1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 戦略?事業?「アライアンス」の正しい意味と使い方、英語表現も紹介!
戦略?事業?「アライアンス」の正しい意味と使い方、英語表現も紹介!

戦略?事業?「アライアンス」の正しい意味と使い方、英語表現も紹介!

同盟・協力といった意味を持つ「アライアンス」。ビジネスシーンでは「アライアンス戦略」や「アライアンス事業」などとよく使われています。今回はその「アライアンス」の使い方や英語表現、類語や熟語も分かりやすく紹介します!

「アライアンス」の意味

「アライアンス」とは、直訳すると<同盟・協力・協調・縁組>といった意味になります。 日本では、企業同士の提携といった意味で用いられています。 「業務提携」や「戦略的同盟」などとも呼ばれています。

「アライアンス」の使い方・例文

「アライアンス」の使い方

先ほどの説明の通り、「アライアンス」は複数の異なる業種の企業がお互いの利益のために協力し合い経営するスタイルを指し、主にビジネス用語やIT用語として使われています。 「アライアンス」は取引上の連携の枠を越えて、企業間でお互いに活用しあえる経営資産の相互活用関係を構築することで、相乗効果を目指すメリットの大きい経営スタイルです。 企業の団体名などにもよく使われています。 「A社がB社とアライアンスを組む」などと使われ、ある企業と提携し共同で事業を行っていくことを指す。例えば、コンピューターのソフトウェア開発会社が販売会社と“アライアンス”を組み、開発会社は開発に専念、販売会社は代理店としてソフトの販売に注力する、などである。

「アライアンス」の例文

・「アライアンス先の拡大を進める」 ・「最近では多くの企業が海外企業とアライアンスする」 ・「海外企業とのアライアンスのメリットについてプレゼンする」 ・「最初はアライアンス関係を結んでいたが、社名変更にあわせて同グループ入りした」

「アライアンス」の関連する熟語

ストラテジック・アライアンス(アライアンス戦略)

「ストラテジックアライアンス」とは、企業が持つ資産を相互に共有し合い協力的な契約を結びメリットを享受する関係のことです。 アライアンス戦略が投入されると、それぞれが分野のプロであるためお互いにプロの目が加わることとなります。 企業に新しい良いアイデアはあるものの、今までの分野とは異なるためどのような道筋を立て方策を練り進めていけばいいのか分からないことがあります。 それを「アライアンス」することでスムーズに効果的な結果を導くことができ、事業の拡大を図ることができます。 こういった戦略的提携のことを「ストラテジック・アライアンス」と呼びます。

アライアンス契約

名前の通り「業務提携の契約」のことです。 当たり前ですが、ただ単に「アライアンスしましょう」といって出来るものではありません。 契約書などが必要となります。 お互いの得意分野を活かすわけで、提携し情報だけ手に入れて提携終了とされてしまっては困りますよね。 「アライアンス契約」は「情報の流出をしないこと」や「協力すること」、「問題解決は共同してやっていくこと」など、しっかりと契約を結びお互いにメリットがあるように事業をするためにあります。

アライアンス事業

企業のさまざまな事業のうち、業務提携した事業のことを「アライアンス事業」と言います。 「アライアンス事業」を行うことで、これまでアプローチできていなかった顧客層や地域への商品のPR・流通が可能になるといったメリットがあります。 さらに、マーケティングにかかるコストが企業で分散することでマーケティングコストの削減をすることが出来ます。 「アライアンス事業」はうまくいけば多大なメリットが生まれ、サービス拡大や収益の増加を図ることができます。

アライアンス・パートナー

「アライアンスパートナー」とは業務提携した相手企業のことです。 多くの企業とアライアンスしていれば、すべての企業をが「アライアンスパートナー」となります。

スターアライアンス(航空連合)

「スターアライアンス」は世界初で世界最大の航空連合のことです。 28社が加盟しており、加盟会社による就航国は190ヵ国あまり、1,300以上の空港に達しています。 日本ではANA(全日本空輸)が加盟しています。 航空連合とは、航空会社間の連合組織であり、連合内ではコードシェア便やマイレージサービスの相互乗り入れなどが出来ます。 そのため、スターアライアンス加盟社であるANAのマイルを貯めていれば、海外の航空会社を選ぶ際に同じスターアライアンス加盟社を選ぶと、効率的にマイルを貯められたりラウンジを利用できたりすることです。

ミス・アライアンス

「ミスアライアンス」は業務提携に失敗したことを指します。 本来英語で使われている「ミスアライアンス」は「不釣り合いな結婚」を意味します。 ここでの「ミス・アライアンス」は、失敗のミスと合わせた造語による「ミス・アライアンス」となります。

「アライアンス」と「M&A」の違い

M&Aは「Mergers(=合併)and Acquisitions(買収)」の略で、2つ以上の企業が合併したり、ある企業が他の企業を買収することです。 それに対して「アライアンス」はあくまで業務提携であり、1つの企業になったり吸収されたりするわけではなく、それぞれの企業にメリットがあるような協力関係である経営スタイルです。 しかし、アライアンスを含めてM&Aと呼ぶ場合もあります。 主なメリット・デメリットは、技術やノウハウの流出において「アライアンス」ではリスクがありますが、「M&A」ではリスクは少なくなります。 しかし、「M&A」では今までの文化の摩擦が起きたりや販売リスクなどの分散がされませんが、「アライアンス」では各社の独立性が保たれたり販売リスクの分散が出来ます。

「アライアンス」の類語

○提携 (意味:共同して物事を行うために協力し合うこと、助け合うこと) ○同盟 (意味:個人・団体・国家が、共同の目的を達するためい同一の行動をとるように約束すること、またその約束によって出来た仲間) ○連合 (意味:2つ以上のものが結び合って組になること、合同すること) ○協働 (意味:複数の主体が目標を共有し協力して働くこと、活動すること) ○協力 (意味:目的に向かって力を合わせて努力すること、心を合わせて働くこと)

「アライアンス」の英語

「アライアンス」は英語で「alliance」です。日本語の「アライアンス」は英語の「alliance」が語源になっています。日本語も英語もほぼ同じ意味で使っています。 「form an alliance」で「アライアンスを結ぶ」という意味になります。 例文を見てみましょう。

The two smaller parties have formed an alliance against the government.

政府に対抗して2つの野党が連立した。

LINE mobile formed a alliance with SoftBank mobile.

LINEモバイルはソフトバンクモバイルと提携した。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

ビジネス用語・ビジネスマナーなどに関するおすすめ書籍

超訳「カタカナ語」事典

俗に言う「意識高い系ワード」であるITやファイナンスに関するカタカナ英語の意味と使い方をまとめた一冊です。それぞれのカタカナ英語の類義語や関連語もしっかり紹介しているので、この一冊を読めばカタカナ英語が分からなくて恥をかくことはもうありません!

この本の詳細を見る

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

さいごに

「アライアンス」について理解できたでしょうか? ✔<同盟・協力・協調・縁組>といった意味 ✔ビジネス用語・IT用語でよく使われ、「業務提携」のことを指す ✔スターアライアンスなど航空会社なども国境を越え「アライアンス」している ビジネスシーンではよく出てくる言葉です。 しっかりと覚えましょう!

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 戦略?事業?「アライアンス」の正しい意味と使い方、英語表現も紹介!