1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「センテンス」の意味と使い方、語源、類語との違いを徹底解説!
「センテンス」の意味と使い方、語源、類語との違いを徹底解説!

「センテンス」の意味と使い方、語源、類語との違いを徹底解説!

「センテンス」という言葉をご存知ですか?耳にしたことがあるけど意味を聞かれるときちんと説明できないなと言う人の多いのではないでしょうか。今回は、「センテンス」の意味と使い方を例文つきで詳しく紹介します!また、語源や類語についても紹介しますのでぜひ参考にしてください。

「センテンス」の意味と使い方

「センテンス」の意味は「文」

センテンスの意味は「」です。 「文」とは、まとまった思想を表したもの、書いた言葉のことで、「センテンス」は単純に、「文」をカタカナ語に言い換えただけの言葉です。 ’’朝ごはんに目玉焼きを食べました。’’というように、「。」で区切られた一つの文章が「センテンス」です。 例えば、 ’’朝ご飯に目玉焼きを食べました。それと卵焼きも食べました。’’となると、「。」は二つ使用されているので「センテンス」は二つということになります。

「センテンス」の例文

・センテンスに区切って少しずつ説明していきますので、1ページ目に戻ってください。 ・センテンスの長い文章になると、まだ正確に読むことができないようです。 ・手紙の最後に誇らしい気持ちになるようなセンテンスが入っていた。 ・簡単なセンテンスなので、もう一度写し間違いがないか確認してください。 ・次のセンテンスは、後ろの席の○○さんに読んでもらいましょう。 ・このワンセンテンスでは何が言いたいのかまったく伝わりません。

「センテンス」の語源

英語「sentence」が語源

「センテンス」というカタカナ語の語源は、英語の「sentence」です。 「sentence」は「文」という意味です。 「mid-sentence」または「in mid-sentence」の形で「話の途中で」という意味になります。

Your final statement is too long and complicated. You should make it compact and clean.

君の最終陳述は長くて複雑だ。簡潔で明晰にした方がよい。

She is impatient and always interrupts me mid-sentence.

彼女はせっかちでいつも私が話をさえぎる。

英語「sentence」には「判決」という意味も

英語「sentence」は法律用語として使い「判決」という意味もあります。 民事を含めた一般的な「判決」は「judgement」を使います。「sentence」は主に刑罰に対する判決に使います。

He was giving a life sentence.

彼は終身刑を言い渡された。

「センテンス」の使用例

「ワンセンテンス」は「一文」

「ワンセンテンス」は、「one」(ひとつ)「sentence」「文」で、「一文」という意味で使用される言葉です。 ’’今日の朝ご飯は目玉焼きでした。’’ というこの「。」までが「ワンセンテンス」です。

例文 ・退職される○○さんへのメッセージをワンセンテンス程度でお願いします。 ・ワンセンテンスごとに気持ちがたっぷりこもった言葉が綴られていた。 ・ワンセンテンスが長すぎるという注意を受けたので、書き直しています。

「フルセンテンス」は「主語と動詞を伴った完全な英文」

「フルセンテンス」とは、「主語と動詞を伴った完全な文」という意味です。 特に英文に対して使います。 「フルセンテンスで答える」という形で使うのが一般的です。 「Do you like apples?」に対して「Yes.」は、フルセンテンスで答えていません。 「Yes, I do.」や「Yes, I like apples.」だとフルセンテンスで答えていることになります。 「How are you?」に対して「Good.」はフルセンテンスではありませんが、「I'm good.」ならフルセンテンスです。 英語では「full sentence」より「complete sentence」という方が一般的です。

例文 ・英語の試験では全てフルセンテンスで答える必要がある。 ・ネイティブは日常会話ではフルセンテンスで話さないことが多い。

「トピックセンテンス」は「文章のはじめの要約」

「トピックセンテンス」は、「文章のはじめの要約」という意味の言葉です。 「トピック」は「話題」、「センテンス」は「文章」という意味があります。 その段落に書かれている文章の話題の中心となるう文章のことを「トピックセンテンス」といいます。 トピックセンテンスを用いることで、読み手は要点を理解した上で文章を読み進めることができるので、長文でも混乱せずに読み進めることができるので、わかりやすいという利点があります。

例文 ・トピックセンテンスが理解できていれば、内容を漏れなく理解することができるでしょう。 ・結論の意味がわからなくなってしまったので、トピックセンテンスを読み直そうと思います。 ・長い文章になってしまいそうだったら、とにかくトピックセンテンスを意識しましょう。

「短いセンテンス」がビジネスの基本

「短いセンテンス」とは、「短い文」という意味です。 ビジネスシーンでは、長い文章より、短い文章で重要事項が簡潔に書かれた文章が好まれます。 忙しくで時間がないのに、何を伝えたいのかわからない文章を渡されたら「何が言いたいんだよ!」とイライラしてしまいますよね。 例えば、 「今朝は、朝ごはんに目玉焼きをたべ、飲み物にはコーヒーを飲み、とても優雅な朝の時間を過ごすことができました」 という長い一文にするよりも、 「今朝は、朝ごはんに目玉焼きをたべました。飲み物にはコーヒーを飲み、とても優雅な朝でした」 というように、いくつかの短いセンテンスに分けたほうが読み手としては読み安いということです。

「ワンセンテンス ワンメッセージ」は一つの文章に対して重要事項を一つだけ盛り込むこと

「一つの文章に対して重要事項は1つだけ盛り込む」といった意味の「ワンセンテンスワンメッセージ」という言葉もあります。 一つの文章に言いたいことを詰め込みすぎると、読み手が内容を理解し辛くなってしまうので簡潔にまとめようというニュアンスで使用されます。

「センテンス スプリング」は「文春」

「センテンス」という言葉を聞いて「センテンススプリング」という言葉を真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 「センテンススプリング」と言えば、元ネタはタレントのベッキーさんと、ゲスの極み乙女のボーカルである川谷絵音さんの不倫騒動ですよね。 この2人の不倫を週刊文春が報じたことをきっかけに、2人の不倫が明るみに出て騒動となったことから、本人たちが「週刊文春」の「文春」を「センテンススプリング」と言っていたことをきっかけに、世間に広まった言葉です。 「文春に掲載されてことで、関係性が世間に知られたので、逆に堂々をできるきっかけになった」ということから、2人がテンション高めに 「ありがとう文春!」 「センテンススプリング!」 とLINEでやりとりしているのがさらに流失してしまったのです・・・。 この時の「文春」を直訳した「センテンススプリング」という言葉が非常に話題になりました。

「センテンスパワー」や「センテンストリプル」、「センテンスレセプター」などはPSO2のゲーム用語

「センテンスパワー」や「センテンストリプル」、「センテンスレセプター」などはPSO2のゲーム用語として使用されている言葉です。 「PSO2」とは、「ファンタシースターオンライン2」というアクションゲームのことです。 自由度の高いキャラクタークリエイトや、アバターの着せ替えなども楽しめるゲームで、ゲームコンセプトは「4つの革命」「オンラインRPG最高のアクション」「無限の冒険」「究極のキャラクタークリエイト」「境界を超えるRPG」です。

「センテンス」の類語との違い

「パラグラフ」は「段落」

「パラグラフ」とは、「文章の段落」という意味の言葉です。 つまり、内部に構造をもった一つの考えのまとまりを「パラグラフ」といいます。 「文」を沢山集めるのではなく、一つの話題に対して「一段落」として設定して、段落内には一つというが原則となってします。 文章をわかりやすくするために、パラグラフはとても重要です。

例文 ・わかりやすい文章章にするには、パラグラフがとても重要です。 ・パラグラフを書き終える毎に誤字脱字がないかチェックします。 ・今日は、パラグラフ・ライティングのを実行する方法をまとめて紹介します。

「フレーズ」は「単語のかたまり」「決り文句」「メロディの区切り」

「フレーズ」は「単語のかたまり」「決り文句」または音楽の楽句、メロディの区切り」という意味で使用されます。 歌詞のいち部分や、文章の中の一節などを「ワンフレーズ」などと表すことができます。 元々の言葉は英語の「phrase」で、「まとまった意味を表すひと続きの言葉」「言い回し」という意味があります。 例えば、わかりやすいフレーズを連呼することで印象づける戦略方法です。だと、「わかりやすい言い回し」「わかりやすい言葉」というようなニュアンスになります。

例文 ・何度も読み返したのでどのフレーズがどの場面で出てくるのか一発で答えられます。 ・この10分間はこのフレーズを完璧に覚えることに集中しようと思います。 ・気になるフレーズがいくつかあったのですが質問してもいいですか? ・口ずさみやすいフレーズだったことがきっかけで大ヒットしました。

「テキスト」は「原文・本文」

「テキスト」の意味は、 ・教科書 副読本・講座用教材 ・原文・本文 です。 例えば、「テキストを入力」などで目にしたことおがあるのではないでしょうか。 これはつまり「本文を入力」という意味になります。

例文 ・こちらのテキストをコピーして、明日までに資料を再提出してもらってもいいですか? ・テキストを編集し直すので、もう少し時間をいただきたいと思います。 ・テスト勉強をしなければいけないのにテキスト中々手を伸ばすことができなかった。

「ダイアグラム」は「情報を象徴的に図示したもの」

「ダイアグラム」は、デザインやコミュニケーションといった分野で、伝えたい情報を二次元の象徴化された図、記号、無地列などを「ダイアグラム」といいます。 物事のコンセプトや、システムやプロセスなどをひと目で見てわかるうように表現することができます。 ・ツリー図 ・ネットワーク図 ・オイラー図 ・フロートチャート などが「ダイアグラム」に含まれます。

例文 ・ダイアグラムとしては非常にわかりやすい資料で感激しました。 ・調査結果が、ダイアグラムでわかりやすく記述されていたので感心でいました。

「パッセージ」は「通路・通行・文章の一節」

「パッセージ」の意味は、「通路・通行・文章の一節」です。 つまり、文章チ中にあるまとまっと部分のことを「パッセージ」と表現することができます。 また、主要なメロディラインを続く部分のことを指す音楽用語でもあります。 元々の語源である英語の「passage」には「廊下」という意味でも使用され、色々なものの経過や進行を表す言葉としても使用されている単語です。

例文 ・高速のパッセージができるようになるには、相当な時間を費やして練習をしました。 ・次のパッセージを見てみてください、そこに重要なことが書かれているはずです。

「ターム」は「期限・期間」

「ターム」の意味は、「期限・期間」です。 「ターム」は、元々「終わり」という意味をもった言葉で、そこから転じて「境目」、「期間」という意味合いを持って使用されるようになったということが考えられています。 さらに、「テクニカルターム」というように、専門用語や学術用語として使用されることもあります。 ビジネスでも、長期間のプロジェクトや他社との業務提携などある程度の期間を設けることがありますが、この設けられる期限や期間を「ビジネスターム」といいます。 期間の何日、何ヶ月なのかという細い日数については、起業規模によって異なるので、これといって定義があるわけではありません。

例文 ・うちの会社では、短期は「〜15ヶ月」というタームで設定されています。 ・日本の大学では、1ターム90分で授業が行われています。

「文章」は「文を連ねて、まとまった思想、感情を表したもの」

「文章」の意味は、「文を連ねて、まとまった思想、感情を表したもの」です。 主に詩じ対しての、散文を「文章」といいます。 文法の中で、「文」よりも大きな単位になります。 髪に文字を書き記したものでなくても、コンピューターを使って記録するようなものでも文字で書く形式であれば「文章」といいます。

例文 ・言葉で話すのは得意なのですが、気持ちを文章にするんは苦手なのです。 ・彼女の書く文章はとてもわかりやすく、老若男女問わず人気があるう作家です。 ・今日起きたことえを文章にして綴ることを「日記を書く」という。

「節」は「区切りとなる箇所・段落」

「節」の意味は「区切りとなる箇所・段落」です。 「一節、二節」というように、段落のように文章を区切る言葉として使用されます。 その他にも ・棒状の物の盛り上がった部分 ・心のとまるところ ・機会 おり ふし ・その人独特の語り口 ・鰹節の略 ・なんくせ、言いがかり というような意味で使われることもあります。

例文 ・一節によると、彼はメンバーを裏切ってグループから追放されたらしいです。 ・少し調査をしてみると、疑われても仕方ない節が沢山あった。 ・言葉の意味も節もわからないのに、この歌の本当の良さがわかるわけない。

「句」は「言葉や文章の切れ目」

「句(く)」の意味は、「言葉や文章の切れ目」「センテン」という意味で使用されます。 また、詩歌などの一段落を「句」といいます。 「句」は主に、「主語+動詞」という2語以上のかたまちで一つの品詞として使われるもののことをいいます。 なので、「センテンス」と同じ意味になります。

例文 ・最後のオチを更に面白くするために、この句はどうしても端折ることはできない。 ・一つの句に色々なことを詰め込んでしまうを分かりづらい文章になってしまいます。 ・語彙力がないと、句としてはなんだか幼稚な印章をうけてしまいがちです。

まとめ

「センテンス」という言葉について理解していただけましたか? まとめると、 ✓「センテンス」の意味は「文」 ✓英語「sentence」が語源 ✓「ワンセンテンス」「トピックセンテンス」といった言葉でも使われる ✓類語には「パラグラフ」「フレーズ」などがある。 となります。 「センテンススプリング!」が流行っていた時はよく耳にしていましたが、最近はどうでしょうか。 しかし「センテンス毎に〜」など、使用される言葉なので、ぜひ覚えておいてくださいね(^o^)

こちらの記事もチェック

「フィーリング」の意味と使い方を分かりやすく解説!英語「feeling」との違い

eigobu.jp

「ニコイチ」は死語?若者言葉?5つの意味と車・カップルでの使い方とは?

eigobu.jp

「ニュアンス」の意味と語源、使い方、類語、英語・中国語を解説!

eigobu.jp

「アベック」は死語?意味と語源とは?類語「カップル」との違いは?

eigobu.jp

「バイタリティ」の意味と類語!バイタリティのある人の特徴とは?高める方法は?

eigobu.jp

「ミスリード」の意味と使い方、「伏線・ミスディレクション」との違い

eigobu.jp

「デリカシー」の日本語での意味は?類語、語源、デリカシーない人の特徴

eigobu.jp

「フィジカル」の意味と音楽とサッカーでの使い方、対義語「メンタル」との違い

eigobu.jp

「ラインナップ」の日本語での意味と使い方、類語、「ラインアップ」との違い

eigobu.jp

「ナイーブ」の意味は?類語、対義語、英語表現!ナーバス・デリケートとの違いも

eigobu.jp

「インスピレーション」の意味と使い方、語源、類語「直感/アイデア」との違い

eigobu.jp

「フィックス」の意味と使い方、業界用語での意味は?語源の英語は?

eigobu.jp

「オンスケ」の日本語での意味と使い方、反対語「ビハインド」とは?

eigobu.jp

モノローグ・エピローグ・プロローグ・ダイアローグの意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ギャップ(gap)」の意味と業界別の使い方、語源、類語・対義語、英語表現

eigobu.jp

「ロット」は何の単位?意味と使い方とは?FX用語でもある?

eigobu.jp

「キャパ(キャパシティ)」の意味と業界別の使い方、例文、類語、「キャパる」とは?

eigobu.jp

「タイト」の意味と業界別の使い方、類語・反対語、英語、漢字は?

eigobu.jp

「レギュレーション」の意味と業界別の使い方、類語「ルール」との違いは?

eigobu.jp

「ポテンシャル」の意味と使い方、ポテンシャルが高い人の特徴とは?英語は?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「センテンス」の意味と使い方、語源、類語との違いを徹底解説!