1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「バッファ」の意味と業界別の使い方を例文付きで解説!類語、英語表現も説明
「バッファ」の意味と業界別の使い方を例文付きで解説!類語、英語表現も説明

「バッファ」の意味と業界別の使い方を例文付きで解説!類語、英語表現も説明

「バッファ」という言葉の意味と使い方は理解できていますか?会社などでも見聞きすることがあると思いますが、カタカナ語で何となく意味が分かりづらいですよね。知らないのにドヤ顔で使っていると誤用してる可能性があるので注意です。今回は「バッファ」の意味と使い方を例文付きで、類語・英語表現とともに分かりやすく解説していきたいと思います。

「バッファ」の意味

「バッファ」または「バッファー」は、英語「buffer」が語源で、物理的に衝撃する2つの物体の間で、その衝撃を吸収・緩和する「緩衝(かんしょう)装置」を意味します。 (英語「buffer」の使い方も後半で詳しく触れています。) 鉄道の車両間の衝突を緩和する装置は「バッファ」と言われています。この「バッファ」の使い方が原義に最も近いです。 そして、この「緩衝器」という意味から派生して様々な意味で「バッファ」は使用されています。 一般的なビジネスシーンでは「時間的なゆとり」であったり「人間関係におけるクッション」、電子回路では「緩衝回路」を意味したり、様々な分野で転用されています。 それでは、各業界での「バッファ」の使い方を詳しく見ていきましょう。

「バッファ」の使い方と例文

一般的なビジネス用語「バッファ」の使い方

一般的なビジネス用語としての「バッファ」の意味は、「物理的な緩衝器」という意味から派生して、「時間的なゆとり、余裕」という意味で使います。 言い回しとしては、 ・バッファを持つ ・バッファを持たせる ・バッファを取る などと使います。 「時間的な余裕」という意味ですから、ビジネスの場ではスケジュール管理をするときによく使います。 例えば、「会議時間にはバッファを持たせてスケジュールを組みましょう」などと使います。 また、「時間的なゆとり、余裕」以外にも、ビジネスの交渉や人間関係における「クッション的な役割、調停役」という意味でも「バッファ」は使われます。国際政治の世界でも、国と国の間を取り持つ国のことを「バッファ」と呼びます。 この意味では、 ・バッファになる ・バッファである などの言い回しで使用します。 例えば、「弊社がバッファとなって、A社とB社の交渉をスムーズに進めたい」などと使います。 それでは例文をもう少し紹介したいと思います。

・どんな事業も予定通りいくとは限らないので、事業計画にはバッファを持たせることが必要だ。 ・バッファを持ってスケジュールを組みのではなく、必ず時間通りに業務をこなす気概が君いは足りないと思う。 ・係長はスケジュールにバッファを取りすぎて、段取りが破綻しているので「バッファおじさん」と揶揄されている。 ・渡辺さんにバッファになってもらい、係長との会議を円滑に進めたい。 ・米国と北朝鮮の非核化へ向けた交渉が続けられている背景には、バッファとしての中国の存在がある。

IT業界での「バッファ」の使い方

IT業界でも上記で紹介した意味で「バッファ」はもちろん使うのですが、コンピューター用語として別の意味でも「バッファ」は使います。 コンピューター用語の「バッファ」は、計算機システムにおいてデータを一時的に保存しておくデータ領域のことを指します。(少し難しいですよね...)バッファは物理的にいればメモリのことで、処理速度や転送速度の差を補うために使用されるものです。 よって、IT業界では「バッファ」を「データベースなどの保存領域の余白」を示すことがあります。 バッファオーバーラン(buffer overrun)、バッファオーバーフロー( buffer overflow)という言葉もあります。コンピュータのプログラムおいて、設計者が意図していないメモリ領域のバグを示します。 また、工学の分野では、「バッファ」は「電子回路の緩衝増幅器」のことを示します。電子ギターなどで使うエフェクターにも「バッファ」が使用されています。エフェクターの電流と電圧の差異を緩和をする役割をしています。(これも専門的に少し難しい....)

金融業界での「バッファ」の使い方

金融・経済用語では「資本保全バッファー」という言葉が存在します。 「資本保全バッファー」は、リーマン・ショックなどのストレス時に、企業が資本の外部流失を防ぐための水準のことを示します。

化学・生物学での「バッファ」の使い方

生物化学における「バッファ」とは日本語では「緩衝液」といい、水溶液の性質(酸性、中性、アルカリ性)を示すpHの衝撃を緩和する液体のことを指します。 専門的に少し難しいですが、根本的な意味は上記で説明した通り「緩衝装置」ですので、そこさえ覚えておけば問題ありません!

オンラインゲームでの「バッファ」の使い方

オンラインゲームにおける「バッファ」とは、強化魔法をかける仕事に従事しているキャラクターを指します。 「バフ(buff)」は、魔法やスキル、自分や他のキャラクターの能力を上げることを総称で、それに人を意味する「er」が語尾について、このような使い方がされています。 このような使い方は、英語としては正式ではありません。「緩衝器」というニュアンスもありませんよね。これはゲーム業界の特殊な使い方なんだなーと思っていただければ大丈夫です。

「バッファ」の類語は?日本語で何という?

バッファ」の類語は日本語で、 ・緩衝器 ・緩衝装置 ・緩衝国 ・時間的余裕 ・ゆとり ・クッション ・調停役 ・仲介役 ・バランサー などが考えられます。

「バッファ」の英語

「バッファ」の語源は英語の「buffer」です。 英語「buffer」は基本的には「緩衝物」という意味で使いますが、日本語の「バッファ」よりも、もっと広いニュアンスで使うことができます。「何かしらの悪影響を受けることから守る人や事」という漠然とした意味合いで使うのが普通です。 また「余裕」というより、「余分」というニュアンスでも使います。「buffer stock」と言えば「余分な在庫」という意味になります。 余談ですが、「buffer」には「老いぼれジジイ」という意味もあります。笑 それでは例文を見てみましょう。

I bought a house in Hawaii as a buffer against inflation.

インフレ対策でハワイに家を購入した。

"Just-in-time production" means that no buffer stocks are held in the factory.

ジャストインタイム生産は工場に余分な在庫がないということを意味する。

Silly old buffer!

バカな老いぼれジジイめ!

↓ ビジネスパーソンにおすすめの英会話教室・オンライン英会話に関してまとめましたので、興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

ちなみに....「バッファーロー」は全く別の言葉なのでスルーでOK

ちなみに、「バッファーロー」は全く別の言葉なので注意してください笑 「バッファロー」はウシ族の動物です。。

「バッファ」は意識高い系ワード

「バッファ」は俗に言う「意識高い系ワード」の1つとされています。 ここで言う「意識高い系ワード」とは、英語の単語をカタカナ用語としてビジネスの場で使われている単語です。日本語でそのまま伝えれば良いものをわざわざ英語を用いて使用するので、使用している人は「意識高い系」と揶揄されることがあります。 なので、「バッファ」は多用しすぎると、職場などによっては一緒に働く人に違和感を与えてしまったり、浮いてしまう可能性があるので注意しましょう。 ちなみに、IT業界では普通に使う言葉なので心配無用です。 その他にも意識高い系ワードはたくさんあるので、その一部紹介しておきます。

・アグリー (agree):同意する、支持する ・アウトソーシング(outsourcing):外注、外部委託 ・アサイン(assign):割り当てる、任命する ・アジェンダ(agenda):計画、議題 ・アライアンス(alliance):提携、同盟 ・ウィンウィン(win-win):双方に利益となること ・コストパフォマンス(cost performance):費用対効果 ・コミットメント(commitment):委託、委任 ・コンバージョン(conversion):ウェブサイト上で獲得できる最終的な成果 ・リスケ (reschedule):日程変更、予定延期

意識高い系ワードが学べる書籍がこれ!

超訳「カタカナ語」事典

俗に言う「意識高い系ワード」であるITやファイナンスに関するカタカナ語の意味と使い方をまとめた一冊です。それぞれのカタカナ語の類義語や関連語もしっかり紹介しているので、この一冊を読めばカタカナ語が分からなくて恥をかくことはもうありません!

この本の詳細を見る

まとめ

「バッファ」の意味と使い方はご理解いただけたでしょうか?? 最後に「バッファ」の関して要点をまとめたいと思います。 ✔「バッファ」の基本的な意味は「緩和するもの」 ✔「バッファ」は一般的なビジネスシーンでは「時間的余裕」「調停役」という意味 ✔「バッファ」は業界によって様々な使い方がされているので注意 ✔「バッファ」は意識高い系ワードなので、会社によっては乱用は避けるべし ✔「バッファ」の英語「buffer」は微妙に違うニュアンスで使うので注意

おすすめの記事

「パラサイト・シングル」の「パラサイト」の意味と使い方

eigobu.jp

「フラストレーション」と「ストレス」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「ニアミス」の意味、使い方、「ニアミスSIDS」、「ニアピン」との違い、英語

eigobu.jp

「ネイティブ」の意味と使い方、類語、反対語、英語表現

eigobu.jp

「アウトロー」の意味は?類語や英語表現も紹介!野球における「アウトロー」って?

eigobu.jp

「マンスリー」の意味と様々な使い方、「ウィークリー」との違い

eigobu.jp

「ラフ(rough)」の意味と使い方、ファッション、デザインにおける「ラフ」とは?

eigobu.jp

「ウィンウィン」の意味や使い方!日本語で何?類語、反対語、英語も紹介

eigobu.jp

「ストイック」の意味と使い方、類語、「ストイックな性格」の特徴

eigobu.jp

「コンフリクト」の意味と業界別の使い方、類語、英語表現

eigobu.jp

「モットー」の語源と意味は?面接などで使える例文を紹介!類語、英語表現も

eigobu.jp

「リスペクト」の正しい意味と使い方、類語はオマージュ?英語表現も

eigobu.jp

「ドラスティック」の意味は?類語「ドラマティック」との違い、英語表現

eigobu.jp

「アドバンテージ」の意味、ビジネスやスポーツでの使い方、類語、対義語、英語表現も紹介

eigobu.jp

「プロセス」の意味は?類語や英語も紹介!プロセスチーズやプロセスレコードも解説

eigobu.jp

「イシュー」の意味は課題?類語、英語、「タスク」との違いも

eigobu.jp

「アテンド」の意味は?ビジネスやイベントでは「案内」?類語や英語も紹介

eigobu.jp

「ランニングコスト」と「イニシャルコスト」の違いと使い分け、英語表現も紹介

eigobu.jp

「オブザーバー」の意味は?ビジネスやゴルフでの使い方!アドバイザーとの違いも紹介

eigobu.jp

「プロパー」の意味と使い方、プロパー社員やプロパー融資とは?英語も紹介

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「バッファ」の意味と業界別の使い方を例文付きで解説!類語、英語表現も説明