1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「プライオリティ」の意味とビジネスでの使い方、英語の使い方と発音を解説!
「プライオリティ」の意味とビジネスでの使い方、英語の使い方と発音を解説!

「プライオリティ」の意味とビジネスでの使い方、英語の使い方と発音を解説!

「プライオリティ」というカタカナ語を知っていますか?語源は英語の「priority」ですが、近年は日本のビジネスシーンでも「プライオリティが高い」などの言い回しで頻繁に使用されるようになりました。今回は「プライオリティ」という言葉の意味と使い方、例文、類語、英語での発音や使い方を詳しく紹介していきます。

「プライオリティ」の意味

「プライオリティ」は英語の「priority」が語源です。(英語の「priority」の用法に関してはこの記事の後半で詳しく触れます) 「priority」には「優先」「優先事項」「先行していること」「優先権」などの意味があります。日本で「プライオリティ」と使う場合もほぼ同じ意味で使われますが、優先度・優先順位を表現するときに使用されます。 勘違いしてはいけないのは、プライオリティの高い仕事や業務が一概に重要度が高い仕事とは限らない点です。プライオリティの高い仕事とは単に重要であるという意味を指すこともありますが、期限が差し迫っており緊急性が高く、他の業務に先行し対処する必要がある、という意味でも使います。 社内で「プライオリティ」という言葉を使用するときは、どのような意味なのか情報共有することを忘れないようにしましょう。 日々忙しく働いていると、つい短期的な思考に偏りがちですが、仕事や働き方を長い目で俯瞰してみると、「プライオリティ」は変わってくることがあります。

「プライオリティ」の使い方と例文

上記でも少し触れましたが、「プライオリティ」は ・プライオリティが高い ・プライオリティが低い ・プライオリティ高め ・プライオリティ低め などの言い回しで使います。 「プライオリティが高い」仕事は、「優先度が高い」仕事という意味です。 逆に「プライオリティが低い」仕事は、「優先度が低い」仕事ということになります。 「◯◯にプライオリティを置く」という言い回しも存在します。 「最優先事項」は、 ・トッププライオリティ(top priority) ・ファーストプライオリティ(first priority) などと言います。つまり「プライオリティが高い」と言っただけでは、相対的に優先度が高いだけで、一番高いわけではないということになります。

例文 ・このタスクはプライオリティが低いので、ペンディングしましょう。 ・この案件は、トッププライオリティだ。 ・本日の会議では、各業務のプライオリティを明確にしましょう。 ・今年度はコスト削減にプライオリティを置く必要があるだろう。 ・

「タスク管理」とは?「タスク」の正しい意味と使い方、英語表現も紹介!

eigobu.jp

「ペンディング」の意味と使い方!例文や類語、英語での使い方も紹介!

eigobu.jp

似ている言葉「プライマリー」と「プライオリティ」の違い

「プライマリー」は英語「primary」が語源で、「最も重要な」「初級の」という2つの意味があります。 どことなく「プライオリティ」と似ている感じもありますが、全く別の単語です。 「プライマリー」という言葉は、カタカナ語としては「プライオリティ」ほど使用頻度は高くありません。

「プライオリティ」の英語

「プライオリティ」の英語は「priority」です。上記でも触れましたが、「プライオリティ」は英語「priority」が語源なので、意味もほぼ同じです。 ここではネイティブがよく使う「priority」の言い回しを紹介します。 ・◯◯ take priority over △△(△△より◯◯の方が優先度が高い) ・first/top priority(最優先事項) ・get your priorities right/straight(優先事項を決める) ・give priority to ◯◯(◯◯を優先する) それでは例文を見てみましょう。

In Japan, I think that the economic recovery should take priority over any other matter.

日本では、景気の回復が何よりも優先されるべきだと思います。

My top priority is to find a place to live.

私の最優先事項は住む場所を見つけることだ。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

「プライオリティ」を含む熟語の実例

「プライオリティ」という言葉を含む熟語がサービス名なので日本でも使われています。その実例を幾つか紹介したいと思います。

プライオリティ・シーティング

「プライオリティ・シーティング」とはディズニーランドが提供するレストランの事前予約のことを指しています。 シューティングとは「席を取ること」を指し、「プライオリティ・シーティング」は「優先的に席を確保する」という意味になります。 混雑が予想される日程では、事前予約ができて便利ですよね。 この使い方でも「プライオリティ」は「優先」というニュアンスであることが確認できます。

プライオリティパス

「プライオリティパス」というのは米国のITサービスの名前で、契約が結ばれている世界の空港のラウンジをアプリ1つで横断的に利用できるサービスを指します。 本来はビジネスクラスを利用できないラウンジや航空会社ごとに割り当てられている空港ラウンジをアプリ利用者(入会者)は優先的にラウンジを利用できる、という意味です。この「プライオリティ」のニュアンスがちゃんと当てはまりますよね。

《まとめ》「プライオリティ」は意識高い系ワードなので注意

「プライオリティ」は俗に言う「意識高い系ワード」の1つとされています。 ここで言う「意識高い系ワード」とは、英語の単語をカタカナ用語としてビジネスの場で使われている単語です。日本語でそのまま伝えれば良いものをわざわざ英語を用いて使用するので、使用している人は「意識高い系」と揶揄されることがあります。 なので、「プライオリティ」は多用しすぎると、職場などによっては一緒に働く人に違和感を与えてしまったり、浮いてしまう可能性があるので注意しましょう。 ちなみに、IT業界では普通に使う言葉なので心配無用です。 その他にも意識高い系ワードはたくさんあるので、その一部紹介しておきます。

・アグリー (agree):同意する、支持する ・アウトソーシング(outsourcing):外注、外部委託 ・アサイン(assign):割り当てる、任命する ・アジェンダ(agenda):計画、議題 ・アライアンス(alliance):提携、同盟 ・ウィンウィン(win-win):双方に利益となること ・コストパフォマンス(cost performance):費用対効果 ・コミットメント(commitment):委託、委任 ・コンバージョン(conversion):ウェブサイト上で獲得できる最終的な成果 ・リスケ (reschedule):日程変更、予定延期

ビジネス用語に関するおすすめ書籍

超訳「カタカナ語」事典

俗に言う「意識高い系ワード」であるITやファイナンスに関するカタカナ語の意味と使い方をまとめた一冊です。それぞれのカタカナ語の類義語や関連語もしっかり紹介しているので、この一冊を読めばカタカナ語が分からなくて恥をかくことはもうありません!

この本の詳細を見る

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「プライオリティ」の意味とビジネスでの使い方、英語の使い方と発音を解説!