1. TOP
  2. 英語で何と言う?
  3. 「情報」の英語表現。便利な言い回しや関連英語もガッツリ紹介
「情報」の英語表現。便利な言い回しや関連英語もガッツリ紹介

「情報」の英語表現。便利な言い回しや関連英語もガッツリ紹介

「情報」は英語で「information」だけではありません。他の単語でも「情報」を意味するものがありますので紹介します。「information」と一緒に使う動詞も複数あるので紹介していきます。

※音声付き例文がありますので、発音の確認に活用してください。音声はアメリカ英語になっています。

「情報」の英語①:「information」

「情報」を意味する最も一般的な単語は皆さんもご存知の通り「information」になります。 「information」は不可算名詞なので、「s」が付けて数えることはできません。 数えるときは、「a piece of information」「a bit of infomation」と表現します。 「a glass of water」などと同じ仕組みですね。 「...に関する情報」と表現するときには「information on...」「information about...」と表現します。文章が続く場合は「information that...」とthat節を続けることができます。 「information」は略して「info.」と表記することがあります。

「information」とよく一緒に使う動詞の一覧 ・情報を得る:「get information」「receive information」 ・情報を集める:「gather information」「collect information」 ・情報を提供する:「provide information」「give information」 ・情報を交換する:「exchange information」 ・情報を整理する:「organize information」 ・情報を処理する:「process information」 ・情報を開示する:「open information」 ・情報を暴露する:「leak information」 ・情報を操作する:「manipulate information」 ・情報を悪用する:「abuse information」 ・情報を蓄積する:「accumulate information」 ・誰々から情報を聞き出す:「worm information out of someone」 ※「worm」は名詞だと「うじ虫」の意味ですが、動詞だと「導き出す」という意味になります。

「information」の慣用表現(イディオム) ・「for your information」:「お知らせですが」  「FYI」とも略される。「あなたの情報のために」が直訳。相手にとって有益な話をする前に「FYI」と書いたりする。口語ではそこまで使わない。 ・「for further information 」:「もっと知りたい場合は」  このフレーズは「if you want to know more」と同義です。もっと詳しく知りたい方は〜、などの意味の文章で使います。 ・「too much information」:「そんなこと聞いてないよ」  相手が秘密にしておくべき情報を話したときに、返答として使うフレーズです。 ・「nugget of information」:貴重な情報  「nugget」は「かたまり」という意味だが、「nugget of information」では上記の意味になる ・「a mine of information」:「情報通」  「mine」は「私のもの」では「鉱山」から派生した「資源」という意味です。人に対して使い、知識が豊富な人のことを形容します。

それでは例文を見ていきましょう。

Do you have any information on bus times in Shibuya?

渋谷のバス運行の時間に関する情報ありますか。

I found an interesting piece of information on the newspaper.

新聞で面白い情報を見つけた。

I got reliable information that Apple is launching a new product next month.

アップル社が来月新商品を発売するという信憑性の高い情報を手に入れた。

Please contact our agent in Japan for further information.

詳細は日本にいる弊社の社員にご連絡ください。

"Hello, I'd like some information about your flights to Japan next week, please."

「もしもし、御社の日本行きの航空券に関する情報をいくらかもらいたいのですが」

情報の英語②:「intelligence」

「情報」を意味する単語には「intelligence」という単語もあります。 「intelligence」は「知能」という意味で使うのがメインですが、「他国の政府機関や軍隊に関する秘密の情報」という意味もあります。政治分野で使われる言葉です。 皆さん映画などでも聞いたことのある「CIA」は「the Central Intelligence Agency」の頭文字を取ったもので、この「Intelligence」は「情報」とい意味です。

I heard that Japan's government obtained the latest intelligence on North Korea's movements.

日本政府は北朝鮮の動きに関する最新情報を入手したらしい。

情報の英語③:「knowledge」

「情報」という意味を持つ単語には「knowledge」もあります。 「knowledge」は「知識」という意味で使うのが一般的ですが、「企業などの組織で蓄積できる知識・経験・事例など付加価値のある体系的な情報」という意味もあります。これは経営学用語になります。この種の情報のことを、日本語でもそのまま「ナレッジ」と表記することが最近増えています。 ↓ 日本語の「ナレッジ」に関しては下記の記事でもまとめているので、興味のある方はぜひ見てみてください。

「ナレッジ」ってよく聞くけど正しい意味は?ビジネスでの使い方は?

eigobu.jp

At this information age, knowledge is the most important asset for companies.

この情報化時代では、ナレッジが企業にとって最も大切なアセットだ。

「情報」の関連英語

「情報」に関連する英語表現をまとめて紹介したいと思います。

・情報屋:「informant」 ・情報化時代:「information age」 ・情報社会:「information society」 ・情報リテラシー:「information literacy」 ・情報網:「information network」 ・情報源:「source」 ・情報量:「amount of information」 ・情報処理:「information processing」 ・情報収集:「information gathering」 ・情報提供:「provision of information」 ・情報公開:「disclosure of information」 ・基本情報:「basic information」 ・機密情報:「confidential information」「intelligence」 ・重要情報:「critical information」 ・関連情報:「relateed information」 ・最新情報:「the latest information」 ・詳細情報:「detailed information」 ・事前情報:「prior information」 ・内部情報: 「inside information」「internal information」 ・外部情報:「outside information」「external information」 ・付加情報:「additonal information」 ・確認情報:「confirmed information」 ・非公開情報:「closed information」 ・個人情報:「personal information」 ・会社情報:「corporate information」 ・情報流失:「information leak」 ・情報通信:「telecommunications」 ・情報技術:「information technology」 ・情報科学:「information science」「informatics」 ・情報理論:「Information theory」 ・情報アーキテクチャ:「information architecture」 ・位置情報:「location information」 ・情報管理:「information management」 ・誤った情報:「misinformation」 ・情報不足:「lack of information」 ・投資家向け情報:「information retrieval」「IR」 ・個人情報保護法:「the Personal Information Protection Law

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな間違った効果の薄い勉強方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

会話もメールも 英語は3語で伝わります

こちらの本では、「主語・動詞・目的語」のシンプルな構造で英語の文章を組み立てる方法を紹介しています。日本語を英語に直訳してしまうと、つい文章が長く分かりづらいものになってしまいますよね。ネイティブに分かりやすく伝わる綺麗な英語を身に付けたい方におすすめ書籍です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい使い方や文法が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

本気で英語学習をしたい方へ

近年のグローバル化で英語学習の重要度が高まっています。 留学や海外で就職を検討している方はもちろん、国内に住みながらも訪日外国人旅行者数の増加や企業の英語公用語化などの影響で、英語学習の必要性に迫られている方も多いのではないでしょうか? そんな本気で英語学習をしたい方にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 英語で何と言う?
  3. 「情報」の英語表現。便利な言い回しや関連英語もガッツリ紹介