1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. ビジネスや芸能界における「バーター」の正しい意味と使い方、英語表現も
ビジネスや芸能界における「バーター」の正しい意味と使い方、英語表現も

ビジネスや芸能界における「バーター」の正しい意味と使い方、英語表現も

芸能界でよく使われている「バーター」の語源を知っていますか?またビジネスで使われている「バーター」とは意味も語源も違うようです。今回は「バーター」の語源となった意味や英語表現、またビジネスと芸能界における「バーター」の使い方を紹介します!

「バーター」の意味

「バーター」は英語の「barter」が語源であり、本来「交換」「物々交換」といった意味を持ちます。 英語の詳しい説明は下記にてしています。 また、「名誉や地位を利益などに目がくらみ引き換えること、安く売り渡すこと」などといった意味も持ちます。 それらが転じ、日本では「バーター」を「金銭を介さない物々交換」といった意味で使うようになりました。

ビジネスにおける「バーター」の使い方

本来の意味が転じてビジネス用語では「交換条件」といった意味で使われるようになりました。 交換するのは物だけではなく、サービスや人材や仕事内容のこともあります。 「○○する代わりに○○してもらう」という意味で使われていた「Give and Take(ギブアンドテイク)」と同じニュアンスで使われています。 主にビジネスシーンでは「バーター取引」といって使われています。 「バーター取引」とは、現金を使用せずに商品やサービスなどを交換することで取引することです。 わかりやすく言うと、「我が社はおたくのその商品買うから、おたくは我が社のこの商品買ってよ」「おたくの車買うから、我が社の保険入ってよ」といった感じです。 また、2ヵ国間の輸出入の金額を一定期間内に均衡させて為替による差額決済を不要にした貿易方式を「バーター貿易」と言います。

ビジネスにおける「バーター」の例文

・「そのバーターでは折り合いません」 ・「ぜひ、我が社のこの商品とバーターしてください」 ・「バーター取引はA社にとって常識であるようだ」 ・「ポイントカードに溜まった点数と交換に商品を無償で受取ることは、バーター取引の一つの例と言える」

芸能界における「バーター」の使い方

芸能界における「バーター」は英語が語源のバーターではなく、業界用語として「束」を逆から読み「バーター」と言っているのだそうです。 「寿司」を「シースー」などと言うのと同じです。 意味は「抱き合わせ」と同じです。 芸能界の「バーター」とは事務所内で売れている芸能人とセットで売れていない芸能人も一緒に出演させてもらうことです。 テレビ局は、視聴率を取るために売れている芸能人を使いたいです。 その売れている芸能人の価値を利用して、同じ事務所の売れていない芸能人もテレビ出演をさせることを条件として売れていない芸能人の知名度を上げる手法です。 そういった2人の芸能人を1つとする=束にするといったニュアンスで、「束」から「バーター」となったようです。 「バーター」の出演方法は様々なようで、同じ番組に一緒に出演することもあれば同じテレビ局内で違う番組で使ってもらう場合もあるようです。 こういった、巧妙な取引はどこの世界にも必要となります。 また、野球の世界でも芸能界と同じ意味で使われるバーターがあるようです。 ドラフトの際に人気の選手を獲得した球団が、その人気選手と同じ高校出身の他の選手をドラフト指名するがあるそうです。 その人気選手ではない方の選手のことを「バーター」というようです。

・「あのアイドルは、バーター出演のようだ」 ・「バーターでもテレビ出演したおかげで、一気にフォロワー数が増えた」 ・「バーターであろうと、ドラマ出演が決まったのは嬉しい」

「バーター」の類語

ビジネスにおける「バーター」の類語

○物々交換 (意味:物品と物品を直接交換すること、無形のサービスについても使う) ○交換条件 (意味:物事を引き受けたり承知したりする代わりとして出す条件) ○取引 (意味:互いに自分の利益となる物品・金品・行為・情報などを交換すること、契約や合意のもと金品や事柄をやり取りすること) ○交渉 (意味:ある事柄を取り決めようと話し合うこと、かけあうこと) ○談判 (意味:ある事柄に関しその始末または取り決めについて話し合うこと)

芸能界における「バーター」の類語

○抱き合わせ (意味:良いものと悪いものを組み合わせること、売れ行きの良い品と悪い品とを組み合わせて販売すること) ○セット (意味:組み合わせで一揃いにすること) ○一括 (意味:ひとつにまとめること、ひとまとめにして扱うこと) ○売込 (意味:買う気を誘って相手に売りつけること、うまく宣伝して品物を売ること)

「バーター」の英語表現

ビジネスにおける「バーター」は、そもそも英語が語源です。 「barter」といいます。意味も同じで「物々交換」となります。 「barter」は、 ・物々交換(名詞) ・物々交換する(動詞) の両方の意味があります。 ちなみに、芸能界の「バーター」を意味する英語はありません。

She bartered her stamp collection for his comics.

彼女は自分の切手を彼の硬貨と物々交換した。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

就職先で英語が必要な方や海外への転職を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

ビジネス用語・ビジネスマナーなどに関するおすすめ書籍

超訳「カタカナ語」事典

俗に言う「意識高い系ワード」であるITやファイナンスに関するカタカナ英語の意味と使い方をまとめた一冊です。それぞれのカタカナ英語の類義語や関連語もしっかり紹介しているので、この一冊を読めばカタカナ英語が分からなくて恥をかくことはもうありません!

この本の詳細を見る

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

さいごに

「バーター」について理解できたでしょうか? ✔英語の「barter」が語源であり、本来「交換」「物々交換」といった意味 ✔ ビジネス用語では「交換条件」といった意味で使われる ✔芸能界の「バーター」は「束」を逆読みした業界用語で売れてる芸能人を使う際に売れていない芸能人をセットで使ってもらうこと マイナスなイメージのある「バーター」ですが、企業間の取引には欠かせないようですね。 社会人として、覚えておきたい言葉のひとつです!

この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. ビジネスや芸能界における「バーター」の正しい意味と使い方、英語表現も