1. TOP
  2. スラング
  3. 「かっこいい」だけじゃないスラング英語「cool」の意味と使い方
「かっこいい」だけじゃないスラング英語「cool」の意味と使い方

「かっこいい」だけじゃないスラング英語「cool」の意味と使い方

「cool」という英単語は皆さんご存知かと思います。「涼しい、冷たい」というのが基本的な意味になります。「cool」はスラング英語として最も一般的な言葉の1つで「かっこいい、イカス、最高」などのニュアンスで使ったことのある方も多いのではないでしょうか?しかし、スラング英語「cool」は実はもっとたくさんの意味があることをご存知でしたか?そこで今回はスラング英語「cool」の意味と使い方を徹底解説していきたいと思います。

「cool」 には形容詞と動詞の品詞がありますので、それぞれ分けて說明していきます。 また、音声付き例文を用意しましたので、発音の確認にご活用ください。なお、音声はアメリカ英語になっております。

形容詞「cool」の意味

冷たい、涼しい

「cool」の基本的な意味は「涼しい、冷たい」にあたります。これはご存知な方が多いと思います。 「cool」は "程よい冷たさ"を表します。一方、「cold(寒い、冷たい)」「chilly(うすら寒い)」の2つは不快感を表します。

It's getting cooler day by day.

日に日に涼しくなってきている。

かっこいい、イカす、すげえ

This is beer is cool.

このビールは冷たくて美味しい。

「cool」のスラング的な意味で最も一般的なのが「かっこいい、イカす、すげえ、最高」というニュアンスです。 顔がイケメン云々というより、雰囲気やファッション、所有物、出来事などに対して "何となくいい感じじゃん" と伝えるときに、ネイティブがかなりよく使います。 「cool」で名詞を修飾することもありますが、単体で「Cool!」だけでもよく使われます。 注意点としては、「so cool」と言うときは「So cool!」とはあまり言わず、「That's so cool.」「She is so cool.」など主語と動詞を付けるのが一般的です。 ・epic ・awesome ・sick ・neat などの単語に近いです。

Oh my God! You got such a cool car!

マジかよ!お前こんなにイカす車買ったのかよ!

"I'm going to Paris next week." - "Really? That's so cool."

「来週パリに行く予定なの」-「本当?最高だね」

Bill is really a cool kind of a guy.

ビルはマジでイケてる奴だよ。

社会的に未熟な、青い(「not cool」の形で)

「not cool」の形で「社会的にまだ未熟、青い、子供っぽい」というニュアンスでよく使います。 よく使う場面は、男性が女性に対してマナーが悪かったときに、その男性に対して男友達が「not cool」と指摘したりします。「それは人としてダメでしょ」「男としてカッコよくないよ」という意味合いです。 「That's not cool.」という形で使うのが一般的です。

"I just wanna break up with her, so I've ignored her messages for a week." - "That's not cool, man."

「彼女と別れたいから、一週間も彼女の連絡無視してる」-「それはダメだろ」

優しい、いい人

「cool」は人に対して使って、漠然と「優しい人、いい人」という意味もあります。 ・kind ・nice などに近いニュアンスです。

I can't believe you helped me on the exam. You are so cool.

試験勉強手伝ってくれてありがとう。あなたって本当に優しいわね。

仲直りしている

喧嘩をした後に仲直りしている状態のことを「cool」と表現することもあります。

So, you guys are cool now, huh?

ってことで、君たちはもう仲直りしたのね?

Are we cool now?

もうプンプンしてないよね?

いいよ(同意、承諾)

「cool」は同意や承諾を表すただの返事としても使います。「yeah」に近い感じです。 文章で賛同を表すときは、前置詞「with」を使います。「I'm cool with that.」で「おれはそれでいいよ」と言った感じになります。 「It's cool that...」「It's cool for you to...」などと言うと「...は問題ありません」というニュアンスになります。 この「cool」の用法は、「okay」にとても近いです。

"I wanna eat Chinese." - "Cool."

「中華食べたい」-「いいよ」

"We're thinking about going to a Chinese place. What do you think?" - "I'm totally cool with that."

「中華に行こうと思ってるんだけど、どう思う?」-「完全に同意」

It's cool for you guys to bring your children and dogs.

皆さんが子供と犬を連れてくるのは問題ありませんよ。

Everything's cool here.

こちらは何も問題ありません。

まあいい(容認)

「cool」には「容認」というニュアンスもあります。「実際は賛同していないけど仕方ない」というニュアンスです。「cool」には「賛同、同意」という意味もありますので、違いは文脈で判断するしかありません。 「It's cool for you to ..., but,,,」「It's cool if you ..., but,,,」で「あなたが...するのはいいが,,,」という文型で使うことが多いです。

It's cool if you don't like me, but at least listen to what I say in the meeting.

あなたが俺のこと好きじゃないのは別にいいけど、会議中は話だけは聞けよ。

いいね、うんうん、なるほど(ただの相槌)

ネイティブは「cool」を会話中のただの相槌としてよく使います。 実際には「すごい」などを思っていなくても、「いいね、うんうん、なるほど、ふむふむ」的な感じで使います。 相手の話をよく聞いていないときに便利なのですが、連呼し過ぎると話に興味がないのがバレてしまうので気をつけましょう。

"By the way, I got promoted at work!" - "Cool."

「そういえば、職場で昇進したんだよ」-「なるほど」

落ちていている、冷静な

「cool」には「落ち着いている、冷静な」という意味もあります。 ・chill ・calm ・relaxing などの単語に近いです。

I like this cool atmosphere.

この落ち着いた雰囲気が好き。

She's always cool under any circumstance.

彼女どんな状況下でも常に冷静だ。

結構です(断り)

「cool」は「I'm cool.」の形で「結構です、大丈夫です」と相手の誘いを断るときにも使います。 「賛同」と真逆の意味なので、話の流れで相手の気持ちを把握するしかありません。 「I'm good.」と同義です。

"Are you coming with us tonight?" - "I'm cool. Thanks though."

「今夜一緒に来る?」-「おれはいいや。でもありがと。」

動詞「cool」の意味

次に動詞「cool」に関して說明していきます。

動詞「cool」は単体では「__を冷やす」という意味になります。 そこから転じて、「(感情など)を落ち着かせる」という意味もあります。 「Cool it.」だと「落ち着けよ」という意味になる 群動詞では、下記のフレーズを一般的です。 ・cool down:「(体温)をもどの状態に冷やす」(他動詞) ・cool off:「感情が落ち着く」(自動詞) ・cool out:「涼む、落ち着く、ぶらぶらする」(自動詞)

You should cool this room. It's too hot.

この部屋涼しくしなよ。暑すぎるよ。

Wait until she cools off before you talk to her again. She looks so annoyed.

もう一度話し掛ける前に、彼女が落ち着くの待ちなよ。彼女めっちゃイラついてるし。

"What are you up to now?" - "I’m just cooling out at the beach."

「今何してる?」-「ビーチで涼んでるよ」

「cool」を使ったイディオム(慣用表現)

as cool as a cucumber

「as cool as a cucumber」は直訳すると「きゅうりのように涼しい」になるのですが、「非常に冷静」という意味になります。厳しい状況下でも冷静で、しっかり思考できる状態のことをいいます。 ・cool customer ・keep a cool head などのイディオムも同義で使うことができます。

Even in the emergency, she remained as cool as a cucumber.

緊急時も、彼女は冷静沈着だった。

too cool for school

「too cool for school」は直訳すると「学校に着ていくにはカッコよすぎる」という意味で、「めちゃくちゃカッコいい」という意味で使います。特にファッションに対して使う表現です。

She thinks she is too cool for school.

彼女は自分はオシャレ番長だと思っている。

blow one's cool

「blow one's cool」で「冷静さを失う、理性を失う」という意味です。 「blow」は「__を吹っ飛ばす」という意味になります。「one's」の箇所には、「my, your, her」などの所有格が入ります。

The minute she heard the news, she blew her cool.

そのニュースを聞いた瞬間、彼女は理性を失った。

cool one's heels

「cool one's heels」は直訳すると「かかとを冷やす」という意味ですが、「長く待たさせる」という意味になります。

「cool」の関連英語の記事

Article 25 thumb

【完全版】アメリカ人がめちゃくちゃ使う「awesome」の意味と使い方

eigobu.jp
0530db70 b001 4f52 a0a3 395e815efaf3 thumb

【完全版】スラング「epic」の意味と使い方

eigobu.jp
Article 18 thumb

「neat」の正しい意味とネイティブの使い方

eigobu.jp
Article 6 thumb

スラング「chill」の意味と使い方!ネイティブがよく使う表現を紹介します

eigobu.jp
Article 5 thumb

色んな場面で使える「take it easy」の意味と使い方!

eigobu.jp

スラング英語を学びたい方におすすめの書籍

スラング英語を学びたい方におすすめの書籍を厳選して3冊紹介したいと思います!

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

知らないと危険な英語表現

こちらの本では、ネイティブが使う英語表現の正しい意味やニュアンスを紹介しています。この本を読めば、様々なシチュエーションでのネイティブの発言の意図を理解することができます。それにより、ふさわしいリアクションの取り方や正しい返事の仕方を学ぶことができる一冊です。

この本の詳細を見る

今日のタメ口英語

日本語でも「〜です。〜ます」といった丁寧語ではなく、「〜じゃん。だよね」とくだけた表現を使いますよね。そんなくだけた英語表現がまとまった一冊です。リアルな生活の中で使える『タメ口英語』を学ぶことで日常会話もしやすくなるでしょう。こちらの本は超オススメです!ぜひ読んでみてください。

この本の詳細を見る

本気で英語学習をしたい方へ

近年のグローバル化で英語学習の重要度が高まっています。 留学や海外で就職を検討している方はもちろん、国内に住みながらも訪日外国人旅行者数の増加や企業の英語公用語化などの影響で、英語学習の必要性に迫られている方も多いのではないでしょうか? そんな本気で英語学習をしたい方にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

こちらの記事もチェック

Article 11 thumb

エロいスラング英語「naughty」の意味と使い方!You're being naughty.はどんな意味?

eigobu.jp
Article 8 thumb

色々な使い方がある!スラング英語「crap」の意味とネイティブの使い方

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. スラング
  3. 「かっこいい」だけじゃないスラング英語「cool」の意味と使い方