1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 幸せになりたい人が幸せになるための方法、習慣、NG行動を徹底解説!
幸せになりたい人が幸せになるための方法、習慣、NG行動を徹底解説!

幸せになりたい人が幸せになるための方法、習慣、NG行動を徹底解説!

「幸せになりたい」誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。でも、そもそも「幸せ」って何?と考えれば考えるほど疑問に思ったことがある人も多いのでは?今回は、「幸せになりたい」と思ってる人必見!幸せになる方法・法則や幸せになる考え方などをまとまめますので、ぜひ参考にしてみてください。

幸せとは

「幸せ」の意味は「幸運に恵まれて、心が満ち足りていること」

「幸せ」の意味は、「幸運に恵まれて、心が満ち足りていること」です。 どういったことが「幸運」で、どうなれば「心が満ち足りている状態なのか」ということに関しては、人それぞれ違うものなので、特に「こうなれば幸せと言える」という明確な定義はありません。 例えば、健康な体で毎日過ごせているだけでも「幸せ」と感じる人もいれば、「手元に沢山のお金があないと幸せとは思えない」という人もいます。 このように、「幸せ」とは、非常に抽象度が高い言葉であると言えるでしょう。 結婚したばかりの新郎新婦など、誰がどう見ても「満ち足りていそうだ」と感じる人達に対して「幸せそうだね」と、本人以外が予想して使用することもあります。

「幸せ」の類語は「幸い」「果報」「幸福」「多幸」など

「幸せ」の類語には、「幸い」「果報」「幸福」「多幸」といった言葉があります。 ・「幸い」 「幸い」には、 ・めぐまれた状態でしあわせであり、ありがたいこと ・運がいい好都合だとみなすこと ・そうしていただければ幸せだと人に頼む気持ち という意味があります。 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味で使用される表現になります。

例文 ・大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちいただけますと幸いです。 ・幸いにも、大事には至らず家族全員無事に合流することができました。

・「果報」 「果報(かほう)」の意味は、 ・良い員に恵まれて幸せなこと・幸運 ・仏教で、前世での好意によって受け取る現世での報い です。 「幸せ者」という意味で「果報者」と表現されることもあります。

例文 ・旦那さんにあんなに大切にされているなんて加藤さんは本当に果報者ですよね。 ・ただの運ではなく自らの努力が果報を招いたということに、本人は気がついていないようだった。

・「幸福」 「幸福(こうふく)」の意味は、 ・恵まれた状態で、不平や不満がなく満足であること ・幸せな状態であること です。

例文 ・今はしんどいかもしれないが、この苦労を乗り越えれば幸福が待っているはずだ ・彼との出会いは、私に多くの幸福をもたらしました。

・「多幸」 「多幸(たこう)」の意味は、「しあわせの多いこと」「多福」を意味します。 頭に尊敬を表すう接頭語の「ご」をつけて「ご多幸」として使用されることがほとんどです。

例文 ・美味しいものを沢山口に入れ、全身が多幸感で満たされた。 ・遅ればせながら皆様のご多幸をお祈りして、お礼のご挨拶に代えさせていただきます。

「幸せ」の英語は「happiness」

「幸せ」の英語は「happiness」です。 「happiness」は名詞で、形容詞が「happy」です。

幸せになる方法・法則

自分の幸せの定義を理解する

まず、幸せになるには、自分自身を自分が理解している必要があります。 幸せになるために一番理解しておきたいのは、「自分にとっての幸せは何なのか」ということです。 上述しているように、「幸せ」というものには定義がありません。 周りの人にとっての幸せが、あなたにも必ず当てはまると言えば、そうではないのです。 例えば職業選択においても、自分自身の幸せの定義によって選択肢が変わってきます。 バリバリ働けてステータスを手にすることが幸せだ!と思うのなら、とにかく自分の脳力が発揮できて一生懸命働いている仕事に就くことが幸せになれる。 しかし、「趣味に時間を費やす時間が一番幸せだ」と考えるなら、少し手にするお金が少くても定時で必ず帰れるなど自由な時間が取れる仕事に就いてほうが幸せになれるでしょう。 こういった選択において、自分の幸せの定義をしっかりわかっていないと、無駄に苦痛を感じる選択をしがちです。 これは周りの人がどうだから・・・というのは全く関係ないことなので、自分自身としっかり向き合って考えてみなければわからないことです。

健康的な体でいる

単純に「体調が悪い」という状態で「幸せだ」と感じる人は、なかなかいないと思います。 「病気を患っている人は幸せになれない」ということではありません。 ただ、「体が資本」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、健康的な体でないと制限されてしまうこともありますよね。 健康な体があれば、例えお金がなくても稼ごうと思えば稼げるし、何でもすることができるでしょう。 健康的な体はお金では決して買うことはできませんよね。 例えば、健康に支障が出るほどに寝る間も惜しんで仕事をして、多額の資金を手にいれても、いざ使おうと思ったときに病気で病院から出ることもできない・・・となってしまったとしたらどうでしょうか。  「健康であること」が「幸福度」を感じるための支えとなっていると言えるでしょう。

生理的欲求が満たされている

生理的欲求とは、 ・食欲 ・睡眠欲 ・排泄欲 といった、生きていくために人が感じる基本的欲求を指します。 例えば、1000円しか持っていないという状況にあるとして、お腹がペコペコだったら食べ物にそのお金をいくらか使いますよね。 その1000円で中古のゲームを買って娯楽を楽しもうなんて人は、なかなかいないと思います。 これは、食事をとれない状態が続くと生命を維持することができないといったことから、自然に人間が食欲を満たそうと判断するからであると考えられます。 他にも、睡眠がとればいと体力がなくなって動くことができなくなってしまうし、排泄ができない状況をというのも耐えられるものではありません。 このように、「幸せ」を感じるためには、生理的欲求が満たされている必要があるのです。

メンタルが良い状態である

「幸せだ」と感じるには、メンタルが良い状態である必要がります。 例えば単純にストレスを感じている状態が続いていると、美味しいものを食べた瞬間など、ちょっとしたことで「幸せだ」と感じにくくなってしまいます。 メンタルがいい状態に保てていないと、気持がネガティブな方向へいってしまいがちなんですよね。 つまり、出来事に対して「幸せだ」とポジティブに受けとるメンタルを保つことが、幸せになる方法の一つであると言えるでしょう。

好きなことをしている

「苦痛だと感じる時間」と、「好きだと思えることをしている時間」どちらに幸せを感じますか? 単純に「好きなことをしている時間」ではないでしょうか。   これは、恐らくほとんどの人に当てはまる「幸せの法則」なのではないかと思います。 「好き」「楽しい」という気持は、人に幸せを感じさせますし、好きなことだからこそ、辛いことも乗り越えることができるし、人は成長していきます。 だいたい日常生活で幸せを感じながら充実した日々を過ごしている人って「好きなこと」を仕事にしていたり、仕事にやりがいを感じているなど、自分の幸せの定義に沿って自分の道を突き進んでいる人のように感じます。 「好きなことをする」というは、幸せになる法則でしょう。

他人の役に立つ

人には、「承認欲求」というものがあります。 「人に認められたい」「感謝されたい」と言った気持ちが多かれ少なかれ存在しているといえるでしょう。 「承認欲求」を満たすためにも、「人の役に立っている」という感覚は非常に重要です。 接客業をしていても、お客さんに「ありがとう」と感謝をされることで「この仕事をしていてよかったな」なんて単純に思ったという経験はありませんか? これは、「人の役にたった」という実感から仕事をしていく上での幸せを感じているということがわかります。

自分らしいと言える自分でいる

例えば、本当は性格も好みもボーイッシュなのに、相手の好みに合わせて女性らしい服装をして、女性らしい立ち振る舞いをして毎日を過ごしたとします。 好きな人を過ごす時間は幸せかもしれませんが、無理をしている決して「本当の自分」とは言えない状態で、本当の幸せを感じていると言えるでしょうか。 恐らく、本来のボーイッシュな自分で過ごせるほうが、うんと気持は楽だし幸福度が増しますよね。 自分の心に嘘をついていない「自分らしい自分でいる」ということは、幸せになる方法の一つであると言えるでしょう。

幸せになる考え方

楽観的思考

「悲観的な思考な人」と「楽観的な思考な人」だったら、圧倒的に「楽観的思考の人」のほうが、幸せになる考え方と言えるでしょう。 例えば、「友人からLINEの返信がこない」=「私は嫌われているんだ」と悲観的にとらえてしまって、返事がくるまでの間暗いズーンとした気持で過ごす人と、「忙しくて返信できる状態じゃないんだな」と、楽観的にとらえて他のことを考えたり、やるべきことをして過ごす人だったら、明らかに後者のほうが、幸福度が高いと言えるでしょう。 悲観的だと、ストレスにも弱く、メンタルがボロボロになっていってしまいます。 根拠のない悪い想像を膨らませて過ごすより、楽観的になほうが幸せになれると言っても過言ではありません。

人間は誤ちを犯す生き物である

「人間は誤ちをおかす生き物である」という考え方があると、仕事などにおいて自分が何か間違いをおこしてしまった時に必要以上に自分を攻めることがないので気持が楽になります。 大切なのは、「間違えないこと」ではなく、「同じ間違いを繰り返さないこと」ではないでしょうか。 どんなに完璧だと思って生きている人であっても、大なり小なり必ず誤ちを犯してしまうことがあるでしょう。 そんなときに、「どうしてこんなミスをしたんだ・・・」と落ち込みすぎる人より前向きに「同じミスは繰り返さないように!」という考えを持って、再犯防止を心がけることができる人のほうが、成長できますし、幸せになれると言えます。 また、根本的に「人間誤ちを犯す生き物である」という考えがあれば、周りの人が何かミスをしても許すことができます。 人を許すことができないという状況が人を不幸にすることもありますので、こういった他人を許せる考え方はとても重要です。

常に自分は「幸せである」

「基本的生理的欲求」について上述しましたが、 ・健康な体がある ・ご飯を食べるお金がある ・寝られる家がある ・トイレがある といった最低限の生理欲求を満たすことができているのであれば、本来であれば「幸せ」を感じることができるはずです。 世の中の、見ていて「幸せそうだな」感じる人は、「幸せになりたい」「幸せになろう」と考えているよりは、そもそも自分は「幸せだ」と思っていることが多いんですよね。 つまり、どんな状況に置かれていても「幸せだ」と感じることができるから「幸せ」なのです。

長所やプラスの面を見つけ出す

どんな人間でも、どんな物にも長所と短所があります。 例えば、物であれば「パワーはあるけど、電池が切れやすい」とか、そういった面です。 しかし、短所ばかりを見つめて「どうしよう、う〜ん・・・」と考えるよりも、長所やプラスの面を見つけるほうが幸せになる考え方であると言えるでしょう。 マイナスな面に一切目を向けなくていいということではありません。 もし、マイナスな部分があったとしても「こうすれば補うことができる」といったように、プラス変えていくことが大切なのです。 ポジティブな物の見方は、幸せと感じる上で重要であると言えるでしょう。

「いつかやりたい」ではなく「今やる」

・本当はこうしたいという願望 ・やってみたいという願望 を、「いつか〜・・・」という考え方ではなく「今やる」という考え方にチェンジすることは非常に重要です。 結局、願望として思っているだけでは現状は何も変わりません。 自分で行動に移していく必要があるのです! 「やりたい」を「今やる」という考え方にシフトチェンジすると、「やるためにはどうすればいいのか」という具体的な方法を考えて、実際に行動をするということになります。 これが、「幸せ」を感じることに繋がります。

コントロールできないことは諦める

例えば ・自分とは全く違う考え方を持っている他人 ・天候 ・人身事故や道路の渋滞などの交通状況 どう頑張っても、自分の力ではどうにもできないことってありますよね。 こういった自分ではコントロールできないことは潔く諦める、というのが幸せになる考え方です。 どうにもならないことにいちいち腹を立ているのて、ストレスにるだけだし、いくら考えてもドラえもんでもいない限りどうにもならないじゃないですか・・・。 そんなことで幸福度を下げてしまうのであれば、スパッと諦めたほうがいいです。

どんなことにも「当たり前」はない

どんなことでも「当たり前ではない」という考えをもつことは幸せなるために、とても重要です。 例えば、よくあるのが、「一人暮らしをして温かいご飯を作ってもらえてたことに感謝する」という、実家暮らしでは当たり前だったことに対して「当たり前なことではなかったんだな」と感謝の気持を持つというパターンです。 「ご飯を作ってもらえることが当たり前」という考えさえなければ、実家に暮らしていたときから「ありがたいなあ」と幸せを噛み締めながら食事をとることができたかもしれません。 両親や家族の存在そのものに対して「側にいることのありがたみ」を感じることもあるでしょう。 このように、「当たり前」という感覚があると、幸せだと思える機会がぐんと減ります。 「どんなことにも当たりまえはない」という考え方があるほうが良いでしょう。

幸せになるために止めるべきこと

他人の目を気にすること

幸せであるかどうかは、他人が決めることではありません。 上述しているように、「幸せ」はこれといって定義があるわけではなく、人によって違うものです。 あなたの幸せが、他人にとって「なにそれ、、、笑」とバカにされるような物であっても、関係ありません。 世間一般的には高収入のほうが幸せなんだよな、、、と思って無理に月給の高い有名企業に就職する必要もありません。自分の好きなことを仕事にするのが幸せなことなんだと思えば安月給でも小さな企業でも関係ないんです。 逆に「大手に勤めても仕事ばかりで自分の休みもなさそうでかわいそう」とか思われても、働いている本人が「仕事にやりがいを感じているし最高に幸せだ」と思っているならそれでいいのです。 他人の目を気にして何かを決断したり、行動をとるのはやめるべきです。

良くない人間関係に耐えること

良くない人間関係に耐えているのは、どう考えてもストレスにしかなりません。 例えば学生時代の友人など、どう考えても自分勝手で自分には合わないと感じるなら、「会おうよ」と誘われても「行けない」と一言断ってしまえばいいのです。 その人と会わなくなったことで、他の友人とも気まずくなってしまうのであれば、それまでの関係だったということですし、たった1人でも心を許した状態で何でも話せる友人がいれば、十分幸せなことです。 職場の人間関係が・・・という悩みを抱えているのであれば、「気にしない」の一言に付きます。 職場には仕事をしに行っているのであって、友達を作りにいっているわけではありませんから、きっちりと割り切ってしまえばいいのです。 学生時代の友人など、プライベートで仲良くできる友人がいるならそれで良いじゃないですか。 仕事上の最低限の会話に支障がなければ、嫌味など、「何を言われても関係ない、友達じゃないし、、、」と楽に考えましょう! どうしても耐え難いというのであれば、無理をせずに転職をオススメします。

自分には価値がないと思い込むこと

「自分なんて・・・」と自分には価値がないと思っていると、幸せを掴むチャンスを逃してしまう可能性があります。 例えば、せっかく好きな人が自分に好意を寄せてくれているのに「自分なんかを相手にしてくれるわけがない、きっと騙そうとしているんだ」なんて勝手な思い込みで相手に失礼な態度をとってしまったり、大きな仕事を任せてもらっているのに、消極的になって十分に力を発揮することができなくなってしまったりするでしょう。 それでは、非常にもったいないですよね。 「自分には価値がない」と思ってしまうのは、やめるべきです。

納得できない体型でいること

自分の体型について、「痩せたい」と思っていたり、「もっと太りたい」と思っているのであれば、それだけでストレスの要因となってしまいます。 例えば、「太っている」と思いながら、甘いものを食べていても「美味しい」と感じても「また太っちゃうな・・・」などと思ってしまって幸福度が下がってしまいますよね。 納得のいかない体型で生きることは、幸福度を下げてしまうのでやめるべきです。 自分の理想とする体型になれるように努力するか、もしくは「今の自分の体型が好き」と心から思うことが大切でしょう。

恋人や結婚相手に理想を押し付けること

人は、恋人や結婚相手に自分の理想を押し付けがちです。 しかし、恋人や結婚相手とはいっても結局は「他人」であり、それぞれに人格があります。 好みも違えばそれぞれの考え方があるので、「こうしてほしいのに!」と理想を押し付けてはお互いにストレスを感じるだけです。 特に「一緒にいる時間が長いのだから言わなくてもわかるでしょ」という考えを持ってしまうと、勝手に自分が期待をしただけなのに、無駄に相手にがっかりしてしまうことになります。 恋人や結婚相手に理想を押し付けるのはよくやめるべきです。

高望みをすること

人の能力には限度があるし、今もっている財産にも限りがあります。 「もっと上を目指そう」という向上心は素晴らしいことなのですが、「向上心」と「高望み」は別物です。 何の努力もなしにただ「もっとお金があれば幸せになれるのに」などと思っているのは、ただの「高望み」です。 上述していあるように、まずは今置かれている立場、現状に幸せを感じることが大切です。

お金に執着心をもつこと

幸せというのは、財産の多さで決まることではありません。 例えば、年収1000万円を越えてくると人は幸福度が下がっていくと言われています。 ほしいと思ったものは何でも変えるし、何不自由無い暮らしをすることができるのだから、幸福度は増すんじゃないの?なんて思うかもしれませんが、逆なんですね。 「大金持ちになりたい」と単純に思っているうちは、仕事をがむしゃらに頑張って社内に認められてもらえるように努力を積み重ねることが楽しかったり、「○○を買うために頑張ってお金を溜めていこう」というような感じでお金を貯めて好きなことを買うことで幸福を感じることができます。 お金に執着しすぎていると次第に「自分の幸せとは何なのか」ということを見失いがちです・・・・。 幸せの価値は、お金にあるわけではないのです。

言い訳をすること

「私が幸せになれないのは夫のせいだ」とか、「〜をしたいけど時間がない」とか、結局自分が選択してきたことなのに、何かと誰かのせいにしたり「〜だから」と言い訳をするのはやめましょう! 「言い訳」をして、自分自身を「しょうがないよね」と言い聞かせたところで、何も現状は変わりませんので時間の無駄です。 言い訳をしている暇があるなら、どうすればいいのか頭を使って考えて、実際に行動をすうるべきなのです。

別れた人を引きずること

「元彼が〜・・・」「昔付き合っていた人はさ〜・・・」などとしょっちゅう口にして、別れた人を引きずって生活するのは幸せを遠ざけます。 過ぎ去ってしまった過去を、教訓して今後に生かすのは悪いことではありませんが、いつまでも過去の恋愛と比べてしまっては、幸せになるチャンスを逃してしまう可能性が高いです。 過去にしがみついて、昔話をするのはやめましょう。

無駄なこだわりをもつこと

「消しゴムは四角じゃないといけない」というように、無駄なこだわりを持ちすぎているのも、幸せを逃してしまう原因になります。 仕事においても、他の人が気にならないようなことを「こうじゃないとダメなんだ」と1人でこだわりをもって時間ばかりかけていたら、それって結果的にただ時間を大幅に使っただけ、ということになってしまったりしますよね。 無駄なこだわりなら捨てて、新しいものや、変化を素直に受け入れたほうがグンと幸福度があがるはずです。

不平不満を口にすること

不平不満をただダラダラと口にしていても、現状は何も変わらないので時間の無駄です。 口から出す言葉は、前向きで明るいもののほうが、聞いている人も自分自身も幸福度が増すのです。 例えば誰か不満を抱いている対象の人物がいるなら、相手に直接その不満をぶつけない限りは、問題を解決することができません。 いつまでも、あなたは不満をいだいたまま生活して、ずっと不満を言いながら過ごす毎日です。 直接伝えてみて、それでもわかり合えないことは諦めましょう。 不満を抱えて生きるより、喜びや、感謝の気持を感じながら生活したほうが幸せになれます。

嫉妬をすること

「あの人は自分よりお金持ちだから」とか、「自分より容姿がいい」など、嫉妬ほど心を醜くしてしまうものはありません。 他人がもっているものや、他人ができることを「羨ましい」と妬んだところで否定的な感情した産まれないので、不幸な気持になるだけです。 そもそも、自分と誰かを比べている時点で間違いです。 「羨ましい」と思った気持を「自分も頑張らないと!」という活力に変えるのは◎ 「幸せそうなあの人が痛い目見ますように・・呪☆」みたいなのはやめましょう。

幸せになるための生活習慣・行動習慣

笑顔で過ごす

単純に「幸せそうだな」と感じる人って笑顔で過ごしている人ですよね。 「幸せだから笑顔になる」というのも、もちろんありますが、そもそも「笑顔で過ごすことを心がけている」ということもあります。 「笑顔」は、ポジテイブな思考を生み出しますし、周りの人もHAPPYな気持にさせます。 つまり、幸せを呼び寄せることができると言っても過言ではないのです。 むしろ「笑顔でいよう」なんて意識しなくても、無意識に笑顔になっているくらい自然に笑顔で過ごしています。 実際に、元々笑顔でHAPPY生活している人に面白いことがおきると、面白いことをより愉快に感じると言われています。つまり、笑顔で過ごしている人のほうがやっぱり幸福度は圧倒的に高いということです。

周りの人を大切にする

幸せに過ごしている人は、周りの人を大切にしています。 自分の利益ばかりを考えて、自分にとっての幸せを追求している人と、家族と友人みんなで幸せになれるようにという考え方を習慣的にしている人のほうが、幸せを感じます。 つまり、周りの人を大切にしているうということは、自分以外の人の喜びや幸せを分かち合えるということです。 自分だけではなく、自分以外のものに意識が向いている状態のほうが、心が満たされるのです。

健康的な食事をする

上述したように、「健康的な体で過ごす毎日」というのは、幸せを感じるために非常に重要な条件の一つであると言えます。 「健康」とは、金で購入できるわけではありません。 健康的な体を作っているのは、やっぱり毎日の食事ですよね。 偏った食生活を送っていると、病気と言える病気にはならなくても、エネルギー不足で体がだるく感じてしまったりします。 もうそれだけで、幸福度ってさがりますよね。 なので、「健康的な食事をとる」というのは、当たり前のようで非常に重要な習慣であると言えるのです。

睡眠時間をじっくりとる

「睡眠」も、幸せに生活を送る上で非常に重要です。 「睡眠不足」で体調面に影響が出るのも、もちろんですが「眠たいのに寝れないて・・・」という状況は、幸福度を下げてしまいます。 ちなみに日本は、睡眠時間の平均が7.36時間ということで、最下位という調査結果も出ています。 日本人は「働き者」なんて各国の人言われますが、幸福度も非常に低いのです。 睡眠の時間を長くとる、もしくは、睡眠の質を高めるように努力しましょう。

適度な運動でストレス解消

「運動は疲れるからしたくない」なんて思う人もいるかもしれませんが、適度な運動はストレス解消になるので、幸福度をあげます。 運動はストレスを発散させ、幸せな気持になるということで、うつ病の人にも勧められているほどです。 これは、体を動かすことで、血の巡りがよくなり、気持がリラックスした状態になるからであると考えられます。 さらに、脳を活性化させる効果もありますから、ウォーキングなど適度な運動をしてストレス解消や精神を安定させる習慣をつけるとは幸せになるために重要なことです。

幸せそうな人の側にいる

「あの人幸せそうだな」と、感じる人の側には積極的に寄っていく習慣つけたほうがいいです。 幸せそうな人って、だいたいいつも笑顔だし、ポジティブだし一緒にいるだけで何かわからないけど元気になったり、幸せな気持ちになったりしませんか? 「幸せは伝染する」なんていうようにも言われていますが、その通りで、「幸せそうな人の側にいると幸せな気持になる」という体験をした人は沢山います! だいたい幸せな人って無意識のうちに幸せを引き寄せていたりするんですよね。 そういった人の行動や言動と、自分自身のいつもの行動や考え方を比べてみてもいいかもしれません。

目標を立てる

幸せな人たちは、「高望み」をするのではなく、「もっと幸せになるために」向上心をもって目標を立てます。 目標に向かって努力して、達成することで幸せを味わえますし、自分に自信をもつこともできます。 大きな目標というよりは、「今日は○○をする」みたいな、小さな目標を立てる習慣がついています。 そうすることで、成功体験が毎日積み重なっていくので毎日が充実するし、幸福度が増すのです。

とにかく「今」この時間を大切にする

時間は一分一秒とただひたすらに過ぎ去っていき、時間を戻すことはできません。 過去にとらわれて、後悔している時間も一瞬で「過去」になっていって、取り戻すことのできない時間となってしまいます。 幸せになるには、失敗は反省点として活かし、今この時間を無駄にせずに精一杯生きることです。 精一杯生きている「今」の積み重ねで未来の自分が幸せになるのだと考えていてください。 無駄にできる時間なんて1秒もないんだということがおわかりいただけたでしょうか。

幸せな人がもっと幸せになる方法

今ある幸せを噛みしめる

幸せな人がもっと幸せになるためには、今一度今ある幸せを噛み締めてみましょう。 意外と「小さな幸せに気がつけていなかったな」と感じることがあるかもしれません。 寝る前に、その日にあった幸せなことを3つほど思い出してみるようにするのもいいでしょう。 「朝寝坊しないで起きれた」とか、「道端であった赤ちゃんがかわいかった」とか、些細なことで構いません。 「幸せ」という感情が元々あるなら、小さな幸せにも気ずけているのかもしれませんが、忙しく過ごしていると忘れてしまうことってありますよね。 寝る前に思い出すことで幸せな気持ちを思い出して、もっと幸せになるでしょう。

多くの人と幸せや喜びを分かち合う

「幸せだ」と感じている感情を、多くの人と分かち合うことで、もっと幸せになることができるでしょう。 上述したように、「幸せ」という感情は伝染します! 「自分が幸せだ」という感情を周りの人に伝えて、相手も幸せになってくれれば、もっと幸せな気持になりますよね。 但し、自分が幸せなときだけ「幸せなことがあったの!」と共有したがるのに、他人のことに関しては無関心だったりするのはNGです。

他人のためにお金を使う

他人のためにお金を使うと幸福感がアップすると言われています。 自分のためだけにお金を使うことが自分の幸福度を上げると考えがちですが、実は他人のためにつかったほうが「幸せだ」と心は感じるのですね。 例えば、お誕生日プレゼントなど、相手のことを考えてプレゼントを渡して喜んでもらえたときって物凄く幸せな気持になりますよね。 コンビニのレジの隅にある募金箱におつりを入れてみるとかでもいいです。 小銭と言えど、とっても良いお金の使い方をしたなと感じるはずです。

ボランティアをする

「人は他人のために存在する。何よりもまず、その人の笑顔や喜びがそのまま自分の幸せであるひとたちのために。そして、共感という絆でむずバレている無数にいる見知らぬ人たちのために」というアインシュタインの言葉があります。 上述もしていますが、人は「誰かの役に立つ」ということで承認欲求を満たすことができます。 そして、何より自分の行動に感謝する人がいるという状況は、幸せを感じるものなのです。 住んでいる地域のボランティアなど、小さな規模でもかまわないので、ボランティアに参加してみましょう! そこまでするのはちょっと・・・と思うのであれば、公園のゴミを拾って持って変えるとかでもかまいません。公園を使用する人達のための立派なボランティアになります。

ハイキングに行く

「ハイキング」って耳にしたことはあるけど、したことはないという人が多いのではないでしょうか。 「ハイキング」は、自然豊かな場所を歩いて体を動かすことでストレス発散になるだけではなく、歩いた距離で達成感を感じられるため、満足感や達成感を気軽に感じることができます! 適度な疲労感で睡眠の質もよくなりやすいので、心も体も健康的になるのです。 ハイキングをすれば幸福感が増すこと間違いなし!ぜひ挑戦してみてください。

努力しても幸せになれない理由

苦労をすれば幸せになれると思っている

「幸せになりたい」と強く願う人の中には、「苦労をすれば必ず幸せになれる」と信じてやまない人もいます。 しかし、「苦労の数が多い=幸せ」とは限りません。 たしかに、大変なことからすぐに逃げてしまう人よりも、茨の道でも努力をして壁を乗り越えたほうが幸福度が高まるでしょう。 しかし、努力をしても報われないことはこの世に沢山あります。 時には楽なほうを選んだほうが幸せになれることもあるのです。 運やタイミングが必要なこともあるので、「苦労をすれば幸せになれる」と信じすぎてしまうのはとても危険です。

自分に厳しすぎる

ストイックに努力をしていく姿勢というは生きていく上でとても大切です。 しかし、自分に厳しすぎると、結果的に自分で自分を苦しめてしまうんです。 他人と自分を比べて「こんなんではダメだ!」と思い込んでしまったり、結局「なんて自分がダメなうやつなんだ」という思考を招きがちです。 自分に厳しい人って、他人が自分に甘い姿を見ているのにすらイライラしてしまいますし、他人に対して許す心がもてなくなってしまったりもします。 適度にストイックなのは良いことですが、「自分に厳しすぎるのは幸せを遠ざけている」といっていいでしょう。

幸せ=お金・名誉だと思っているから

いつまでも「幸せだ」と感じることがでいない人って、「幸せ=お金・名誉」だと思いがちです。 「お金や名誉を手にしたい」と思って努力するには悪いことではありません。 しかし、次第にいくらあっても満足できなくなってくるし、誰に認められても納得がいかなくなってきて、欲だけが大きくなっていってしまいます。 お金や名誉のためだけに努力をし続けても、大抵はだんだん手に入れても手にいれても虚しくなってきてしまうものです。 幸せの価値をお金や名誉に見出すのは危険であると言えるでしょう。

過去の失敗を引きずっているから

どんなに努力して現状に満足していても、結局過去の失敗を引きずっているのであれば「幸せだ」と一瞬は思えても、すぐにブルーな気持になっていきますよね。 また、過去の失敗を思い返して「また失敗するかもしれない」とビクビクしてしまうこともあるでしょう。 過去が邪魔をして現状に幸福感を得られなくなってしまうのは非常にもったいないです・・・。 幸せになるためには、自分自身の過去の失敗を許してあげることも大切なのです。

他人からに評価を気にしすぎている

努力しても努力しても、評価をしてもらう対象が他人だったら、なかなか幸せにはなれないでしょう。 自分自信が頑張っていると胸を張って言えれば、それで十分なのに、他人からの評価を求めていると「どうして認めてくれないんだ」というストレスになってしまいます。 他人からの評価を気にする前に、全力で幸せだと思える自分がそこにいるのかどうか、で判断するべきです。 他人からの評価のために努力をするのではなく、自分自身の評価をして自分を認めてあげましょう。

理想が高すぎる

努力をして、はたから見れば十分なところに到達しているのに、本人の理想が高すぎるから幸せを感じられないというパターンも多いです。 上述しているように、人の能力には限界があります。努力をすれば何でもできるようになるというわけではありませんし、手にするお金も欲を出せば限りなく理想が高くなっていくだけで、実際に必ず手にすることができるとは限りません。 つまり、上を見れば見るだけ幸せの理想は高くなっていくし、キリがないのに自分の脳力は追いつかないのです。 そのキリがない上をずーーーーっと見続けて、「到達しない自分」にモヤモヤしてばかりいる人はいつまでたっても幸せを感じることはないでしょう。

幸せは努力して手に入れるものではない

「幸せは手に入れるものではない、気づくものだ」なんて言われているように、そもそも「幸せになるように・・・」と意識してしまうこと事態が間違っているうんじゃないかとも言えます。 ・ご飯が食べれていること ・ふかふかのお布団で眠れていること など、毎日の中にある幸せなことに気が付けない人に、幸せなことが訪れたって「幸せだ」と感じることができないでしょう。

不幸な人の特徴

ネガティブ

不幸な人は、基本的にネガティブであるという特徴があります。 何をしても悪い方向なかりに物事を捉えて、落ち込んだり、暗い気持になってしまいます。 そんな状態で「幸せ」を感じるのは、なかなか難しいですよね。 そんな人の周りには人も寄ってきません、、、、。 不幸なオーラを出しているから、不幸になっていくのでしょう。

視野が狭い

不幸な人は、だいたい視野がとてつもなく狭いです。 自分の考えが一番正しいと思っていて、自分だけの世界で生きているようなところがあります。 なので、一生ネガティブ思考のまま生活を続けているし、他の人の幸せをわけてもらうこともできないので前向きな気持になるタイミングがありません。 そもそも他人の意見をまったく受け入れられないようなところもあります。 幸せを感じる機会を自ら少くしてしまっていると言えるでしょう。

暗い色ばかりを身に着けている

黒や、灰色など、ぱっと見た時に「暗い」という印象をうける人は、暗い気持で過ごしているということが多いです。 占いに「ラッキカラー」というのがよくありますが、「色彩」には、運気を引き寄せたり、人の気持や行動を変える力があると信じられています。 明るい色は、その印象そのままで、人を活気づけたりする効果がありますが、逆に暗い色は人の気持憂鬱にすると言われています。 したがって、暗い色を好んで身につけている人は、不幸な気持になりやすいと言えるのです。

運動が苦手

上述しているように、運動には人の心や体を健康にする効果があります。 元々運動が苦手で、運動をする習慣がない人は、運動をする人にくべて幸福感がありません。 運動が嫌いなのに運動をするなんて・・・と憂鬱な気持ちになってしまうかもしれませんが、運動をすることで「エンドルフィン」という「幸せホルモン」が分泌されるので、幸せな気持になることは確かなんです。 運動をした後って気持がスッキリしていませんか? 不幸だなと感じている人は、ぜひ苦手意識を取っ払って運動をしてみてほしいです!

言い訳ばかりをしている

「だって〜」と言い訳ばっかりしている人は、いつまでも「不幸」な状態から抜け出すことはできません。 言い訳ばかりをしていても、何一つ先へ進むことはできません。 「不幸である」という感情を持っていることすら「恋人がいないんだから仕方ない」など言い訳をしているのではないでしょうか。 そもそも言い訳をしている自分を好きだと感じる人なんていないですよね。 言い訳ばかりをしていることが、自分をさらに不幸へ導いているということに気が付きましょう。

日光を浴びていない

日光浴びることには、色々な効果があるということをご存知でしょうか。 日光には、生活リズムを整えたり、脳や体の活動を活性化させる効果があって、感情を穏やかにする効果もあるとも言われています! 数年前、早朝まだ陽が登り始める前に出勤をして、太陽が沈んだ17時頃に退勤をするという、全く太陽の光を浴びない生活を送っていたことがあります。 当時はとにかく体も気も重くて情緒不安定で幸福度が低くく、家族に「太陽を浴びない生活を続けているのは良くない」と言われていました。 「太陽の光をあびてないからって何なの?関係ないでしょ笑」と思っていたのですが、転職して太陽を浴びるようになってから、性格がガラリと変わったように明るくなったなと自分で感じます。 昼夜逆転の生活をしている人などは、注意してくださいね、、、!

ひきこもりがち

不幸な人は、コミュニケーションをとることを苦痛に感じている人が多く、人との交流をさけ引きこもりがちです。 引きこもっていると、自分自身に殻に閉じこもってしまうので、結局他人の意見を取り入れることなく偏った物事の捉え方しかできなくなってしまいます。 元々ネガティブなので、どんどんネガティブな思考に襲われ「自分は不幸だ」と自分自身で思い込んでしまうのです。 1人の時間を大切にするのは、幸せを感じるのにはとても重要なことだったりもしますが、誰ともコミュニケーションをとらない日ばかりが続いてしまうのは、よくありません。

不平不満をいつも口にしている

「言霊」という言葉をご存知でしょうか。 言葉には魂が宿っていて、ポジティブな言葉を発していれば良いことを引き寄せるし、ネガティブなことを口にすれば、良くない言葉を引き寄せるなんて言われています。 不平不満というのは、もちろんマイナスな言葉にあたりますよね。 不平不満を口にしていると、マイナスなことばかりを引き寄せてしまうので、その人自身の幸福度がどんどん落ちていって、「幸せだ」と思えることが少なくなってしまうのです。 上述していますが、幸せな人は、明るい言葉ばかりを口にしている傾向があって、自ら幸運を引き寄せているようにも感じられます。 反対に、「不幸な言葉」が「不幸な出来事」を呼び寄せてしまっているのでしょう。

みんな幸せになる方法

地球環境を守る

人類が生活を営む上で一番大事なのって「地球」だと思いませんか? 現在「地球温暖化」など、様々な環境問題が囁かれていますが、地球が破滅の道へ進んでしまったら、私達は幸せに暮らすこができません。 つまり、みんなが幸せになるにはまず「地球を守る必要がある」ということです。 ・電気や水の無駄遣いをしない ・紙やレジ袋などゴミを増やさない ・できるだけ徒歩や自転車ででかける ・リサイクルを利用する など、実は心がけるべきことってそんなに大変なことではありません。 「自分が気をつけたところでどうにもならない」と思うかもしれませんが、全員が全員そう思ったままでは地球は破滅への道を進む一方です。 みんなの幸せのために今日から心がけましょう!

選挙に行く

簡単に言うと、私達が幸せに暮らせるために世の中をより良くしようと動いてくれる人を選ぶのが「選挙」ですよね。 現代では、選挙に行く人は非常に少ないと言われていますが、このまま少ない状態が続いてはいっこうに日本は変わっていきません。 ・なんでこんなに税金は高いんだ! ・このままでは年金がもらえなさそうで不安だ など、世の中に不満や不安を感じているのに選挙には行かない・・・そのままでは何も変わりません。未来の自分や、次世代の子供たちが幸せに暮らせるように選挙に行きましょう。

税金をきちんと収める

日本国憲法では、「納税の義務」が法律で定められています。 税金は、住んでいる地域や日本を支えるお金です。 困った時や助けてほしいときに呼ぶ「救急車」や「警察」も、税金がなければ有料になってしまいます。 出来れば払いたくない税金は、直接自分自身にはただ支払っているだけで嫌なものに感じますが、みんなが幸せに暮らすためには必要なものなのであると言えるでしょう。

幸福に関する書籍

ビル・ゲイツの幸せになる質問 もしも1日200円しか使えなかったら?

思わず人に話したくなる珠玉の感動エピソード77。一人ひとりの行動があなたと世界を変える!

この本の詳細を見る

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

人は幸せになるために生きているのに、なぜ「幸福な人間」は少ないのか?アドラー心理学の新しい古典『嫌われる勇気』の続編である本書のテーマは、ほんとうの「自立」とほんとうの「愛」。そして、どうすれば人は幸せになれるか。あなたの生き方を変える劇薬の哲学問答が、ふたたび幕を開ける!!

この本の詳細を見る

「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY

「幸せはお金で買うことができない」……でも、今までとは異なるお金の使い方をすればどうだろう? ハーバード大&UBC大の研究者が提案する「お金で幸せを買う」新しい方法。

この本の詳細を見る

まとめ

いかがでしたか? 「幸せ」について理解を深めることができたでしょうか。 簡単にまとめると、 ✓「幸せ」の意味は「幸運に恵まれて、心が満ち足りていること」 ✓「幸せ」の類語は「幸い」「果報」「幸福」「多幸」など ✓「幸せ」の英語は「」                  など 幸せは自分の心が決めるとよくいいますが、幸せの定義は人それぞれ違います。 あなたにとっての「幸せ」は何ですか? この記事が、今一度自分自身と向き合うきっかけになれば幸いです!

こちらの記事もチェック

女友達への男性心理!好きな女との違い!デートや旅行に誘う理由は?

eigobu.jp

絶食系男子の特徴は?脈ありサインは?告白方法や付き合い方は?

eigobu.jp

結婚したくない若者の原因と特徴は?結婚離れによる社会問題とは?

eigobu.jp

彼氏に「結婚したくない」と言われたら?別れる?理由や特徴も紹介

eigobu.jp

結婚したくない男性の特徴と心理は?職業は?急増する理由とは?

eigobu.jp

結婚したくない女性の特徴は?心理や理由って何?割合や職業も紹介!

eigobu.jp

ドタキャンする友達の理由って何?怒るのは禁物?メールの返事や対応の仕方も紹介!

eigobu.jp

デートをドタキャンする女性の心理とは?特徴と対応の仕方を紹介

eigobu.jp

ドタキャンする彼氏の心理は?何度もする彼氏への対応や返信の仕方を紹介!

eigobu.jp

デートをドタキャンする男性は脈なし?心理は?対応方法と仕返しを大公開

eigobu.jp

「ドタキャン」はいつから?ドタキャンする人の理由や言い訳、された時の返信の仕方を紹介

eigobu.jp

「内向的」な人の特徴は?恋愛は苦手?仕事や強み、おすすめの趣味も紹介!

eigobu.jp

優しい人は怖い?闇あり?優しい人の特徴、なる方法、見分け方を大公開!

eigobu.jp

頭の回転が速い人の特徴となる方法!デメリットは? おすすめの食べ物&サプリは?

eigobu.jp

外見&内面の「男磨き」の方法!自分磨きの趣味&本&アイテムも紹介!

eigobu.jp

外見&内面の「自分磨き」の方法とは?自分磨きの趣味&ノート&アプリも徹底紹介!

eigobu.jp

〈男女別〉清潔感のある人の特徴とは?モテる清潔感の作り方&保つ方法!

eigobu.jp

清潔感がない男性の特徴を徹底分析!清潔感を出す方法&習慣&必需品とは?

eigobu.jp

清潔感がない女性の髪型&臭い&メイクの特徴とは?清潔感を出す方法は?

eigobu.jp

清潔感の女性の髪型&服装&メイクの特徴は?清潔感を出す方法と習慣とは

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 幸せになりたい人が幸せになるための方法、習慣、NG行動を徹底解説!