1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 《完全版》間違えやすい敬語「お伺いします」の意味と正しい使い方
《完全版》間違えやすい敬語「お伺いします」の意味と正しい使い方

《完全版》間違えやすい敬語「お伺いします」の意味と正しい使い方

「お伺いします」は日常会話でもビジネスシーンでもよく使う表現です。そもそも「お伺いします」はどういった意味なのでしょうか?「お伺いします」は使い方を間違えると相手に失礼な印象を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。そこで今回は「お伺いします」の意味や使い方について解説していきます。

「お伺いします」の意味

「伺う」は、「聞く」「伝え聞く」「尋ねる」「訪問する」「行く」の謙譲語です。 「お伺いします」とすると、「聞く・質問する」「訪問する・行く」の謙譲語になります。 謙譲語は、自分の動作をへりくだって表現するので目上の相手に敬意を示します。

「お伺いします」の使い方

「聞く」ときの「伺う」の使い方と例文

「聞く」の謙譲語には、「伺う」の他にも「拝聴する」「お聞きする」などがあります。 また「聞く」の尊敬語は、「お聞きになれる」「聞かれる」になります。 「伺う」は謙譲語のため、相手に対して使うのは間違いになります。例えば、目上の相手に対して「そのことについて伺いましたか?」というような使い方は間違いです。これは目上の相手に対して謙譲語である「伺う」を使っているからです。正しくは「そのことについてお聞きになられましたか?」となります。 また「伺う」は、誰かから伝え聞くという意味で「伺っております」と使うこともできます。例えば、「今日の会議のことについて聞いた?」と言われた場合に、「◯◯さんから伺っております」と言うことができます。

<「聞く」という意味で使う場合の例文> ・その話は先ほどお伺いしております。 ・お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。 ・ちょっと伺いたいのですが、◯◯さんの家はどの辺でしょうか。 ・先日は大変ありがたいお話を伺うことができました。誠にありがとうございました。 ・この案件につきましては、御社のご意向を伺いたいのですがよろしいでしょうか。 ・貴社の商品について、いくつか伺いたいことがあります。 ・すみません、ひとつ伺いたいことがあるのですが。

「訪問する」ときの「伺う」の使い方

「訪問する」ときの「伺う」は、「行く」という意味で、自分から目上の相手に出向くことを表しています。 なぜこの場面で「伺う」を使うのかというと、自分の都合で相手が時間を割いてくれていることに対して敬意を示す必要があるからです。 「訪問する」ときの使い方としては、 ・お伺いしてもよろしいですか ・お伺いしたいと思います ・お伺いしました ・お伺いできます ・伺います ・伺いたく存じます といったようになります。 逆に相手が訪問してくる場合は、「いらっしゃる」や「お越しになる」を使います。

<「訪問する」ときの「伺う」の例文> ・それでは午後2時に、お伺いします。 ・明日の10時にそちらへ伺ってもよろしいでしょうか。 ・明後日に貴社へ伺いますので、よろしくお願いいたします。 ・◯日に課長のところへお伺いします。 ・即刻そちらに伺いますので、しばらくお待ちください。 ・もしよろしければこちらからお伺いします。 ・1月1日に年始の挨拶へ伺いたく存じますが、ご都合いかがでしょうか。 ・申し訳ございません、あいにく明日は予定があり、お伺いすることができません。

「お伺いします」は正しい敬語?

二重敬語という言葉をご存知でしょうか? 二重敬語とは、同じ種類の敬語が二つ以上含まれた表現のことです。

敬語には3つの種類があります。 ▶尊敬語 ▶謙譲語 ▶丁寧語

なので、尊敬語と尊敬語、謙譲語と謙譲語、丁寧語と丁寧語が1つの文章で使われていると二重敬語になります。 尊敬語と謙譲語が1つの文章で使われることはまずありませんが、尊敬語と丁寧語、謙譲語と丁寧語というパターンはよくあります。しかしこれらは二重敬語には当たりませんので、注意してください。

「お伺いします」は二重敬語だが、許容

「お伺いします」は、 ・「お」=謙譲語 ・「伺い」=「聞く」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「お伺いします」は、謙譲語が二つ含まれているので二重敬語になります。 二重敬語になりますが、「お伺いします」は慣習的によく使われる表現です。

「伺います」が正しい敬語

「伺います」は、 「伺い」=「聞く」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「伺います」は謙譲語+丁寧語なので、一般的によく使われる表現になります。 「伺います」だけでなく文頭に「ぜひ」「かならず」「よろこんで」などと一言添えると、「呼んでもらえてうれしい」といったニュアンスを表現することができます。

「お伺いいたします」は二重敬語で避けるべき

「お伺いいたします」は、 「お」=謙譲語 「伺い」=「聞く」の謙譲語 「いたす」=「する」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 謙譲語が三つ含まれるので、二重敬語になります。謙譲語が重なっているので「お伺いいたします」は少々くどい表現になってしまいます。

「お伺いさせていただきます」も二重敬語で避けるべし

「お伺いさせていただきます」は、 「お」=謙譲語 「伺い」=「聞く」の謙譲語 「させて」=敬語ではない「する」の使役形 「いただく」=「もらう」の謙譲語 で成り立っています。 「お伺いさせていただきます」は謙譲語が三つ含まれているので、二重敬語になります。 また「〜させていただく」は、「相手からの許可が必要なとき・恩恵を受けたとき」に使う表現になります。そのため、質問したり聞いたりする際に「お伺いさせていただきます」という言葉は使わない方が良いでしょう。

「お伺い」の類語

「聞く」という意味の「お伺い」の類語

拝聴する (意味:謹んで聞くこと・聞くことの意の謙譲語) 「ためになるアドバイスを拝聴することができ、感謝の気持ちでいっぱいです」 ◯お聞きする (意味:「聞く」の謙譲語) 「ご指摘いただいた件の疑問点についてお聞きしてもよろしいでしょうか」 ◯承る (意味:謹んで聞くこと・「聞く」の謙譲語) 「ありがたいお話を承りました」

「訪問する」という意味の「お伺い」の類語

参る (意味:「行く」「来る」の謙譲語) 「明日、上司の山田が御社へ参ります」 ◯参上する (意味:人の元へ行くことをへりくだっていう語・目上の相手のところへ行くこと) 「近々お見舞いに参上する所存でおります」

「お伺いします」の英語表現

「伺います」の英語表現を考えていきましょう。 「伺います」には2つの意味がありますので、それぞれ別の英訳を考える必要があります。 ・一般的な「聞く」という意味の「お伺いします」の英語:hear, listen ・注文を「聞く」という意味の「お伺いします」の英語:take your order ・「訪問します」という意味の「お伺いします」の英語:visit それでは例文を見ていきましょう。

I've already heard that matter.

その件は、かねがねお伺いしています。

Sorry to keep you waiting, may I take your order?

お待たせして申し訳ありません。ご注文をお伺いします。

I will visit you at your office at 12:00 tomorrow.

明日正午にお伺いします。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

就職先で英語が必要な方や海外への転職を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「お伺いします」について理解できたでしょうか? ✔︎「お伺いします」は、「聞く」「訪問する」の謙譲語として使う ✔︎「お伺いします」は厳密には二重敬語だが、一般的によく使われる表現 ✔︎「伺います」は、謙譲語+丁寧語なので正しい敬語になる ✔︎「伺います」の類語としては、「承る」「参る」などがある

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る
この記事のライター
Editor

関連記事

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 《完全版》間違えやすい敬語「お伺いします」の意味と正しい使い方