1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 冗談が通じない人の特徴と心理、付き合い方!冗談が通じないのを治す方法とは?

冗談が通じない人の特徴と心理、付き合い方!冗談が通じないのを治す方法とは?

冗談が通じない人って意外といますよね。冗談が通じない人の特徴と心理、上手な付き合い方について解説していきます。冗談が通じない人にやってはいけないことも紹介します。また、冗談が冗談に聞こえない人の特徴もお伝えしていきます。

英会話教材おすすめ人気ランキング|29商品を購入し徹底比較-画像

冗談が通じない人っていますよね

冗談で言ったことを、真に受けられてしまったり「冗談が通じない人」と感じることってありますよね。 自分がおもしろいと思って言っても全然笑ってもらえないどころか、怪訝そうな顔をされてしまったり...びっくりしたことがある人も多いのではないでしょうか。 どうして冗談を言って笑い合える人もいるのに、冗談が通じない人もいるのか気になりませんか? 今回は、冗談が通じない人について解説していきます。 本記事が人付き合いをしていく上で参考になれば幸いです。

冗談が通じない人の特徴

真面目

冗談が通じない人は、真面目な人が非常に多いです。 真面目な人は、ふざけた言動をすることがありません。 真面目でとってもまっすぐだからこそ、言われたことをそのまま受け止めてしまって冗談だと捉えることができないのです。 たとえ「冗談だよ〜」と言われたとしても「どうしてそんな冗談言う必要があるの?」と思ってしまうので全く笑えません。むしろイライラするだけだったりします。 真面目な性格というのは決して悪いことでありません。 しかし、真面目すぎて冗談が通じなかったり笑いあえることがでいないのは辛いですよね。

誠実

誠実な人は、曲がったことやふざけたことが嫌いなので冗談が通じない人が多いです。 誠実な人は、常に人に真心をもって真摯に向き合っています。 だからこそ、「冗談」のように思ってもないことを口にしたりすることを受け入れることができないのです。 そもそも誠実な人は、ふざけている雰囲気もあまりすきじゃなかったりします。 会話をするのにふざける必要あるのかな?と思ってしまうタイプが多いです。 だから言われたこををすべて真に受け取り「冗談が通じない」と言われてしまうのです。

プライドが高い

冗談が通じない人は、プライドが高い人が多いです。 プライドが高い人は、とにかく相手のことを自分より下にみるようなところがあります。 なので、冗談を言われるとバカにされたような気がしてイラっとしてしまうのです。 相手を自分と同等だと思っていないからこそ、冗談が通じないのでしょう。 ふざけたことを言われていると感じると「ナメられてる?」と感じるのかもしれません。 だからこそ「いや、ふざけないでくれる?」とわざわざその場の空気をぶち壊すようなことを言ってしまうのです。

ネガティブ

ネガティブな人は、考え方がマイナス思考で全てを後ろ向きにとらえてしまうので冗談を冗談と思えないことが多いです。 相手が「冗談だよ〜」と言ってくれても「絶対冗談じゃないよね?それって本音だよね?」と思ってしまいます。 だから面白おかしく言ったつもりなのに、落ち込んでしまったりして「冗談で言っただけなのにめんどくさい」なんて思わてしまうのです。 こういうタイプは「自分が冗談が通じない」ということを気にしています。 だからこそ、余計に色々落ち込んでしまうんですよね...。

正義感が強い

正義感が強い人も、冗談が通じないことが多いです。 正義感が強いからこそ、人よりも「そんなこと冗談でも言ってはいけないよね!?」という気持ちが強くなってしまうのです。 確かに人を傷つけるようなことであったり、言ってはいけないことを言うのはよくありません。 しかし、その場のノリだったり言われた側も自分でネタにしているようなことだったりする場合、楽しく冗談で終わることもありますよね。 それを、「いやいや、その言い方はよくないよね」と厳しく言ってしまって空気が凍ってしまいます。 正義感が強い人は「それはどうなの?」と思うことを言わずにはいられません。 だから、「冗談が通じない」と思わてしまうのです。

固定概念が強く思い込みが激しい

「これはこうあるべき」という固定概念が強い人も、冗談が通じない人が多いです。 固定概念がある人って、とにかく頭が固いんですよね。 だから、何を言われても真にうけてしまうし「冗談」と言われても柔軟性がないので受け入れることができません。 例えば、何か欠点を冗談で突かれたとします。 固定概念が強く柔軟性がない人は、ただひたすら「バカにされた」と思いこんでしまいます。 「そんなことない」と伝えたところで、その言葉は響きません。

素直に受け取りすぎる

ただ単に素直すぎて冗談が通じないということもあるでしょう。 素直な人って、言葉の裏を読もうをしません。 例えば、嫌味で何かを言われたとしても嫌味だなんて思わないのです。 だから、冗談を言われても冗談だと思いません。 「実は、私宇宙から来たんだよね...」とあり得ないことを言われたとしてもです。 素直だからこそ、「えっ、凄い...」と思ってしまうのです。 こういったただ素直になんでも受け取ってしまうタイプも「冗談が通じない」と言われてしまいます。

人の話しを聞いていない

冗談が通じない人って、そもそも人の話しを聞いていないということも多いです。 きちんと話しを聞いていれば「冗談だ」と判断できることなのに、きちんと話しを聞いていないからlこそ、冗談だと気づけずに「ふざけるな!」となってしまうのでしょう。 すべてを話を聞いていたわけではないのに、一部を抜粋して勘違いしてしまうような人も多いです。 こういったタイプはすぐにカッと頭に血が登ってしまうので「冗談だよ」と伝えてもそれすらも聞いていなかったりするのでとっても厄介ですよね。

空気が読めない

冗談が通じない人は空気が読めません。 そもそも空気が読めていたら、冗談を言っているということに気がつきます。 相手の表情や、周りの雰囲気など空気を読めば冗談を言って笑っているんだなと思いますよね。 冗談が通じない人は、空気が読めない・空気を読もうをしないことが多いです。 だからこそ、楽しく冗談を言って笑い合っているような場面でも「何ふざけてんの?」とか言い出してしまうのでしょう。 冗談が通じない人に空気読んでくれよな...と思ってしまったことがある人は多いのではないでしょうか。

友達が少ない

冗談が通じない人は、友達が少ないことが多いです。 友達が多ければ多いほど、冗談を言い合う場面もありますよね。 友人が少なく自分の世界に引き込もっていることが多いと、その分冗談が冗談だとわかりにくくなってしまいます。 冗談を言う機会も、冗談を言うことも少ないのですから、わからなくて当然です。 また、「冗談が通じないつまらない人」と思われているからこそ人が寄り付かないということもあるでしょう。 冗談を言い合って笑い合うことができるタイプよりも、圧倒的に交友関係が狭いと言えます。

冗談が通じない人の心理

人と接するのが苦手で緊張している

コミュニケーション障害など、元々人と接するのが苦手で緊張状態であるということが考えられます。 緊張している状態だと、冗談を言われても冗談だと気がつくことができませんよね。 また、「これは冗談だな」と思ったとしても「なんて返すのが正解なんだ!?」と迷ってしまうのです。 こういったタイプは、まず人と接することが苦手なので「冗談が苦手な人なんだ」と思われてしまうだけで、意外と慣れている人の前では冗談を言って笑い合ったりすることもあります。

バカにされたくない

上述したように、冗談が通じない人は「バカにされたくない」という気持ちが強いことが多いです。 だからこそ、冗談でもバカにされていると感じるとムキになってしまって「冗談が通じない」と思われてしまうのです。 相手がバカにするつもりがなくても、冗談すべてがバカにされたように感じてしまうのでしょう。 特に自分に自信がなかったりすると、全ての言葉が自分をバカにしている言葉のように感じてしまうんですよね。 「バカにされたくない」という心理がある人ほど、冗談を冗談と思えなくなってしまうことはよくあることです。

ふざけるのが嫌い

元々真面目な性格で、ふざけて笑いをとるようなことが嫌いという人もいます。 色々なタイプな人がいますから、冗談を言って笑い合うのが好きな人もいれば、真面目に人と向き合うほうが好きな人もいます。 みんながみんなふざけあって笑う時間を「楽しい」と思うわけではないんですよね。 楽しいことが嫌いというわけではないですが、なんとなく冗談を言われたり冗談を言うことに好感を持てないのでしょう。

そもそも相手のことが嫌い

そもそも相手のことが嫌いと思っている場合、冗談を言われても正直笑えないですよね。 嫌いな人が言う言葉って、何を言われたとしても「は???」と思ってしまいます。 「生理的に無理」と思っている人に冗談を言われても、むしろイラっとしてしまうもの。 これはもう仕方がないことでしょう。 相手のことを嫌いになってしまう何か理由があるのかもしれません。 「この人何を言っても笑ってくてないな...」と感じる場合は、何か拒否されるようなことをしてしまっていないか自分の行動や発言を見返してみたほうが良いかもしれません。

相手を信用できないと思っている

信頼関係がなりたっているからこそ、冗談を言い合える仲になれるものですよね。 信用していない人に冗談を言われても、「本気でバカにしてる?」と軽快してしまいます。 出会って間もなくても、なんとなく波長があったり馬が合うこともあるでしょう。 しかし、誰もが初対面で話しているときって「どういう人なんだろう?」と探り探りで話すものです。 そんな中でいきなり冗談をぶっ放されても「え??」と思ってしまうのは当然です。 冗談を言うような人なのかもわからないのに、冗談だと受け取ってもいいものなのか戸惑ってしまいますよね。 いきなり冗談を言ってその場を盛り上げたり、和ませようと考える人もいますが、まだ信用できないなという心理が隠れている可能性があるということを覚えておきましょう。

いじめられたなど過去の経験で恐怖心がある

「臭い」「キモい」などわざわざ聞こえるような大きな声で言われたりして嫌な思いをした経験があると、冗談を言われてもその時の気持ちがフラッシュバックして「ドキっ」としてしまうことがあります。 一度嫌な思いをしていると、「またバカにされているんじゃないか」と警戒心が働いてしまうんですよね。いじめられたなど過去の経験はトラウマになってしまうことがほとんどです。 冗談だよ〜と言われたとしても、過去の経験から冗談だと受け取れなくなってしまっています。 トラウマなど恐怖心がある人に「冗談が通じないなんて」と怒り出しても逆効果です。 冗談が通じないなんてつまらないと言ってしまうのではなく気持ちによりそってあげたいですよね。

冗談が冗談に聞こえない人の特徴

冗談が通じない人ではなく冗談が冗談に聞こえない人に問題がある場合もあります。 冗談を言ったつもりなのに笑ってもらえない...という時は自分の言い方などを振り返ってみる必要があるかもしれません。 冗談が冗談に聞こえない人の特徴を紹介していきます。 ぜひチェックしてみてください。

声のトーンが本気だったり真顔

真顔で冗談を言うシュールな笑いというのも、もちろんあると思います。 しかし、だいたい楽しい雰囲気の中で冗談を言うからこそ笑いになるんですよね。 なので、冗談が冗談に聞こえない人の特徴としてまず「真顔で冗談を言う」という特徴が上げられるでしょう。 真顔で言われると、「本気で言っているのかな?」と思ってしまうものです。 冗談が冗談に聞こえない人は内容以前に、声のトーンだったり顔が「本気で言ってるっぽい」と感じさせる傾向にあると言えるでしょう。

空気を読めていない

冗談が冗談に聞こえるには、冗談を言う「タイミング」も大切ですよね。 なんとなく、笑かそうと思って言う冗談でもタイミングが悪いと「それ今言う必要ある!??」と本気でとられてしまうことがあります。 例えば、命に関わるような大変な場面で「このままぽっくり逝っちゃたりしてね〜な〜んて」と冗談を言われても「え???」と思ってしまいますよね。 「絶対にあり得ない」という状態なら冗談に聞こえるけれど、「そうなる可能性がある」という状態だと冗談に聞こえないということが多いです。 冗談が冗談に聞こえない人は、冗談を言うタイミングをミスりがちであると言えるでしょう。

嫌味や皮肉っぽい

冗談が冗談に聞こえない人は、嫌味や皮肉っぽい冗談を言っているという特徴もあります。 例えば、ちょっと連絡の行き違いがあったときに「なんだ、嫌われてるから自分だけ連絡こないのかと思ったよ」なんて言われたら、「冗談」というより連絡がスムーズにいかなかったことへの「嫌味」に聞こえますよね。 さらに、「なんか最近料理の味濃くない?早死させようとしてる?」なんて旦那さんに笑顔で冗談を言われたら、冗談というより「皮肉だ」と受け取る奥さんは多いでしょう。 このように、冗談が冗談に聞こえない人は嫌味や皮肉っぽいことを言っているという事も多いです。

人が言われて不愉快なことをネタにしている

人がコンプレックスに思って気にしていることなど言われて不愉快なことをネタにしてしまうというのも、冗談が冗談に聞こえない人の特徴であると言えます。 「肌荒れすごいじゃん!ちゃんと顔洗ってないからだよ〜あははは」 「なんかハゲてきてない?これ以上ハゲだらかっぱさんって呼んじゃうからね〜」 など、人が言われて嫌なことを冗談で言われたら気にしている本人は「冗談だ」とは思えないですよね。 「冗談だよ〜」と弁解されたとしてもむっとしてしまいます。 これは、むっとして当然ですし「冗談が通じない」ではなく「冗談に聞こえない冗談を言っている」と捉えて間違いないでしょう。

口調がきつい

何かミスをしてしまって落ち込んでいるときに「そんなに無能ならクビにするぞ!」と強い口調で言われた後に「な〜んてね♪」と言われても「冗談」には聞こえないですよね。 誰もが「えっまじのやつじゃん...」と恐ろしく感じるでしょう。 このように、冗談が冗談に聞こえない人には、「本気の口調で言っている」という特徴もあります。 「冗談だよ〜」と言われても、口調が強いと「怖い」という気持ちが勝ってしまう人が多いのではないでしょうか。 「冗談だって言ってたけどあれは本音だな...」と思ってしまって笑えなくなってしまいます。

冗談がキツすぎる

言っていることが「キツすぎる」というのも、冗談が冗談に聞こえない人の特徴です。 例えば、「もうお前臭いから近寄んなよ〜」とか、「お前と一緒にいてもつまんないからwww」というようにただただ言われて不愉快になるような冗談です。 それで、むっとすると「冗談だよ〜冗談も通じないの?」なんて言ってきます。 これは完全に冗談に聞こえない冗談を言っている本人に問題ありですよね。 「冗談」と言えば人を傷つけるようなことを言って良いのかといえば、そういうわけではありません。 このように、ユーモアを一ミリも感じない冗談はそもそも冗談に聞こえるわけがないのです。

ネガティブすぎる内容を冗談にしている

冗談が冗談に聞こえない人には、人の生死に関わることなどネガティブすぎる内容を冗談のネタにする人もいます。 例えば、「実は寿命があと半年で...」と深刻に話しをされた後で「冗談でーす」と言われても笑えませんよね。 「冗談でも言ってはいけないこと」があるんですよね。 それをしっかり分かっていない人が口にする冗談は、冗談に聞こえないことが多いです。 YouTuberの企画なんかでも「妊娠ドッキリ」など命を冗談のネタにしているものは、賛否両論あって批判されることも多いというのが現状です。 やっぱり、ネガティブすぎる内容って不快な気持ちになる人が沢山いるということなんですよね。 そういう冗談にしていはいけないことの区別もつかないような人が言うネタを、面白がっている人が言うことってやっぱり冗談には聞こえません。

冗談が通じない人との付き合い方

まずは自分が心に余裕をもって接する

冗談が通じない人と付き合うには、まずは自分が心に余裕をもって接しましょう。 笑ってもらいたくて冗談を言っているのに、笑ってもらえなかったりすると焦ってしまいますよね。 「どうして冗談を言っているのにわかってくれないんだ...」と思ってしまうかもしれませんが、「そういう人なのだな」と広い心を持って接する必要があると言えるでしょう。 今までは自分の冗談に笑ってくれる人ばかりが側にいたのかもしれません。 しかし、十人十色で色々な人がいますから冗談が通じない人がいても何もおかしいことではないのです。 「冗談が通じないからわかりあえない」「つまらない」と決めつけるのではなく、他の方法でお互いに楽しく会話をしたりわかりあえる方法を考えることが大切であると言えます。

冗談を言わないで接する

「冗談が通じない」とわかっているのであれば、冗談を言わないで接することが1番でしょう。 「この冗談が通じないならこれはどうだ!」と色々試してみても、恐らくあまり意味がありません。 冗談を言う人が元々嫌いな人であった場合、余計に心を閉ざしてしまうだけです...。 冗談が通じないからといって、わかりあえなかったり話しが通じなかったりするわけではありませんよね。 なので、冗談を言わずとも相手を楽しませたりわかりあえる方法で接しましょう。 無理に冗談を言って相手を怒らせたりするよりは、平和に過ごせる形で接したほうが良いです。 そうすることで、徐々に相手のこともわかってきて徐々に冗談を言って笑い合える関係になるかもしれません。

誠意を示して信用してもらう

冗談が通じないのは、そもそも信用してもらえてないからかもしれません。 信頼関係を築けていない人にいきなり冗談を言われても戸惑ってしまいますよね。 なので、まずは笑顔で楽しい話をするなど誠意を示して信用してもらいましょう。 ごくごく普通の会話を楽しむだけでも十分仲を深めることができます。 冗談が通じない人は、真面目な性格をしている人が多いのです。 いきなり冗談を言って笑わせようとすると「何ふざけてるの?」と思ってしまうんですよね。 冗談を言って距離を縮めるのではなく、礼儀正しく接して心を開いてもらえるように心がけることが先決であると言えるでしょう。

相手のプライドを傷つけない

冗談が通じない人は、上述したようにプライドが高いことが多いです。 なので、冗談が通じない人と接するときは相手のプライドを傷つけないように細心の注意を払いましょう。 決して相手の失敗などプライドを傷つけるような話しを持ち出さないように! できれば相手を褒めて持ち上げるような会話を心がけると良いですね。 そうすることで、「この人は自分を傷つけるような相手ではない」ということがわかるので段々と心を開いてくれる可能性もあります。 気分がよくなれば、相手から冗談を言ってきてくれるかも!? とにかく最初は様子見で相手のプライドを傷つけないようにしてください。

真面目な性格であることや良い部分を褒めてあげる

冗談が通じない人は、自分が「冗談が通じない人間である」ということを気にしている可能性もあります。相手が冗談で言っていることを冗談だと受け取れずに、相手を「つまらない」と思わせていることを気にいしているということもあるでしょう。 冗談を真に受けてしまう性格ということで、人と会話をすることに自信がもてていないということも考えられます。 だから余計に会話がぎごこちなくなっていってしまうのかもしれません。 「自分と話してもつまらないって思ってるんだろうな」と思ってしまうと話しにくいですし心を開くことがでいませんよね。 なので、「○○さんの真面目なところ、凄く素敵ですよね」というように相手の良いところを褒めてあげましょう。 そうすることで、自信がもててもっとフラットに冗談を言い合える関係になるかもしれません。

冗談が通じていないと思ったらフォローをする

冗談が通じない人だとわかっていても、ノリでついつい冗談を言ってしまうこともあるでしょう。 相手の顔や反応を見て「やってしまったな」と感じますよね。 「あっ冗談だってわかってないな」と思ったときは、そのままにするのではなく「冗談ですから気にしないでくださいね〜」「すぐ冗談とか言っちゃうので不快だったすみません」と謝るなりなんなりフォローをいれましょう。 「なんで冗談だってわかってくれないの!?」と責めてしまうよりは、よっぽど良いです。 そのままスルーしてしまうと関係に溝ができてしまったりするので、早めに「冗談」ということを伝えることでトラブルを防ぐことができます。 ついでに「冗談が通じなくても気にしていない」ということが伝われば、相手も安心することができるでしょう。

合わないと感じるなら距離をおくのもあり

世の中には色々な人がいます。 何が面白いと感じるのかは、価値観の違いですよね。 ある人にとっては冗談であっても、「冗談とは思えない」と感じる人がいるのはある意味当たり前のことなのでしょう。 なので、歩み寄ろうと心がけても難しいな...と感じてしまうときは諦めて距離をおくのもありでしょう。 無理して人間関係を続けてしまうのはストレスの元になります。 相手も相手で「冗談なのか何なのかわからないけど、とっても不快なんだよな」と思っているかもしれませんよね。 「どうしても無理」と感じるのであれば、無理に付き合っていく必要はありません。

冗談が通じない人へのNG行動

家族など親族に関することを話題にする

冗談が通じない人は、基本的になんでも真にうけます。 だからこそ、話題にしてはいけないことがあるということを頭に入れておきましょう。 特に、家族など親族に関する話題は冗談でも言ってはいけません。 冗談が通じないぐらい真面目な人にとって、家族など親族のことを言われるのは自分のことをバカにされるのと同じぐらい嫌なことです。 絶対に話題にしないようにしましょう。

相手の失敗をネタにしてイジる

人の失敗を「もうバカでしょ〜」と言ってネタにしてイジる時ってありますよね。 冗談が通じない人は、プライドが高い人が多いので自分の失敗をイジられるのはネタであっても冗談であっても嫌なことです。 笑ってくれたほうが救われるというタイプの人も勿論いるでしょう。 励ますつもりがあったとしても、冗談が通じない人にとっては「バカにされている」としか感じないので、そっとしておいてあげるのが1番です。

しつこく同じ話題を話す

一回目は冗談が通じなくても、二回目なら〜...と思って何度も同じ話題を繰り返す人もいます。 しかし、冗談が通じない人に同じ話題をしつこく繰り返すのはNGです。 冗談だと感じなかったら笑わなかったのに、何度も同じ話題を繰り返されても本人にとっては不愉快でしかありません。 冗談が一度通じなかったなら、もう諦めましょう! しつこく何度も言ってもおもしろくないものは、おもしろくないのです。 次第に反応にも困ってしまいますし、イラつかせてしまうだけだと言えるでしょう。

「冗談が通じないからつまらない」「面白くない」と言う

冗談が通じないと、ついつい「え〜そんなの冗談じゃん〜つまんな〜」とか言ってしまいがちです。 しかし、冗談が通じなかったり冗談が通じない人にとってこの発言はとっても嫌な気持ちになります。 自分の言っている内容や、自分の言い方にも問題がある可能性もあるのに受け取り手のリアクションが悪かったからといって「つまんない〜」と相手のせいにするのはやめましょう。 「冗談が通じない」という性格を気にしている人もいます。 そういう人にとって「冗談が通じないからつまらない」は相手を追い詰める発言にもなりますしね。 広い心をもってフォローをするか、諦めて他の話しで盛り上げるように気持ちを切り替えましょう。

LINEなど文章で冗談を言う

冗談を通じない人に、LINEのやりとりなど文章で冗談を言うのはNGです。 文章は、相手の顔が見えないですしどんな声のトーンで言っているとかもわからないので冗談が余計冗談だと受け取れない可能性が高いからです。 文章で冗談を言って笑いをとるのって、よっぽど仲が良くてわかりあえている相手じゃないと難しいと思っていたほうが良いでしょう。 特に元々冗談が通じない相手だとわかっているのであれば、冗談なのか本気なのかわからないような曖昧な表現は絶対に避けましょう。

冗談が通じない人を笑わせる方法

冗談が通じない人でも、一緒にいるなら楽しく笑って過ごしてもらいたいですよね。 冗談が通じない人を、笑わせる方法は何かないものかと頭を悩ませたことがある人も多いのでは!? 冗談が通じない人を笑わせる方法を紹介します。 絶対に笑うとは限りませんが、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

まずは心を開いてもらう

元々のその人の性格が原因となっていることも多いですが、冗談が通じないということはまだ心を開いてくれていない状態だからである可能性があります。 心を開いていない相手に冗談をいっても、冗談が通じないのは当然のことですよね。 まずは、誠意をもってきちんと接して信用してもらうことが大切であると言えるでしょう。 どんなに真面目でコチコチの人でも、会っている回数や時間が増えていく中で仲が深まって冗談をいって笑いあえるぐらいの関係になることってあります。 すぐに冗談を言って笑ってくれるタイプではないと感じたのであれば、冗談を言って笑わせることはまず諦めましょう! 当たり障りのない会話からはじめて、心を開いてもらえれば冗談で笑ってくれると思いますよ。

笑顔で会話を楽しむ

冗談が通じない人を笑わせたい!と思うなら、まず自分自身が笑顔で会話をして楽しんでいる姿を見せることが重要になってきます。 つまらなそうに会話をしている相手が、いきなり冗談を言っても冗談に聞こえません...。 それに、堅苦しい雰囲気だといつまでたってもリラックスできないので笑えないんですよね。 なので、冗談が通じない人を笑わせたいのであれば自分自身が笑顔で会話を楽しむことで、相手に安心してもらいましょう。 会話をしている人がニコニコしてくれていたら、自然と笑顔になります。 加えてちょっとした冗談で二コっとしてくれるぐらい、気持ちに余裕ができるのではないでしょうか。

相手の興味のある話しをする

相手が興味ないことを、永遠と話している中で冗談を言ってもそれは楽しいのは自分だけなので中々笑ってもらえないでしょう。 なので、冗談が通じない人を笑わせたいと思うのであれば会話の内容を相手に合わせるということも大切だと言えます。 自分の趣味や好きなことを話している時って、やっぱり楽しいですし気持ちがリラックスしますよね。 自然と楽しく笑える雰囲気になるはずです。 冗談が通じない人と会話をするときは、相手の話しやすい内容を選ぶというのも大切であると言えるでしょう。

顔芸

冗談が通じないなら、顔芸をして笑わせてしまうのもありあですよね。 顔芸なら誰でもできますし、笑ってくれる可能性が高いです! 「え〜!」と驚くようなリアクションをするときに、目が飛び出るぐらいに見開くなど普段では決してしないような表情を見せてクスリとさせましょう。 かわいい人やかっこいい人ほど、顔面崩壊していると面白くなってしまうものです。 「そんな顔しちゃうんだ!」という好感ももてます。 ちょっとクスっとしてしまうようなことがあると、一気にリラックスして笑いやすくなるので顔芸は試してみる価値ありです。 ただ、滑ってしまうと結構はずかしいので笑えないぐらい顔面崩壊してしまうことがないように注意してくださいね...。

軽めの下ネタ

冗談が通じない人でも、軽めの下ネタならクスっと笑ってしまう可能性が高いです。 なんだかよくわからないですが、下ネタになった途端目をキラキラさせて面白がる人も多いです。 子供が下ネタでゲラゲラ笑うのと同じだということが考えられます。 ただ、異性にあまりにどぎつい下ネタを言ってしまうと「セクハラ」と言われかねませんし、逆にドン引きされて笑ってもらえなくなってしまう可能性もあるので加減はきちんとしましょう。 ちょっと笑ってくれたからといって、「下ネタOKなんだ」と思ってかましすぎると余計に心を閉ざされてしまうかもしれません。

一発ギャグをする

テレビでよく見る流行っている一発ギャグなどを、会話の中に取り入れてみるのも良いでしょう。 「おもしろい」と感じて笑う人が多いからこそ流行っているギャグであるということは確実なので、うまく会話の中に取り入れることができれば「クスっ」と笑ってもらえる可能性が高いです。 オリジナルのネタで、全く笑ってもらえないと精神的にきついですが...。 早っている芸人のネタをパクって会話に入れるぐらいなら、滑っても自分が考えたわけじゃないしと思えば傷も浅いですよね。 年代にもよると思うので、老若男女に知られているギャグを厳選して使ってみてください。

冗談が通じないと言われた時の対処法

心に余裕をもつ

「もう〜冗談も通じないの〜?」と言われて、本気で受け取ってムキになってしまっている自分にハッとしたことがある人も多いのではないでしょうか。 相手が冗談として言っていることを本気で受け取ってしまうときって、忙しくていっぱいいっぱいになっているなど自分の心に余裕がないことが多いです。 自分の気持ちがいっぱいいっぱいになっていると、冗談かどうか見極める余裕がないので全てを本気でうけとってしまうんですよね。 なので、「冗談が通じない」と言われたときは自分自身の心がいっぱいいっぱいになっていないか振り返ってみましょう。 疲れが溜まっていたり、睡眠不足だったりしませんか? もしそういった原因があるのであれば、素直に相手にその旨を伝えてわかってもらいましょう。

気持ちをリラックスさせる

緊張しているなど、気持ちがリッラクスできている状態じゃないからこそ冗談だと思えなかったのかもしれません。 「冗談が通じないね」と言われたら、ちょっと気を張りすぎている場合があるのでお茶を飲んだり深呼吸をするなどして気持ちをリラックスさせてみてください。 「そうですよね、ちょっと緊張しちゃってて...!」と言えば、相手も納得してくれるはずです。 気持ちをリラックスさせることができると、相手の表情や声のトーンなどで冗談を言っているのかそうでないのか判断しやすくなります。 特に初対面の人と話すときなど、冗談が通じないと言われてしまうような真面目な人は緊張して頭が固くなってしまう人が多いので是非気持ちをリラックスさせるように心がけてみてください。

周りをよく見る

数人で冗談を言い合って盛り上がっているときに、一人だけ本気にとらえて怒りだしてしまうと「えっ冗談なのに空気読めな...」と思われてしまいますよね。(内容にもよりますが...) 上述しているように、いっぱいいっぱいだったり緊張していたりすると周りの「冗談を言っている空気」に気がつけないことが多いです。 なので、「冗談が通じないね」と言われえたら周りをよく見てどういう雰囲気になっているのかを感じるようにしてみましょう。周りが笑顔で楽しそうな雰囲気だったり、笑っているのであれば冗談の可能性が高いです。 それでも内容的にありえないことを言っているというのであれば、「それはちょっと笑えないよ」と指摘するのもありでしょう。 大抵はその場を盛り上げようと思って冗談を言う人が多いので、周りをよく見るように心がけるのも大切なことであると言えます。

プライドは捨てる

高いプライドが邪魔をして「冗談が通じない」と思われている可能性もあります。 プライドがあることは悪いことではないのですが「見下されたくない」とか「バカにされるのは嫌」というような気持ちは一旦捨ててみましょう。 そういった気持があると、バカにされているわけでもないのに「バカにされている」と感じて怒り出してしまったりして「冗談が通じない」と思われる原因になります。 「冗談が通じないよね」と言われたら、「バカにさている」といったネガティブな考え方やプライドが邪魔をしていないか一度自分自身を向き合って感じると良いですよね。

考えすぎない

「冗談が通じない」なんて言われたら、気にしてしまいますよね。 自分が感じたまま受け取っているのに、「冗談が通じない」と言われたら「これは冗談?」「本当にいっている?」と色々考えてしまう人も多いのではないでしょうか。 しかし、考えてしまうと余計わけがわからなくなってしまいますし、人と接する事が億劫になってきてしまいます。 むしろ、考えすぎてしまっているから冗談が冗談に聞こえなくなってしまっているのかも!? なので、「冗談が通じない」と言われたからといってあまり深く考えすぎずにリラックスして人と接することができることが1番大切であると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 「冗談が通じない人」について理解を深めていただけたでしょうか。 冗談を言っても通じないと確かに戸惑ってしまいますよね。 しかし、「冗談が通じない」ということには理由があるかもしれません。 人を傷つけたり不快になるようなことをネタにしていませんか? 冗談って何気なく言えるものですが、それなりに信頼関係が成り立ってないと通じないんですよね。 冗談が通じなくつまらないやつだな、と思う前に振り返ってみましょう。

こちらの記事もチェック

自己肯定感とは?自己肯定感が低い原因と高める方法!高すぎてもダメ?

eigobu.jp

仕事で落ち込んだ時の対処法とNG行動!落ち込まないための習慣とは?

eigobu.jp

落ち込んだ時に元気になる方法とNG行動!おすすめの名言と歌、映画も紹介!

eigobu.jp

現実逃避をする心理とは?現実逃避癖を治し方とうまい活用方法!

eigobu.jp

将来に不安を感じる原因と解決方法!不安を感じないための習慣とは?

eigobu.jp

仕事で失敗した時の対処法とNG行動、立ち直る方法!仕事で失敗しない方法とは?

eigobu.jp

仕事がつまらない原因と対処法、NG行動とは?辞める前にすべき事とは?

eigobu.jp

褒め言葉一覧!男・女・子供・上司・部下など対象別に徹底解説

eigobu.jp

潜在能力とは?潜在能力の高い人の特徴と開花する方法は?人生くすぶっている原因とは?

eigobu.jp

あざとい男の性格や仕草の特徴と心理!職場での対処法と落とす方法

eigobu.jp

恩着せがましい人の特徴と心理とは?職場での対処法は?無視はアリ?

eigobu.jp

天真爛漫な人の特徴となる方法!モテる理由と相性のよい相手とは?

eigobu.jp

献身的の意味と使い方!献身的な女性の特徴と心理、なる方法も!

eigobu.jp

温厚な人の特徴となる方法とは?温厚な人を怒らせると怖いって本当?

eigobu.jp

陰湿な人の特徴と心理とは?職場などでの対策は?仕返しはアリ?

eigobu.jp

努力とは?努力家の特徴と努力できない原因、努力できるようになる方法を一挙公開

eigobu.jp

コミュ力の高い人の特徴と上げる方法!コミュ力不要説とは?

eigobu.jp

集中力を高める方法とは?集中力を高める食べ物・飲み物もある?!

eigobu.jp

職場恋愛の発展は迷惑だから隠す?年の差は?アプローチ方法と注意点は?

eigobu.jp

聞き上手な人の特徴と長所、モテる理由とは?聞き上手になる方法を一挙公開!

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 性格や心理の意味と特徴
  3. 冗談が通じない人の特徴と心理、付き合い方!冗談が通じないのを治す方法とは?