1. TOP
  2. 心理
  3. 恋愛・結婚
  4. 告白のセリフ【完全版】成功する男女別の告白の言葉を紹介

告白のセリフ【完全版】成功する男女別の告白の言葉を紹介

告白をされたら誰だって嬉しいですよね!しかし告白をするのってそう簡単なことではありません...。告白したいけどどうすればいいの?なんて人も多いのではないでしょうか。今回は「告白」のコツや、具体的なセリフをお教えしましょう!告白のシチュエーションやタイミング、注意点なども合わせて紹介しますので是非参考にしてください。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

告白されたら、そりゃ皆うれしい

告白をされて嬉しくない人なんていないのではないでしょうか。 例え自分が行為を抱いていない相手からの告白だったとしてもやっぱり告白をされるとドキっとしてしまいますし、何なら告白されたことをきっかけに気になりだす、なんてこともあります。 好きな人に思いを伝えようか悩んでいるそこのあなた! 大丈夫です、誰だって告白されたら嬉しいですよ! 今回は「告白のコツ」を伝授したいと思います。 本記事が愛の告白にお役立てだきれば幸いです。

告白のコツ

告白する前に必ず状況を確認する

告白をする時は、必ず相手の状況を確認しましょう。 絶対確認すべきなのは、「恋人がいるか・いないのか」です。 恋人がいる状態でも「気持ちをしっかり伝えた上で諦める」という人もいるでしょうが、付き合いたいと思っているなら恋人がいる状態で告白をしても当たり前ですが玉砕します。 思いを募らせるだけではなく、相手の情報収集はしっかりしておきましょう。 さらに、相手が仕事が忙しくて精神的に参っている...といった状態である場合は告白をするタイミングとしては避けたほうが良いですし、失恋をして新しい恋をしようとしている...といったタイミングなら思い切って告白をするのもありです。 このように、様々な面から見ても相手の状況を確認しておくことは大切であると言えるでしょう。

先に告白してもおかしくない関係までもっていく

お互いに距離が縮まっていない状態で告白しても、相手を困惑させてしまう可能性が高いです。 自分は思いを募らせていても、相手が何とも思っていなかった場合、かなり驚かせてしまうことになるでしょう。 なので、連絡を頻繁にとって距離を縮めたり、デートを何回か重ねるなどして「恋愛対象として見ているよ」ということをガツンとアピールして告白されてもおかしくない関係にしておくことが大切です。 2人の距離が縮まっていない状態での告白は、相手に不信感を与えてしまう場合もあるので注意しましょう。

相手の些細な気持ちの変化を見逃さない

意中の相手にアピールをしている時って、自分の気持ちを相手に伝えたいと思う気持ちでいっぱいになってしまいますよね。 自分の気持ちをアピールすることも大切なのですが、そこに集中しすぎてしまうと案外相手の微妙な気持ちの変化を見逃してしまいがちです。 アピールをすることで、「ちょっといいかも...」と気持ちが揺れ動くこともあれば「グイグイ来られてるな...嫌だな...」と感じはじめる人もいるでしょう。 こういった変化を見逃していると、告白すべきタイミングを逃して「なんだ、この人は自分のことが好きなわけれはないのか」と他へいかれてしまいます。 また、どう考えても上手くいく状態ではないのに先走って告白してしまうということもあるでしょう。 アピールしまくることが告白のコツなのではなく、きちんと相手の気持ちの変化も感じられる余裕をもつことも大切であるということを頭に入れておいてください。

シチュエーションにこだわる

告白は勢いも大事です! しかし、しっかりシチュエーションにもこだわることが大切であると言えるでしょう。 自分が告白される側になった時のことを想像してみてください。 ちゃんとしたシチュエーションで告白されたほうが嬉しいですよね。 相手に好意を抱いてなかったとしても、一生懸命考えてくれたその愛情に心動かされることもあるでしょう。反対にシチュエーションが悪すぎたために気持ちが乗らずにふってしまう...なんてこともあります。 告白にもってこいなシチュエーションとタイミングについては後述しますのでそちらを参考にしてください。

告白はLINEよりも会って直接する

直接告白するとういのも、告白のコツになります。 やっぱり本人の目をしっかり見て気持ちを伝えるのが1番なのです! 最近ではLINEなどで自分の思っていることをすぐに相手に伝えることができますよね。 しかし、それではやっぱり気持ちが伝わりにくいのです。 文面では感情が伝わりにくいですし、軽く言っているようにも感じてしまいます。   「しっかり相手の目を見て伝える」というのは、気持ちを伝える上でとっても重要であるといえるでしょう。

告白のセリフはシンプルにわかりやすく

告白というのは、相手に自分の気持ちを伝えることですよね。 思いが強ければ強いほど、自分が相手をどれだけ好きなのか真剣に伝えたい、わかってもらいたいと思う人は多いのではないでしょうか。 しかし、結局のところ告白は自分の気持ちをシンプルに伝えることがコツになります。 だらだらと思いを伝えてしまうと「何が言いたいのだろう...」と聞いているほうがわけわからなくなってしまいますし、何よりあまりの熱く重苦しい言葉に「こわい」と感じさせてしまう危険性もあるのです。 色々伝えたい気持ちはあるでしょうが、告白のセリフはシンプルにわかりやすくしましょう。

告白のセリフ|男→女編

「好きです。付き合ってください」

告白のセリフはシンプルにわかりやすくを意識しましょう。 1番シンプルでわかりやすいのは、やっぱり「好きです。付き合ってください。」なのではないでしょうか。 女性としても「好き」とストレートに伝えてもらったほうがキュンときます! そして「付き合ってください」という言葉があることで「はい」「いいえ」の二択て返事ができるので、困惑させてしまうことがありません。 「好きです。」と気持ちを伝えるだけでは「....どうすればいいの?」となってしまう人が多いので、付き合いたいのか、それとも気持ちを伝えただけなのか、ハッキリ伝えてあげましょう。

ずっと前から好きでした

「ずっと前から好きでした。」からの「付き合ってください」も好感度が高い告白のセリフです。 「ずっと前から」というのが大きなポイントです。 女性はやっぱり「本気なの?」「ノリで言ってるだけじゃない?」「遊ばれるのでは?」なんて不安になる人も多いんですよね。 「ずっと前から」と言われると、それだけ自分を思ってくれていたんだ...という安心感があります。 また、その一途さにキュンとくることでしょう。 好意を抱いていなかったとしても、自分を長いこと見てくれていた男性を恋愛対象として意識するようになるなんて可能性もあります。

「彼女になってくれない?」

ちょっと強引な告白のセリフにキュンとしてしまう女性も多いのではないでしょうか。 「彼女になってくれない?」は男らしさを感じさせるセリフですよね。 人によっては「えっ、何様?」と思ってしまう可能性もあるので、相手のタイプや状況をきちんと考慮しましょう。 「あなたが彼女になってくれたら、幸せ」というようなニュアンスを伝えられるのが良いですね。 具体的な将来像なんかを一緒に述べてみても良いかもしれません。 「あなたがいてくれるだけで頑張れる」とか、だから「一緒にいたい」「彼女になってほしい」という気持ちを伝えると女性も心動かされるでしょう。

「もう友達はやめたいんだよね」

友人関係が長いお相手なら、「もう友達はやめたいんだよね」なんてセリフも良いでしょう。 仲良くしていた男友達に真剣に「友達やめたい」なんて言われたらドキっとしてしまいますよね。 「どうして?」と必ず聞いてくるでしょう。 女性としては「なんで急にそんな事言うの?」とショックを受けます。 しかし、そこで「好きだから彼女になってほしい」と伝えるのです。 ビックリする展開かもしれませんがキュンとするのではないでしょうか! まるでアメとムチ!天国と地獄! 一度気分を落としてから上げるのはかなり効果的であると言えるでしょう。

「大切にしたい」「幸せにしたい」

女性はやっぱり男性に「守ってもらいたい」「幸せにしてもらいたい」と思う人が多いです。 男性には大切にしてもらいたいですよね! 大切にしてもらっている女性って、男性をしっかりサポートできるし将来的に結婚生活も上手くいくことでしょう。 お付き合い=結婚というわけではありませんが、結婚願望が強い女性も多いです。 なので、女性としても大切にしてもらえている将来像を思い浮かべることができたほうが良い! あなたをずっと大切にしたい、幸せにしたいなんて気持ちを伝えられてキュンとしない女性はいないはずです。

告白のセリフ|女→男編

「大好きです。付き合ってください。」

女性から男性に告白する場合も、やっぱりシンプルにストレートに伝えるのが1番良いです。 というのも、こんなことを言っては失礼なのですが男性って女性より理解力に欠ける方が多いんですよね。 女性は少女漫画などで学んでいることも多いので「この展開は...」と察したり「告白されてるんだな」ということがわかる人が多いのです。 しかし、男性はそもそも「察する」ということが苦手ですから、周りくどい言い方をすると全く伝わらない可能性が高いと言えます。 おすすめは「大好きです。付き合ってください。」です! 女性が言う「大好き」って言葉、可愛くないですか...? 思わずデレっとしてしまう男性も多いのではないでしょうか。

「ずっと一緒にいたいです。良かったら彼女にしてください。」

女性が言う「ずっと一緒にいたいです」も可愛いですよね。 「付き合ってください」と言わずとも、「彼女にしてほしい」という気持ちは十分に伝わると思います。 気になっている女性に「ずっと一緒にいたいです」なんて言われたら「いるいる。ずっと一緒にいる。」となってしまう男性は多いのではないでしょうか。 「良かったら彼女にしてください」の「良かったら...」と謙虚さもポイントです。 控えめな女性もガツガツしている女性より安心できるし、何より可愛い。 やっぱり女性は可愛らしさを感じつセリフで思いを伝えるのが効果的であると言えるでしょう。

「私が彼女じゃダメかな?」

好きな男性の心が弱っている時って、「側にいてあげたい」という気持ちが強くなりますよね。 彼女だったら側にいて支えてあげられるのに...なんてやきもきしたことがある女性も多いのではないでしょうか。 そんな時は、「私が彼女じゃダメかな?」と告白してみましょう。 その献身的な姿勢に心を打たれる男性は多いはずです。 ストレス社会で一生懸命働く男性は癒やしてくれる彼女が欲しい!なんて思っている人が多いです。 ひたむきな思いを伝えられたら「彼女になってほしい」と思うはずです。

「私のことが好きなら付き合ってあげてもいいよ」

恥ずかしくて自分の素直な気持ちを素直に伝えられないツンデレちゃんタイプは「私のことが好きなら付き合ってあげても良いよ」と伝えてみてはどうでしょう? かなり上から目線なセリフなので「なんでこの人そんなに上から物申してくるの?」と嫌な印象を与える可能性もあるかもしれないのですが...。 きちんと距離を縮めることができていて「この子はツンデレなんだな」と分かってもらえている関係性であれば問題ないでしょう。照れ隠しで上から目線になってしまったのだなということがわかりますからね。 こうした女性のちょっと強気な発言に弱いという男性も多いでしょう。

「私のこと好きになる可能性ってある...?」

女性から告白をするなんて勇気がいりますよね...。 ちょっと良い感じなんだけれど、お付き合いまでは中々発展しない...そんな状況にしびれを切らしているのなら「私のこと好きになる可能性ってある?」というセリフを使ってみてください。 男性側も告白する勇気がなくて一歩を踏み出せないのかもしれません。 好意を抱いていれば「ある、というかもう好きだよ」なんて答えてくれるのでは...!? ちょと自信なさげにそんなこと聞かれたら男性もキュンとしますし、よしじゃあ告白しちゃお!という気持ちになる可能性が高いです。

「誰でも良いわけじゃないよ○○君だからだよ」

「あの子モテてるんだろうな〜」と思ってしまう女性っていますよね。 「デートしてるのはきっと自分だけじゃない」と自信のない男性なら思うはずですし、告白してもどうせフラれると思ってしまいます。 そんな様子が見られるなら「誰でも良いわけじゃないよ○○君だからデートしてるんだよ」など、「あなたは私の中で特別なんです」という気持ちを伝えて告白しましょう。 察しが良い男性なら「自分だけということは、、、俺のことが好きってこと?」と告白されていることに気がつくはずです。 ただ、回りくどいと言えば回りくどいので告白として受け取ってもらえない可能性もあります。 「○○君だから仲良くしているし、何なら彼女になりたい...」とわかるように伝えたほうが良いかもしれませんね。

告白のシチュエーションとタイミング

相手が好きな場所

きちんと情報収集をして相手が好きな場所を選んであげるのって素敵ですよね。 告白が成功すれば、その場所が特別な場所になってもっと好きな場所になるでしょう...! 景色が綺麗に見える場所や、水族館といった様々な場所があると思うのでさり気なく聞いて告白できそうなシチュエーションを選んでみてください。 ただ、告白が成功しなかった場合、気まずい思い出を好きな場所に植え付けてしまうことになります。 なので、それまでにしっかり関係性を深めていって「絶対OKもらえるでしょ!」と思える段階で告白することをおすすめします。

デートの帰り道

楽しく過ごしたデートの帰り道に、サラっと告白するのもおすすめです。 楽しくデートした後って、やっぱり気持ちが高ぶっています。 同性とでかかるのと異性と遊ぶのってやっぱり全然違いますよね。 ドキドキしている人も多いはず! なので、帰り道にちょっと景色が見える場所によって告白をするといったシチュエーションは、成功率が高いと言えるでしょう。 デートをしているという時点で成功率は高めだと思いますし、逆に何もないと「あれっ?」って思う人もいます。数回デートを重ねている関係ならいっちゃいましょう。

デートに行って帰宅したあとに電話で

デート中に告白できるのってベストですよね。 しかし、断られる可能性があることを考えると「せっかくの楽しい奮起をぶち壊しにしたくない」という人もいるでしょう。 そんな時は、デートに行って帰宅した後に電話で告白をするというのもありです。 直接のほうがもちろん効果的ではあるのですが、会っていた直後であれば自分のことをどう思ってくれているのか何となく察しがついているはずですから、電話でも気持ちは十分に伝わるでしょう。 「会っているときは緊張してしまって言い出せなかったんだけど...」なんて伝えてから告白をしてみてください。

バレンタインなどの記念日

バレンタインやクリスマスといった記念日も告白するにはもってこいのシュチュエーションとタイミングであると言えるでしょう! 「恋人達のイベント」と言われるぐらいですから、一緒に過ごすという事自体、お互いに恋愛対象としてみているのだなということはわかると思います。 バレンタインであれば、チョコレートを渡すタイミングで告白をするのが1番! バレンタインのチョコレートは女性から男性にというのが主流ですが「逆チョコ」と言って、男性から女性に渡す場合もあるので、男性もぜひチャレンジしてみてください。 クリスマスは、クリスマスっぽいディナーを食べているタイミングなんかでもありですし、プレゼント交換をするなど恋人っぽいことをしている時がベストでしょう。

さり気なく不意打ちを狙うのもあり

シュチュエーションやタイミングにこだわることも大切です。 しかし、中にはそういったゴリゴリの恋愛モードが苦手な人もいるでしょう。 何となく恥ずかしいし、そういった雰囲気だと逆に素直になれなくなってしまうのです。 なのでタイプにもよりますが、さり気なく不意打ちを狙っての告白もありでしょう。 ツンデレちゃんタイプなんかには、この方法がおすすめ! さりげない会話の中で告白をサラっとしてしまうです。 不意打ちだからこそ、ドキっとしますよね...。 コロっと落ちてしまう人も多いのではないでしょうか。

プレゼントと一緒に告白の手紙を忍び込ませる

直接は伝えられないし、電話でも無理!でも告白をしたい! という時は、プレゼントを渡すときに一緒に告白の手紙を忍び込ませるのも手でしょう。 例えばバレンタインでチョコを渡すときに、チョコと一緒に告白の言葉を書いた手紙を入れるんなどです。控えめな感じが「かわいいい」と思われることもあります。 後日手紙の返事が聞きたいから会ってほしと伝え、改めて告白をするのもありでしょう。

告白するときの注意点・NG行為

出会って間もなすぎる告白

「告白をしたい!」と思うタイミングって、人それぞれだと思います。 相手のことを何も知らないのにいてもたってもいられなくなって告白をしてしまうなんて人もいるでしょう。 しかし、これは絶対にNGですしやってはいけないことです。 筆者も大学に入学したての頃、授業終わりに突然名前も知らない男性に声をかけられ「好きです。付き合ってください」と言われたことがあります。 もちろん相手の名前も知りませんし、初めて見た人だったので「この状況でなぜ付き合える可能性があると思った...?」と素で思いましたね...。怖かったです。 やっぱり、告白をするときはそれなりの関係性を先に築いておくべきなのです。

大勢が見ている場での告白

告白をするシチュエーションとしてベストなのは「静かな場所で」「二人っきりで」ではないでしょうか。勢いにまかせて大勢の前で告白してしまうと、相手が冷静に判断して答えを出せないこともあります。 「フラッシュモブ」といって、大勢の人を巻き込んだパフォーマンス形式の告白も一時期流行りましたよね。確かにとても素敵です。 しかし、嬉しいよりも「恥ずかしさ」のほうが勝ってしまう人もいます。 また「断ったら気まずいよな」というプレッシャーにもなりかねません。 そういった告白をする場合は、独りよがりにならないように注意が必要です。

自信がなさそうにしすぎる

「控えめ」なのはとっても良いことです。 自信まんまんに「付き合えよ」なんて言われても良い気がする人はいませんからね...。 しかし、「控えめ」なのと「自信がない」は違います。 あまりに自信のなさを全面に出されると「この人と付き合って大丈夫??」と不安にさせます。 自信がない人ってメンヘラ臭もしますし、面倒くさそうなんです。 なので、きちんと伝えるべきことはハッキリ伝えましょう。 挙動不審になりすぎたり、自分の発言に自信がなさそうに振る舞いすぎるのはNGです。

回りくどかったり熱がこもりすぎた告白

何度も上述していますが、告白は「シンプルisベスト!」なのです。 しかし気持ちが強ければ強いほど、「あなたの○○も好き」などと好きな部分を10箇所以上のべたり「だから○○してほしい」など回りくどい熱のこもった告白になりがちでしょう。 しかしこれはNGです。 思いはたしかに伝わるかもしれませんが、「重い」と思われる原因になります。 また、相手が自分に好意を抱いていない場合「怖い」と思わせてしまうんですよね。 伝えたい思いは沢山あるでしょうが、わかりやすくスッと伝わるように告白しましょう。

ふざけすぎる

照れ隠しなのか、ふざけたノリで告白をしてしまう人もいますがこれはNGです。 本気なのかどうかわからないので、相手も返事に困ります。 「ふざけてこんなこと言うなんて馬鹿にしてるの?」と不快に思う人もいるでしょう。 「試しに付き合ってみない?」なんてノリで言ってしまって曖昧な関係になってしまうなんてこともあります。 恥ずかしくてもしっかりとした雰囲気を作って真面目に伝えたほうが相手には気持ちが伝わります。 せっかく伝えているのに「ふざけてる」なんて思われてしまうのは勿体ないですよね。

臭う

告白をするときに「臭う」なんてこれはまさに悪事です。 せっかく勇気を振り絞って愛の告白をしたところで、口臭を吹きかけながらだと全く話しが耳に入ってきません「告白されて嬉しい」どころか気分は最悪でしょう。 気にしなければいけないのは「口臭」だけではありませんよ。 お風呂に入っていない状態など体臭がきつい状態での告白も絶対にNGです。 臭ったり、汚い服だったりすると「こんな大切な時に身だしなみも整えられないの?」と思ってしまって幻滅されてしまいますよ。 ビシッとしゃきっと綺麗に!いい匂いの状態で告白をしましょう。

恋愛に関するおすすめの本

恋愛の科学  出会いと別れをめぐる心理学

心理学で、恋の重み、愛の深さを測ってみませんか? 恋愛心理学研究の最前線をエキサイティングに解説!

異性の心を上手に透視する方法

異性の気持ちを見抜く方法を、実例を交えてわかりやすく解説し、全米ベストセラーとなった衝撃の一冊。

ベッドの上の心理学 感じるオトナのための保健体育

あなたの“感じる”はもっと高まる! 究極のセッ○スメンタリズム

まとめ

「告白のコツ」掴めましたか? 告白って難しいですよね...!! シチュエーションやタイミングも勿論大切です。 しかし、1番大切なのはやっぱり「あなたが相手を思う気持ち」です。 方法やシチュエーションは何であれ、まっすぐにきちんと相手に気持ちを伝えることが大切です。 誰かにとっての最高が、誰かにとっての最低にもなりえる...それぐらい告白って色々なものが物語があるものですよね。 あなたにとっての告白が良き思い出になりますように...!

新着ツイッターまとめ

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 心理
  3. 恋愛・結婚
  4. 告白のセリフ【完全版】成功する男女別の告白の言葉を紹介