1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「リスペクト」の正しい意味と使い方、類語はオマージュ?英語表現も
「リスペクト」の正しい意味と使い方、類語はオマージュ?英語表現も

「リスペクト」の正しい意味と使い方、類語はオマージュ?英語表現も

「リスペクト」という言葉をご存知ですか?最近よく使われている言葉ですが、使い方には注意が必要です。 今回は「リスペクト」の正しい意味と使い方を例文付きで解説します。また、類語や対義語、英語表現も紹介しますよ!外来語の類語「オマージュ」「インスパイア」についても解説しますので是非参考にしてみてください。

「リスペクト」の意味

「リスペクト」の意味は「尊敬すること、相手を重んじること」です。 尊敬とは価値あるものに価値を認めること、心服し敬意を表すことです。 また、芸術分野では尊敬の意味だけではなく「尊敬しているから影響を受ける、受けた」といった意味もあります。 これは「価値を認める」といった部分に通ずることですが「価値を認め尊敬し、影響を受ける」ということです。

「リスペクト」の使い方と例文

「リスペクト」は主に「リスペクトする」と使われています。 日本語では「リスペクト」自体は「尊敬」と名詞として使われており、「尊敬する」は「リスペクトする」と使います。 名詞として使う場合は「まじお前のそういうとこリスペクト☆」と使います。 動詞として使う場合は「まじお前のそういうとこリスペクトしてる☆」と使います。 しかし、今記した例文のように本来の「尊敬」という言葉が持つ意味よりも軽く使われていまがちです。 本当に尊敬していることを相手に伝えたい場合「リスペクトしてます」と使うのは注意が必要です。相手によっては馬鹿にしているのか、と思われることもあります。 そのため、ビジネスシーンや目上の人に対して使うのは控えましょう。 もしかしたら軽く使っていない人もいるかもしれませんが、本当に尊敬している場合は日本語で使うことをおすすめします。 「尊敬しています」と伝えるようにしましょう。 その他詳しくは例文を参考にしてください。

「はっきりと物を言う彼をリスペクトしている」 「もうあなたのことはリスペクトできない」 「リスペクトしてるって言われたけど、これって馬鹿にしてるよね」 「限定品俺の分もゲットしてくれたの?まじリスペクト」 「ラスボスもう倒したの?まじリスペクト」

「リスペクト」の類語《外来語》

オマージュ

「オマージュ」は「尊敬、敬意」という意味を持つフランス語です。 最近では、パロディ的な意味で「オマージュ」が使われていますよね。 「尊敬し手本としていたために、似たような作風になった作品」という意味で「オマージュ」と言われていました。 それが尊敬していなくても、元ネタがわかる作品で改変されたものや似通わせたものを「オマージュ」と呼ばれるようになりました。 主に、芸術作品や映画などに対して使われています。 オマージュを用いた例文をいくつか紹介しますので、詳しい使い方はこちらをぜひ参考にしてください。

「彼の作品は、とある芸術家のオマージュ作品がよく見られる」 「前作をオマージュしたシーンは、ファンにはたまらないものだ」 「さすがにこのオマージュは指摘されたようだ」 「オマージュって言えばいいと思ってない?それパクリだよ」

インスパイア

「インスパイア」は「思想や感情が吹き込まれる、感化される」といった意味です。 インスパイアは、意図的に真似をしたり手本にしたわけではなく「吹き込まれてしまう、影響されてしまう」といったニュアンスです。 こちらも主に芸術作品や映画などに使われています。 インスパイアを用いた例文をいくつか紹介しますので、詳しい使い方はこちらをぜひ参考にしてください。

「この作品は、大震災にインスパイアされたそうだ」 「彼に多くの企業がインスパイアされ、類似したものが多く生産された」 「あの小説、この音楽にインスパイアされたらしいよ」 「インスパイアされたって言えばいいと思ってない?それパクリだよ」

「リスペクト」の類語《日本語》

・尊敬 意味:人の人格や行為、業績などを認め敬うこと ・崇拝 意味:心から傾倒し、崇めること ・敬愛 意味:尊敬と親しみの心をもつこと ・敬服 意味:敬い従うこと、感心すること ・恭敬 意味:慎みうやまうこと

「リスペクト」の対義語は「ディスリスペクト」

英語ならば「ディスリスペクト」 意味は、「無礼、軽蔑、軽視」 日本語の対義語は ・侮辱 意味:人を見下して、馬鹿にしたり辱めること ・恥辱 意味:名誉などを傷つけること、辱め ・軽蔑 意味:相手を劣ったものと考えて見下すこと、蔑むこと ・軽視 居k味:物事を軽んじること、小馬鹿にすること

英語「respect」の意味と使い方

カタカナ語の「リスペクト」は英語の「respect」が由来です。 「respect」は名詞または動詞で使います。 名詞の場合は、「have respect for...(....を尊敬する)」という形で使います。 「gain respect」「earn respect」で「尊敬を得る」になります。 動詞の場合は、「respect」で「...を尊敬する」という意味の他動詞になります。

He has no respect for his parents.

彼は両親を尊敬していない。

I respect your deep knowledge of business, but I don't as a person.

あなたのビジネスに対する深い知識は尊敬するが、人としては尊敬しない。

さいごに

「リスペクト」について理解できたでしょうか? ✓意味は「尊敬すること、相手を重んじること」 ✓「リスペクトする」「まじリスペクト」などと使われている ✓類語は「尊敬、崇拝」など、対義語は「侮辱、軽蔑」など 最近ではよく「リスペクト」が使われています。 しかし、ビジネスシーンや目上の人には使わないように気をつけましょう。

こちらの記事もチェック

Article 24 thumb

《完全版》「ジレンマ」の意味と使い方、類語、英語、「葛藤」との違い、「トリレンマ」とは?

eigobu.jp
Article 3 thumb

「スタンス」の業界別の意味と使い方と類語!英語「stance」の意味と使い方も解説

eigobu.jp
Article 6 thumb

今さら聞けない「インバウンド」の意味と正しい使い方とは?

eigobu.jp
Article 6 thumb

「レジュメ」とは?正しい意味と書き方、「アジェンダ」との違いも!

eigobu.jp
Article 24 thumb

「ロジカル」のビジネスにおける意味と使い方は?

eigobu.jp
Article 12 thumb

「アドバンテージ」の意味、ビジネスやスポーツでの使い方、類語、対義語、英語表現も紹介

eigobu.jp
Article 2 thumb

「プロセス」の意味は?類語や英語も紹介!プロセスチーズやプロセスレコードも解説

eigobu.jp
Article 4 thumb

「イシュー」の意味は課題?類語、英語、「タスク」との違いも

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. カタカナ語の意味と使い方
  3. 「リスペクト」の正しい意味と使い方、類語はオマージュ?英語表現も