1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「デリカシー」の日本語での意味は?類語、語源、デリカシーない人の特徴
「デリカシー」の日本語での意味は?類語、語源、デリカシーない人の特徴

「デリカシー」の日本語での意味は?類語、語源、デリカシーない人の特徴

職場などでデリカシーがない人っていますよね?ところでデリカシーってどういう意味なのでしょうか?語源である英語「delicacy」とは使い方が違うのをご存知ですか?本記事では「デリカシー」の意味と使い方、そしてデリカシーの欠ける人の特徴と身につける方法まで解説していきます。

「デリカシー」の意味

「デリカシー」とは「感受性の細やかさ」

「デリカシー」とは、「感受性の豊かさ」や「繊細さ」という意味のある言葉です。 感覚や感情が非常に繊細で、細やかな気遣いや心配りができる様子を「デリカシー」という言葉を使用して言い表します。 つまり、わかりやすく言うと「デリカシー」とは「相手を思いやる気持ち」であるということが わかります。 相手の気持ちを考えた上で発言そすることや、静かな雰囲気の場所では言われなくても私語を慎むなど、繊細に相手の気持や状況で判断できるということです。

「デリカシー」は「珍味」という意味の場合も

日本でカタカナ語として使用されている「デリカシー」は、上述したように「繊細」や「思いやる気持ち」といったニュアンスで使用されますが、元々の語源である「delicacy」には「珍味 」という意味があります。 海外では、例えば ・キャビア ・ホアグラ ・フカヒレ といった高級珍味を「デリカシー」と良い表すことがあるのです。 日本で「デリカシー」と耳にしても「珍味」という意味で使用されているということは、ほとんどないと思いますが、英会話の中では「珍味」というい意味で使用されれいる可能性もあるということを頭に入れておいたほうが良いでしょう。

「デリカシー」の類語は「気遣い」「配慮」など

「デリカシーの類語には「気遣い」「配慮」といった言葉があります。 ◯気遣い 「気遣い」は、「あれこれと相手の為に気を使う」という意味で使用される言葉です。 これをしてほしい、こうしてほしいと口に出さなくても、空気を読み、相手の気持ちを察してさり気なく心配りをすることを「気遣い」といいます。

「気遣い」の例文 ・彼は、周りの人を気遣う優しさと礼儀がある素晴らしい男性です。 ・お気遣いは結構ですので、どうぞ楽にしてくださいね。 ・熱中症にならないよう気遣いながら外遊びをさせなければならない。

「お気遣い」と「お心遣い」の違い!意味、使い方、英語、類語「ご配慮」など

eigobu.jp

「気遣い」と「気配り」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「お気遣いありがとうございます」の使い方、メール例文、英語表現を紹介

eigobu.jp

配慮 「配慮」は、「よく考えて心を配ること」という意味のある言葉です。 他人のためや、物ごとが上手く運ぶよう気をつかうことを「配慮する」というように言い表します。

「配慮」の例文 ・車椅子の方でも会場内を見て回りやすいようにバリアフリーなどの配慮がされている ・お客様への配慮を忘れてはお店の信用がなくなります。 ・小さな子どもでも利用しやすいような配慮が見られて関心しました。

「配慮」と「考慮」の違いと使い分けとは?意味と使い方を解説

eigobu.jp

「デリカシー」の語源は英語「delicacy」

「デリカシー」の語源は英語「delicacy」です。 英語「delicasy」の意味は、 ・優美さ、上品さ ・繊細さ、敏感さ ・精巧さ、正確さ などがあります。 日本語の「デリカシー」は二つ目の「繊細さ」の意味が由来となっています。 しかし、英語「delicacy」は日本語のように「彼はデリカシーがない(He has no delicacy)」のようには使いません。 「デリカシーのない人」は英語では ・insensive ・rude ・impolite ・bad-mannered などを使います。

微妙に意味が違う「rude」と「impolite」の違いと使い分け

eigobu.jp

「デリカシー」と同じ語源をもつ言葉に「デリケート」がある

「デリカシー」と同じ語源をもつ言葉に「デリケート」という言葉があります。 「デリケート」の意味も「繊細で感じやすいさま」「微妙で扱いが難しいさま」の2つの意味があります。 また、「敏感な」という意味で肌などの状態を表現する言葉としても使用されます。 「デリカシー」は「デリケート」の派生語で、日本語では「心配りなどの繊細さ」という意味でほぼ同じです。

例文 ・そんなデリケートな質問を女性に聞くべきじゃない ・体は大きいけれどこことはわりとデリケートなタイプで扱いには注意が必要。 ・非常にデリケートな素材を使用しておりますので、お取り扱いには充分お気をつけください

「デリカシー」の使い方と例文

デリカシーがない

「デリカシーがない」は、もっとも一般的な「デリカシー」を使用した表現であると言えるでしょう。 「デリカシーがない」とは、「デリカシー」という言葉に「ない」という否定の言葉をつけている表現なので、「繊細さや、気配りがない」という意味で使用されます。 例えば、人を不愉快な気持ちにさせてしまうような言葉を何の気なしに発してしまうような人を「デリカシーがない人」というように言い表します。

例文 ・顔は悪くなかったが、何かとデリカシーがないと感じる発言が多いのが残念である。 ・酔った勢いでデリカシーのない発言をしてしまったようで、反省をしている。 ・言い方次第では、デリカシーがないと思われてしまうので注意したいとことです。

デリカシーのかけらもない

「かけらもない」は、「ほんの少しもない」という意味で使用される言葉です。 つまり、「デリカシーのかけらもない」は、「相手を思いやる気持ちや配慮がまったくない」といった意味で使用される言葉です。 ひどく不愉快な気持ちになるような言葉を何の悪びれもなく、言われたいうような場面で「あの人はデリカシーのかけらもない!」などと言い表します。

例文 ・女性に体重を聞くなんてデリカシーかけらもないようなことやめましょう。 ・付き合ってみたらデリカシーのかけらもない男性だったので、速攻別れました。 ・デリカシーのかけらもない発言をしてしまったようで、彼女に振られてしまった。

デリカシーに欠ける

「欠る」という言葉は、「完全なものの一部が壊れる」「揃っているべきものの一部が欠落する」という意味があります。 つまり、「デリカシーに欠る」とは、「デリカシーが完全にない」というわけではなく、「配慮が行き届いていない」というよなニュアンスになります。 「欠る」という言葉を使用することで「デリカシーがない」という表現よりも、少々やんわりとした表現になります。

例文 ・○○様の先程の発言は、女性に対して少々デリカシーに欠ると感じます。 ・ある意味デリカシーに欠ると捉えられても仕方がないと覚悟してハッキリ伝えることにした。 ・先日の記者会見では、記者の質問がデリカシーに欠るのではないかと議論をよんだ。

デリカシーのない人の特徴

自分のことしか考えていない

「デリカシー」のない人のほとんどは、基本的に「自分のことしか考えていない」という特徴があります。 自分のことしか考えていないので、自分の発言で他人が「嫌な気持ちになる」ということまで気にすることができないのです。 自分のことが大好きで、他人に興味がないとも言えるでしょう。 世界は自分ひとりしか存在していなくて、失礼なことであっても自分が気になるから何の気なしに聞くし、自分が言いたいから発言をしているだけといった感覚です。

自分のことを素直だと思っている

例え自分の発言や行動で他人が不愉快にな気持ちになっていることに気がついたとしても、「素直に思ったことを言っただけ」であり、「自分は素直な性格だから」と開き直って自分は悪くないと思っていることが多いです。 デリカシーのなさを指摘されても「素直な性だからさ、思ったことがすぐ言葉に出ちゃうだけなんだよね」と開きなおるだけだったりします。 周りからの指摘や注意はまったく耳に入りません。

悪意があるわけではないので良いと思っている

「デリカシーのない人」は、上述したように「素直な性格だから」と開き直っているので、例え指摘されても「悪気はなかったわけだし・・・そう思ったんだから仕方無くない?」とまったく反省することがありません。 そもそも、きちんと反省できるようであればデリカシーのない発言をする前に「この発言は相手を深いにさせるかも」と気づくこができるはずなのです。 自分は良かれと思っていっただけ、親切で言っただけ、と思っていて周りの意見を聞くことなく行動にうつしたり発言をしてしまいがちです。

押し付けがましい

「デリカシーがない人」は、なぜが自分似自信があって、他人に自分の意見を押し付けてくる人が多いです。 自分の考えや、行動が正しいことだと思い込んでいるので、「こうしたほうがいいよ」「ああしたほうがいいよ」と物事を自分の価値観で決めがちで、あれこれ指図をすることも少くないので、周りから煙たがられているようなことがほとんどです。 しかし、「自分が一番」なので、例え周りの人に悪く言われていようが煙たがられていようが全く気づいていません

空気を読むことができない

そもそも「デリカシー」のない人は、空気が読めないのに自分の発言や行動で周りの人が不愉快な気持ちになっていることや、空気が悪くなっていることに気づくことができません。 例えば、小さいこどもは空気が読めないことがありますが、成長していくにつれて周りの人も気持ちも汲み取ることができるようになっていって、自然に空気が読めるようになりますよね。 しかし、そもそもデリカシーのない言動を繰り替えす人は、人から距離をとられがちなので人との関わり方がよくわかっていないという可能性もあります。

精神年齢が低い

「精神年齢が低い」といったことも、デリカシーのない発言や行動に繋がっている可能性があります。 つまり、小さい子が物事の良い悪いの判別がつかずに行動をしてしまうのと同じなのではないかということです。 成長していくにつれて精神年齢が高くなっていくと、嫌でも人の気持ちってわかっていくものだと思いますが、デリカシーのない人はそれが全くわからないので、精神年齢の低さを感じてしまうわけです。 また、精神年齢の低さから「他の人が言いにくいことでも平気で言える自分」として、自分自身を周りに誇示しているという可能性も考えられます。

大して仲がよくないのにベラベラと何でもしゃべる

デリカシーのない人は、大して仲が良くないのにベラベラと何でもしゃべってしまうといったことが多いです。 最近知り合ったばかりなのに、やらたと深い話をしてくるな・・・という人には注意が必要。 自分がプライベートなことでも何でも気にせず話せるからといって、他人も同じように何でも話せると思っているのではないでしょうか。 だからこそ、給料はいくら貰っているの?家賃はいくらなの?といったプライバシーに関わることでも平気でズケズケと質問しがちで、デリカシーがないなと思われてしまうことが多いということが考えられます。

容姿に関する発言を平気でする

「デリカシーがない人」は、容姿に関する発言を平気でします。 ・最近太った? ・ニキビやばくない?大丈夫? ・髪めっちゃ傷んでるね など、自分で気にしていることを他人からいちいち言われたた嫌な気持ちになりますよね。 それが「デリカシーのない人」にはわからないので、平気で口にしてしまうのです。 何でも言い合える家族のような仲ということもありますが、それでも口に出されて傷ついてしまったり不快な気持ちになってしまうことってあると思いますが、だいたいデリカシーのない人は、親密さに関係なく平気で口にしてしまうという傾向があります。

おならやゲップなど人前で平気でする

「デリカシーがない人」は、人を不快にさせる発言だけではなく、おならやゲップといった人を不快にさせる行動も平気でします。 家族でもない人に目の前で「おなら」や「ゲップ」で人が不快な気落ちになるということに全く気づいていないのです。 わりと女性よりも男性に多いパターンであるといえるでしょう。 生理現象なのだから仕方がない、我慢しろというわけではありませんが、ひと目のつかないところでするというような配慮は必要ですよね。

デリカシーのない男女への対応方法

聞き流す

「デリカシーがない人」は、自覚がないので「デリカシーがないところを治して!」と伝えたところ無駄だったりします。 いっそのこと、「デリカシーのない人なんだ」と受け入れて相手にせずに何を言われても聞き流すのがいいでしょう。 右耳から言葉を聞いて、左耳から長せばいいのです。 いつまでも言われた事を気にしたり、いちいち不機嫌な態度になって言い返すなどその場の空気を悪くしてしまうよりは、話半分に聞いて聞き流すほうが「大人な対応」と言えます。

反応しない

「デリカシーのない人」は、ただからかってその場を面白い空気にしたいという気持ちでわざとデリカシーのない発言をしているという可能性もあります。 「も〜やめてよ〜!」と冗談半分に言い返したり、ちょっとでも怒ったような素振りを見せることで、その「反応」を面白がってしまうのです。 人の容姿をバカにしたり、からかうことで笑いをとろうとする人っているんですよね。 本当に嫌な気持ちになって、やめてほしいと思うのであれば、過剰に反応しないことが一番です。 反応があるからこそエスカレートしていってしまう可能性があるので注意しましょう。

「今の傷ついたわ」と素直に伝える

友人関係であれば、デリカシーのない発言に対して「今の傷ついた」と素直に伝えてみてもいいでしょう。 友人だからこそ、「デリカシーがないよ」とやんわり教えてあげるのも相手の為にもなる可能性があります。 しかし、デリカシーがない人は悪気がない人がほとんどなので、言ったところでわかってもらえなかったり、開き直られてしまう可能性もあるのでデリカシーがない性格が治るとはかぎりません。 過度な期待はせずに伝えて、それでも治らなければもう諦めるしかないでしょう。

あまり言われたくないことを先に伝えておく

この人はデリカシーがないと感じる人物が近くにいた場合、先に言われたくないことを伝えておくといいかもしれません。 例えば、「目が一重なのは昔からコンプレックで、人から言われるのも嫌なんだよね」といったようにやんわり「そのことは言わないでね」というニュアンスで伝えておけば、ひとまず他の人の前でいじられるということは防げる可能性があります。 それでも言われてしまうようなことがあれば、「そのことはもう言わないで!」とハッキリ伝えてもいいでしょう。

必要以上に関わらない

デリカシーのない人と一緒にいて傷ついたり、嫌な気持ちになるくらいなら無理して関わる必要はありません。 必要以上に関わらないのが一番です。 例えば会社の人であれば、伝達事項や仕事に関する会話以外をすることをできるだけ控えましょう。 友人であれば、その人からの誘いに無理にのる必要はありませんし、飲み会にその人がいるなら参加しない、もしくはできるだけ遠くの席に座るなど、極力関わらないようにすることは可能なはずです。 とにかく距離をおいて自分を守ることを心がけるのが一番です。

デリカシーを身につける方法

相手の反応や表情をよく見るようにする

デリカシーのない発言や行動をしてしまうのは、相手の気持を考えられていないからです。 自分の発言したことに対して相手の反応や表情をよく見るというとを意識すれば、相手が嫌な気持ちになたときにすぐに気がつくことができます。 そうすることで、自然にどういった発言がデリカシーがないと思われるのか次第にわかってくすはずです。 人の顔色を伺いすぎて、言いたいことを言えなくなってしまうのもよくありませんが、コミュニケーションをとっていく上で、相手の気持ちを考えることは重要なことですよね。 独りよがりの会話では、上手くコミュニケーションがとれているとは言えません。 相手の気持ちを汲み取る努力をしていきましょう。

相手のいい部分を褒める

デリカシーのない発言というのは、だいたい人のが言われたくないと感じる欠点をいじるような内容や、容姿、年齢に関することだったりします。 いちいち人の欠点や気にしているような部分を話題にして、相手を嫌な気持ちにしてしまうくらいなら、相手のいい部分を褒めるようなコミュニケーションのとりかたをするほうが良いと思いませんか? 褒められて嫌な気分になる人はいませんよね。 極端な褒め方をして、相手に不審がられるのはよくないので、あくあでも自然に的確な内容で褒めことを心がけましょう。

謙虚でいることを心がける

自分本位な考えで「自分が言っていることは正しい」と思い込むのは、デリカシーのない発言ににつながってしまいます。 常に、謙虚で控えめな姿勢でいることを忘れないように心がけることで、デリカシーのない発言を予防することに繋がります。 「謙虚に」とは自分を偉いものだと思わずに、控えめに慎ましくいることです。 いつでも謙虚に、相手の気持ちを優先させることを心がけましょう。

気配り上手だなと思う人をお手本にする

自分の周りにいる「気配り上手」だと思う人や、周りから「よく気が利く」と評判がいい人をお手本にしましょう! 気配りができる人は人の気持ちを察することができる為、デリカシーのない発言をする可能性は低いと言えます。 従って、そういったお手本となる人を見つけることができれば、その人を見ているだけで、どういうときにどういったことをすれば人を喜ばせることができるのか、身につくはずです。 そうしていくうちに、次第に人の心情を察することができるようになるのでデリカシーを身につけることができるでしょう。

デリカシーのない人を反面教師にする

自分が見ていて「デリカシーがない」と感じる人は、逆に反面教師にしましょう。 デリカシーがない人を見ていると、「こういう人にはなりたくないな・・・」と思いますよね。 同じ用な発言や行動をしないように心がけるだけで、デリカシーのない発言や行動を避けることができます。 配ができて、周りから好かれている人は「お手本」に。 デリカシーがないなと感じる人のことは「反面教師」にしましょう。

積極的にコミュニケーションをとる

何より、デリカシーを身につけるには積極的にコミュニケーションをとっていくことが大切です。 実際に、人をコミュニケーションをとらないことには、人の気持を察する能力は身につきません。 上述したように、色々な人と積極的にコミュニケーションをとって、表情や反応を読み取る訓練をしていくことでデリカシーを身につけることができるでしょう。 人を不快な思いにさせない為には人と関わらないことが一番♪なんて思わないでくださいね。

デリカシーに関する書籍

『入社1年目ビジネスマナーの教科書』

挨拶の仕方、正しい敬語の使い方、名刺交換、電話の応対、メールの書き方など入社1年目からベテランまで、社会人として押さえるべき基本をわかりやすいイラストで徹底解説したビジネスマナーの“超"決定版!

この本の詳細を見る

『相手もよろこぶ 私もうれしい オトナ女子の気くばり帳』

マナー本では心の距離は縮まらない! 1000人以上の気くばり上手さんに聞き、信頼されて愛される本当の気くばりのコツ113をまとめた一冊です。

この本の詳細を見る

まとめ

「デリカシー」という言葉について理解していただけましたか? ✓「デリカシー」は「感受性の細やかさ」という意味がある ✓「デリカシー」は「珍味」という意味で使われることもある ✓「デリカシー」の類語は「気遣い」「配慮」など ✓「デリカシーがない」などの言い回しで使用される ・女性に体重や年齢を聞く ・他人の容姿を会話の会話のネタにする ・周りの空気を読むことができていない そんな人は「デリカシーがない」なんて思われているかもしれません! 気をつけましょう。

こちらの記事もチェック

「フィジカル」の意味と音楽とサッカーでの使い方、対義語「メンタル」との違い

eigobu.jp

「ラインナップ」の日本語での意味と使い方、類語、「ラインアップ」との違い

eigobu.jp

「ナイーブ」の意味は?類語、対義語、英語表現!ナーバス・デリケートとの違いも

eigobu.jp

「インスピレーション」の意味と使い方、語源、類語「直感/アイデア」との違い

eigobu.jp

「フィックス」の意味と使い方、業界用語での意味は?語源の英語は?

eigobu.jp

「オンスケ」の日本語での意味と使い方、反対語「ビハインド」とは?

eigobu.jp

モノローグ・エピローグ・プロローグ・ダイアローグの意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ギャップ(gap)」の意味と業界別の使い方、語源、類語・対義語、英語表現

eigobu.jp

「ロット」は何の単位?意味と使い方とは?FX用語でもある?

eigobu.jp

「キャパ(キャパシティ)」の意味と業界別の使い方、例文、類語、「キャパる」とは?

eigobu.jp

「タイト」の意味と業界別の使い方、類語・反対語、英語、漢字は?

eigobu.jp

「レギュレーション」の意味と業界別の使い方、類語「ルール」との違いは?

eigobu.jp

「ポテンシャル」の意味と使い方、ポテンシャルが高い人の特徴とは?英語は?

eigobu.jp

「シンパシー」の意味と使い方、「エンパシー・テレパシー」との違いは?

eigobu.jp

「バイアス」の意味とビジネス・IT・電気での使い方、種類、英語表現は?

eigobu.jp

「アンニュイ」の意味とファッションでの使い方、語源、類語・対義語、英語表現

eigobu.jp

「コンサバ」は死語?正しい意味とファッション・ビジネス・医療での使い方、対義語とは?

eigobu.jp

「ディスる」の意味は?何の略?類語・ディスる人の心理・英語も解説!

eigobu.jp

「コンセプト」と「テーマ」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ナンセンス」の意味と使い方、類語と対義語、「ノンセンス」との違いとは?

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「デリカシー」の日本語での意味は?類語、語源、デリカシーない人の特徴