1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「楽観的」の意味と使い方、「楽天的」との違い、楽観的な人の特徴となる方法
「楽観的」の意味と使い方、「楽天的」との違い、楽観的な人の特徴となる方法

「楽観的」の意味と使い方、「楽天的」との違い、楽観的な人の特徴となる方法

「楽観的」という言葉をご存知でしょうか「あの人は楽観的だ」なんて人の性格や考え方を表す言葉として耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。では「楽観的」がどんな考え方なのか答えられますか?今回は、「楽観的」という言葉の意味と使い方をまとめます。また、「楽観的」な人についても徹底解析しますのでぜひ参考にしてください。

「楽観的」の意味

「楽観的」の読み方は「らっかんてき」

「楽観的」の読み方は「らっかんてき」です。

「楽観的」の意味は「物事を気楽に考えること」

「楽観的」の意味は、「物事を気楽に考えること」となります。 「楽観(らっかん)」は、「楽に観る」という感じの通り、「事態を明るい向きに見ること」という意味の言葉です。 この場合の「的」は、「〜のような性質をもった」「傾向である」という意味で使用されています。 例えば、何かをしようとしたときに「上手くいくだろう」と単純に考えて、「失敗するかもしれない」という心配を一切しないことを「楽観的」といい、そういったお気楽な考え方を「楽観的思考」などと言い表します。 「楽観的な人だね」など、その人の性格を表す言葉として使用されることが多いです。

「楽観的」は必ずしも褒め言葉とは限らない

上述たように、「楽観的な人だ」など、性格を表す言葉として使用されることがありますが、「楽観的」は、必ずしも褒め言葉で使われているとはかぎりません。 「楽観的」という言葉を、良い意味で捉えると「ポジティブ」とか、「明るい」「前向き」といった意味合いになり、一緒にいると気持ちが明るくなるような人が想像できます。 一方、悪い意味では「能天気」「危機感がない」といった、なんとなく馬鹿にしているようなニュアンスにも捉えることができます。 つまり、他人に「本当にあなたって楽観的だね」と言われたとすると、状況によっては褒め言葉にもなるし、逆に嫌味で言われている可能性もあるということです。

「楽観的ロック」はIT用語

「楽観的ロック」はIT用語です。 「楽観的ロック」は、楽観的な排他制御のことをいいます。 パソコン上で複数人が共有しているデータにおいて、誰かがデータにアクセスして新しい情報を書き込んでいるのにも関わらず、同時にまた別の誰かがデータにアクセスして情報を書き加えてしまったら、更新したときに うまく内容が反映されなかったり、中身がぐちゃぐちゃになってしまいますよね。 そういったことを防ぐために、誰がが書き込んでいるときに一時的にロックをかけることを「排他制御」といいます。 「楽観的ロック」とは、そういった「同時にアクセスして書き込みをしてしまうことがないだろう」という楽観的な考えで、更新をするときに「元のデータと同じ状態であることを確認してから更新する」という簡単なロックのことです。

「楽観的」の使い方と例文

「楽観的」は、上述しているように、物事をいい方向にしか考えないような前向な性格や、 考え方、態度を表すことができる言葉です。 主な使い方をしては、 ・楽観的だ ・楽観的に考える というような使い方があげられます。 また、 ・楽観的な性格 ・楽観的な態度 ・楽観的な生き方 ・楽観的な考え方 というように、名詞を形容する形で使用されることも多いです。 詳しい使い方については例文を参考にしてください。

例文 ・私の母は非常に楽観的で、不安そうにしている姿を一度も見たことがない。 ・こんなときでも「なんとかなる」なんて思えるなんて、あまりに楽観的だ。 ・主人は心配性の私とは正反対で、非常に楽観的な性格をしている。 ・後先をきちんと考えず楽観的な考え方をしていると、痛い目にあうかもしれないよ。 ・もっと楽観的に考えることができれば、人生イージーモードだと思う。

「楽観的」と「楽天的」の違い

「楽天的」の意味は「物事に対してくよくよせずに楽観すること」

「楽天的」の意味は「物事に対してくよくよせずに楽観すること」です。 「楽天(らくてん)」は、自分の境遇を天の与えたものとして受け入れ、くよくよしないで人生を楽観するという意味があります。 「的」は、「〜のような性質をもった」「傾向である」ということです。 つまり、「楽天的」というのは、例えば良くないことがおきてしまったという場面で、どうしよう...と焦ったり、「もう終わりだ...」と落ち込むのではなく「ま、起きてしまったものはしょうがないよね♪」と前向に考えることです。 「楽観的」と「楽天的」の違いは、「すでに起きていることに対して前向なのか、起きていないことに対して前向なのか」というところです。 例えば、「楽観的」は「はじめて挑戦するけど、まあ上手く行くでしょ♪」というように、これから起こることに対して心配をしない、つまり楽観視するニュアンスが強いです。 したがって、実際に失敗してしまった時は、焦ったりパニックになって取り乱してしまう可能性もあります。 「楽天的」は、起きてしまった事態に対して「まあいいか♪」と思えることを言います。 トラブルがおきても落ち着いていられるので、「楽天的」のほうがポジティブなニュアンスが強いと 言えるでしょう。

「楽天的」の例文

例文 ・楽天的な人だったので、トラブルが起きてもパニクることなく対処してくれました。 ・あまりに楽天的すぎて、本当に大丈夫なの?と不安になってしまう。 ・彼女には、昔からいつでも楽天的で陽気な姿が印象的な人だと感じていました。 ・どうやら彼は、根が楽天的らしく、ちょっとやそっとのことでは落ち込まない。 ・楽天的な人でなければ、この悲惨な状況に堪えられなかったと思います。

「楽観的」の類語は「屈託のない」「希望的」「能天気」

「楽観的」の類語には「屈託のない」「希望的」「能天気」などがあります。 ・屈託のない 意味:気がかりなことがなく、心が晴れ晴れとしている様子 例文 ・屈託のない笑顔で夢を話す子供にとてつもなく癒やされた。 ・一人暮らしにもなれたようで、屈託のない顔をしていたので安心しました。 ・希望的 意味:そうであってほしいと希望をかけている様子 例文 ・彼女はどんなピンチな状況でも希望的な意見を口にすることを忘れなかった。 ・希望的憶測ばかりしていては、もしもの時に備えることができません。 ・能天気 意味:のんきで言動が軽薄な人、何事も深く考えていないこと 例文 ・あなたのことをずっと能天気な人だと思っていたけど、意外としっかり考えているんだね。 ・切羽詰まっているときに能天気な笑顔を見せられるとイライラしてしまう。 ・心安い(こころやすい) 意味:気がかりなことがなく、安心する様子 例文 ・帰って思い返すと、自分のとった態度はあまりに心安かったと反省した。 ・初対面なのにそんなに心安い口のきき方ができるなんてすごいですね。

「楽観的」の対義語は「悲観的」

「楽観的」の対義語は、「悲観的」です。 ・悲観的 意味:物事に対して望みがないと失望している様子 「楽観的」は、物事に対して前向に捉えることをいいますが、「悲観的」は反対に「うまくいくはずない」と失望したり、「失敗したらどうしよう」など、後ろ向きに物事を考えることを言います。 例文 ・去年失恋をして以降、「どうせ...」という悲観的な思考になってしまった。 ・自分の人生を悲観的にとらえてしまっては、とても勿体ないですよ。 ・まだわからないのに、ついつい悲観的な推測ばかりをしてしまうところがある。

「楽観的」の英語は「ポジティブ」ではない

「楽観的」の英語は「ポジティブ」だと勘違いしている人が結構多いので注意です。 「楽観的」の英語は「オプティミスティック(optimistic)」です。

楽観的な人の特徴|性格・考え方編

ポジティブ

楽観的な人は、とにかくポジティブです。 不安に思ってしまうようなことが一切ない! 「自分は運がいい」と信じていて、「悪いことなんておきない」と思っているのです。 だから、どんなことでも前向に考えることができるのでしょう。 例えば、誰かに嫌味を言われたとしても「嫌味を言われた」と感じることはありません。 嫌味を言われても、「褒めてくれたんだ」と捉えるのがポジティブな人の特徴です。 とにかく基本的に悪い方向に物事を考えないというのが、楽観的な人の多きな特徴であると言えるでしょう。

「ポジティブ」に生きる方法を徹底解説!真の「ポジティブ」の意味とは?

eigobu.jp

明るい

楽観的な人は、いつなんどきも明るいです。 明るいオーラが出ていて、いつでも元気いっぱいだしHAPPYって感じです。 心配事を抱えていたり、なんでもかんでもマイナスにとらえてしまう人って、どことなく暗いオーラをはなっていたりします。 楽天的な人は、心配事なんてないし「毎日楽しい!」という気持ちで生きているような人が多いので、HAPPYオーラ全開で、振る舞いもとても明るいんです。 楽観的な人は、人当たりがとても良いと言えるでしょう。

おおらか

楽観的な人は、おおらかであることが多いです。 上述しているように、他人に対して悪いイメージをいだく事がないので、「あの人性格悪そうだよね」なんて悪いようにとらえたり、「あんなの自分の都合のいいように動かしたいだけだよね」など、相手の言動に対して否定的になってしまうようなことがありません。 そもそも一人ひとり違う意見や考えを持っていることを念頭に置いているので、誰かの意見を否定することこそ本来間違っていると考えています。 なので、自分と違う意でも素直に取り入れることができます。

素直

楽観的な人は、とっても素直です。 例えば、同期が出世をしたというような場面で、変に嫉妬心を抱いたり、「どうせあいつは自分を見下しているに違いない」なんてひねくれた考え方はしません。 自分と他人を比べて深く物事を考えることがないので、他人の成功や能力も素直に喜び褒めることができます。むしろ自分も感化もされ「自分もがんばろう!」と自分自身を鼓舞することができます。

素直な人の特徴は?素直になりたいのになれない人は必見!意味や英語も解説

eigobu.jp

感情的になることがない

楽観的な人は、感情的になることがほとんどありません。 あまり物事を悪いようにとらえないので、基本的に何か不愉快なことがあったとしても、「まあいいか」で終わらせてしまいます。 とにかく何事に対してもあまり深く考えていないので、感情が昂ぶることがありません。 怒ることもなければ、焦ることもありません。 なので、「すごく嫌な思いをしたから仕返しがしたい」とか、「ガツンと言ってやらなきゃ気が済まない」みたいには思わないのです。 「まあ、わざとじゃないかもしれないしな」とか、「嫌な思いをさせてやろうと思っていたわけじゃないだろう」前向に考えます。

漠然とした悩みなら悩まない

楽観的な人は、まだ起きてもいないことに「〜になったらどうしよう」と考えてしまうなど、漠然としたことで無駄に悩んでしまうことがありません。 起こるかどうかもわからない心配事をしたってどうにもならないと思っているし、「起きてしまったら、その時に考えよう」なんて思っているわけです。 例えば、「人は死んだらどうなるか」なんて誰にもわからないようなことは、考えても仕方がないし、「天国で幸せ暮らすんだ〜」と思っています。

「〜をしなければならない」「絶対に〜だ」という考え方はしない

楽観的な人は、「〜をしなければならない」「絶対に〜だ」という考え方はしません。 「絶対にこうでなければならない」といった決めつけた考え方をしていると、そうならなかった時に無駄に焦ったり、落ち込んでしまいます。 なので、楽観的な人は基本的に決めつけた思考は捨てていて、「〜ならこうすればいい」というように、柔軟な物事のとらえ方をしていることが多いです。

人の目を気にしない

楽観的な人は、基本的に人の目を気にすることがありません。 「人は人」「自分は自分」と考えて生きています。 例えば、 ・周りにどう思われるかということに関心がないので自分が変な服でも、ボサボサの頭でも外に出れる ・「あの人1人…?」と思われてもへっちゃらなので1人焼き肉など「1人〇〇」ができる。 ・人にどう思われても「恥かしい」と思わないので失敗を恐れない ・自分に欠点があっても気にならない というようなところがあります。

楽観的な人の特徴|行動編

よく笑う

楽観的な人は、とにかくよく笑います。 とっても明るい性格をしていて、ニコニコしていることが多いです。 何か嫌なことがあっても、笑い飛ばしてしまうことが多いです。 悩んだり怒ったりするようなことがあっても「こんなことになっちゃたよ〜」なんて笑ってばかりいます。 また、考えなければならないことがあっても楽しいことをしていたい気持ちが強いので、あまり不安に思ったり焦ったりせずに談笑していることも多くなっています。

失敗してもチャレンジし続ける

楽観的な人は、たとえ失敗してしまったとしても、失敗してしまったことを気にしたり、引きずってしまうようなことがあまりありません。 「失敗したらやり直せばいい♪」くらいに思っているので、失敗してもすぐに気持ちを切り替えることができるのです。 失敗したから、周りに馬鹿にされているんじゃないか...というようなマイナスな感情は抱かないと言っていいでしょう。

マイペース

楽観的な人は、「なんとかなるでしょ」と基本的に考えているので、焦ったりすることがありません。 たとえ遅れることが、目に見えていたとしても「間に合わせることができるはず」と思っているし、遅れてしまっても「なんとかなるよ〜」とお気楽に考えているのです。 いつでも時間厳守な人にとっては、イライラしてしまうマイペースさであると言えるでしょう。 それで周りの人にイライラされていても、特に気にしないし「なんでそんなにイライラしちゃうわけ??」と思ってしまうのが楽観的な人の特徴です。

度胸がある

初めてのことに挑戦するときや、リスクのあることを挑戦するときは、色々考えてしまうものだし、なかなかはじめの一歩を踏みだすことができなかったりしますよね。 楽観的な人は、「〜になったらどうしよう」みたいなことは考えません。 「もし〜になっても、まあ大丈夫でしょ」ぐらいにしか思いません。 さらに、失敗することに対して「恥をかく」といったような抵抗がないので、どんどん新しいことに挑戦します。 周りの人からすると、「すごい度胸があるな」と思われることもお少なくないでしょう。 失敗をしてもいいと思えるなんで、肝が据わっています。

他人の長所を見つけるのが早い

楽観的な人は、「こいつは本当は嫌なやつなんじゃないか」みたいに、人の裏を見ようとしません。 楽観的なので、基本的に人を疑うということはせずに、人のいい所を素直に感じ取ることができます。 他の人からしたら「裏がありそうな笑顔だな」なんて感じるような人でも、「笑顔の素敵な人だね」とじ純粋に思うのです。 人に裏切られるかもしれないみたいなことは、一切思わないので、なんの根拠もなくてもすぐに人を信用して心を開いてしまいます。

社交的

楽観的な人は、上述しているように、とっても明るい性格をしているので、周りに人がどんどん寄ってくるのですが、来る者拒まずで、とっても社交的です。 あまり人を疑うことをしないので、誰にでもすぐに心を開いてしまいます。 楽しそう!と思うことは、なんでもしたくなってしまうし、楽しい時間を過ごすのが好きなので、声がかかるとすぐに飛んでいってしまいます。 後先のことなんて、もちろん気にしていません。 まさに、楽しい人生を謳歌していますといった感じであることが多いと言えるでしょう。

楽観的な人の特徴|発言・口癖編

噂話は聞いてもすぐに忘れちゃう

楽観的な人は、「〇〇さんて性格悪いらしいよ」など、噂話を耳にしてもすぐに忘れてしまいます。 良い意味で、他人に興味がないし、深く考えていないので、噂話なんて本当にどうでもいいと思っています。周りがどう思っていようが、自分がど接してう思うかしか考えていません。 「楽しく過ごせることが一番♪」なので、できればめんどくさい、人間関係でトラブルになることを避けるため、陰口や悪口にも加担したくないという気持ちのほうが強いのです。 正義感とかいい人ぶっているとかではなく、とにかく他人に巻き込まれたくない気持ちが強いと言えるでしょう。

相手を傷つけてしまうこともある

楽観的な人は、言われた相手が傷つく...という最悪なパターンを想像できないことが多いので、思ったことをそのまま口に出して相手を傷つけてしまうということが少なくありません。 ポジティブすぎるのが玉に瑕となってしまうのです。 よく考えれば「言わないほうがいいよね」と思うことが、わからないのです。 たとえ傷つけてしまったとしても、自覚がなかったり「なんか怒らせちゃったみたいだけど...まあいいや...」ぐらいにしか思いません。

「まあ、どうにかなるでしょ」

楽観的な人がよく言うセリフと言えば、やっぱり「まあ、どうにかなるでしょ」です。 「もし失敗してしまったら...」みたいなことは一切考えないし、「失してもなんとかなるし」ぐらいにしか考えていないのです。 心配性な人からしたら、「なんてお気楽な人間なんだ!」と思ってしまいますよね。 こういった、なんの根拠もない「どうにかなるでしょ」というような発言で、「こっちはこんなに悩んでるのに…」と嫌な気持ちさせてしまうこともあります。

「なんでもいいよ〜」

楽観的な人は、「なんとかなる」と思っているので、何かを選択する場面で、あれやこれや深く考えることがありません。 慎重な人が、「これを選んだら〜...だから」など色々と考えこんでしまうようおなことでも、「なんでもいいわ」と思っているので、選択権を他人に委ねたり、基本的に他人が決めたことを受け入れることが多いです。 例えば「食事」なんかも「食」というものに興味がないので、お腹いっぱいになれるならなんでもいいと思っていて、嫌いな食べ物を提案される可能性があっても「なんでもいい」といいます。 その時はその時考えればいいや..なんて簡単に思っているのです。

「いいよいいよ気にしないで〜」

楽観的な人は、他人がしてしまったミスについても非常に楽観的で、「まあなんとかなるでしょ〜」という感じで、「いいよいいよ気にしないで〜」といってすぐに許します。 だから◯◯さんってミス多くて嫌なんだよねと嫌味を影で言うこともありません。 何かあればフォローしてあげればいいだけのことだと単純に思っているのでしょう。

「なるようにしかならない」

楽観的な人じゃ、物事をアレコレ考えていたってなるようにしかならない!」とよく言っています。 だから深く考えない方がストレスにならなくていいよ〜と思っていることがとても多いのです。 もし、何かあったら、その時できるこに最善を尽くせばいいと思っているのでしょう。 実際に、なるようにしかならない事ってたくさんありますからね。 楽観的な人は、元々とおきるかもわからないようなことを、とにかく悪いように考えたり、深く考える時間が無駄だと思っていることが多いです。

楽観的な人の長所・いいところ

なんでも思いっきり楽しめる

楽観的な人は、「もし〜...」とか「〜...になってしまうかもしれない」といったように、起きるかどうかわからないことを心配したり、怯えたりすることがないので、いつでも100%の気持ちで思いっきり楽しむことができます。 例えば、せっかく休みをもらったのに「昨日提出した書類のことで会社から連絡が来るかもしれない」ととか、「今日休んだぶんの仕事が溜まってるんだろうな〜...」なんて考えてしまったら、楽しさも半減してしまいます。 とにかく何でも思いっきり楽しんでみちゃうと、後のことってどうでもよくなったりします。その瞬間は最高にボルテージも上がりますし、誰かと一緒ならその楽しさを共有できる喜びもあります。また、思いっきり楽しむっていう行為はストレス解消にもなるので、人にとってとても大切なことです。 様々な面において、「何でも思いっきり楽しめる」というのは人生においてプラスになります。

気持ちの切り替えが早い

楽観的な人は気持ちの切り替えがとても早いです。 ポジティブであまり嫌なことを考えないとは言っても、人間なので悲しかったり辛かったりするときもやっぱりあります。 しかし、気持ちの切り替えがとても早いので次の日くらいにはもう忘れています。 寝て起きたらスッキリ!なんてことがしょっちゅうです。 なので、「あ〜ムカついた...寝て忘れよ」と単純に自分でも思っています。 しかし、気持ちの切り替えがとても早いので次の日くらいにはもう忘れています。 寝て起きたらスッキリ!なんてことがしょっちゅうです。

あまりストレスを感じない

楽観的な人は、基本的に「なんとかなるでしょ」という思考なので、あまりストレスを感じることがありません。 「〜になったらどうしよう」とか「〜が心配だ」とか思いがちな人って、それがストレスになってしまっているんですよね。 また、上述しているように嫌なことが起きてしまっても、気持ちの切り替えがとても早いので、いつまでもモヤモヤした気持ちを抱え込んでしまうといったことがありません。 生活をしていて、あまり心配事がないというのは、ストレスを感じないいい生活であると言えるでしょう。

他人にイライラしない

楽観的な人は、上述しているように人は、あまり人の裏を見ようとしないし、何か嫌味を言われてもスーパーポジティブなので、それを嫌味と捉えることがありません。 なので、基本的に他人にイライラすることがありません。 たとえイラっとするようなことがあったとしても、気持ちの切り替えが早いのですぐに忘れてしまいます。 誰かにイライラしてもいいことってないですよね。 他人のことを変えることは出来ませんし、自分がイライラしないようにしていくしかありません。 他人にイライラしないのは、まさに何事も前向に考える楽観的な人の長所です。

周りの人を元気にさせる

楽観的な人は、「なんとかなるさ」明るい性格をしているので、上述しているようにHAPPYオーラがでていることが多いです。 ネガティブで暗い人の側にいると、自分の気持ちまでずーんと暗くなってしまうような事が多いですよね。 逆に、HAPPYなオーラを出してる人の側にいたらどうでしょうか。 たとえ嫌なことがあって暗い気持ちになっていたとしても、元気になってきませんか? 楽観的な人の前向さは、周りの人を元気にさせることがあるのです。

楽観的すぎる人の短所

期限や時間を守らない

楽観的な人は、上述しているように基本的に「なんとかなるでしょ」と思っていいるのおで、期限や時間を守らないといった、ルーズなところがあります。 「遅れたってなんとかなるでしょ」と思ってしまうのが悪い癖なんです。 確かに遅れても何とかなるかもしれませんが、それはなんとかしてくれている人の存在があるからだし、少なからず調整をするのに迷惑をかけている人がいるということを忘れてはいけません。 人に迷惑をかけても「へっちゃら」と思ってしまうところが欠点であると言えるでしょう。

無責任

物事に対して、「まあいいや」とか、「まあ、なんとかなるでしょ」と思えてしまうのって、ある意味無責任だからなんですよね。 きちんと責任をもっていれば、「まあなんとかなるよね」みたいなことを漠然と思うことはできないのでうす。 例えば、責任者を任されているときに、「なんとかなるなる〜」と言ってしまったら、周りの人は「本当に大丈夫なの?」と不安になってしまいますよね。 周りの人からすれば、何の根拠もないのに何がなんとかなるだ!と思われていても仕方ありません。

KYなところがある

例えば、大変な事態がおきて真剣に対応をしている人たちの前で、「まあ、そんなに焦らなくたっていんんじゃん?リラックスしなよ〜」なんて声をかけたら、恐らく、その場が白けます。 重たい空気に耐えかねなくなってしまう気持ちもわからなくもないのですが、一生懸命対応している人にとって、何の根拠もない「大丈夫だよなんとかなるから」みたいな言葉って、イラっとするものですよね。 楽観的なは良いですが、のんき過ぎる言動は、真面目に働いている人や努力している人に対して侮辱的だと思われてしまうことがあるので、注意が必要なんです。

後先のことが考えられない

楽観的な人って、「今がよければそれでいい!」みたいな、後先のことを考えられない人が多いです。 例えば、無計画にお金を使ってお金がなくなってしまっても、「クレジットカードを使えばいいや」なんて容易に考えてしまったりして、のちにとんでもないことになってしまったりします。 さらに、もっと身近なところで言えば、トイレットペーパーが切れても取り替えることなくトイレを後にする人は「自分さえよければそれでいい」と思っていたりすることが多い。。。 トイレットペーパーが切れたままだと、後にトイレに入ってトイレットペーパーがないことで困ってしまう人が必ずいますよね。 「今、自分がなんとかなっていればいい」という考え方なので、先の事を考えて行動することができないのです。

計画性がない

楽観的な人は、上述しているように長期的な考え方をすることができないので、計画を立てて行動をするということが苦手です。 基本的に「なんとかなる」といいながら、その場しのぎが多いというのが欠点です。 また、計画を立てたとしてもその通りに行動することも出来ません。 仕事などを頼むと、中間報告などしてくることがありません。むしろ進めていません。 そんな状態であっても、焦りません。 「ま、いいか」と思ってしまうんです。 提出期限があるようなものに関しても、最後の方に一気にやるので、完璧にできていることがほとんどなく、上司などが1から直しをして期限に間に合わないこともあります。

頼られない

楽観的な人って、明るいし友人として付き合っていく分には一緒にいて楽しい時間を過ごせるかもしれません。 しかし、仕事面ではどうでしょうか。どちらかと言うと、後先のことを考えて行動することができないし、「まあいいか」とすぐに言ってごまかすところが、なんとなく信頼できないなと思ってきませんか? あまり、責任感の求められる大きな仕事は任せないようにしようって思ってしまいますよね。 なので、基本的に頼られたりすることは少ないほうでしょう。 楽観的な人は「それはそれで楽だ」と思うかもしれませんが、出世するタイミングを完全に逃しています。

楽観的になれない人が楽観的に生きる方法

笑顔でいることを心がける

楽観的になるには、とにかく笑顔でいることを心がけてみてください! 色々と不安になってしまったり、心配になってしまっているときって、やっぱり表情も暗くなってしまうし、そうすると気持ちもずーんと暗くなって、前向きに物事をとらえることができなくなってしまいます。 とにかく笑顔でいると、それだけで気持ちも明るくなって楽観的に物事を考えることができるようになるります。 笑顔でいるだけで?と思うかもしれませんが、とっても大切なことなんですよ(^^)

周りの目を気にしない

楽観的になれない人って、「失敗してみっともない姿を見せたくない」とか、「恥ずかしい思いをしたくない」といったように、周りの人の目を気にしているようなことが多いです。 楽観的な人は、周りの人の目を気にしていないので、失敗することに対して恐怖心がないんです。 周りの目を気にするのはやめましょう! 自分が思っているほど、周りの人は自分を見ていませんし、もっと「ま、いいか別に」と気楽で思ったっていんです。だって自分の人生なのだから。 そう思うだけで、今より楽観的な考え方ができてきませんか??

考えすぎない

「失敗するのではないか」「〜...になってしまうのではないか」と、どうしても色々と考えすぎてしまうかもしれませんが、あまり深く考えすぎないことが、楽観的になれるコツです。 考えて結論が出ればいいのですが、例えば誰かに傷つけられたり嘘をつかれたりした場合、いくらこっちがそのことを考えたって現状は何も変わりません。 少しでも楽になる方法は、そのことについて考えすぎずに「もうどうでもいいや」と思ってしまうことです。 何か始める時も「上手くいくかな…」と考えたところで、やってみなければ分かりません。うまくいくかどうか考えたってうまくいくわけではないので、「うまくいったらいいな〜」と思うようにしましょう。

話半分で聞く

他人の言うことを何でもかんでも鵜呑みにしてしまうと、深く考えすぎてしまって何もできなくなってしまうようなところがあります。 例えば、「◯◯さんってほんと仕事できないよね」というような愚痴などを真剣に聞いていると「自分もそう思われているんじゃないか」とか、「そう思われないようにしなければ」という気持ちになってしまい、楽観的になれず、行動の妨げになることがあります。 所詮他人は他人だし、自分の気持ちを押し殺してまで他人の話し聞くことはありません。 仕事に関する重要な話しなど、しっかり聞くべき場面ではきちんと聞いて、プライベートなど、自分の気持ちを乱すような話しはサッと流すスキルと身につけるといいでしょう。

マイナスな言葉を口にしない

「言霊(ことだま)」という言葉をご存知でしょうか。 「言霊」とは、言葉に宿っていると信じられている不思議な力のことで、昔から「言葉には霊がいて、言葉にあらわすことを現実に実現する」という言い伝えが信じられています。 つまり、極端言えば「悪ことこを言えば悪いことが起きる」「良いことを言えば良いことが起きる」ということです。 「〜になったらどうしよう」と言っていると、本当に「なったら嫌だな」と思っていることが起きてしまったりします。 その事を頭にいれていると、自然と前向に楽観的な思考になってくるはずです。

言い方を変えてみる

「物は言いよう」なんてよく言いますが、物事は悪いように言うことも良いように言うこともできてしまいます。 例えば、長所は短所にもなり、短所だって言い方や目線を変えるだけで長所になりますよね。 つまり、とっても単純なことで、否定的だったりネガティブなことでも言い方をちょっと変えるだけで楽観的になれるんです。 特に、自分自身で「そうせ無理だ」なんてネガティブなことを思っていては、それが自己暗示となっていしまいます。 できるだけ口から出る言葉の言い方をポジティブなものに言い換える癖をつければ、無意識のうちに楽観的思考になれるはずです!

「失敗してもいい!」と思い込んでみる

勇気がいることですが、思い切って「失敗してもいい!」と思い込んでみましょう。 意外と何とかなったり、自分が思っているほど最悪な事態にはならなかったりします。 そういった「恐れていたことは起きなかった」「案外なんとかなった」という経験をしていくと次第に 楽観的な考え方になってくるはずです。 「心配しているようなことが起きない確率のほうが案外高いんだな」と気づきます。 「気にしすぎることでもないんだ・・・」というのは実際に実感しないとわからないものですよね。

自分に自信をもつ

自分の考え方や気持ちに自信を持つことも大切です。 自分に自信がないと、どうしてもマイナスに考え込んでしまうことが多くなってきます。 しかし自分に自信があれば、不安になったりすることはありません。 何かに思い悩んでしまう場合は、自分に自信をつけるために努力をしましょう。 悩んでいる時間がもったいないです。悩むくらいなら悩まなくなるくらい自分を成長させましょう。

楽観的な人と過ごす時間を増やす

楽観的になれない人にとって、楽観的な人の側にいるのって少し不安なことかもしれませんが、思い切って楽観的な人とお過ごす時間を過ごしてみてください。 そして、楽観的な人が「大丈夫」といったことは、大丈夫なんだと信じてみましょう。 大切なのは、楽観的な人のポジティブな発言に対して「いや、それはやばいよ」などと否定的な発言をしないことです。否定してしまうと結局ネガティブなままです。 楽観的な人は、とっても明るいですから、自然と楽しい時間が過ごせるはずです。 気持ちもめちゃくちゃ明るくなりますし、本当に「大丈夫」と思えるようになってきて、細かいことを心配しなくなっていくはず。周りにいる人の影響力は思っているより大きいものなのです。

楽観的になりたい人におすすめの書籍

ポジティブ・チェンジ

人の心を読み、行動を操る人気メンタリストのDaiGo先生。 DaiGo先生は、少年時代、いじめられっ子でした。つらい、いじめを克服するためにメンタリズムの技術を身に付けたといいます。 「人は誰でも簡単に変身できる」というのは、メンタリストDaiGo先生の信念です。心理学のさまざまな法則と技術を使い、あなたの人生を変える画期的な方法を教えます。

ポジティブ心理学の挑戦 “幸福"から“持続的幸福"へ

本書は「幸福とは何か」を理解する上で重要な分岐点であり、かつ人生を最大限に活用するためのツールとなる一冊である。 セリグマン博士は今、自身の世界的ベストセラー『世界でひとつだけの幸せ』『オプティミストはなぜ成功するか』を究極的に発展させ、 数百万人もの人生を変える最先端の科学としての到達点を示したと言えるだろう。

何があっても「大丈夫。」と思えるようになる 自己肯定感の教科書

仕事、人間関係、恋愛・結婚、子育て…人生は自己肯定感で10割決まる。今いちばん注目されている人気カウンセラーの心を強くする超・実践的な技術。

楽観的な人が楽観的であり続けるための習慣

規則正しい生活

規則正しい生活を送ることって、健康面だけではなく、精神面を安定させるのにもとっても重要なことです。 無駄に夜更しをしてしまっていたりしませんか? 睡眠不足の状態で過ごしていると、それだけで日中体がだるく感じたりして、何をするにも気が重くなったりしてしまいます。 そうすると、気分まで落ち込んでしまい、後ろ向きな考え方しかできなくなってしまうのです。 明るく前向に、楽観的で有り続けるためには、規則正しい生活をきちんとして、良好な精神状態をキープする必要があります! 早寝や多き!規則正しい生活を習慣づけましょう。

毎日きちんと日光を浴びる

日光浴びることには、色々な効果があるということをご存知でしょうか。 日光には、生活リズムを整えたり、脳や体の活動を活性化させる効果があって、感情を穏やかにする効果もあるとも言われています! なので、楽観的な人でも昼夜逆転した生活を送るなど、太陽に当たらない生活を送ることで、悲観的になってしまう可能性があるのです。 「太陽の光をあびてないからって何なの?関係ないでしょ笑」と思うかもしれませんが、実際に昼夜逆転した生活をしてみると実感するはずです。 楽観的で有り続けるために、毎日日光を浴びましょう。

適度な運動でストレス発散!

生きていれば、自然とストレスは溜まってしまうもの。 ストレスが溜まっていると、無償にイライラして、何もする気がおきなくなったり、投げやりな物の考えをするようになってしまいがちです。 運動はストレスを発散させ、幸せな気持になるということで、うつ病の人にも勧められています! これは、体を動かすことで、血の巡りがよくなり、気持がリラックスした状態になるからであると考えられます。 さらに、脳を活性化させる効果もありますから、ウォーキングなど適度な運動をしてストレス解消や精神を安定させる習慣をつけるとは、楽観的で有り続けるために重要なことであると言えるでしょう。

心に余裕をもつ

ストレスが溜まっていたり、やらなければいけないことがいっぱいあって、バタバタしているときって、楽観的になれなくなってしまうことが多いですよね。 頑張れば頑張るほど、心も体も疲れてしまって、なんだか悲観的になってしまったりします。 心に余裕がないと、楽観的にはなれないのです。 忙しくていっぱいいっぱいになってしまいそうな時でも、適度に休息をとるなど、休めるときはしっかり休むこと、自分自身がきついと感じるときは自分も周りに頼ることが、楽観的でありつづけるために大切です。

小さな努力を重ね続ける

楽観的で有り続けるためには、自分に自信を持てているという状況であることがとても大切です。 そのためには、小さなことでもきちんと努力をすること。 小さな目標でもきちんと立てて、努力をし、目標を達成するうということで自信をつけます。 そういった成功体験を積み上げることで、「どんな事が起きても大丈夫」つまり「自分なら何があっても対応できる」という楽観的思考に繋がるんです。 なので、きちんと小さな努力を続けることが大切なのです。

楽観的すぎる性格を治す方法

客観的に物事を見る癖をつける

物事を客観的に見るくせをつけましょう。 自分の考えは大事にするべきですが、あまり主観的になりすぎると協調性に欠けます。 他の人だったらどう思うか、一歩引いたらどう見えるか、周りからどう映るか、ということをしっかりと考えてみてください。 もしわからない場合は、周りに意見を求めましょう。

他人の意見を素直に受け入れる

楽観的すぎる人は、自分が「大丈夫でしょ」と思いこんだら、いくら他人が忠告をしたとしても、まったく聞き入れないようなところがあります。 なので、大丈夫だと思ったことでも、自分と考え方が違ったとしても他人の意見は一度受け入れましょう。 そうすることで、楽観的すぎる思考により失敗をしてしまった...なんてことを避けることができますし、ラ楽観的すぎる思考を改治すことができるはずです。

疑問に思ったことをそのままにしない

楽観的な人は、「あれ?」と思ったことでも「なんだかわからないけど、まあいいか」と判断しがちです。 しかし、本当にほっとおいて大丈夫な場合もあれば、後に大変なミスに繋がってしまったりして「どうしてあのとききちんと調べて対処しなかったんだろう」と後悔してしまうことになりかねません。 楽観的すぎるのを治したいなら、「ん!?」と思ったことは、「大丈夫でしょ」と思っても、根拠がないならきちんと確認をする癖をつけましょう。

何ごともきちんと計画を立てる

何かを始める際は事前に計画を立てるようにしましょう。 仕事はもちろん、プライベートなことでもしっかり考えて計画を立ててから行動する癖をつけることが大切です。 それで計画通りにならなければ、なぜ計画通りにできなかったのかを考えるのです。 そうやって、自分の言動を「まあ、なんとかなるでしょ」ではなく「絶対に大丈夫」と自分でも思えて、さらに、周りにも安心してもらえるような環境づくりが大切であると言えるでしょう。

状況を観察する癖をつける

人の視野には限界があり、動物のように視界が広いわけではありません。 さらに、集中してしまうと周りが目にはいらなくなってしまったりしますよね。 そんな時でも、「周りの人はどうかな・・・」と少し意識して状況を観察する癖をつけておくといいでしょう。 周りの状況を観察することができれば、自分だけの楽観的思考で突っ走ってしまうことはなくなるはずですし、空気を読むことで期すはず! 最初はなかなか難しくても、その心がけを続けることで自然に少しずつ思慮深く判断して行動できるようになれるでしょう。

発言や行動をする前に一度考える

何か発言をしたり行動をしたりする前に、一度考えるクセをつけましょう。 思った瞬間に発言をしてしまうと周りからは感情的でワガママだと思われてしまいます。 特に怒っている時や焦っている時は、必ず一度考えるようにしましょう。 考えることで冷静になって、感情的な発言は免れます。 また思いついたことを行動する時も必ず一度考えましょう。 即断即決ももちろん大事ですし、行動力ももちろん大事です。 しかし、本当にそれは今すぐやることなのか?お金かけることなのか?をじっくりと考えましょう。

まとめ

いかがでしたか? 「楽観的」について理解していただけたでしょうか。 簡単にまとめると... ✓「楽観的」の読み方は「らっかんてき」 ✓「楽観的」の意味は「物事を気楽に考えること」 ✓「楽観的」は必ずしも褒め言葉とは限らない ✓「楽観的」の類語は「屈託のない」「希望的」「能天気」など となります。 いつもあれやこれや考えすぎてしまう人にとって、楽観的な人って見ていて羨ましいなと思ってしまいますよね。 やっぱり、楽観的な人のほうがストレスも少ないですし、ネガティブな人よりは思いっきり人生を謳歌できるような気がします。 楽観的すぎて責任感がない...とかいい加減な人のように思われないように考えるべきところはきちんと考えていきたいですね(^^)

こちらの記事もチェック

欲しいものがない人の特徴と心理は?それでも何か買いたい時はどうする?

eigobu.jp

精神的に強くなりたい人へ!精神的に強い人弱い人の特徴と精神的に強くなる方法を徹底解説!

eigobu.jp

一生独身の男女の特徴と理由は?メリット・デメリットは何?一生独身の楽しみ方も紹介

eigobu.jp

自己中な人の特徴を男女別で紹介!心理、長所、対処法も徹底解説!

eigobu.jp

能天気な人の特徴とは?イライラする時の対処法は?嫌いな人が多い理由

eigobu.jp

自分本位の意味は?自分本位な人の特徴と原因は?治す方法はある?

eigobu.jp

散財してそうなのに貯金上手な人の特徴!ただ散財する人との違いは?

eigobu.jp

根性なしの特徴と原因とは?治し方は?根性なしの人におすすめの仕事も公開

eigobu.jp

根性がある人の性格・行動・発言の特徴とは?根性を鍛える方法は?

eigobu.jp

おおらかな人の特徴とは?長所&短所は?モテる?結婚観は?

eigobu.jp

コミュ障の人の特徴と原因とは?長所は?治し方は?おすすめの仕事は?

eigobu.jp

干物女とは?特徴とあるある、恋愛できない理由、彼氏いる人干物女もいる?

eigobu.jp

人と関わりたくない人の特徴と原因とは?克服方法と恋愛する方法は?おすすめの仕事も紹介

eigobu.jp

腹黒い男の職場や恋愛での特徴は?結婚観は?対処法は?出世するのはなぜ?

eigobu.jp

人望がない人の特徴と原因とは?恋愛傾向、人望のない上司の対処法は?

eigobu.jp

胆力の意味と語源とは?胆力のある人の特徴と理由、胆力を養う方法を徹底解説

eigobu.jp

腹黒いの意味と男女別の特徴とは?話し方・口癖、腹黒い心理、対策方法は?

eigobu.jp

親友の意味は?親友になる人の特徴と友達との違い!親友がいるデメリットとは?

eigobu.jp

B型男性の性格と恋愛の特徴とは?B型男性と相性がよい女性は?

eigobu.jp

B型女性の性格と恋愛の特徴とは?A型O型の男性とは相性がよい?浮気する?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「楽観的」の意味と使い方、「楽天的」との違い、楽観的な人の特徴となる方法