1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「お忙しい中」の意味と読み方、使い方、類語、英語を例文つきで解説

「お忙しい中」の意味と読み方、使い方、類語、英語を例文つきで解説

「お忙しい中」は、相手を気遣う言葉としてビジネスシーンでもよく使用される言葉です。今回は「お忙しい中」の正しい使い方と例文を紹介します。「お忙しい中」の言い換え表現や、使用上の注意点なども合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「お忙しい中」とは

「お忙しい中」の「お」の敬語の種類は尊敬語

「お忙しい中」の「お」は尊敬を表す接頭語です。 接頭語「お」は文脈によって尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにでもなりますが、 目上の人に関係する事物や状態、行動に対して使うのは尊敬語です。 「お忙しい中」はお客様や上司、取引先など敬意を示すべき目上の相手が、忙しい状況にあることを気遣う言葉です。

「お忙しいなか」が本来は正しい表記

「中」の原義は「空間的に仕切られたものの内部」です。 「お忙しい中」の「中」は、本来の物理的な「なか」の意味から転じて、「物事が起こっている、その状況下」という意味で使っています。 このように本来の意味から離れている場合は、平仮名表記で使用するのが正しいとされています。 「お忙しい中」の場合も、本来の物理的な「なか」の意味で使用されているわけではないので、「お忙しいなか」が正しい表記です。 しかし、「お忙しい中」の場合は、漢字表記が一般的で誤解を防ぐためにも漢字で書くのが無難でしょう。 他にも「文句を言う」の「言う」は漢字表記で問題ありませんが、「医者という職業」の「いう」は平仮名表記になります。 「発言する」という本来の意味から離れた場合に「いう」と平仮名表記に代わります。

「お忙しい中」の使い方と例文

依頼

「お忙しい中」は、相手に何かを依頼するときに使用できる言葉です。 しかし、「お忙しい中」は相手を気遣う言葉であり、「お忙しい中」だけでは相手に対して申し訳なく思っている気持ちは伝わりません。 依頼をする場面などで「お忙しい中」を使用する時は、「恐縮ですが」「恐れ入りますが」をクッション言葉として置きましょう。 「恐縮」は、「申し訳なく思い、恐れ入ること」という意味です。 「恐縮ですが」で、相手に迷惑をかけたり世話になったことに対して、身も縮まるほど申し訳なく思っていることを表します。 「恐れ入れますが」は、相手がしてくれることに対して申し訳なく思っている気持ちを伝える言葉です。相手にとって何か面倒なことを依頼したり、お願いしたりするときに相手に対して恐縮する気持ちを「恐れ入りますが」で表現することができます。 例えば、クッション言葉と合わせて「お忙しい中申し訳ございませんが...」で、相手に手間をかけ、時間を費やしてくれたことに対して申し訳なく思う気持ち・謙虚な気持ちを表すことができます。 また、「お忙しいとは思いますが」を「思う」の丁重語である「存じる」に変えた「お忙しいとは存じますが」も「お忙しい中」と同じ意味合いでよく使用される表現です。

例文

  • お忙しい中お手数をおかけしますが、お手すきの時間に再度ご連絡いただけますか?
  • 資料を送付させていただきましたので、お忙しい中大変恐縮ですが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。
  • お忙しい中恐縮ですが、○○についてご教示いただければ幸いです。
  • お忙しい中恐れ入りますが、○日までにご返信くださいますようお願い申し上げます。
  • お忙しいとは存じますが、資料のご送付を何卒よろしくお願いいたします。

「お忙しいとは存じますが」の意味とビジネスメールでの使い方、類語、英語表現

WURK

「恐縮ですが」の意味と敬語、類語「申し訳ありませんが」との違い、英語表現

WURK

お礼

「お忙しい中」は感謝の意を伝えるときにも使うことができます。 「お忙しい中」を使用することで、「お忙しいにも関わらず〜してくれてありがとうございます」といった意味で、相手が忙しい中で自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 ただ上述しているように、「お忙しい中」は相手を気遣う言葉です。 上司やお客様など、敬意を払うべき相手に対しては「感謝いたします」「感謝申し上げます」などより丁寧な表現でお礼を伝えましょう。 「感謝いたします」は、「感謝」に「する」の丁重語である「いたす」と丁寧語の「ます」をつけた敬語表現です。 「感謝申し上げます」は、「感謝」に「言う」の謙譲語の「申し上げる」に丁寧語の「ます」をつけた敬語表現です。 丁重語とは、動作の対象ではなく話を聞いている相手に敬意を示すために使用されます。 謙譲語は、自分をへりくだることで相手に敬意を示します。 したがって「感謝いたします」も「感謝申し上げます」どちらも目上の人に使用できる丁寧な敬語表現です。 また、「感謝いたします」「感謝申し上げます」の前に「心より」「深く」などをつけて感謝の気持ちを強調することもできます。

例文

  • 皆さま本日はお忙しい中、ご足労いただきまして誠にありがとうございます。
  • 先程はお忙しい中、ご配慮いただきありがとうございました。
  • お忙しい中、ご丁寧にお答えいただき感謝いたします。
  • お忙しい中手を貸していただき心より感謝申し上げます。

「感謝いたします」の意味と使い方、敬語、類語「感謝申し上げます」との違い

WURK

「感謝申し上げます」の意味は?手紙・ビジネスメールなどの例文、英語も紹介

WURK

「お忙しい中」の類語・言い換え

お忙しいところ

「お忙しい中」の「中」を「ところ」に変えて「お忙しいところ」としても意味は同じなので、相手に依頼をするときや、お礼を伝えるときのクッション言葉として「お忙しい中」と言い換え可能です。 「お忙しいところ」の「ところ」は、時間的・空間的な広がりの中で他から切り離してとらえた特定の場面や状況を差して使用されています。 この場合も、「本来のそこに何かが存在したりする限られた空間」という本来の意味で使用されているのではないので、「お忙しいところ」と平仮名で表記します。

例文

  • お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認のうえ、折り返しご連絡をお願いいたします。
  • お忙しいところ申し訳ございませんが、お返事頂ければ幸いです。
  • お忙しいところ手を貸していただけて本当に助かりました。
  • お忙しいところ丁寧にご教授下さって、誠にお礼申し上げます。

ビジネスでの「お忙しいところ」の使い方と例文!メールや電話でどう使うか

WURK

「お忙しいところ恐れ入りますが」ビジネスメールや返信の例文、類語、英語

WURK

ご多忙の中

「お忙しいなか」を、よりかしこまった表現にすると「ご多忙の中」となります。 「多忙」の意味は、「事が多くて忙しいこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「ご」をつけて、「ご多忙」になり、「目上の人が何かと忙しくしている様子」を表しています。 主に、上司など目上の人を敬って使用する尊敬語ですが、場合によっては同僚や部下にも使用することができます。

例文

  • ご多忙の中お手数をおかけしますが、ご返信いただければ幸いです
  • ご多忙の中、早急に対応していただきまして誠にありがとうございました

「ご多忙」の意味とビジネスメールの使い方、「ご多用」との違い、類語や英語も紹介

WURK

ご多用の折

「多用」の意味は、「用事の多いこと・忙しいこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「ご」をつけて「ご多用」となります。 「ご多用」は「目上の人が用事が多くて忙しくされていること」を表しています。 「〜の折」は、「過ぎゆく時の中の、区切られたある時点・機会」という意味があり、「時間を指し示す表現」として使用される言葉です。 「ご多忙の折」も「お忙しい中」を硬い表現にしたもので、依頼をするときや何かをしてもらったときにお礼を伝える場面で使用することができます。

例文

  • ご多用の折とは存じますが、請求書の作成の仕方のご教示をお願いいたします。
  • ご多用の折にもかかわらず、早急に対応していただきまして誠にありがとうございました。
  • ご多用の折大変恐縮ですが、資料を送付したのでご確認いただきたく存じます

「ご多用」の読み方と使い方!類語「ご多忙/お忙しい」との違い

WURK

「ご多忙」と「ご多用」の意味の違いと使い分けを例文付きで解説!

WURK

「お忙しい中」の使用上の注意点

使い過ぎには気をつける

同じ言葉を繰り返したり、使い過ぎたりすると全体的にしつこいという印象を与えてしまい、逆に相手に対して失礼にあたってしまうことがあります。 そのようなことにならないためにも、「お忙しい中」と同意義の言葉をいくつか知っておき、表現を変えて使うことが良いでしょう。

相手が忙しくない場合も使うことができる

「お忙しい中」は単に社交辞令になります。 「お忙しい中」は本来の意味と違い、相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しい中」は使えない。あの人は今は忙しそうだから「お忙しい中」を絶対に使うべきとか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しい中」は使うことができます。

相手の状況によっては嫌味になってしまう

「お忙しい中」は実際には相手が忙しくても忙しくなくても使うことができる表現です。 しかし、どう見ても相手が時間に余裕があることが明らかな場合に、「お忙しい中」を使うとかえって嫌味に聞こえてしまいます。そのような場面ではなるべく使用するのは控えましょう。

後ろに続く文章に気をつける

「お忙しい中」は、時間的に余裕がない相手の状況を理解しているからこそ使える言葉になります。 ですので、その後に時間を要するようなお願いごとを要求をするのは失礼にあたるため、避けた方が無難です。

制限をかけたり・指図するのは無礼

いくら相手を気遣って「お忙しい中」と言ったとしても、気遣いが反映されていなければただの決まり文句として言っていると相手は思います。 例えば、ビジネスメールで「お忙しい中恐縮ですが、お早めのご返信いただければ幸いです」と伝えたり、具体的な返信期日を伝えるのは失礼に当たります。自分の都合に合わせるように指図することは望ましくありません。なるべく相手に合わせるようにしましょう。 また「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるので避けた方が良いでしょう。

自分に対しては使えない

「お忙しい中」は、自分に対して使用することはできません。 あくまでも、相手が忙しいなかで時間を割いてくれることに対して申し訳なさを伝える言葉なので、自分に対して「お忙しい中」と使ってしまうことがないよう注意しましょう。

忌み言葉に注意

「お忙しい中」の「忙」は「心」を「亡くす」と書く漢字で、「亡くなる」という漢字が含まれていることから、忌み言葉とされている言葉です。 忌み言葉は、縁起の悪さを連想させるとして敬遠される言葉である為、「結婚式」「出産」「お見舞い」といった場面では使用することを避けるべきとされています。 ビジネスシーンでの使い分けは必要ないとされていますが、結婚式・年賀状などでは「お忙しい中」ではなく「ご多用の中」「ご多用の折」を使用しましょう。

「お忙しい中」の英語

「お忙しい中」は英語では、「忙しいのにかかわらず」を英訳すると考えると分かりやすいです。 「out of your busy schedule」「despite your busy schedule」などがよいでしょう。 また、「even though you are very busy」としてもOKです。

Thank you for taking time out of your busy schedule.

お忙しい中、お時間割いていただきありがとうございました。

まとめ

「お忙しい中」について理解を深めていただけたでしょうか? 「お忙しい中」について簡単にまとめると

  • 「お忙しい中」は「お忙しいなか」が本来は正しい表記
  • 「恐縮ですが」「恐れ入りますが」を置くとより丁寧
  • 「お忙しい中」は、依頼をする時やお礼を伝える場面で使用する
  • 「お忙しいところ」「ご多忙の中」などと言い換え可能
  • 忌み言葉にならないように注意する

など

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「お忙しい中」の意味と読み方、使い方、類語、英語を例文つきで解説