1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「ノウハウ」とは何か?正しい意味と使い方は?
「ノウハウ」とは何か?正しい意味と使い方は?

「ノウハウ」とは何か?正しい意味と使い方は?

「ノウハウ」は誰しもが聞いたことのある言葉だと思います。一般的な使われ方とビジネスにおける「ノウハウ」の使われ方は厳密には違うため、そころのところを詳しく解説していきたいと思います。

「ノウハウ」の語源と一般的な意味

「ノウハウ」の語源は英語「know-how」です。 「know」は「知っている」、「how」は「やり方、方法」という意味です。 この英語の意味から連想できるように「ノウハウ」の一般的な意味は「物事の方法や手順に関する知識」となります。 ちなみに英語では「know-how」以外にも、 ・「how-what」=「何をしているのか自分で理解している」の意 ・「how-why」=「物事の理由を理解している」の意 ・「how-who」=「誰がどのような人物なのか理解している」の意 これらをカタカナで「ノウワット」「ノウホワイ」「ノウフー」と表記することもありますが、日本では「ノウハウ」ほど浸透していません。今後日本でもビジネス用語として受け入れられていくかもしれません。 ビジネスシーンで英語が必須な方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対におすすめ英会話教室を紹介!

eigobu.jp

「ノウハウ」のビジネスにおける意味

ビジネスで使う「ノウハウ」の意味

ビジネスシーンにおいても「ノウハウ」は上記で紹介した一般的な意味とほぼ同じ意味で使われます。しかしビジネスにおける「ノウハウ」は単なる知識とは異なります。 ビジネスにおける「ノウハウ」は、ビジネスに関連する行為や作業に関する具体的な技術的な知識を指します。 「ノウハウ」は「手続き的知識」とも言われ、何らかの作業に直接適応可能な具体的な知識や技術のことを指します。抽象的な思想、考え方、心構えなどは基本的にノウハウではありません。 「ノウハウ」は暗黙知であり、話を聞いたり書物を読んだりしただけでは伝承することができないものを指します。 ビジネスに関するする行為や作業には、製造、マーケティング、営業、ウェブ開発、採用、経営戦略、M&Aなど様々で、業界や企業によっても大きく異なります。これらの行為に直接適当できる知識や技術ならば、どれもノウハウと言うことが可能です。

「ノウハウ」のもう1つの意味

ビジネスにおける「ノウハウ」は手続き的知識全般を指すのが一般的ですが、より狭義に知的財産の1つとする場合もあります。(企業などで日常的にこの意味で使うことは稀だと思います) 知識財産権とは簡単に言うと、発明や技術、知識などを他者から保護する権利のことです。 国際商業会議(ICC)の定義によると、

ノウハウとは単独で又は結合して、工業目的に役立つある種の技術を完成し、またそれを実際に応用するのに必要な秘密の技術的知識と経験、またそれらの集積

www.iccjapan.org

となっています。 このように狭義には「ノウハウ」には「秘密」というニュアンスがあり、特許により守られた技術的知識のことを指します。

「ノウハウ」の使い方と例文

一般的な「ノウハウ」という意味で使われている例文をいくつか紹介したいと思います。

・営業のノウハウを部下に教える。 ・対人コミュニケーションに関するノウハウ本が最近よく出版されている。 ・個人ブロガーはウェブサイト運用のノウハウを有料で公開した。 ・弊社の製造開発のノウハウは取締役のみが把握している。

「ノウハウ」と「ナレッジ」の違い

「ノウハウ」と似ている単語に「ナレッジ」があります。確かに似ていますが、厳密には意味が違います。 「ノウハウ」と「ナレッジ」の意味と使い方の違いについて見ていきます。 「ノウハウ」は「何らかの作業をする方法や手順を知っていること」を意味しましたよね。一方は「ナレッジ」は経営にとって有益で体系的な情報全般を指します。よって、「ナレッジ」という言葉は「ノウハウ」を内包します。「ナレッジ」の中に「ノウハウ」は含まれますが、「ノウハウ」があるからと言って「ナレッジ」があることにはなりません。 「ナレッジ」に関しては下記の記事で詳しく書いたので、よかったら参考にしてみてください。

「ナレッジ」ってよく聞くけど正しい意味は?ビジネスでの使い方は?

eigobu.jp

まとめ

✔「ノウハウ」の一般的な意味は「方法や手順に関する知識」を指す ✔「ノウハウ」のビジネスにおける意味は「マーケティングや製造、ウェブ開発などに関する具体的な技術的知識」を指す ✔「ノウハウ」には知識財産権の1つとする定義も存在する ✔「ナレッジ」は「ノウハウ」を内包する

おすすめの記事

「パラサイト・シングル」の「パラサイト」の意味と使い方

eigobu.jp

「フラストレーション」と「ストレス」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ニアミス」の意味、使い方、「ニアミスSIDS」、「ニアピン」との違い、英語

eigobu.jp

「ネイティブ」の意味と使い方、類語、反対語、英語表現

eigobu.jp

「アウトロー」の意味は?類語や英語表現も紹介!野球における「アウトロー」って?

eigobu.jp

「マンスリー」の意味と様々な使い方、「ウィークリー」との違い

eigobu.jp

「ラフ(rough)」の意味と使い方、ファッション、デザインにおける「ラフ」とは?

eigobu.jp

「ウィンウィン」の意味や使い方!日本語で何?類語、反対語、英語も紹介

eigobu.jp

「ストイック」の意味と使い方、類語、「ストイックな性格」の特徴

eigobu.jp

「コンフリクト」の意味と業界別の使い方、類語、英語表現

eigobu.jp

「モットー」の語源と意味は?面接などで使える例文を紹介!類語、英語表現も

eigobu.jp

「リスペクト」の正しい意味と使い方、類語はオマージュ?英語表現も

eigobu.jp

「ドラスティック」の意味は?類語「ドラマティック」との違い、英語表現

eigobu.jp

「アドバンテージ」の意味、ビジネスやスポーツでの使い方、類語、対義語、英語表現も紹介

eigobu.jp

「プロセス」の意味は?類語や英語も紹介!プロセスチーズやプロセスレコードも解説

eigobu.jp

「イシュー」の意味は課題?類語、英語、「タスク」との違いも

eigobu.jp

「アテンド」の意味は?ビジネスやイベントでは「案内」?類語や英語も紹介

eigobu.jp

「ランニングコスト」と「イニシャルコスト」の違いと使い分け、英語表現も紹介

eigobu.jp

「オブザーバー」の意味は?ビジネスやゴルフでの使い方!アドバイザーとの違いも紹介

eigobu.jp

「プロパー」の意味と使い方、プロパー社員やプロパー融資とは?英語も紹介

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「ノウハウ」とは何か?正しい意味と使い方は?