1. TOP
  2. ニュアンスの違い
  3. 【完全版】「as long as」と「as far as」の違いと使い分け - 二度と間違えないようにわかりやすく解説します!
【完全版】「as long as」と「as far as」の違いと使い分け -  二度と間違えないようにわかりやすく解説します!

【完全版】「as long as」と「as far as」の違いと使い分け - 二度と間違えないようにわかりやすく解説します!

「as long as」「as far as」はどちらも「...する限り」と同じく訳す接続詞ですが、意味に大きな違いがあります。しっかりと意味を解釈し、和訳を工夫すると簡単に差異を理解でると思います!音声付き例文とともにわかりやすく解説していきます。

「as long as」の接続詞としての意味と使い方

接続詞的に使用する「as long as」には2つの意味があります。 ①「〜する間は(時間の限度)」「〜さえすれば(条件)」 です。 「接続詞」は2つの文章を繋げる役割を果たします。英語には接続詞が40個以上も存在します。「and」「after」「beacause」「so」「until」などがあります。 「接続詞」の語順は、「主語+動詞+接続詞+主語+動詞」となります。 「as long as」の3つの語から成り立っているので厳密には接続詞と言わないのですが、「as long as」で1つの役割を果たしているので、ここでは接続詞と解釈します。

時間の限度

接続詞「as long as」1つ目の意味は、「時間の限度」です。 「〜だけずっと」「〜する間は」と訳すと分かりやすいと思います。 「while」と同義と覚えてしまいましょう! クドく言い換えると「during the whole time that...」となります。 音声付き例文をみていきましょう。

You can stay in my house as long as you want.

好きなだけ我が家に居ていいですよ。

As long as he is here, I'm too nervous to eat anything.

彼がここにいる間は、緊張して何も喉を通らない。

上記例文は、「while」を使って下記のように言い換えることができます。意味も変わりません。

While he is here, I'm too nervous to eat anything.

「時間の限度」と聞くとあまりピンっときませんよね。 「限度」とは、「それ以上は耐えられない境目」という意味ですから、 上の例でいえば、「緊張して何も食べられない」という状態の「時間の境目」は「彼がいる」間だよ、という意味になります。 つまり、彼がどこかへ行ってしまえば、緊張が和らいで何か食べれるということです。

条件

接続詞「as long as」の意味2つ目は、「条件」です。こちらも一般的には、「...する限り」と訳されますが、「...さえすれば」と訳すと解釈しやすいと思います。 「only if」「provided」と同じ意味になります!

You can have a dog as long as you promise to take care of it.

世話を見ると約束さえすれば、犬を飼ってもいいよ。

I am happy as long as my family is happy.

家族が幸せならば、わたしは幸せだ。

上記例文は下記のようにいっても同じ意味になります。

I am happy only if my family is happy.

「自分の家族が幸せである」ことが、「わたしが幸せである」ための「(唯一の)条件」であるということです。 「他人が不幸であっても、自分の家族が幸せならば、私も幸せだ」というニュアンスがあります。

「as far as」の接続詞としての意味と使い方

程度・範囲の限度

接続詞「as far as」の意味は、「程度・範囲の限度」で、「...する限り」と訳されます。 「程度・範囲」って何の範囲だよ!という感じですが、 「考え、記憶、知識、意見、視野」に限定して使われることがほとんどです。 和訳ですが、「as far as」に関しては、「...する限り」と訳すのが一番わかりやすいと思います。「as long as」では和訳を工夫しましたから、違いが明確になったと思います。

As far as I'm concerned, you should not keep in touch with her anymore.

わたしの意見としては、もう彼女と連絡を取り合わない方がいい。

「As far as I'm concerned,」「わたしに関する限りでは」「(他人は知らないが)わたしとしては」を意味する慣用表現なので覚えておきましょう。 下記なども頻出の表現ですから、覚えてしまうと便利です。

・「as far as I know」:「私の知ってる限りでは」 ・「as far as I (can) see」:「私のわかる限りでは」 ・「as far as I (can) tell」:「私のわかる限りでは」 ・「as far as I (can) remember」:「私の覚えている限りでは」 ・「as far as the eye can see 」:「見渡せる限りでは」 ・「as far as the eye can reach」:「目が行き届く限りでは」

As far as I remember, his name is Steven.

わたしの覚えてる限りでは、彼の名前はスティーブンだ。

「as long as」「as far as」は前置詞的にも使う

「as long as」「as far as」ですが、共に「前置詞」として使うこともあるので、紹介しておきます。 前置詞は、接続詞とは違い、後に文章は続きません。前置詞の後には名詞(動名詞)が続きます。

「as long as」の前置詞的用法:「...もの長い間」

前置詞「as long as」は、「...もの長い間」という意味です。前置詞ですから、直後に名詞もしくは動名詞がきます。 前置詞「as long as」をこの意味で使うことは珍しく、前置詞「for」を使うのが普通です。 前置詞用法の「as long as」を「for」と一緒に使うことも多いです。(前置詞が2回連続で続くのは本来文法的に不自然なので、その場合は「as long as」は1つの形容詞と解釈すると自然かもしれません)

I've been waiting for my dad to come home for as long as five years.

わたしは父が家に帰ってくるのを、5年もの長い間待ち続けた。

「as far as」の前置詞的用法:「...まで」

前置詞「as far as」の意味は、「...まで」という意味になります。 この意味の「as far as」は「to」「until」「till」などに置き換えることができます。

Go straight on this street as far as McDonald's and then make a right turn.

マクドナルドまで真っ直ぐ行って、そのあと右折です。

「go as far as to...」で「...までもしてしまう」「ついに...にまで手を出す」という意味のイディオムです。 この「to」は不定詞で、後に動詞の原型が続きます。

He has gone as far as to commit a crime.

彼は罪を犯すまでになってしまった。

「as long as」「as far as」は同等比較としても使う

「as 〜 as」は比較級(同等)の意味でも使いますよね。(「〜」の部分には形容詞・副詞が入ります) もちろん「as long as」「as far as」も例外ではありません。 A is as long as B:AはBと同じ長さだ A is as far as B:AはBと同じ距離だ となります。

My hair is as long as hers.

私の髪は彼女と同じくらいの長さだ。

From Tokyo, Okinawa is as far as Shanghai.

東京からだと、沖縄は上海と同じくらい距離がある。

最初の「as」を「so」に変換することも

「as long as」「as far as」は「so long as」「so far as」となる場合があります。必ずしも常に「so」に置き換えて正しいわけではありませんので注意してください。基本的には「as」を使ってるのが無難だと個人的に思います。 最初の「as」の「so」への変換は ・接続詞「as long as」:「条件」の意味の場合のみ可能 ・前置詞「as long as」:不可※ ・接続詞「as far as」:可能 ・前置詞「as far as」:否定文の場合のみ可能 ※「so long」を名詞として捉え、「It took so long as five years」という表現がないわけでもないです。この辺はかなり微妙なところです...

英語学習に興味のある方へ

おすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい使い方や文法が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ビジネス英語を学びたい方へ

ビジネス英語を本気で学びたい人におすすめな英会話教室に関しては別の記事でまとめましたので(オンライン英会話、英語学習アプリも紹介してます)、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

こちらの記事もチェック

スラング「bitch」の意味と使い方【完全版】

eigobu.jp

エロいスラング英語「naughty」の意味と使い方!You're being naughty.はどんな意味?

eigobu.jp

スラング「fire」「on fire」の意味と使い方【完全版】

eigobu.jp

スラング「rock」の意味と使い方《完全版》

eigobu.jp

「通り過ぎる」を意味する「pass」と「past」の違いと使い分け

eigobu.jp

「How do you think」は誤用?「What do you think」との違いは?

eigobu.jp

【徹底分析】「My pleasure」と「The pleasure is mine」の意味と違いと使い分け

eigobu.jp

「get up」の意味と使い方 - 「wake up」「getup」との違いも説明

eigobu.jp

「so soon!」「too soon!」の意味と使い方

eigobu.jp

「霧」の英語「fog」「mist」「haze」の意味の違い

eigobu.jp

「dear」と「deer」の意味の違いと使い分けとは?

eigobu.jp

「photo」と「picture」の違いと使い分けとは?

eigobu.jp

「運命」の英語「fate」と「destiny」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「sick」と「ill」の正しい使い分けは?米英で意味が異なるので注意!

eigobu.jp

《完全版》「fewer」と「less」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「homework」と「assignment」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

some time/sometime/sometimes/someday/one day の違いと使い分け

eigobu.jp

「sort of」と「kind of」の違いは?

eigobu.jp

「meet up」の意味と使い方!「meet」との違い

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. ニュアンスの違い
  3. 【完全版】「as long as」と「as far as」の違いと使い分け - 二度と間違えないようにわかりやすく解説します!