違い

eigobu.jp

「ラインナップ」の日本語での意味と使い方、類語、「ラインアップ」との違い

eigobu.jp

「ナイーブ」の意味は?類語、対義語、英語表現!ナーバス・デリケートとの違いも

eigobu.jp

「インスピレーション」の意味と使い方、語源、類語「直感/アイデア」との違い

eigobu.jp

「フィックス」の意味と使い方、業界用語での意味は?語源の英語は?

eigobu.jp

「オンスケ」の日本語での意味と使い方、反対語「ビハインド」とは?

eigobu.jp

モノローグ・エピローグ・プロローグ・ダイアローグの意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ギャップ(gap)」の意味と業界別の使い方、語源、類語・対義語、英語表現

eigobu.jp

「ロット」は何の単位?意味と使い方とは?FX用語でもある?

eigobu.jp

「キャパ(キャパシティ)」の意味と業界別の使い方、例文、類語、「キャパる」とは?

eigobu.jp

「タイト」の意味と業界別の使い方、類語・反対語、英語、漢字は?

eigobu.jp

「レギュレーション」の意味と業界別の使い方、類語「ルール」との違いは?

eigobu.jp

「ポテンシャル」の意味と使い方、ポテンシャルが高い人の特徴とは?英語は?

eigobu.jp

「シンパシー」の意味と使い方、「エンパシー・テレパシー」との違いは?

eigobu.jp

「バイアス」の意味とビジネス・IT・電気での使い方、種類、英語表現は?

eigobu.jp

「アンニュイ」の意味とファッションでの使い方、語源、類語・対義語、英語表現

eigobu.jp

「コンサバ」は死語?正しい意味とファッション・ビジネス・医療での使い方、対義語とは?

eigobu.jp

「ディスる」の意味は?何の略?類語・ディスる人の心理・英語も解説!

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「バイタリティ」の意味と類語!バイタリティのある人の特徴とは?高める方法は?