1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「リフレッシュ」の意味とITでの使い方、類語、英語スペル、方法とは?
「リフレッシュ」の意味とITでの使い方、類語、英語スペル、方法とは?

「リフレッシュ」の意味とITでの使い方、類語、英語スペル、方法とは?

「リフレッシュ」という言葉をご存知でしょうか?疲れているときなどに「リフレッシュしよう!」などと口にすることもあるのではないでしょうか。今回は、「リフレッシュ」の 意味と使い方を例文付きで紹介します!また、類語や、「リフレッシュする方法」なんかも紹介しますのでぜひ参考にしてください。

「リフレッシュ」の意味と語源

「リフレッシュ」の意味は「気分をさわやかに一新すること」

「リフレッシュ」の意味は、「気分をさわやかに一新すること」です。 「リフレッシュ」には ・元気づける ・スッキリさせる ・新たにする ・蘇らせる といった意味合いが込められています。 例えば、仕事などで精神的にも肉体的にも疲労が溜まっている・・・そんな時に、ちょっと休息をとって体力を回復させることや、「頑張るぞ!」という気持ちを新たにすることをリフレッシュ」と言います。 また、恋人との別れなど、精神的にとても辛い思いをして暗い気持ちのときに、旅行などに行って楽しい時間を過ごすことで、暗い気持ちから明るい切り替えるという場合も「リフレッシュ」です。 つまり、健康的で精神的にも元気だった元々の状態に戻すということです。 だいたいは、休憩をとって楽しいこをしたり、仕事を休んでゆっくりすることを「リフレッシュ」といいます。

「リフレッシュ」の英語のスペルは「refresh」

「リフレッシュ」の語源は英語「refresh」です。 「refresh」は「re」と「fresh」に分けられます。 「re」の語源はフランス語「re」、「fresh」の語源はフランス語「fresche」です。 実は英語の語源の1/3はフランス語で、フランス語から多くの単語を借用しています。 英語話者が最も学びやすい言語としてフランス語が挙げられるのはそれが理由です。 「refresh」は「〜をスッキリさせる」という意味の動詞で使います。

It was so hot today that I took a shower to refresh myself.

今日はすごく暑かったので、スッキリするためにシャワーを浴びた。

「リフレッシュ」の使い方と例文

「リフレッシュする」「リフレッシュ休暇」などと使う

「リフレッシュ」は、「リフレッシュする」「リフレッシュ休暇」といった使われ方をします。 「リフレッシュする」は、「リフレッシュ」+「する」で成り立っています 「する」は、「あること・動作・行為などを行う」という意味があって、リフレッシュできるような行動をとることを、「リフレッシュする」と言い表します。 例えば、「疲れた体をリフレッシュする」というのは、「休息をとるなど、疲れている体が元気な状態に戻るようにする」ということです。 また、「リフレッシュした」という過去形にすると、「スッキリ一心した」という意味になります。 近年では「リフレッシュ休暇」という言葉としても多く使用されます。 「リフレシュ休暇」とは、組織で働く社員に対して、年齢や勤続年数に応じて勤続の節目などに「リフレッシュをする」という目的に休暇をとってもらうことです。 ここで言うリフレッシュとは、 ・労働者の健康維持 ・家族への慰労 ・自己啓発 などを目的とされています。 企業が任意で導入する制度なので、リフレッシュ休暇をもらえる勤続年数や、休める日数、有給か無給かといったところまで違いがありますし、そもそも「リフレッシュ休暇を導入していない」という起業もありますので、注意が必要です。 だいたい平均的に勤続10年・20年・30年などの節目に5日程度のリフレッシュ休暇を与えているケースが多いようです。

「リフレッシュ」はIT用語では「同じ動作や処理を一定時間行うこと」

「リフレッシュ」は、IT用語では「同じ動作や処理を一定時間行うこと」という意味になります。 「DRAM(ディーラム)」 呼ばれる、半導体素子を利用した記憶装置の一つの、記憶内容を維持するために繰り返し再書き込みという動作を行う必要があるタイプのものが、記憶を維持するために同じ一定時間ごとに同じ動作や処理を繰り返し行うことを「リフレッシュ」と言います。 また、身近なところで言えば、インターネットでwebページを見ているときに、一定時間ごとに再読み込みしてページを表示し直すことを「リフレッシュ」と表現されることもあります。 ソフトウェアの「リフレッシュ」の場合は、作成したデータや保存してある情報・設定をそのまま残した状態で、プログラムファイルなどを初期状態に戻すことを指します。 さらに、機器の中古販売において、買取った中古機器の消耗部品を交換したり、破損箇所を修理した状態で販売されている商品を「リフレッシュ品」と言い表すこともあります。

「リフレッシュ」の例文

例文 ・心や体が「疲れたな」と感じたら、頭の中を空っぽにしてぜひリフレッシュしてください。 ・せっかくのリフレッシュ休暇なので、海外で過ごそうと思っています。 ・日帰りでも行ける温泉はやっぱり気分をリフレッシュさせるのに、もってこいですよね。 ・リフレッシュ工事をすることになりましたので、来月から受付の場所が変わります。 ・丸1日も休みがあれば十分にリフレッシュすることができます! ・いくらリフレッシュをするためと言えど、ゲームのしすぎなのでは・・・? ・外装のみならず、内装もリフレッシュして再オープンしますので今しばらく落ちください。 ・うちの会社には、仮眠をとったりなど誰もが自由に過ごせるリフレッシュルームがある。

「リフレッシュ」の関連語

リフレッシュメント

「リフレッシュメント」には、「・元気を回復させる活動」という意味があります。 さらに、「元気を回復させるような軽食」つまり「おやつ」といった軽い飲食物を「リフレッシュメント」と言います。 だいたいはこの「軽食」という意味で使用されていることがほとんどです。 例えば、会議の途中に煮詰まった頭をリフレッシュさせることを目的に出されるチョコレートなどの軽食(おやつ)や、長時間の飛行機移動の際、機内で出される軽食を「リフレッシュメント」といいます。 ホテルなどでも「リフレッシュメントサービス」という、コーヒーなどの飲み物にケーキなど軽食が用意されているコーナーを利用できるうというサービスが利用できる場合もあります。

リフレッシュレート

「リフレッシュレート」とは、液晶画面における1秒あたりどれだけ画面が更新されるのかという値の事です。 したがって、この場合の「リフレッシュ」は「再生・更新」という意味をもっているということになります。 「Hz」の単位で表し、例えば1秒間で60回画面を更新しているというのであれば、「60Hz」ということになります。 通常のパソコン場面など、普段使用している液晶画面であれば、だいたい60Hz前後の範囲となっていて、これを下回ってしまうと更新頻度が低いをいうことになってしまうので画面にちチラツキを感じてしまったりします。 逆にリフレッシュレートの高い液晶だと滑らかに感じます。 つまり、パラパラ漫画が枚数が多いければ多いほど動きが滑らかに動くのと同じ原理なのです。 パソコンでゲームをする人なんかは、このリフレッシュレートが高い液晶を使用して、より滑らかな映像でゲームを楽しんでいるようで、144Hzあると、通常の60Hzモニターの2倍以上の滑らかさでゲームをプレイすることができるのだとか・・・!

「リフレッシュ」の類語

リセット

「リセット」は、「今ある値や状態を一度取り消して、改て元の状態に戻す」という意味のカタカナ語です。 例えば、何かミスがあって、どうにもミスをカバーすることができないといった状態のときに「白紙 に戻してもう一度すべてをやり直す」という決断をしたときに、「リセットする」と言います。 物の状態はもちろんですが、「気持ちを新たにする」という意味でも使用されます。 気持ちを新たに切り替えるという点においては、「リフレッシュ」と同じ意味合いであるということになります。

例文 ・彼とは5年同棲生活を続けてきましたが、喧嘩が耐えないので一度リセットすることになりました。 ・全クリ間近のゲームを操作をミスってリセットしてしまい、ショックを隠しきれない ・お買取時には、データをすべてリセットさせていただきますが、よろしいですか?

リラックス/リラクゼーション

リラックス」は、「力をぬいてくつろぐこと」「緊張を緩めること」と言ます。 例えば、仕事では何かと気を張っている状態でも、自分の家に帰宅すれば「ホッ」としますよね。 この緊張から解き放されて、ゆったりとした気分になることを「リラックス」といいます。

例文 ・本番前なのにも関わらず彼はとてもリラックスしているようだった。 ・今日は、とにかく仕事のことは忘れてリラックスして過ごしてくださいね。 ・気の知れた仲間と過ごしているときのリラックスした空間がとても居心地がいい。

リラクゼーション」は、「心も体も緊張からとき放たれること」を言い表しています。 つまり「リラクゼーション施設」というのは、「リラックスした状態になるため施設」ということになります。 例えば、 ・エステ ・整体 ・スパ なんかが、リラクゼーション施設に当てはまります。

例文 ・近所にリラクゼーション施設が建設されているらしいのでオープンが楽しみです。 ・久しぶりの温泉は、やっぱりリラクゼーション効果があると実感しました。 ・イライラしている時はリラクゼーションを兼ねてアロマを炊いて気持ちを落ち着かせている。

リロード

「リロード」とは、「データを読み直すこと」です。 例えば、パソコン画面でホームページの上の掲示板か何かに書き込みをします。 あれ、書き込んだはずなのに自分の投稿が表示されていないな?という時ってありますよね。 そこで、リロードをするとページが再度読みこまれ、最新の状態になるので自分の書き込みがそこに表示されるようになります。 このように、ホームページを閲覧している時などによく使用されます。 また、「リロード」は「銃などの弾を充填する」という意味でも使用されることがあります。 「サバゲー」などの遊びでは使用されるかもしれませんが、日常生活ではあまり使われることはないでしょう。

例文 ・表示されているページがモニターに出ているものと違うという人は、リロードをしてみてください。 ・サーバーが混み合っているのは何度リロードしてもページが読み込まれない。 ・確認の為、もう一度リロードをしてみると、HPの最新情報が更新されていた。

リカバー/リカバリー

「リカバー」は、「回復する」という意味のカタカナ語です。 語源はラテン語で「再び掴む」という意味のある言葉でした。 例えば、体調を崩して休養をするときや、スポーツの試合などで相手に点をとられて挽回するといった場面で「リカバーする」と言い表すことができます。

例文 ・前半戦で3点失点してしまったが、後半でリカバーし、なんとか逆転処理を果たした。 ・20代前半まで何も考えずにただボケっとして生きてしまった分をリカバーしたい。 ・かなり疲労困憊といった状態だったので、すぐにリカバーするのは厳しいと思います。

「リカバリー」は、「リカバー」を名詞にしたもので、「回復」「立ち直り」「復帰」といった意味なります。 「リカバー」は動詞なので、実際は「リカバリー」とは使い方が変わってきますが、「リカバーする」でも「リカバリーする」のどちらを使用しても意味は通じてしまうので、ハッキリと使い分けている人は少ないでしょう。

例文 ・斎藤さんにお手伝いいただき何とか期限までにリカバリーすることができました。 ・先週はひどく落ち込んでいたようですが、リカバリーできましたか? ・データが消えてしまう可能性もあるのでリカバリー作業の前にバックアップをとってください。

ストレス解消

「ストレス」とは、外部刺激が負担として働くとき、心身に生ずる機能変化のことです。 つまり「ストレス解消」は、日々生活している中で感じているストレス(不満や不愉快な気持ち)を無くすための行動をすることです。 カラオケで大声を出したり、思いっきり運動して汗をかくなど、ストレス解消の方法は人それぞれですが、「ストレスを発散して気持ちを新たにしよう」という点て「リフレッシュ」と同じ意味をもっていると言えます。

例文 ・私にとって友達と会話をして思いっきり笑うことはストレス解消になる ・この壁の穴は、誰かがストレス解消の為にあけてしまったのだろうか・・・。 ・誰か私に簡単にできる良いストレス解消法を教えてください!

気分転換

「気分転換(気分転換)」の意味は、「嫌な気持ちを明るく前向きな気持ちに切り替えること」です。 「気分」なので病気や怪我の回復ではなく、落ち込んだり悲しいかったり、不愉快な気持ちを明るい気持ちにすることを「気分転換」といいます。 なので、「肉体的な回復」と言う意味は込められていません。 「怪我をして落ち込んでいる気持ちを、明るく前向きな気持ちに変える」というのが「気分転換」です。

例文 ・集中力が切れてきたので、散歩をして気分転換をしてみることにした。 ・子供といる時間も大切だけど、余裕を持って接するには気分転換をする時間も大切です。 ・ずっと家にいると気持ちが沈んできませんか?少し外の空気を吸うだけで気分転換になりますよ。

息抜き

「息抜き(いきぬき)」というのは、「気分を変えるためにしばらく休むこと」と言います。 例えば、ずっと仕事をしていると心身ともに疲れてきてしまって集中力がなくなってきたりしてしまいますよね。そういった仕事などの合間にお茶を飲んでホッとする休憩時間などを「息抜き」といいます。 常に緊張感を持ち続けていると疲労がたまり、逆に生産性が低くなってしまうのである程度の「息抜き」が必要だという認識をもって仕事などに取り組んでいる人は多いはずです。

例文 ・プロジェクトの準備もいい感じに進んできているので、一度息抜きに皆で食事でもどうですか? ・月に1度は子供を実家にあずけて息抜きに夫婦で出かける日を作っている。 ・午後は集中力が切れてくるのでコーヒーを入れて息抜きをすることが習慣になっている。

ガス抜き

「ガス抜き」とは、不満などストレスを何らかの方法で発散させることを意味します。 スプレーなどの感を捨てるときに、穴を開けて「ガス抜き」をすると、ぷしゅーっ!と凄い勢いでガスが噴出されますよね。 それと同じようにプシューっと体からストレスなど嫌な気持ちを抜くといったニュアンスで「ガス抜き」と表現されているということが考えられます。

例文 ・上司に小言を言われ続けているので、そろそろガス抜きしたい気分です。 ・私の場合、カラオケで大きな声で歌うと良いガス抜きになります! ・あの1人旅は彼女にとってはガス抜きだったのかもしれないね。

憂さ晴らし

「憂さ晴らし(うさばらし)」は、「苦しみや辛さなど不愉快な気分を取り除くこと」です。 「憂さ」という言葉が「気が滅入っていて心が晴れ晴れとしない様子」と言い表しています。 「晴らし」は、「ここの中のモヤっとした気持ちをスッキリさせる」という意味です。 「嫌な気分をスッキリさせる」というニュアンスでは「リフレッシュ」と同じ意味を持つ言葉であると言えます。

例文 ・たまにゲームセンターに言って爆音の中ゲームをしていると憂さ晴らしになる。 ・家庭内で感じているストレスの憂さ晴らしに友達をいじめてしまう子供もいる。 ・今日はとんだ災難だったね、憂さ晴らしにどこか遊び行かない?

鬱憤晴らし

「鬱憤晴らし(うっぷんはらし)」は、「に積もり積もった怒りや恨みをスッキリさせる」という意味の言葉です。 「鬱憤」に「外に出さずに抑えに抑えた恨みや怒り」といった意味があります。 「晴らす」は、上述したように「気持ちをスッキリさせる」という意味です。 つまり、「鬱憤晴らし」は、そういった不満や怒りといったネガティブな感情を解消させることを意味しています。 「悲しみや不安な気持ち」などの不愉快な感情ではなく、「怒り・恨み」というのがポイントです。

例文 ・主人が家族にやつ当たりするのは、鬱憤晴らし何だと思っています。 ・鬱憤晴らしに買い物をしていたら、買い物依存症になり多額の借金を抱えてしまった。 ・父親は、休みの日になると鬱憤はらしにパチンコ店に通っていたようです。

英気を養う

「英気を養う」は、「えいきをやしなう」と読みます。 「英気」とは、「すぐれた才気」「おおいに活動しようとする気力」いう意味のある言葉です。 「養う」は、「体力・気力・知力などを少しづつ作り上げる」という意味で使用されています。 つまり、「英気を養う」とは、「すぐれた力を発揮できるように体力・気力・知力を作り上げる」という意味になります。 「ここぞという大切な日に、力を発揮できるように休息をとって体力や気力を取り戻そう」という意味合いで使用される言葉です。

例文 ・このプロジェクトが成功したのは皆様のおかげです。今日はたくさん飲んで英気を養ってください。 ・明日からの連休は、お仕事の事は忘れて十分に英気を養われてください。 ・久しぶりの休日は英気を養うことができましたか?

「リフレッシュ」の対義語

ストレス

「ストレス」は、生体機能の変化のひとつで、心労や苦痛、また生活する上で感じるプレッシャーやショックなど精神的あるいは肉体的に負担となる刺激や状況のことです。 日常的における「ストレス」は、主に心理的要因の「怒り」「不安、不満」「焦燥感」などによる「精神的緊張」や、またその要因となる外部からの刺激や状況そのものを指して使われています。 「リフレッシュ」は、緊張や不安な気持ちから、解放されることを指している言葉なので、「ストレス」は、「リフレッシュ」の対義語であると言えるでしょう。

例文 ・いつも嫌味ばかり言ってくる上司と一緒にいるとストレスが溜まる。 ・ストレスを感じると、つい甘いものをたくさん食べてしまう。 ・私は極度の上がり症なので、人前などで何か話したりしなくてはならない場面がストレスになる。

緊張

「緊張(きんちょう)」の意味は、「心が引き締まっていてゆるみのないこと」です。 例えば、大勢の前でプレゼンをするというような場面で「上手くできるかな?」とドキドキすることってありますよね。そういったときの、油断ができない気の引き締まった心的状態を「緊張」といいます。 「リフレッシュ」は逆に「気持ちを緩めている」という状態を指す言葉なので、「緊張」の対義語であると言えます。

例文 ・人見知りなので、初対面の人と会話をするときはいつも緊張してしまう。 ・プレゼン前の斎藤さんには、緊張感が漂っていて話しかけることができなかった。 ・緊張しているのか、うろうろと動き回って落ち着きがない様子だった。

リフレッシュしたいと感じる瞬間

仕事で嫌なことがあったとき

「仕事」って社会で生活していく中で最も人がストレスを感じやすい物ですよね。 例えば、 ・仕事が遅くてミスも多い部下にイライラ・・・ ・上司の顔色を伺って思ってもいないお世辞を言わなければいけないとき ・同期が成功しているのに、自分は失敗ばかりだと感じたとき ・満員電車の通勤 など、真面目に仕事に取り組む人ほどストレスを感じやすい傾向にあります。 ストレス溜めていると、ちょっと仕事でミスをしてしまった時なども、気持ちが一気にズーンと落ち込んでしまったりします。 そんなときは、やっぱりふと「リフレッシュしたいなあ・・・」と思う人は多いでしょう。

人間関係が上手くいかないとき

家族や友人、職場の人など生活していると、日々色々な人と関わることになります。 100人いれば100通りの色々な考えをもって生活をしている人がいるわけですから、意見の食い違いぶつかっってしまうことや、「どうしてもわかりあえない」と感じる時もあるでしょう。 特に女性は、女友達同士での揉め事も多く、「人間関係がストレス!」と感じている人は非常に多いです。 さらに、元々人とコミュニケーションを取ることが苦手な人にとっては、誰であろうと関わりを持つこと事態がストレスという人もいます。 そんな人間関係のストレスを感じると、「何もかも忘れてリラックスしたい・・・」とリフレッシュ願望がでてくるのです。

失恋したとき

失恋をしたときは、「ストレス」というよりは、悲しくて悲しくてどうしようもない気持ちになりますよね。 片思いが実らなかったときはもちろん、お付き合いをしていて破局してしまったという場合においてもやっぱり、気持ちは落ち込むというのは男女共通なのではないかと思います。 失恋したんだから、早く気持ちを切り替えないと・・・!思ってはいても、「好きだった人」を忘れるのってそう簡単なことじゃないんですよね。 そんなとき、「リフレッシュしたい」と思うのは珍しいことではありません。 気持ちをリフレッシュして、前向きになれば新しい恋に進めるはずだと思うのでしょう。 いつまでも振り返ってウジウジ悲しんでいるよろも、リフレッシュして前向きに生活したほうがいいですよね。

やることが多すぎて頭がパンクしそうなとき

やることが多すぎて「わーーーーー!」という気持ちになることってありませんか? 私は、主婦なのですが、やることが多すぎてパニックになってしまうことが多々あります。 掃除や洗濯ご飯の用意など、最低限やらなければいけない事に加えて、例えばクリーニングを取りにいったり、布団のシーツを変えたり、歯ブラシ新しく変える、など日々やらなければいけないことが変化するので、「あれもやらなきゃいけなかったのに忘れてた・・・」など最終的にパニックになってしまうんです。 仕事でも任されていることや、やらなければいけない業務がたまりすぎると、頭がパンク寸前だ!なんて感じる人も少くないはずです。 そんなとき、やっぱり「あ〜リフレッシュしたいな〜!」と思いますよね。

何もしたくない時

特にこれと言って理由はないけれど、何となく「何もする気がおきない」そんなときってありませんか? そういうときって、だいたい精神的にストレスを感じていたり、肉体的な疲労が溜まっているときだったりします。 何かとは言い表すことができなくても、何となく気持ちがモヤモヤとしている状態なんですよね。 そんなときは、やっぱりやる気を取り戻すためにも「リフレッシュしたい!」と感じるのではないでしょうか。 そういう時って、だいたい一日思い切って休んで気分転換をしてみると、気持ちがリフレッシュして、 「よし!また頑張るぞ!」という気持ちにになったりします。

「何もしたくない」と思う原因は?楽になる考え方と抜け出す方法、禁止事項とは?

eigobu.jp

週末や休日

週末や休日に、「リフレッシュしたい!」と思う人も多いようです。 なぜなら、週末は次の日が休みなので次の日のことを気にする必要がないし、休日はたっぷり時間があるということで、「リフレッシュする絶好のチャンス」だからです! 週末に「リフレッシュしよう!」と飲みに出かける人も多いでしょうし、休日に「今日はリフレッシュするぞ〜」とパワースポット巡りなどに出かける人もいるでしょう。

リフレッシュする方法

ヨガ

「ヨガ」に通っているという女性も多いかと思いますが、「ヨガ」は呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて、心身の緊張のほぐし、心にやすらぎを与え、心を安定させる効果があります。 つまり、「ヨガ」とすることで、心がリフレッシュされるだけではなく、リラックスすることもできるのです。 最近はYou Tubeなどの動画サイトにプロのヨガインストラクターがポージングなどの動画を投稿してくれています。 クオリティーも高いため動画さえ見れる環境であればすぐに始めることができます。 自宅でチャレンジしてみて、本格的に始めたいなと思ったのであれば、ヨガ教室に通ってみるというのもアリですね。

瞑想

「瞑想(めいそう)」とは、目を閉じて心を休め可能な限り無心になることです。瞑想によって内なる声に気付くことができたり、集中力を高めることができます。 瞑想と聞くとハードルを高く持っている人が多いかと思いますが実際はそんなことはありません! 静かな環境で目を閉じ、ゆっくりと深呼吸をするだけでも瞑想と言えます。 頭の中を100%空っぽにする必要はないので、ぜひお試しください。 疲れたな〜と感じているときや、何か嫌なことがあって負の気持ちが心を支配してしまっている時は、一度「瞑想」をして見ると、気持ちがリフレッシュされます。 小さな公園や、緑の多い裏道、お気に入りのカフェなどどこでもいいです。自分と向き合うためにも瞑想を趣味として取り入れてはいかがでしょうか。

断捨離

「断捨離」という言葉は最近よく耳にする言葉ですよね。 「断捨離」とは、「必要な物意外を捨ててスッキリさせる」ということです。 それとリフレッシュは何の関係があるの?掃除をするなんてめんどくさいし逆にストレスが溜まりそう・・・なんて思う人もいるかもいれませんが、そんなことはありません。 不要な物をバッサリ捨てていくことで、空間が奇麗になるだけではなく、心をスッキリさせる効果があるのです! この爽快感にハマってる人は沢山いて、今では家電もすべて断捨離して布団だけしか部屋に置いてあるものはありませんなんていう「ミニマリスト」と言われている人達もいるくらいです。 掃除をした後って、不思議と良い気分になりますよね。 それと同じように、不要なものをスッキリさせることで気持ちのリフレッシュにも繋がるのです。

思い切って休む

「リフレッシュしたい」と感じるならば、何かストレスを感じているということがほとんどです。 無理をせずに思い切って休んでみましょう。 そのまま無理をしていても、いつか必ず限界が来てしましますので、無理をしないで身体や気持ちを休めることを優先してみることをオススメします。 「たった1日有給をとってのんびりしてみる」でも気持ちに余裕がでてきます。 すぐには無理ということであれば、「○日は休んでのんびりしよう、リフレッシュしよう」と決めておくだけでも暗い気持ちから抜け出せるかもしれません。

とにかく外に出る

「今日はリフレッシュするぞ〜」と決め込んで、撮りためていたドラマの一気観をしたとします。 好きなことに時間を使ったはずなのに、なんか1日を無駄にした気がしてモヤモヤする・・・リフレッシュできたと言い切れない・・・そんな経験はありませんか? これは、頭も体も動かしていないことが原因で「だるさ」を感じているからであると考えられています。家でゴロゴロしていると、身体がどんどん気だるくなってしまいますよね。 1日家にこもってやりたいことをやるのも良いのですが、ちょっと歩いて買い物に行くなど、頭と体を動かす行動をとったほうが、よりリフレッシュした気持ちになります!

好きな音楽を聞く

好きなアーティストがいるのならば、好きなアーティストの音楽を聞いて気持ちをリフレッシュさせるのもいいでしょう。 ゆったりしたい気分であれば、「スローミュージック」を、とにかく気分を上たい!という気分であればアップテンポの音楽を聞くなどお気にいりの音楽で気持ちを前向きにすることができる可能性があります。 「音楽療法」というものがあるように、「音楽」には健康の維持や生活の向上のみならず、心身障害の機能回復効果が見込めるとされているので、試してみる価値ありです!

まとめ

「リフレッシュ」について理解していただけましたか? 簡単にまとめると・・・ ✓「リフレッシュ」の意味は「気分をさわやかに一新すること」 ✓「リフレッシュ」のスペルは「refresh」 ✓「リフレッシュする」「リフレッシュ休暇」などと使う ✓「リフレッシュ」はIT用語では「同じ動作や処理を一定時間行うこと」 など となります。 「リフレッシュ」について理解を深めていただけたでしょうか。 人間、生きていれば嫌なことの一つや二つ、誰にだってありますよね。 筆者自信は、嫌なことがあるといつまでも嫌な気持ちを引きずってしまうタイプなので、上手く「リフレッシュ」して、いつても前向きな気持ちでいれる人って本当にすごいなと思います。 「リフレッシュ」を上手にして、前向きに生きていきましょう(^o^)

こちらの記事もチェック

「デフォ」は若者言葉?死語?意味と類語「デフォルメ」との違いは?

eigobu.jp

「トピック」の意味と使い方、類語「トピックス」「キーワード」「テーマ」との違い

eigobu.jp

「センテンス」の意味と使い方、語源、類語との違いを徹底解説!

eigobu.jp

「スタイリッシュ」の意味と使い方、類語と対義語、語源、英語を簡単解説!

eigobu.jp

「フィーリング」の意味と使い方を分かりやすく解説!英語「feeling」との違い

eigobu.jp

「ニコイチ」は死語?若者言葉?5つの意味と車・カップルでの使い方とは?

eigobu.jp

「ニュアンス」の意味と語源、使い方、類語、英語・中国語を解説!

eigobu.jp

「アベック」は死語?意味と語源とは?類語「カップル」との違いは?

eigobu.jp

「バイタリティ」の意味と類語!バイタリティのある人の特徴とは?高める方法は?

eigobu.jp

「ミスリード」の意味と使い方、「伏線・ミスディレクション」との違い

eigobu.jp

「デリカシー」の日本語での意味は?類語、語源、デリカシーない人の特徴

eigobu.jp

「フィジカル」の意味と音楽とサッカーでの使い方、対義語「メンタル」との違い

eigobu.jp

「ラインナップ」の日本語での意味と使い方、類語、「ラインアップ」との違い

eigobu.jp

「ナイーブ」の意味は?類語、対義語、英語表現!ナーバス・デリケートとの違いも

eigobu.jp

「インスピレーション」の意味と使い方、語源、類語「直感/アイデア」との違い

eigobu.jp

「フィックス」の意味と使い方、業界用語での意味は?語源の英語は?

eigobu.jp

「オンスケ」の日本語での意味と使い方、反対語「ビハインド」とは?

eigobu.jp

モノローグ・エピローグ・プロローグ・ダイアローグの意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ギャップ(gap)」の意味と業界別の使い方、語源、類語・対義語、英語表現

eigobu.jp

「ロット」は何の単位?意味と使い方とは?FX用語でもある?

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「リフレッシュ」の意味とITでの使い方、類語、英語スペル、方法とは?