1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご多用」の意味と使い方と例文!類語「ご多忙/お忙しい」との違い
「ご多用」の意味と使い方と例文!類語「ご多忙/お忙しい」との違い

「ご多用」の意味と使い方と例文!類語「ご多忙/お忙しい」との違い

「ご多用」という言葉をご存知でしょうか。「ご多用」は「ご多忙」と非常に似ていますが、ビジネスシーンでは相手に何かを依頼するときに前置きの言葉として使います。では、「ご多用」の意味を正しく理解して使うことができているでしょうか、また、類語の「ご多忙」との違いについてご存知でしょうか。そこで今回は「ご多用」の意味や使い方、類語「ご多忙」「お忙しい」との違いについて、例文を交えて解説していきます。日本語ならではのクッション言葉である「ご多用」を上手く使いこなせるようになしましょう。

「ご多用」の読み方と意味

「ご多用」は<ごたよう>と読みます。 同じ読みの言葉には「他用」や「多様」がありますが、意味は違うので間違えないようにしましょう。 「多用」の意味は、 ・用事の多いこと、忙しいこと ・多く用いること となります。 「多」は音読みだと「タ」、訓読みだと「おおい」と読みます。 「多」は「数や量がおおい」を意味します。 「用」は音読みだと「ヨウ」、訓読みだと「もちいる」と読みます。 「用」は「やっておくべき仕事」を意味します。 「ご多用」の「ご」は”尊敬”を表す接頭語です。 ビジネスシーンで「ご多用」を使う場合は、ほとんど「目上の人が用事が多くて忙しくされていること」を意味します。 例えば、「ご多用とは存じますが」とした場合は、「あなたは忙しい状況だとは思いますが」という意味になります。

「ご多用」の使い方と例文

「ご多用」は要望を出したり、お願いをするとき、感謝をするときに使います。 「ご多用中、恐れ入りますが〜」といったように、”クッション言葉”の一つとして用います。 ”クッション言葉”とは相手に何かをお願いするときに、言葉の前に添えて使用する言葉です。 上手く活用することで、失礼にならず、丁寧で柔らかい印象を与えることができます。 相手に何かをお願いする際に、直接的な表現を使ってしまうと、相手に不快感を与えてしまうことがあります。そういったことを避けるためにも、依頼をするときは「ご多用〜」を使うのが良いでしょう。 「ご多用〜」は相手がそんなに忙しくないことを知っていたとしても使えます。 「ご多用〜」は「いろいろと用事が多く、忙しいときに悪いですが〜」といったニュアンスになります。 こういった謙虚な気持ちを伝えた後に、本題のお願いに入ることができます。 また、感謝を伝える場合にも「ご多用」を使います。 「ご多用〜」に含まれる気持ちはお願いするときと同じですが、「ご多用にも関わらず〜」などと前置きすることによって、相手の状況に配慮して、行ってくれたことに対しての感謝を強く表すことができます。

言い回し ・ご多用の折 ・ご多用にもかかわらず ・ご多用中とは存じますが ・ご多用中にもかかわりませず ・ご多用のところ ・ご多用中恐縮ですが ・ご多用のところ恐れ入りますが ・ご多用の中のこととは存じますが ・ご多用の中ありがとうございました ・ご多用とは存じますが、くれぐれもご自愛くださいませ ・ご多用の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上

「万障お繰り合わせの上」は<ばんしょうおくりあわせのうえ>と読みます。 ”相手を催し事へ招くにあたって、是非にと参加を促す”丁寧な言い回しです。 「万障」は「多くのさしさわり」、「お繰り合わせ」は「都合をつけること」を表します。 「万障お繰り合わせの上ご出席ください」「万障お繰り合わせの上ご参加願います」などと使います。 「ご多用の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上」といった場合は、「いろいろと忙しいとは思いますが、都合をつけて(参加してください)」という意味になります。 また、「ご多用中のところ」と使わないように気をつけましょう。 「中」と「ところ」は同じ”状況”を意味しているので、意味が重複してしまいます。 正しくは、「ご多用中」「ご多用のところ」などと表現します。

例文 ・ご多用中とは存じますが、提案書を◯月◯日までにご提出くださいますようお願い申し上げます。 ・ご多用のところ大変申し訳ありませんが、△△についての資料を明日までの作成していただきたくお願いいたします。 ・ご多用中恐縮ですが、本日中のお返事お待ちしております。 ・ご多用中とは存じますが、風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・新製品発表会を下記の通り開催いたします。ご多用の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上ご来場くださいますようご案内申し上げます。 ・本日はご多用の中、貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 ・ご多用中にも関わらず、大変有益なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました。 ・ご多用の中、遠方からわざわざ来ていただき、ありがとうございます。

「ご多用」の類語「ご多忙」との違い

「多忙」は「事が多くて忙しいこと」を意味します。 「ご多忙」は「目上の人が何かと忙しくされていること」を表します。 「ご多用」と同じで、相手に何かを依頼するときや感謝をするときに使います。 「ご多用」と「ご多忙」はほぼ同じ意味ですが、ニュアンスが少々異なります。 「多用」は「公私に関係なく忙しいことや用事が多いこと」 「多忙」は「あれこれと仕事で忙しいこと」を表します。 「多用」よりも「多忙」の方が、忙しさを強調するような意味合いになります。 用事が多い(多用)ことが原因で、結果非常に忙しい状況(多忙)になったと覚えると分かりやすいです。

例文 ・ご多忙のところ大変恐縮ですが、企画書を今週中までにご確認くださいますようお願い申し上げます。 ・来週の会議の内容について打ち合わせをしたいと思っております。ご多忙中とは存じますが、ご検討いただけると幸いです。 ・本日はご多忙中にも関わらず、お立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。 ・◯◯の件についてお聞きしたいことがあるので、先日メールをお送りいたしました。ご多忙のところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。 ・ご多忙中のところ、お集まりいただき、本当にありがとうございます。

「ご多用」の類語「お忙しい」との違い

「お忙しい」も「ご多用」と同じく、お願いをするときと感謝をするときに使います。 依頼をする前に「お忙しいところ〜」を添えるだけで、相手に対してへりくだる気持ちを伝えることができ、相手に与える印象がだいぶ良くなります。 また、少々頼みにくいことだったり言いにくい内容でも、「お忙しいところ〜」を使うことで相手に失礼にならずに伝えられるというメリットがあります。 「お忙しい」の使い方としては、 ・お忙しいところ申し訳ございませんが ・お忙しいところ恐縮ですが、恐縮でございますが ・お忙しいところとは存じますが ・お忙しいところ、お手数おかけして申し訳ありませんでした ・お忙しいところありがとうございます などとなります。 「ご多用」は書面で使うことが多く、「お忙しい」は口頭で使うことが多いです。

例文 ・お忙しいところ申し訳ございませんが、お返事頂ければ幸いです。 ・お忙しいとは存じますが、ぜひお越しくださいますようお願い申し上げます。 ・先ほどはお忙しいところ、お付き合い頂きありがとうございました。 ・お忙しいところ、ご丁寧にお答えいただき誠にありがとうございます。

Article 9

ビジネスでの「お忙しいところ」の使い方と例文!メールや電話でどう使うか

eigobu.jp

結婚式など「忙」という漢字を避けるべき場面も

「ご多用」と「ご多忙」は意味も使われる場面もほとんど同じですが、「ご多忙」には”忌み言葉”の側面があります。 ”忌み言葉”とは、縁起の悪さを連想させ敬遠される言葉です。 「ご多忙」の「忙」に「亡くなる」という字が含まれるため、縁起が悪いとされています。 ですので、結婚式や出産祝い、お見舞いメール、年賀状では「忙」という字は避けるべきです。 結婚式は勿論、お見舞いメールでも「忙」という言葉を使うと「亡くなる」ということを連想させてしまうため、NGです。このような場合は、「ご多忙」よりも「ご多用」を使うのが無難でしょう。 「忙」という言葉が含まれるからといって、メールで使用できないということはないので、普通のビジネスメールであれば使っても問題ありません。 他にも、履歴書や職務履歴書の送り状などで「ご多忙のところ〜」ではなく、「ご多用のところ恐縮ですが、ご検討のほどよろしくお願いいたします」と締めると印象が良くなります。

「ご多用」の英語

「ご多用」の英語表現を見ていきましょう。 「とても忙しい」という意味なら「busy」を使います。 「have a lot of things to do」などと言うこともできます。

I know you are busy, but I'd like to call you later on that matter. Is that okay for you?

ご多用中だとは存じますが、例の件で電話したいのですが、大丈夫ですか?

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「ご多用」について理解できたでしょうか? ✔︎「ご多用」は「目上の人が用事が多くて忙しくされていること」を意味 ✔︎「ご多用」は、お願いするときと感謝するときに使う ✔︎「ご多用のところ」「ご多用中とは存じますが」などと使う ✔︎「ご多用」は書面で使うことが多いが、類語の「お忙しい」は口頭で使うことが多い

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る
この記事のライター
Editor

関連記事

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご多用」の意味と使い方と例文!類語「ご多忙/お忙しい」との違い