1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「いつもありがとうございます」の意味と敬語、メールでの使い方、返事、英語を解説

「いつもありがとうございます」の意味と敬語、メールでの使い方、返事、英語を解説

「いつもありがとうございます」は、普段お世話になっている人に感謝の気持ちを伝える言葉です。今回は「いつもありがとうございます」の意味と敬語を詳しく解説します。また、「いつもありがとうございます」の類語・言い換え表現も合わせて紹介しますので是非参考にしてください。

「いつもありがとうございます」の意味と敬語

お世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるときに使う

「いつもありがとうございます」は、普段お世話になっている人に感謝の気持ちを伝える言葉です。 「いつも」は代名詞「いつ」に助動詞「も」がついた言葉で、「いつであっても」「どんなときも」という意味があります。 「ありがとうございます」は現在進行している途中で相手が行ったことに対して、感謝の気持ちを伝えるときに使用する言葉です。 したがって、「いつもありがとうございます」はある程度長くお付き合いがあり、日常的に親切してもらっているような相手に対して使用する言葉であるといえます。

丁寧語

「いつもありがとうございます」を品詞分解すると、副詞「いつも」+形容詞「ありがたい(有り難い)」の連用形+「ある」の丁重語「ござる」+丁寧語「ます」になります。 丁重語とは、動作の対象ではなく話を聞いている相手に敬意を示すために使用されます。 例えば「昨日から弟の家で勉強をしております」の「おります」は、弟へ敬意を示しているのではなく話を聞いている人に敬意を示している「丁重語」です。 「いつもありがとうございます」は丁重語+丁寧語の敬語表現なので、目上の人に使用することができます。

例文

例文

  • 息子のために素敵なプレゼントをいつもありがとうございます。
  • 親身になって話を聞いてくださりいつもありがとうございます。
  • お忙しい中ご丁寧な対応いつもありがとうございます。

返事

「いつもありがとうございます」と言われたら、親しい間柄であれば「どういたしまして」と返事をしても問題ありません。 ただし、上司など上司など敬意を示すべき相手に「どういたしまして」と言ってしまうのは上から目線に感じられます。 上司など敬意を示すべき相手に「いつもありがとうございます」と言われたら、「こちらこそありがとうございます」と感謝の気持を伝えましょう。 また「嬉しいお言葉ありがとうございます」など、感謝されたことに対する嬉しい気持と伝えても印象が良いです。

「いつもありがとうございます」の類語・言い換え

感謝いたします

「感謝いたします」は、「自分に対する好意や親切をありがだいと思います」という意味です。 「感謝いたします」は「感謝」に「する」の丁重語の「いたす」と丁寧語の「ます」を使用した敬語表現です。 上司など敬意を示すべき相手にお礼の気持ちを伝えるときに使用することができます。 「感謝いたします」の「いたします」は平仮名表記です。 「いたす」を補助動詞で使用する場合は、平仮名表記で使用し、動詞をして使用する場合は「致す」と漢字で表記するという決まりがあります。 したがって、「感謝致します」は誤用なので注意しましょう。

例文

  • 日頃より一方ならぬお引き立てを賜り、深く感謝いたします。今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願いいたします。
  • この度は深く感謝申し上げますとともに、貴社の今後益々のご発展をお祈り申し上げます。

誠にありがとうございます

「誠にありがとうございます」は副詞「誠に」+形容詞「ありがたい(有り難い)」の連用形+「ある」の丁重語「ござる」+丁寧語「ます」を使用した敬語表現です。 「誠に」は副詞で、「間違いなくある事態であるさま」「本当に」「じつに」といった意味になります。 「本当に」と「誠に」の意味合いは同じですが、「本当に」よりも「誠に」のほうが堅い表現でありビジネスシーンなどかしこまった場面に適して、式典・慶事・弔事の挨拶としても使用されることが多いです。

例文

  • 本日は、私のために歓迎会を開催していただき、誠にありがとうございます。
  • 貴重なお話を聞かせていただき、誠にありがとうございます。

心より感謝申し上げます

「感謝申し上げます」は「感謝を言わせていただきます」という意味です。 「感謝申し上げます」を品詞分解すると「感謝」+「申し上げる」+「ます」となります。 「申し上げる」は「言う」の謙譲語です。 「ます」は丁寧語です。 したがって「感謝申し上げます」は謙譲語+丁寧語で目上の人に使用できる丁寧な敬語表現であるといえます。 ビジネスシーンなどかしこまった場面でも使用することができる表現です。

例文

  • ご購入いただいた全ての方々に感謝申し上げます。今後とも当店をよろしくお願いいたします。
  • 当店が開店10周年を迎えられたのは、日頃から支えてくださる皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。

厚く御礼申し上げます

「厚く御礼申し上げます」は、「あつくおんれいをもうしあげます」と読みます。 この場合は、「おれい」ではなく「おんれい」と読むのが正しく、かなりかしこまった場面で御礼を伝える場合に使用される言葉です。 「御礼申し上げます」は感謝の気持ちを伝える言葉で、さらに「恩恵などを受ける程度が甚だしい」という意味の「厚く」をつけて御礼の気持ちを強めています。 「御礼申し上げます」は、「感謝の気持ち」という意味がある「御礼」という言葉に、「言う」の謙譲語である「申し上げます」と、丁寧語の「ます」をつけた敬語表現なので目上の人に対して使用することが可能です。 また、かしこまった表現であるためフォーマルな場面で使用することができます。 結婚式などのスピーチなど大勢の前で御礼を述べる場面や、ビジネスでは取引先相手の方に御礼を伝える場面など様々な場面で使用されることが多いです。

例文

  • 平素は格別のご愛顧にあずかり厚く御礼申し上げます
  • いつも弊社のサービスをご利用いただき厚く御礼申し上げます。

感謝の念

「感謝の念」は「ありがたく思い、感謝したいと感じる心持ち」を意味しています。 「感謝」に思いや気持ちを表す「念」を付けることによって、相手に一層のお礼やありがたく思う気持ちを伝えることができます。「感謝の念」は少々堅い表現なので、ビジネス文書や手紙で使われることが多いです。 「感謝の念」の使い方としては、

  • 感謝の念に堪えません
  • 感謝の念に尽きません
  • 感謝の念を抱く
  • 感謝の念を禁じ得ない

などがあります。 「感謝の念に堪えません」「感謝の念を禁じ得ない」は、「感謝の気持を抑えることができない」という意味で、非常に感謝していることを言い表すことができます。

例文

  • この度はいろいろとご教示を賜り、感謝の念を抱かずにはいられません。
  • 多くの励ましのお言葉をいただき、本当に感謝の念に尽きません。
  • お忙しい中多くのお客様にご来場いただき、感謝の念を禁じ得ません。

拝謝します

「拝謝」は「感謝」の謙譲語になります。 「拝謝」は、本来の意味は、「拝礼して感謝の言葉を申し上げる」となるので、目上の相手に対して深い感謝を示すときに使います。 「拝謝します」は、謙譲語「拝謝」+丁寧語「ます」の敬語表現なので目上の人に使用することができます。 ただし、「拝謝します」は口語では使わず、主に手紙など書き言葉として使います。 部下といった目下の相手に対して使用してしまうと、大袈裟な表現となってしまうので気をつけましょう。

例文

  • 平素はなにかとご高配を賜りまして、拝謝します。
  • 先日は、ご多用中にも関わらず弊社成立披露会にご臨席いただき、拝謝いたします。

「いつもありがとうございます」の英語

Thank you as always.

「いつも」を意味する英語は「always」です。 「ありがとう」を意味する英語表現と組み合わせて使えばよいでしょう。

Thank you as always.

いつもありがとう。

Thank you for always helping me.

いつも助けてくれてありがとうございます。

I am always grateful for your advice.

いつも助言をくれてありがとうございます。

all

「all」「everything」などの言葉を組み合わせても、「いつも」のニュアンスを出すことができます。 「何から何までありがとう」というニュアンスですが、長期間に渡って助けてもらってる場合は、「いつも」の意味合いになります。

Thank you for all your kindness.

いつも親切にありがとう。

Thank you for everything.

何から何までありがとう。

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語
  3. 敬語
  4. 「いつもありがとうございます」の意味と敬語、メールでの使い方、返事、英語を解説