1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 今さら聞けない「インバウンド」の意味と正しい使い方とは?
今さら聞けない「インバウンド」の意味と正しい使い方とは?

今さら聞けない「インバウンド」の意味と正しい使い方とは?

「インバウンド」という表現を最近耳にする機会が増えたと思いますが、正しい意味と使い方理解していますか?「インバウンド」は外国人が日本に訪問する旅行のことを指して使うことが多いですが、ビジネスシーンではそれ以外の意味や使い方もあるので、解説していきます。

「インバウンド」の語源・意味・対義語

「インバウンド」の語源・原義

日本語の「インバウンド」は、英語の「inbound」が由来しています。 「inbound」は「in」と「bound」という単語の組み合わせで成り立っています。 「bound」とは、飛行機や電車などの交通機関の「〜行きの」という意味になります。 それが、「内へ」という意味の接頭語「in」に付随して「本国行きの」という意味になりました。 「本国行きの」という意味から派生して、「内向きの」というニュアンスで様々な分野で使われている言葉です。(使い方に関しては詳しく後述します) 職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きてみました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

Article 16 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

「インバウンド」の一般的な意味

「インバウンド」は主に旅行・観光分野のキーワードとして近年よくニュースや新聞、ネットなどで見聞きするようになりました。 日本語の「インバウンド」は一般的には、「外国人が日本を訪れる旅行」のことを指しています。日本語では「訪日外国人旅行」「訪日旅行」と言うこともできます。 「本国行きの」という意味の「inbound」と「旅行・観光」を意味する「touring(ツーイング)」で「インバウンド・ツーイング」という言葉が元々上記の意味でしたが、それが省略され「インバウンド」単体でも同じ意味で使われるようになりました。

「インバウンド」の対義語

「インバウンド」の対義語は「アウトバウンド」になります。 語源である英語の「outbound」は「inbound」と同じく「外国行きの」が基本義ですが、日本語の「アウトバウンド」は、「日本人の海外旅行」のことを指しています。

「インバウンド」の使い方

ここからは「インバウンド」という言葉の使い方に関して見ていきます。 日本語の「インバウンド」という言葉は、旅行・観光分野で使われるのが一般的ですが、「内向きの」というニュアンスで他の分野のビジネスシーンでも使われている言葉です。 どのような領域でどのような使われ方をしているのか、詳しく見ていきましょう。

観光分野における「インバウンド」

「インバウンド」という言葉が、観光分野で最もよく使用されていることは先程もお話しました。 観光分野の「インバウンド」という言葉は、他の単語と組み合わせて使われることがよくあります。

観光分野の「インバウンド」関連の言葉 ・インバウンド観光 ・インバウンド商品 ・インバウンド対策 ・インバウンド客 ・インバウンド不倫 ・インバウンド消費 ・インバウンド需要 ・インバウンド事業(インバウンドビジネス) ・インバウンド市場 ・インバウンド関連株

ほとんど見るだけで意味が分かりますよね。 その中でも最近メディアなどで取り上げられていて、面白い言葉は「インバウンド不倫」です笑 「インバウンド不倫」とは、日本人が訪日している外国人と不倫をすることを指します。 インバウンド観光客が増えている近年、不倫相手として訪日外国人を選ぶのが最もローリスクということで人気が集まっているようです。

一般企業における「インバウンド」

一般企業でも「インバウンド」という言葉が使われます。 「インバウンド」と「アウトバウンド」は対比して使うことが多く、 ・インバウンド ==> 顧客が自発的に企業に接触してくること ・アウトバウンド ==> 企業が能動的に顧客に接触していくこと を指します。 「インバウンド」の具体例は、 ・顧客の企業への来訪 ・顧客からの電話やメールなどの企業に対する問い合わせ ・ユーザーが企業が運営するウェブサイトへの訪問すること ・ユーザーが企業が運営するSNSアカウントへコメント、シェアなどをすること などを指します。 「インバウンド」という言葉は、 ・インバウンド業務 ・インバウンド対応 ・インバウンドマーケティング などという表現で企業では使われています。 「インバウンドマーケティング」とは、上記の具体例で紹介したことが実際に発生するように、実践する施策のことを指します。顧客自らが電話してくれるように、ユーザーが気になる魅力的なコンテンツをウェブで公開したり、インスタ映えする商品を販売したりする行為はすべて「インバウンドマーケティング」に当たります。 一方「アウトバウンド」の具体例は、 ・企業がテレビCMを打つ ・企業がグーグルの広告の出稿する ・企業がチラシを投函する ・企業がポスターを貼る ・企業が顧客開拓のための営業する など 近年は、「アウトバウンドマーケティング」に不快感を覚える人が多く、企業も「インバウンドマーケティング」に注力しています。顧客が自発的に企業とコミュニケーションを取りたい状態を作り、お互いの信頼関係を構築していく企業努力がこれからもより大切になっていきます。

コンピューター領域の「インバウンド」

コンピューターやネットワークなどの世界でも「インバウンド」という言葉が使われます。 ・インバウンド通信 ・インバウンドトラフィック ・インバウンドデータ など これらの「インバウンド」もすべて「外から中へ」という意味で使われています。 外部から受信する類のものをすべて「インバウンド」と言っています。

「インバウンド」の例文

◯観光分野の「インバウンド」の例文 ・東京オリンピックに向けて、観光地のお店はインバウンド対策が必須だ。 ・中国人のインバウンド消費が今後の日本の経済を左右するだろう。 ・インバウンド関連の株価の向上が著しい。 ◯一般企業の「インバウンド」の例文 ・インバウンド業務は、アルバイトさんに一任しよう。 ・インバウンドマーケティングの拡充によって、コスト削減を目指そう。 ・AIを活用して、インバウンド業務を自動化した。

「インバウンド」の英語

「インバウンド」の語源は、英語の「inbound」です。 英語の「inbound」も日本語「インバウンド」と同じく、「外から中へ」というニュアンスを持ちます。 ・inbound train(外から内にくる電車) ・inbound traffic(外から内への交通量) ・inbound call(社内への電話) ・inbound investment(海外から国内への投資) などの言い回しで使います。 例文を見てみましょう。

The company receives about 10 inbound calls every day.

その会社は毎日10回ほど社内へ電話がかかってくる。

There has been an increase in inbound traffic leaving China for Japan.

中国を飛び出し日本国内への旅行者が増加している。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

さいごに

「インバウンド」の意味と使い方、ご理解頂けたでしょうか?? 「インバウンド」の意味と使い方をまとめたいと思います。 ✔「インバウンド」は一般的には「外国人が日本を訪れる旅行」を指す ✔「インバウンド」は企業では「顧客による自発的な企業に対する接触」を意味する

ビジネス用語・ビジネスマナーなどに関するおすすめ書籍

超訳「カタカナ語」事典

俗に言う「意識高い系ワード」であるITやファイナンスに関するカタカナ英語の意味と使い方をまとめた一冊です。それぞれのカタカナ英語の類義語や関連語もしっかり紹介しているので、この一冊を読めばカタカナ英語が分からなくて恥をかくことはもうありません!

この本の詳細を見る

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 今さら聞けない「インバウンド」の意味と正しい使い方とは?