1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「配慮」と「考慮」の違いと使い分けとは?意味と使い方を解説
「配慮」と「考慮」の違いと使い分けとは?意味と使い方を解説

「配慮」と「考慮」の違いと使い分けとは?意味と使い方を解説

「配慮」と「考慮」という言葉をご存知でしょうか。「相手に配慮する」「事情を考慮する」などと使います。どちらも日常会話やビジネスシーンで使われている言葉です。では、二つの違いについて説明できるでしょうか。それぞれ意味が異なるので、しっかりと知っておく必要があります。そこで今回は「配慮」と「考慮」の違いについて解説していきます。正しく覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう!

「配慮」と「考慮」の違い

「配慮」・・・相手のことを、思いやりをもって気にかけること 「考慮」・・・行動に移す前に、色々とよく考えること

「配慮」の意味と使い方

「配慮」は「はいりょ」と読みます。 「配慮」の意味は「他人や物事を気にかけること、注意を払うこと」です。 「配」は「広く及んでいること」、「慮」は「あれこれと考えること」を意味します。相手や他の物事のことをあれこれと考えて、思いやりをもって気を配ることを表します。 「配慮する」「配慮が欠ける」「配慮が足りない」などと使います。自分が相手のことを思って行動することは「配慮します」と表現できます。 相手の配慮を表す場合は「ご配慮」とします。「相手が自分のためにしてくれた気遣い」という意味で、目上の人から配慮を受けた場合に使う表現になります。 「ご配慮いただき、ありがとうございます」などと、感謝の気持ちを述べることができます。 「ご配慮願います」と使うこともできます。これは、注意してほしいことをお願いする場合に使う表現です。

例文 ・彼は自己中心的だから、もっと他の人に配慮した方がよい。 ・これからは相手の迷惑にならないように、配慮いたします。 ・◯◯様には常日頃からご配慮いただき、大変感謝しております。 ・お忙しいにもかかわらず、ご配慮いただき、誠にありがとうございました。

「配慮」の意味と使い方、類語「考慮・気遣い」との違い、英語表現

eigobu.jp

「考慮」の意味と使い方

「考慮」は「こうりょ」と読みます。 「考慮」の意味は「考えをあれこれとめぐらすこと」です。 「考」は「物事について思い巡らすこと」、「慮」は「あれこれと考えること」を意味します。 ただ考えることではなく、物事を色々な要素を含めて考えること、判断や行動に移す前に様々なことを考え合わせることを表します。 「考慮する」「考慮に入れる」「考慮を払う」「考慮を重ねる」「考慮に値する」などと使います。 例えば、飲み会の日程を決める場合に、参加者の予定や予算の問題などを考えに含んだ上で決定します。これは「日程を組む前に、参加者の都合を考慮する」と表現します。 「考慮」は「ご考慮」という形で、相手が考慮してくれたことに対して感謝の気持ちを述べたい場合に「ご考慮いただき、ありがとうございます」と使うこともできます。

例文 ・全員の希望や事情を考慮した上で、決める必要がある。 ・彼らの性格や成績などを考慮した上で、リーダーを決めたいと思う。 ・考慮した結果、新しい企画を実行に移すことが決定いたしました。 ・彼女の案は無茶苦茶で、初めから考慮の余地がない。

おすすめの記事

「おかれましては」の意味と謝罪・お願いでの使い方は?漢字・類語も紹介

eigobu.jp

「精進して参ります」の意味は?履歴書・謝罪・年賀状・メールでの使い方、類語を解説

eigobu.jp

「申し伝える」の意味と敬語の種類とは?類語「お伝えする・伝え申す」との違いも解説

eigobu.jp

「ご迷惑」の意味とお詫びでの使い方、類語「お手数・ご心配・ご面倒」との違いは?

eigobu.jp

「ご連絡」の意味とメールでの使い方、敬語(尊敬語・謙譲語)、類語、英語表現

eigobu.jp

「ありますでしょうか」は間違った敬語!正しい言い換えと英語表現を徹底解説!

eigobu.jp

「あたかも」の意味、漢字、使い方を例文付きで解説!類語や英語表現も紹介

eigobu.jp

「いただいた」の正しい敬語の使い方!「頂いた・戴いた」の意味の違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「暖簾に腕押し」の意味と語源は?「糠に釘」などの類語、対義語、英語も紹介!

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「配慮」と「考慮」の違いと使い分けとは?意味と使い方を解説