1. TOP
  2. 英語で何と言う?
  3. 「倉庫」は英語で何?|4つの単語のニュアンスを詳しく解説!
「倉庫」は英語で何?|4つの単語のニュアンスを詳しく解説!

「倉庫」は英語で何?|4つの単語のニュアンスを詳しく解説!

今回は「倉庫」を意味する英語である「warehouse」と「storehouse」と「depot」、「storage」の4つのニュアンスの違いを解説します。「倉庫」の英語のニュアンスをしっかり理解して、ネイティブのように使い分けましょう。

「倉庫」の英語

「倉庫」のは英語で「warehouse」「storehouse」「depot」「storage」の4つの単語が使われます。

4つの「倉庫」のニュアンスの違い

warehouse

「貨物の流通のための倉庫」「工場などで使う比較的大きな倉庫」を意味します。これは元々、「ware」=「輸出入貨物の通関を行うときに貨物を一時的に収容するもの」という意味からきています。

The goods have been sitting in a warehouse for months.

この船荷は数カ月間倉庫に置いたままになっています。

storehouse

一般的に広い意味での倉庫として使われますがl、「お店の在庫などのいろいろな種類のものを置くような倉庫」をイメージしましょう。

Some of the cottages had been turned into storehouses.

いくつかのコテージは在庫置場になっていました。

storage

「データなどを保管する場所」として使われます。また、「storehouse」と同じ意味で「商品などの保管場所」として使うこともできます

We also installed a disk drive for data storage.

データの保存用としてディスクドライブもインストールしました。

The paper records were microfilmed to save storage space.

紙の記録は保管場所を節約するためにマイクロフィルム化された。

depot

「集積所」のことを言います。「商品を配送する時などに保管する営業所」のようなイメージで、「車両などの乗り物を収容する場所」でもあります。

You must have a depot for your goods that you are shipping or receiving.

あなたは商品を船便で送ったり受け取ったりするために集積所を持つ必要があります。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな間違った効果の薄い勉強方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

会話もメールも 英語は3語で伝わります

こちらの本では、「主語・動詞・目的語」のシンプルな構造で英語の文章を組み立てる方法を紹介しています。日本語を英語に直訳してしまうと、つい文章が長く分かりづらいものになってしまいますよね。ネイティブに分かりやすく伝わる綺麗な英語を身に付けたい方におすすめ書籍です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい使い方や文法が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 英語で何と言う?
  3. 「倉庫」は英語で何?|4つの単語のニュアンスを詳しく解説!