1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご清祥」と「ご清栄」の違いと使い分け!意味、使い方、例文、類語を紹介!
「ご清祥」と「ご清栄」の違いと使い分け!意味、使い方、例文、類語を紹介!

「ご清祥」と「ご清栄」の違いと使い分け!意味、使い方、例文、類語を紹介!

ビジネスシーンでの手紙やメール、かしこまった場面でよく用いられる「ご清祥」と「ご清栄」という言葉をご存知ですか?今回は「ご清祥」と「ご清栄」の違いを解説します。それぞれの意味と使い方を例文付きで紹介します。また2つの類語も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

「ご清祥」と「ご清栄」の違い

◯「ご清祥」・・・相手の健康や幸福を祝い喜びの気持ちを伝える言葉          個人宛にも組織宛にも使うことができるが、なるべく個人宛に使う ◯「ご清栄」・・・相手の生活や健康、繁栄を願う言葉          個人宛にも組織宛にも使うことができる

「ご清祥」は個人に対して使い、「ご清栄」は個人と組織に対して使う言葉になります。 「ご清祥」は組織に対して使っても決して間違いではない言葉ですが、ビジネスシーンでは「繁栄」という意味が含まれる「ご清栄」の方が相応しい表現となります。

「ご清祥」について

「ご清祥」の読み方は「ごせいしょう」

「ご清祥」は「ごせいしょう」と読みます。 「清」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「きよい」と読みます。 「清」は「心や行いがきよく正しい」「きよらか」「けがれがなくすがすがしい」を意味しています。 「祥」は音読みだと「ショウ」、訓読みだと「さち」「きざし」と読みます。 「祥」は「めでたいこと」「さいわい」「めでたいことの前触れ」を意味しています。

「ご清祥」の意味は「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」

「ご清祥」は、「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」といった意味合いの言葉になります。 「清祥(せいしょう)」は、「手紙文で、相手が健康で幸せに暮らしていることを喜ぶ挨拶の語」です。 敬語表現にするには「清祥」に尊敬を表す接頭語「ご」をつけて、「ご清祥」とします。

「ご清祥」は手紙やメール、またかしこまった場面での挨拶で使われる

「ご清祥」は手紙やメール、またかしこまった場面での挨拶として使用することがほとんどです。 手紙を書くときに、最初から用件を書いてしまうのはNGです。 最初はまず頭語と呼ばれる「拝啓」を書くのが基本となります。 その次に「新春の候」「盛夏の候」といった時候の挨拶を入れます。 そしてそのあとに、相手の繁栄・活躍・健康・幸福を喜ぶといった意味の慶賀の挨拶を入れます。 慶賀の挨拶には、「ご清祥」「ご清栄」「ご健勝」などがあります。 「ご清祥」は、「◯◯様におかれましてはいっそうご清祥のこととお慶び申し上げます」といったように使います。 慶賀の挨拶は、相手方の発展や幸せをこちらが喜んでいることを伝える挨拶になります。 慶賀の挨拶はたくさんあるので様々なパターンで組み合わせることができます。 「ご清祥」は、個人に対しても組織に対しても使うことのできる言葉ですが、個人に対して使うことが多いです。

「ご清祥」は喪中の場合は避けるべき

喪中とは、「喪に服している期間」で、その年に近親者に不幸があった場合に、よく年の年明けを祝うことを慎むことです。 喪中の際は、なるべく「ご清祥」を使うのは避ける方が良いでしょう。 「ご清祥」は、「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」といった意味なのであまり相応しくありません。 喪中の場合は「益々のご清祥をお慶び申し上げます」と書くのではなく、「平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます」といったように、お世話になっていることに感謝するといった意味の言い回しを使います。

「時下ますますご清祥」は「今よりも一層の健康と幸福」

「ご清祥」の中でも「時下ますますご清祥」というフレーズはよく使われます。 「時下(じか)」は、「この頃」「現在」「今のところ」を意味しています。 「時下」は、主に書き言葉として使います。手紙などで時候の挨拶を何て書けばいいか迷った時に、「時下」と置き換えることができます。「時下」は季節に関係なくいつでも使うことのできる言葉です。 「ますます」は、「程度が一層甚だしくなるさま」「前よりも一層」「いよいよ」という意味の副詞になります。「ますます」は今後の状態を表すときに使う言葉で、あとに続く言葉を強調する効果を持ちます。 また「ますます」は漢字で「益々」と書くことができます。 つまり「時下ますますご清祥」は、「今よりも一層の健康と幸福」といった意味になります。 「時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」「時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」といったように使うことが多いです。

「拝啓 時下ますますご清祥のこと...」の「時下」意味と使い方、例文、読み方

eigobu.jp

「ご清祥」の主な言い回しと例文

ご清祥の段

・拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。 ・◯◯様にはいよいよご清祥の段お喜び申し上げます。 ・ご家族の皆様におかれましてはいっそうご清祥の段、拝察いたします。

ご清祥の由(よし)

・◯◯様におかれましてはいよいよご清祥の由、慶賀の至りに存じます。 ・貴社ますますご清祥の由、心よりお喜び申し上げます。

ご清祥のことと存じます

・貴社ますますご清祥のことと存じます。 ・時下ますますご清祥のことと存じます。日頃より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

ご清祥のこととお慶び申し上げます

・時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 ・立春の候、皆様にはますますのご清祥のこととお喜び申し上げます。 ・走り梅雨のぐずついた天候から、梅雨入りがすぐそこまできているのを感じる今日この頃、皆様ますますのご清祥のこととお喜び申し上げます。

ご清祥にお過ごし

・皆様にはいよいよご清祥にお過ごしのこととお喜び申し上げます。 ・○○様にはご清祥にお過ごしのこととお慶び申し上げます。

「ご清栄」について

「ご清栄」の読み方は「ごせいえい」

「ご清栄」は「ごせいえい」と読みます。 「清」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「きよい」と読みます。 「清」は「心や行いがきよく正しい」「きよらか」「けがれがなくすがすがしい」を意味しています。 「栄」は音読みだと「えい」、訓読みだと「さかえる」「はえる」と読みます。 「栄」は「名声、輝き」「物事がさかえる」「ほまれ」「名誉」を意味しています。

「ご清栄」の意味は「手紙文などで相手の無事や健康と繁栄を喜ぶ挨拶の言葉」

「清栄」とは、「清く栄えること」を意味しています。 「ご清栄」は、手紙文などで相手の無事、健康と繁栄を喜ぶ挨拶の語です。 「清」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「きよい」と読みます。 「清」は「心や行いがきよく正しい」「きよらか」「けがれがなくすがすがしい」を意味しています。 「栄」は音読みだと「エイ」、訓読みだと「さかえる」「はえる」と読みます。 「栄」は「物事がさかえる」「ほまれ」「名誉」を意味しています。

「ご清栄」も手紙やビジネスメール、かしこまった場面での挨拶に使われる

「ご清栄」同様にビジネスシーンでの手紙やメール、またかしこまった場面での挨拶に使われます。 手紙などの書き方は「ご清祥」のところで詳しく記述しています。 「ご清栄」は、相手の健康と繁栄を喜ぶ場合に使います。 今現在の健康と繁栄を喜ぶ場合と、今後も健康と繁栄であることを願い喜ぶ場合ばあります。

「ご清栄」は個人と組織にどちら対しても使える

「ご清栄」は、相手の健康と繁栄を喜ぶという意味合いになるため、個人だけでなく組織に対しても使うことのできる言葉になります。 ご清栄を使う際に、個人に対してであれば「○○様にはご清栄のことと〜」などと使います。 団体の場合も丁寧な言葉を使うようにしましょう。 企業であれば「貴社」、学校であれば「貴校」、病院であれば「貴院」などです。

「ご清栄」はお悔やみ事や喪中の場合は使い方に注意

喪中とは、「喪に服している期間」で、その年に近親者に不幸があった場合に、よく年の年明けを祝うことを慎むことです。 「「ご清栄」は「健康と繁栄」を表す言葉ですので、「ご清祥」と違い「ご清栄」という言葉自体を使うのは問題ありません。 しかし「お喜び申し上げます」などの言葉は避けましょう。 葬儀の場や喪中 「ご清栄のこととお喜び申し上げます」は不適切ですが「益々のご清栄衷心よりお祈り申し上げます」などと使うと良いでしょう。

「ご清栄」の主な言い回し・例文

ご清栄の段

・拝啓 時下ますますご清栄の段、お慶び申し上げます。 ・◯◯様にはいよいよご清栄の段、お喜び申し上げます。 ・皆様におかれましてはいっそうご清栄の段、拝察いたします。

ご清栄の由(よし)

・◯◯様におかれましてはいよいよご清栄の由、慶賀の至りに存じます。 ・貴社ますますご清栄の由、心よりお喜び申し上げます。 ・貴会、いっそうご清栄の由、何よりと存じます。

ご清栄のことと存じます

・拝啓 貴社益々ご清栄のことと存じます。 ・○○様におかれましてはますますご清栄のことと存じます。

ご清栄のこととお慶び申し上げます

・拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 ・謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 ・貴社におかれましては益々のご清栄のこととお喜び申し上げます。 ・○○様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

「ご清祥」と「ご清栄」の類語

ご健勝

「健勝(けんしょう)」は「体が丈夫で元気なさま」「すこやか」を意味しています。 「ご健勝」はビジネス文書や手紙、挨拶やスピーチの締めで相手の健康を気遣う文章として使用します。 「ご健勝」は結婚式などのお祝いの席のスピーチでも使用することの多い言葉です。 「ご健勝」は目下や目上など関係なく使うことができますが、個人に対して使う言葉なので組織に対しては使いません。 また、「ご健勝」は明らかに元気がない人、相手が体調を崩していたり、怪我に見舞われていることを知っている場合は使用するのは控えた方が良いです。このような場合は「お身体の具合はいかがでしょう」「ご無理なさらず、お大事にしてください」といった言葉が適しています。 「ご健勝」は、特に高齢の方や、病気の方に関しては気をつけましょう。 元気であることを確実に知っていれば「ご健勝」でも問題ないですが、そうでない場合は「立夏の候〜」「陽春の候」といった時候の挨拶だけに留めておくことが良いです。

例文 ・時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・◯◯様のますますのご健勝とご活躍をお祈りし、お祝いの言葉とさせていただきます。 ・皆様におかれましては、ますますのご健勝のことと存じます。

ご繁栄

「繁栄(はんえい)」は、「豊かにさかえること」「さかえて発展すること」を意味しています。 「ご繁栄」は、商売繁盛で豊かに過ごすことを願っているというニュアンスになります。 「ご繁栄」は、個人に対しても組織に対しても使うことのできる言葉です。

例文 ・今後ともよろしくお願いいたします。末筆ではございますが、貴社の更なるご繁栄を心よりお祈り申し上げます。 ・拝啓 寒さ厳しき折、貴社におかれましては益々のご繁栄のこととお慶び申し上げます。

ご多幸

「多幸(たこう)」は、「とても幸せであること」「幸の多いこと」を意味しています。 「ご多幸」は「幸せが多い」と書くことから、相手が幸せであることを願って使うお祝いを意味する表現です。また「ご多幸」は、最初の挨拶ではなく、結びの言葉として使われます。 「ご多幸をお祈り申し上げます」「ご多幸を祈念いたします」「ご多幸をお祈りしています」といったように使います。 「ご多幸」は、目上の相手に対しても目下の相手に対しても使うことができます。 「ご多幸」は「幸せであることを願う」というプラスな意味なので、結婚式などのスピーチでも多く使われます。また、転居や転職で別れるときのお礼の挨拶として使われることも多いです。この場合の「ご多幸」は、「これからもお幸せにお過ごしください」「あなたの幸せを祈っています」といったニュアンスになります。

例文 ・末筆ながら、◯◯様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。 ・皆様のご多幸を祈り、本年も変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。 ・お二人のご多幸とご健康を心よりお祈り申し上げます。

「ご多幸」の意味と使い方、例文、類語「ご活躍/ご健勝」との違いは?

eigobu.jp

ご盛栄

「盛栄(せいえい)」は、「商売などが盛んになること」「栄えること」を意味しています。 「ご盛栄」は相手方の商売が順調であることや栄えていることを祝うための丁寧な表現です。 「ご盛栄」は、基本的に組織に対して使う言葉ですが、個人であっても商売をしている相手であれば使用しても問題ありません。

例文 ・貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ・春暖の候、皆様におかれましては、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

ご発展

「発展」は、「物事の勢いなどが伸び広がって盛んになること」「物事がより進んだ段階に移っていくこと」を意味しています。 「ご発展」は、「今よりも良い方向へ進んでいく」「どんどん良くなっていく」といったプラスな意味合いで、縁起の良い言葉とされています。 「ご発展」は、主に組織に対して使う言葉ですが、個人に対しても使うことができます。

例文 ・貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 ・末筆ながら、貴社ますますのご繁栄とご発展をお祈りいたします。 ・末筆ながら貴社のますますのご発展をご祈念いたしますとともに、今後とも変わらぬお引き立てのほどお願い申しあげます。

ご隆昌

「隆昌(りゅうしょう)」は、「勢いの盛んなこと」「栄えること」を意味しています。 「ご隆昌」には「相手を褒め称える」というニュアンスが含まれるので、取引先とのメールや手紙でのやりとりの際に使うことができる言葉になります。 ただ「ご隆昌」は「調子の良いこと」を意味しているので、取引先の状況によっては使用するのに相応しくない場合があるので注意しましょう。 「ご隆昌」は「経済的に一層発展し、繁栄している」という意味合いになるので、主に組織に対して使います。

例文 ・貴社ますますご隆昌の趣、大慶至極に存じます。 ・立冬の候、貴社ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。

ご隆盛

「隆盛(りゅうせい)」は、「勢いが盛んなこと」「大いにさかえること」を意味しています。 「ご隆盛」は、「多いに勢い盛んに栄え、経済的に豊かである」という意味合いで、相手方の繁栄している現在の状況を喜び称えるお祝いの挨拶です。 「ご隆盛」は主に組織に対して使う言葉ですが、個人に対しても使うことができます。

例文 ・貴社ますますご隆盛の趣お慶び申し上げます。 ・初秋のみぎり、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配にあずかり、厚くお礼申し上げます。

ご活躍

「活躍」は、「めざましく活動すること」「勢いよく躍りはねること」を意味しています。 「ご活躍」は、目上の相手に対して使うことのできる言葉ですが、「ご活躍を期待しております」という言い回しは目上の相手に対しては相応しくありません。「期待している」は「あてにしている」といったニュアンスで少々上から目線の言い方になってしまうためです。 「ご活躍」は、転居や転職で別れるときのお礼の挨拶としても使われることが多いです。このような場合は「新しい場所でも今後のご活躍を期待しています」といったニュアンスになります。 「ご活躍」の使い方としては「ご活躍を祈念しております」「ご活躍をお祈りしています」といったようになります。 「ご活躍」は、個人に対しても組織に対しても使うことができます。

例文 ・新天地におかれましても、益々のご活躍をお祈り申し上げます。 ・◯◯様の一層のご活躍を祈念いたしております。

さいごに

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

おすすめの記事

「拝見する」は二重敬語に注意!正しい意味とビジネスでの使い方

eigobu.jp

「ご愁傷様/ご愁傷様です」の意味と使い方、例文、返事、類語、英語を紹介

eigobu.jp

「差し支えなければ」の意味、使い方、例文、類語、英語表現も紹介

eigobu.jp

「微力ながら」の意味、ビジネスにおける使い方と例文、類語、英語も

eigobu.jp

「ご配慮」の意味、使い方、類語「お気遣い、ご考慮」との違い、例文

eigobu.jp

「お伺いします」の意味、メールの使い方、類語、英語

eigobu.jp

「兼ね合い」の意味とビジネスでの使い方!類語や英語表現も紹介します

eigobu.jp

「鑑みる」意味・読み方・英語表現!「考慮する・踏まえる」との違いも

eigobu.jp

「ご冥福をお祈りします」の意味と使い方、返し方、類語・言い換え、英語も

eigobu.jp

敬語「させていただく」の意味、使い方、英語!漢字「させて頂く」は誤用

eigobu.jp

「各位」の意味と使い方と例文!「皆様」「御中」との違い!英語も紹介

eigobu.jp

「若輩者」に謙遜の意味がある?ビジネスシーンでの使い方、類語や英語を解説!

eigobu.jp

「ご査収」の意味と使い方、返事の仕方!類語「ご確認」との違い、英語も解説!

eigobu.jp

「尊敬の念」の意味と使い方!類語・同義語、「畏敬の念・尊敬の意」との違いは?

eigobu.jp

「ご担当者様」は二重敬語?御中・各位との併用は?宛名のどこを消すのが正しい?

eigobu.jp

「必着」の意味とは?郵送での注意点、間に合わない時の対処法、「消印有効」との違いは?

eigobu.jp

「所以」の意味と現代仮名遣いとは?中国語・英語での意味は?「由縁」との違いは?

eigobu.jp

「先般」はいつ?意味と使い方!類語「先日」「過日」との違いや英語も紹介

eigobu.jp

「気の置けない」の正しい意味と使い方、由来、類語・対義語、由来、「気が置けない」との違い

eigobu.jp

「いかんせん」の意味や漢字は?語源は漢文?類語や英語も解説

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「ご清祥」と「ご清栄」の違いと使い分け!意味、使い方、例文、類語を紹介!