1. TOP
  2. 英語で何と言う?
  3. 《完全版》ニュアンス別「特徴」の英語表現の違いと使い分け
《完全版》ニュアンス別「特徴」の英語表現の違いと使い分け

《完全版》ニュアンス別「特徴」の英語表現の違いと使い分け

英語で「特徴」を意味する単語はたくさん存在します。日本語の「特徴」はかなり広く使えますが、「特徴」を意味する英語表現は、”何の特徴”を指しているかによって使い分けが必要です。今回はそんな「特徴」を意味する英語表現を徹底解説していきます!

※音声付き例文がありますので、発言の確認に活用してください。なお、音声はアメリカ英語になっています。

「characteristics」は物・事・人の持つ典型的な特徴

「characteristics」は、「特徴」を意味する英語の中でもっとも一般的な言葉で、さまざまな物・事・人の持つ典型的な特徴を指します。 「characteristics」は名詞「characteristic」の複数形です。 「characteristic」は形容詞としても使い、「特徴的な、特有の、典型的な」という意味があります。 動詞は「characterize」です。これは他動詞で「...を特徴づける」という意味です。「be characterized by...」の受け身の形で使われることがほとんどで「...な特徴を持つ」という意味になります。 性格・性質を意味する「character」とは語源が同じです。

Japan has many wonderful characteristics such as hard-working people and beautiful nature.

日本には素晴らしい特徴がたくさんあって、例えば、勤勉な国民と豊かな自然です。

A giraffe is characterized by its long neck.

キリンは首が長いのが特徴だ。

「feature」は視覚的に目立つ特徴

「feature」は、目立つ特徴を指します。特に視覚的に興味をそそるような特徴に対して使うことが多いです。地理や地形の特徴、建物や家具の形の特徴などを説明するときには「feature」が最適です。「特色」という和訳もよく使われます。 「feature」は他にも「顔の作り」「特集記事」「目玉商品」などの意味もあります。

Japan has several geographical features such as such as high mountains and low-lying plains.

日本には、高い山脈や低い平野などの地理的特徴がいくつかあります。

This house has so many interesting features, including a large Italian fireplace.

この家には、イタリア風の大型暖炉など、興味深い特徴がたくさんあります。

「peculiarity」は、他にはない独自の特徴

「peculiarity」は他と変わっている独自の目立った特徴のことを指します。「特有」と和訳されることも多いです。「異様」「奇抜」などネガティブなニュアンスで使われることもあります。 形容詞は「peculiar」になります。「変な、異様な」という意味で使われます。形容詞だとネガティブな意味で使われる場合がほとんどなので注意してください。「strange」「odd」などが同義です。 よい意味で他とは違うことを表す形容詞は「unique」「unusual」「special」などがあります。

These vegetables are a peculiarity of the region.

これらの野菜はその地域の特産だ。

This deer smells a little peculiar.

このビールは少し変な匂いがする。

What's special about this wine?

このワインの特徴は何ですか?

「distinction」は、他と区別する特徴

「distinction」は、他の人や物とは区別される特徴のことを指します。 「distinction」は、「peculiarity」とは違いポジティブなニュアンスが強いです。他とは違い「卓越した特徴」「風格のある特徴」などの意味合いも持ちます。 「distinction」の基本的な意味は「区別、差別、相違、識別」などです。そこから派生して「区別される特徴」という意味も持つようになりました。 「have distinction of being ... 」という形で使われることが多いです。 形容詞は「distinctive」は「独特の」という意味で「unique」と同義です。

He has the distinction of being one of the few people to have honors degree in this college.

彼の特徴は、この大学で優等賞をとった数人のうちの1人であることだ。

The main distinction of this song is that both men and women love it.

この歌の主な特徴は、男女共に人気があるところだ。

「trait」は人の持つ個人的な特徴

「trait」は、一人ひとりが持つ個人的な特徴を指します。人間の性格的特徴、身体的特徴、遺伝的特徴などの「特徴」は「trait」が使われます。(性格的特徴の意で使われることがとても多いです!)「trait」は「characteristic」と置き換えても問題ありません。(しかし「characteristic」はすべて「trait」に置き換えられるわけではない) ・「personality trait」「character trait」で「性格的特徴」 ・「physical trait」で「身体的特徴」 ・「genetic trait」「inherent trait」で「遺伝的特徴」 という意味になります。

Patience is one of her character traits.

忍耐は彼女の性格的特徴のうちの一つです。

His sense of humor is a very attractive personality trait.

彼の笑いのセンスはとても魅了的な性格的特徴だ。

「property」は物質的な特徴

「property」は、物質の性質や特質を表す「特質」であり、堅い言葉で学術的な文章で使用されることが多いです。ネイティブでも日常会話ではあまり使いません。 「property」は他にも「財産、資産、所有物」という意味で使われることが多い単語です。

You cannot produce robust devices like iPhone if you do not have a deep understanding of the property of aluminum.

アルミニウムの特徴の深い理解がなければ、iPhoneのような頑丈なデバイスを生産することはできません。

One of the properties of iron is that it gets rusty so easily in the humid environment.

鉄の特質の1つは、湿度の高い環境ではすぐいn錆びることだ。

「quality」は人・物が持つ好ましい特徴

「quality」は人・物が有する重要かつ好ましい特徴のことを指します。「quality」は「characteristic」と置き換えても問題ないです。 「quality」の基本的な意味は「質」ですから、ポジティブなニュアンスの「特徴」であることは簡単に連想できると思います。 好ましく優れた人の性格について「quality」を使うことが多いです。「資質」という和訳がしっくりくると思います。

What qualities do you think are important in a professional baseball player?

プロ野球選手にとって大切な資質は何だと思いますか?

He didn't have the right quality yet to become the CEO of a big company.

彼は大企業のCEOになる資質はまだそなえていなかった。

「attribute」は人・物に本来備わっている特徴

「attribute」は、人や動物、物に本来備わっている属性を示す特徴のことを指します。 人が内在的に有する性格やセンス、精神などを指すことが多いです。 「attribute」は動詞で「...に帰する、のせいにする」などの意味があり、動詞の意味合いからも「属性」というニュアンスが連想できるかと思います。

I think that leadership is an essential attribute for a good manager.

リーダーシップはよい経営者には必須の特性だと思います。

If you are a teacher, you need to have attributes like patience and caring.

もし教師なら、忍耐や思いやりという特性が必要だ。

「color」は人格や文学のおもしろい特徴

「color」は、人の性格や小説などの文学作品が持つポジティブな特徴を指します。「精彩、味」などと和訳されることもあります。 「color」は元々「色」という意味ですから、そこから転じて、「味、趣、精彩」などの意味が生まれました、日本語の「色」も同じように使われますよね。日本語も英語も同じようなニュアンスの派生があり、興味深いものです。

His novel has so much of local color that people from that region really like it.

彼の小説は地方の特徴に富んでおり、その地域出身の人から人気だ。

Her story has plenty of color.

彼女の話はすごく味がある。

「signature」は固有の特徴

「signature」は固有の特徴を意味します。 「signature」は元々「著名」を意味します。「著名」は一人ひとりが固有のものを1つずつ持っています。その意味合いから派生して、比喩的に「signature」はその人や組織にしかない独自の特徴という意味を持つようになりました。 ・「a signature song」:「(その歌手やバンド固有の特徴ある)代表曲」 ・「a signature brand」:「(その企業固有の特徴がある)代表商品」 という熟語で使われることが多いです。

"Let it be" is the Beatles' signature song

「レット・イット・ビー」はビートルズの代表曲だ。

Apple's revenue source heavily relies on its signature brand: iPhone.

アップルの収入源は代表商品であるiPhoneにかなり依存している。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな間違った効果の薄い勉強方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

会話もメールも 英語は3語で伝わります

こちらの本では、「主語・動詞・目的語」のシンプルな構造で英語の文章を組み立てる方法を紹介しています。日本語を英語に直訳してしまうと、つい文章が長く分かりづらいものになってしまいますよね。ネイティブに分かりやすく伝わる綺麗な英語を身に付けたい方におすすめ書籍です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい使い方や文法が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

本気で英語学習をしたい方へ

近年のグローバル化で英語学習の重要度が高まっています。 留学や海外で就職を検討している方はもちろん、国内に住みながらも訪日外国人旅行者数の増加や企業の英語公用語化などの影響で、英語学習の必要性に迫られている方も多いのではないでしょうか? そんな本気で英語学習をしたい方にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. 英語で何と言う?
  3. 《完全版》ニュアンス別「特徴」の英語表現の違いと使い分け