1. TOP
  2. ビジネス英語
  3. 「FYI」の意味と使い方は?ビジネスメールで使われる略語を紹介!
「FYI」の意味と使い方は?ビジネスメールで使われる略語を紹介!

「FYI」の意味と使い方は?ビジネスメールで使われる略語を紹介!

英語でメールのやり取りをする際やSNS上で「FYI」と書かれているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。「FYI」は「For Yor Information」の略語で「ご参考までに」という意味があります。このように英語では略語で使われているイディオムがたくさんあります。今回はビジネスの場でも使える略語と会社の組織や役職の英語表記を詳しく紹介します。

「FYI」の意味と使い方

「FYI」は「For your information」の頭文字をとった略語です。「ご参考までに」というニュアンスで主に使われています。 読み方は「FYI」のアルファベットをひとつずつ「エフワイイー」と発音するか、読みやすく「フワイ」と読みます。 特に「FYI」の読み方に正式なものはありませんので、使いやすい読み方で大丈夫です。 「FYI」のビジネスメールにおける使い方は、よく件名で用いられることが多いです。 メール本文内で使われることもありますが、件名に入れたほうが、ひと目で情報の重要性が伝わるので件名内で使う方がベターです。 「FYI」の意味ですが、「For your information」を直訳すると、「あなたの情報のために」となります。 「FYI」が用いられる場合、主に下記のようなニュアンスが込められています。 ・そこまで大事な情報ではないが、興味があればぜひ見てみて ・役に立ちそうな情報を得たので時間があれば見てみて ・おそらくあなたも知っておいた方がいい情報だと思うので一応メールを回すね(でも見るか見ないかはあなた次第だよ) ・閲覧用としてのメールなので、このメールに対しては特に返信不要だよ 同僚などから「FYI」が入ったメールなどが届く場合は、情報共有をしてくれているんだなと思いましょう。 逆に、あなたから仲間にこの情報はぜひみんなにも知ってほしいなどのメールがある場合は、「FYI」を件名に入れて転送してみるのも良いかもしれませんね。 但し、略語自体、あまりフォーマルな表現ではないため、この「FYI」を使う場合も、状況や相手には十分に注意が必要です。 まず「FYI」を使う状況ですが、契約書などの正式な資料や重要なメール内では使うのを避けましょう。あくまで「FYI」などの略語は簡略化された表現ですのでTPOはわきまえましょう。 「FYI」を使う相手にも注意が必要です。 人間関係にもよりますが、上司や教授など目上の人に対して気楽には使いません。 同期や部署内のメンバー間での情報共有の場合に多く使われる略語ですので、注意しましょう。 また、使う相手がそもそも「FYI」という言葉を知らない可能性もあります。 「FYI」と書かれたメールを受け取った途端、「FYI」の意味を調べる必要があるため相手の貴重な時間を奪ってしまうことになりかねません。 「FYI」を使う場合は、使う相手のことを思って使用可否を判断しましょう。 相手のことを十分に配慮することも大切なビジネスマナーです。

「FYI」のまとめ ◯「For your information」の略語で「ご参考までに」という意味 ◯ビジネスメールの件名で使われる ◯「FYI」のメールは情報共有などの意味合いが強い ◯使うシーンや相手には十分注意する

ビジネスメールで使われるその他の略語

上記の「FYI」を始め、仕事中の会話やメールではたくさんの略語が使われています。 ここからは「FYI」以外でよく使われていて知っていると便利な略語を紹介します。

《ASAP》As Soon As Possible

「ASAP」は「As Soon As Possible」の略語で、「できるだけ早く、大至急」という意味です。 相手から連絡を大至急欲しい時などにこの「ASAP」を使います。 例文を見てみましょう。

Please call me ASAP when you get this message!

このメッセージを受け取ったら大至急電話してください!

《BRB》Be Right Back

「BRB」は「(I will be)Be Right Back」の略語で「すぐに戻ります、一時退席中」のニュアンスで使います。 お昼休憩やトイレ休憩などで一時席を外すがすぐにまた仕事に戻る時に使われる略語です。 付箋やメモに「BRB」と書いて自席に置いておくと、周りの人にすぐに戻るということを簡単に伝えることができます。

《TBA》To Be Announced

「TBA」は「To Be Announced」の略語で「後日発表」の意味合いです。 そもそもまだ発表できる状態ではないので追って発表する場合、もしくはすでに発表できる状態ではあるが正式にはおって発表する場合などシチュエーションは様々ですが、とりあえず発表するタイミングが今ではない場合に使います。

《TBC》To Be Confirmed

「TBC」は「To Be Confirmed」の略語で「確認中」のニュアンスで使われます。 確認中なのでまた後でお知らせすることになる場合に用いられる略語です。

《TBD》To Be Determined

「TBD」は「To Be Determined」の略語で「今後決定予定」のニュアンスで使われます。 現時点ではまだ決定されていないが今後決められることを伝えたい時にこの「TBD」を使います。

◯「TBA」「TBC」「TBD」の使用例 (社内閲覧用回覧板などで) ■忘年会のお知らせ■ 場所:六本木ヒルズ 開始:19時〜 終了:TBC ※現在確認中というニュアンスです。 人数:TBD ※参加人数はまだ確定していないので後日決定予定のニュアンスです。 内容:TBA ※具体的に何をやるかは今ではなくて今後発表されるニュアンスです。

《BTW》By The Way

「BTW」は「By The Way」の略語で、「ところで、話変わって」のニュアンスで使われます。 話している内容から話題を変える場合に用いられる略語です。 この「BTW」を使う場合、事前に何かしらの会話が必要となります。

BTW, how are the things going with company X?

(事前の会話が終了してから)ところで、X会社とのやり取りはその後どうだい?

《HTH》Hope This Helps

「HTH」は「(I) Hope This Helps (you)」の略語で「あなたのお役に立てば幸いです」のニュアンスで使われます。

We have updated our website lately. HTH.

最近、ウェブサイトを更新しました。お役に立てば幸いです。

《IAC》In Any Case

「IAC」は「In Any Case」の略語で「いかなる場合でも、とにかく」の意味合いで使います。 ビジネスメール本文内の文頭や文末、どちらでも使う事が可能です。

We will hold the event tomorrow IAC.

とにかく明日のイベントは決行します。

IAC, we will guarantee the safety of our products.

いかなる場合でも、我々の製品の安全は保証いたします。

《IMO》In My Opinion

「IMO」は「In My Opinion」の略語で「私の意見、考えでは」のニュアンスです。 文頭でも文末でもどちらでも使える表現です。

IMO, we should have smoking rooms for our building.

私の意見ですが、喫煙所を設けるべきだと思います。

《IMHO》In My Humble Opinion

「IMHO」は「In MHumble Opinion」略語で、「私の意見を申し上げますと」のニュアンスです。 上記で紹介した「IMO」に「謙遜した」を意味する「humble」が含まれる形ですので、 前述の「IMO」よりも謙虚な言い回しとなります。

IMHO, you need more practice on your presentation.

私見を言わせていただきますと、プレゼンの練習がもっと必要かと存じます。

《IOW》In Other Words

「IOW」は「In Other Words」の略語で、「言い換えれば、要するに、つまり」の意味合いです。 他の言葉で説明する、相手の意見に推論を述べる際に使います。 言い換えの際は文頭、文中、文末どこでも可、推論の際は文頭か文末いずれかで使います。

He is economical, stingy IOW.

彼は節約家だ、言い換えるとケチだ。

「Can I work more this week?」-「IOW, you want to earn some money for the trip?」

「今週もっとシフト入れてもらっていいですか?」‐「つまり、旅行のために稼ぎたいんだな?」

《JTLYK》Just To Let You Know

「JTLYK」は「Just To Let You Know」の略語で、「取り急ぎお知らせいたします」の意味合いで使います。 主に文頭で使うイディオムです。

JTLYK, today's meeting will be held in room 2.

取り急ぎご報告ですが、本日の会議は会議室2で行われます。

《NR》No Return

「NR」は「No Return」の略語で「直帰です、帰社しません」の意味合いがあります。 外での用事のため外出し、その日はオフィスに戻らずそのまま自宅に帰る際などに使います。 スケジュールボードや共有カレンダーなどに「NR」と記入します。 ちなみに朝イチでアポイントがあり、出勤せずに直行する際は「GS(Go Straight)」もしくは「GD(Go Direct)」と言います。

《NRN》No Reply Necessary

「NRN」は「No Reply Necessary」の略語で、「返信不要です」のニュアンスで使います。 主に文末で使われる略語です。

I wanted to share the slides before we meet next week. NRN.

来週お会いする前にパワポを共有させていただきます。返信は不要です。

《TNT》Till Next Time

《TTYL》Talk To You Later

「TNT」は「Till Next Time」の略語で「また会いましょう」のニュアンスがあります。主に文末で使用されます。

Thank you again for meeting me today. TTYL.

本日は会っていただきありがとうございました。またお会いしましょう。

《TX / Thx》Thanks

「TX / Thx」は「Thanks / Thank you」の略語で、みなさんもご存知「ありがとう」の略語です。主に文末でよく使われます。

Can you make a reservation for me, please? Thx!

予約取ってくれる?ありがとう。

ここまでは、ビジネス上の会話やメールでよく使われる略語を紹介しました。 下記ではビジネスの場における部署や役職の略語を紹介していきます。

部署を表す略語

部、課、班などは英語で?

働く環境によって「営業部」や「営業課」など呼び方は様々かと思います。 「◯◯部」や「◯◯課」などは英語でどう表現するのでしょうか。 下記にて紹介します。

◯会社組織を表す英語 部:department 課:division 室、署:office 班:section 係:unit

部署を表す英語の略語

総務部:General Affairs Department 人事部:Personnel Department 経理部:General Accounting Department / Accountants' Department 営業部:Sales / Commercial / Marketing Department 営業推進部:Sales / Business Promotion Department マーケティング部:Marketing Department 調達課:Procurement Section/Division 開発部:Development Department 研究開発部:Research and Development 技術部:Engineering Department 製造部:Manufacturing Department 資材部:Procurement Department 輸出部:Export Department 広報部:Public Relations Department 調査部:Information & Research Division | Inquirry Section / Department 法務部:Legal(Affairs) Division / Department 監査部:Audit Department 宣伝部:Advertising Department / Publicity Department 企画部(室):Planning Department(office) 物流部:Logistics Department 秘書室:Secretary Office 販売促進部:Sales Promotion Department 企画開発部:Project Planning & Development Department 秘書室:Secretary Section | Secretariat 社長室:Office of the President 購買(仕入)部:Purchasing Department 生産管理部:Production Management Department 保守部:Maintenance Department 顧客サービス部:Customer Service Department 発送部:Dispatch Department

役職名を表す英語

最高経営責任者:CEO(Chief Executive Officer) 副社長:VP(Vice President) 最高業務執行責任者:COO(Chief Operating Officer) 経理担当責任者:CAO(Chief Accounting Officer) 財務担当責任者:CFO(Chief Financial Officer) 最高総務責任者:CAO(Chief Administrative Officer) 最高法務責任者:CFO(Chief Legal Officer) 最高法務責任者:CLO(Chief Legal Officer) 最高マーケティング責任者:CMO(Chief Marketing Officer) 最高情報責任者:CIO(Chief Information Officer) 最高技術責任者:CTO(Chief Technology Officer) 最高会計責任者:CAO(Chief Accounting Officer) 取締役会長:chairperson 取締役社長:president | representative of directors 取締役・役員:director(s) 社外取締役:outside director 執行役員:corporate officer 専務取締役:senior managing director 常務取締役:managing director 監査役:auditor 相談役(顧問):senior adviser 部長・本部長:general manager | chief of a department 副部長:assistant manager 次長:deputy general manager 室長:chief | director | head of a section / division / department 課長:manager | section chief 参事:associate director | chief of a section 副参事:deputy associate director | chief of a section 主幹:senior manager 主査:assistant section chief 課長代理:acting chief of a section 係長(主任):chief clerk | section chief 社員(部員):staff / member 営業部長:chief of the sales department | business / sales manager 工場長:factory manager | plant superintendent PR担当:communications manager 秘書(幹事):secretary 支店長:general manager | branch manager 参与:counselor / consultant

「情報」の英語表現。便利な言い回しや関連英語もガッツリ紹介

eigobu.jp

ビジネス英語を学びたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな間違った効果の薄い勉強方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。ビジネス英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

会話もメールも 英語は3語で伝わります

こちらの本では、「主語・動詞・目的語」のシンプルな構造で英語の文章を組み立てる方法を紹介しています。日本語を英語に直訳してしまうと、つい文章が長く分かりづらいものになってしまいますよね。ネイティブに分かりやすく伝わる綺麗な英語を身に付けたい方におすすめ書籍です!

この本の詳細を見る

英会話ペラペラビジネス100

こちらのベストセラー書籍は、ビジネスシーンで最も応用性の高いフレーズを100通り厳選したものです。著者はネイティブスピーカーなので、本当にリアルな現場で使うことができる本物の英語を学ぶことができます。

この本の詳細を見る

英語学習に興味のある方へ

近年のグローバル化で英語学習の重要度が高まっています。 留学や海外で就職を検討している方はもちろん、国内に住みながらも訪日外国人旅行者数の増加や企業の英語公用語化などの影響で、英語学習の必要性に迫られている方も多いのではないでしょうか? そんな英語学習をしてみたい方にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. ビジネス英語
  3. 「FYI」の意味と使い方は?ビジネスメールで使われる略語を紹介!