1. TOP
  2. ニュアンスの違い
  3. 【徹底分析】「My pleasure」と「The pleasure is mine」の意味の違いと使い分け
【徹底分析】「My pleasure」と「The pleasure is mine」の意味の違いと使い分け

【徹底分析】「My pleasure」と「The pleasure is mine」の意味の違いと使い分け

「My pleasure.」と「The pleasure is all mine.」は辞書では同じ意味となっていますが、実際にはニュアンスが違います。「Thank you.」に対する返事か、「Nice to meet you.」に対する返事なのか、で使い分けが必要です。詳しくみていきましょう。

「My pleasure.」の意味と使い方

「ありがとう」に対して「どういたしまして」

相手が感謝している場合は、「My pleasure」と返事をして、「どういたしまして。」という意味になります。「You're welcome.」「No problem.」「Not at all.」「Don't mention it.」などと同義です。 「My pleasure.」は、「It is my pleasure.」を略したものです。 「It is my pleasure.」の「it」は、「自分がした事」を指します。「pleasure」は「喜び」という名詞ですから、直訳すると「自分がした事は私の喜びです。」という意味になります。 相手は「ありがとう」と言ってる対象は、もちろんこの「自分がしたこと」ですね。

"Thank you for saying that." - "It's my pleasure."

「それを言ってくれてありがとう。」- 「どういたしまして。」

上の例文では、「it」は「saying that」を示します。「It's my pleasure.」の意味は、「私がそれを言ったことにあなたは感謝しているけれども、それは私の喜びなんだ」という意味です。 ですから、「my pleasure」「it's my pleasure」というのは、とても謙虚に「どういたしまして」と言ってることになります。

「はじめまして」に対しては使わない方がいい!

「Nice to meet you.」に対して「My pleasure.」と返事をするのは不自然です。 なぜなら、直訳すると、「自分があなたに会ったことは、わたしの喜びだ」という意味になり、「自分があなたに会ったこと」というのが、「自分はあなたに会ってあげた」というニュアンスになり、偉そうなニュアンスになってしまうからです。 「my pleasure」を「どういたしまして」と覚えてしまえば、「はじめまして」に対して「どういたしまして」と答えている日本人がいたら変だと認識できるはずです。

ただし例外あり!

「nice to meet you」「nice to see you」など一般的な「はじめまして」に対して、「my pleasure」は使用を避けるべきですが、「It is a pleasure to meet you.」の返事として、「My pleasure.」と返すことはあります。この場合は、「こちらこそ」という意味になります。 Aさん:「It is a pleasure to meet you.」 Bさん:「My pleasure.」 とした場合、 Bさんは、Aさんが会うと「pleasure」を感じるほど、偉い人と予想できます。偉い人かすごい人でなければ、「nice to meet you」でいいわけです。Bさんは偉い人なので、「会ってあげた」というニュアンスを含む「it is my pleasure」を使っても不自然ではないわけです。 自分がそんなに偉くないのに、相手が謙遜で「It is a pleasure to see you.」と言ってきても、「My pleasure.」と答えない方がいいでしょう。 では、その場合どのように答えるのが謙虚な言い方なのでしょうか?? 「The pleasure is mine」の登場です。

「The pleasure is mine.」の意味と使い方

「はじめまして」に最適な返事

「The pleasure is mine.」は「はじめまして」に対して、「こちらこそ」という意味になります。 「The pleasure is mine」「The pleasure is all mine」は直訳すると、「その喜びはわたしのものです」となります。 「the pleaure」は「the」がついているので、話し手と聞き手の「共通の」喜びを指していて、それは「お互いが会ったこと」に対する「共通の喜び」ということになります。 「nice to meet you」の直訳は「会えて嬉しいです」で、それに対して「The pleasure is mine.」は「その喜び」は「共通」なもので、それは私のものだ、と言ってるわけです。私のものだ、ということは、その喜びを感じているのはこちらなんだ、ということを強調しているわけです。 つまり、とても謙虚に「こちらこそ会えて嬉しい」と言ってることになります。

「ありがとう」に対して使うのはどうか?

「Thank you.」に対して、「The pleasure is mine.」と答えるのはどうでしょうか? 完全におかしいとは言えませんが、「My pleasure.」が自然です。 Bさんがしたことに対して感謝し歓喜を感じているAさんに、Bさんが「その喜びはわたしのものです」というのはなんだか不自然だと思いませんか? なぜなら、「その喜び」はBさんがAさんに対してしたことなのですから、その喜び自体はAさんのものです。 ですから、「It is my pleasure.」というわけです。主語の「it」は、BさんがAさんにしたことが、Bさんにとって喜びであるわけで、Aさんが感じている喜び自体はAさんのものです。

こちらも例外あり

しかしながら、「thank you」に対して、「the pleasure is mine」と言う場合もチラホラあります。ここのネイティブもそこまで意識しないで使ってるようです。 が、「thank you」に対しては、「my pleasure」を使うのがベストです。

まとめ

ちょっと複雑なので、最後にまとめます。 「It is my pleasure.」の「it」は自分がしたことを指し、謙虚に「どういたしまして」と言っている。 「The pleasure is mine.」は共通の歓喜に対して、それは私のものだ、と謙虚に「こちらこそ」と言ってる。 いかがだったでしょうか?少し複雑でしたが、使い方を覚えてしまえば簡単にマスターできると思います!ぜひ使ってみてください。

本気で英語学習をしたい方へ

おすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

TOEIC320点の英語素人が、NHKラジオのネイティブ講師に「誰でも英語が話せる方法」を聞く、という企画本です。「a」と「the」で悩んだらどう言うべきか?プライベートでもビジネスシーンでも使える挨拶とは?など具体的な悩みを解決してくれる一冊です。

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい使い方や文法が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を学ぶには?

ビジネス英語を学びたい人へおすすめの英会話教室・オンライン英会話をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

こちらの記事もチェック

エロいスラング英語「naughty」の意味と使い方!You're being naughty.はどんな意味?

eigobu.jp

【完全版】「as long as」と「as far as」の違いと使い分け - 二度と間違えないようにわかりやすく解説します!

eigobu.jp

「between」と「among」の違いと使い分け。

eigobu.jp

「barely」の意味と使い方とイディオム - 「hardly」との違いも説明

eigobu.jp

「Here you are.」「Here you go.」「Here it is.」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「tummy」の意味の使い方!「stomach」「belly」との違いも解説

eigobu.jp

「スマート(細身)」の意味はない英語「smart」の本当の意味と正しい使い方

eigobu.jp

「ナイスガイ」という意味ではない英語「nice guy」の本当の意味

eigobu.jp

「right away」と「right now」の使い方の違いとは?

eigobu.jp

「cloth」「clothe」「clothes」「clothing」 の違いと使い分け

eigobu.jp

「borrow」と「lend」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

助言を意味する「better」「better off」「had better」の使い分け

eigobu.jp

「I got it.」と「You got it.」の違いと使い分け

eigobu.jp

「learn」と「study」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. ニュアンスの違い
  3. 【徹底分析】「My pleasure」と「The pleasure is mine」の意味の違いと使い分け