1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「ナレッジ」ってよく聞くけど正しい意味は?ビジネスでの使い方は?
「ナレッジ」ってよく聞くけど正しい意味は?ビジネスでの使い方は?

「ナレッジ」ってよく聞くけど正しい意味は?ビジネスでの使い方は?

ビジネスシーンで「ナレッジ」という言葉がよく使われますが、正しい意味と使い方を理解していますか?「knowledge」のカタカナ表記だと覚えてしまうとビジネス用語としての「ナレッジ」を誤用してしまうかもしれません。今回はビジネス用語「ナレッジ」の意味と使い方を徹底解説します。

「ナレッジ」の意味

「ナレッジ」の一般的な意味

「ナレッジ」は英語の「knowledge」をカタカナ表記したものです。 「knowledge」は「知っている」という意味の動詞「know」が語源です。 「knowledge」の意味は「知識」になります。 よって「ナレッジ」の一般的な意味も「知識」となります。 ビジネスシーンで英語が必須な方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対におすすめ英会話教室を紹介!

eigobu.jp

ビジネスシーンにおける「ナレッジ」の意味

しかしビジネスシーンで使われる「ナレッジ」という言葉の意味は少し異なります。 ビジネスシーンにおける「ナレッジ」の意味は、「企業などの組織で蓄積できる知識・経験・事例など付加価値のある体系的な情報」を指します。 例えば、今までのクレーム対応での経験を活用し、今後迅速に対応できるようにテンプレートなどにまとめたら、これはまさに「ナレッジ」です。 このようにビジネスシーンにおける「ナレッジ」は単なる知識ではなく、経営にとって有益となる情報を指します。

「ナレッジ」の使い方と例文

ビジネスシーンにおける「ナレッジ」を使った例文を紹介します。

・営業部も個別でナレッジを蓄積していくべきだ。 ・ナレッジは活用しなくては意味がない。 ・大量のデータの中から価値のある情報を抽出しナレッジ管理をする必要がある。

「ナレッジマネージメント」とは?

「ナレッジマネージメント」は、「企業内の個人が持っている経営にとって有益な情報を社内で共有し誰でも必要な時に活用できるように管理すること」を指します。 この情報時代、情報ほど価値のあるものはありません。この時代に経営を円滑に進めるためにナレッジマネージメントは必須と考えられています。 この「ナレッジマネージメント」を実施するために必要な特殊なデータベースのことを「ナレッジベース」と言います。「知識ベース」と言う場合もあります。 また企業だけではなく、ナレッジを共有し活用し合う共同体のことを「ナレッジコミュニティ」と言います。

「ナレッジ」と「ノウハウ」の違いは?

「ノウハウ」は手続き的知識とも言われ、「何らかの作業をする方法や手順を知っていること」を意味します。 一方は「ナレッジ」は経営にとって有益で体系的な情報です。 よって、「ナレッジ」という言葉は「ノウハウ」を内包します。「ナレッジ」の中に「ノウハウ」は含まれますが、「ノウハウ」があるからと言って「ナレッジ」があることにはなりません。

「ナレッジ」は意識高い系ワード?

「ナレッジ」は俗に言う「意識高い系ワード」の1つとされています。 ここで言う「意識高い系ワード」とは、英語の単語をカタカナ用語としてビジネスの場で使われている単語です。日本語でそのまま伝えれば良いものをわざわざ英語を用いて使用するので、使用している人は「意識高い系」と揶揄されます。 なので、「ナレッジ」は多用すると、職場などによっては浮く可能性があるので注意しましょう。IT企業なのでは普通に使う言葉なので心配無用だと思います。 その他にも意識高い系ワードはたくさんあるので、その一部紹介しておきます。

・アグリー (agree):同意する、支持する ・アウトソーシング(outsourcing):外注、外部委託 ・アサイン(assign):割り当てる、任命する ・アジェンダ(agenda):計画、議題 ・アライアンス(alliance):提携、同盟 ・ウィンウィン(win-win):双方に利益となること ・コストパフォマンス(cost performance):費用対効果 ・コミットメント(commitment):委託、委任 ・コンバージョン(conversion):ウェブサイト上で獲得できる最終的な成果 ・リスケ (reschedule):日程変更、予定延期

ビジネス用語・ビジネスマナーなどに関するおすすめ書籍

超訳「カタカナ語」事典

俗に言う「意識高い系ワード」であるITやファイナンスに関するカタカナ英語の意味と使い方をまとめた一冊です。それぞれのカタカナ英語の類義語や関連語もしっかり紹介しているので、この一冊を読めばカタカナ英語が分からなくて恥をかくことはもうありません!

この本の詳細を見る

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

まとめ

✔「ナレッジ」の一般的な意味は「知識」 ✔「ナレッジ」のビジネス用語としての意味は「経営にとって有益で体系的な情報」 ✔「ノウハウ」だけでは「ナレッジ」にならない ✔「ナレッジ」は職場によっては「意識高い系ワード」。多用には注意

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「ナレッジ」ってよく聞くけど正しい意味は?ビジネスでの使い方は?