1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 社内で使える?「ご査収」の意味と使い方、類語、返事の仕方、「ご確認」との違いを解説!
社内で使える?「ご査収」の意味と使い方、類語、返事の仕方、「ご確認」との違いを解説!

社内で使える?「ご査収」の意味と使い方、類語、返事の仕方、「ご確認」との違いを解説!

「ご査収」という言葉をご存知でしょうか。「ご査収ください」という言い回しは、ビジネスメールやビジネス文書で目にする機会が多いと思います。しかし、日常会話では全くと言っていいほど使いませんよね。ですので、メールで「ご査収ください」と来ても意味が分からないということもあるのではないでしょうか。また、相手に意味を深く考えずにとりあえず使っている、なんていうこともあるかもしれませんね。そこで今回は「ご査収」の意味や使い方、返事の仕方、類語について解説していきます。「ご査収」はビジネスの場で使うことの多い敬語の一つです。意味をしっかり理解して、正しく使えるようにしましょう。

「ご査収」の読み方と意味

「ご査収」は<ごさしゅう>と読みます。 「査収」は「よく調べた上で受け取ること」を意味します。 また、「同意する・納得する」という意味も含まれます。 「査」は音読みだと「サ」、訓読みだと「しらべる」と読みます。 「査」は「しらべること」を意味します。 「収」は音読みだと「シュウ」、訓読みだと「おさめる」と読みます。 「収」は「取り入れる」「まとめる」「取り込む」を意味します。 「ご査収」は、”尊敬”を表す接頭語「ご」+「査収」で成り立っています。 「ご査収」は「物品・書類・金額などをよく調べて受け取ること」を意味します。 ビジネスシーンでよく使われる「ご査収ください」は簡単に言うと、「しっかり調べて受け取ってね」ということです。単に”受け取ってください”という意味ではなく、「しっかり内容を確認したり、理解してください」という意味合いになります。

社内上司にも使える敬語?「ご査収」の使い方と例文

一般的に、「ご査収」は口語というよりもメールなどの書き言葉として用います。 「ご査収」はメールで何かの書類などの添付ファイルを付けたときに、そのファイルをよく確認して受け取ってほしいという場合に使います。相手に対して”添付資料を確認してねと”いうことをお願いしています。 「ご査収」という表現を使う際は、資料など受け取るものがあることが前提です。 見積書や企画書、履歴書など大事な書類を送る際に、最適の言葉です。 契約書や請求書など、ただ受け取るだけでなく、しっかり内容を理解してもらわないと結果的に相手にも迷惑がかかってしまう場合にも使います。 ですので、添付ファイルや同封する資料がない場合、メールの本文のみの場合は使用しません。確認すべき資料がないのに「ご査収」といってしまうと、相手を戸惑わせてしまいます。 「ご査収」の使い方としては、 ・ご査収ください ・ご査収くださいますようお願いします ・ご査収いただければ幸いです ・ご査収よろしくお願いいたします ・ご査収の上 などとなります。 社内の目上の人に対しても、状況に合っていれば「ご査収ください」を使えます。 相手によって「ご査収」だとやや堅いなと思う場合は、「添付させていただきます」「添付資料のご確認をよろしくお願いします」などと言い換えることもできます。 ただ、社外の目上の人やお客様には「ご査収ください」だとややくだけた印象を与えてしまうため、より丁寧な「ご査収のほどお願いいたします」「ご査収いただければ幸いです」などを使うのが良いでしょう。

例文 ・本日領収書を発送いたしましたので、よろしくご査収くださいませ。 ・下記の添付ファイルをご査収のほど、よろしくお願いいたします。 ・明日の会議で使う資料をお送りいたします。ご査収のほど、よろしくお願いします。 ・請求書を送付いたしますので、ご査収くださいませ。 ・新商品のサンプルを郵送いたしますので、ご査収ください。 ・ご依頼いただきました資料をお送りいたしましたので、ご査収ください。 ・ご査収いただいてから、ご連絡お願いいたします。 ・企画案を送付いたしましたので、ご査収いただければ幸いです。 ・当日のスケジュールを添付いたしましたので、ご査収のほどお願い申し上げます。 ・提案書を添付いたしますので、ご査収の上、ご検討のほどお願い申し上げます。

⚠︎ これまでに相手が何度も目を通している確認済みのもので、再度確認してもらうというとき、「ご査収」は使えません。 また、メールなどで添付・同封するものがあったとしても「ご査収」を使わない方が良いケースがあります。それは添付・同封するものが多い、または書類自体は少なくてもチェックしてもらいたい箇所が多々あるという場合です。 このような場合に「ご査収」を使ってしまうと、大袈裟な感じが出てしまいます。代わりに「ご確認ください」を使います。「ご確認ください」でも十分意味は通じます。

「ご査収ください」への返信メールの仕方

「ご査収ください」に返信する場合は、「査収しました」などと「査収」は使いません。 「ご査収ください」への返信としては、 ・確かに受け取りました ・受領いたしました ・拝受しました ・拝見しました ・確認しました などとなります。 「ご査収」は「確認して」と「受け取って」という意味が含まれます。ですので、まずは送られてきたものを確認する必要があります。送られてきたものに特に問題がない場合は、「問題ありませんでした」や「受け取りました」という内容をまとめます。 まずは「拝受しました」「受領しました」「たしかにいただきました」などと、受け取った旨を伝えましょう。その上で送られてきたものに対して、「見事にまとめてくださり、ありがとうございます」や「確認いたしました」などと確認したことの旨を伝えます。 もし、送られてきたものに問題があれば、受け取った旨を伝えてから、「少し修正のお願いがあります」といったように書くのが良いでしょう。

例文 ・確認の上、確かに受領いたしました ・資料を確かにいただきました。特に問題はございません。 ・書類を拝見しましたが、少し修正していただきたい箇所がございましたのでお願いいたします。修正箇所に関しましては下記の通りです。

「ご査収」と「ご確認」の違い

「確認」は「たしかにそうだと認めること。また、はっきりとたしかめること」を意味します。 「ご確認ください」とした場合は、「はっきりと確かめてください」「はっきりと認めてください」という意味になります。 「ご査収」と「ご確認」の違いとしては、”受け取るものがあるかどうか”という点です。 「ご確認」は「確かにそうであると認めること」を意味していて、”受け取る”という意味は含まれません。受け取るものがない場合は「ご査収ください」は使うことができません。 何か「確かにそうだとはっきりと確かめてほしい」部分がある場合は、「ご査収ください」ではなく「◯◯の部分がこの内容でいいか気になります。ご確認ください」といったように、具体的に確かめてほしい箇所を書き、「ご確認ください」と締めるのが良いでしょう。

▶︎「ご査収」・・・「よく確認してから受け取ること」 ▶︎「ご確認」・・・「たしかにそうだと認めること」

例文 ・お時間のあるときに、書類をご確認ください。 ・資料を添付しましたので、お手すきの際にご確認をお願いいたします。

「ご査収」と「ご査証」の違い

「査証」の意味は、 ・調査して証明すること ・旅券の裏書証明。ビザ となります。 「調べて証明する」という意味以外にも、海外旅行をする際に必要なビザのことを”査証”と言います。 「査証を申請する」「査証を免除される」などと聞いたことがあるかもしれません。 ビジネスシーンでの「ご査収」は、”何かを調査して証明すること”を依頼するときに使います。 使われる頻度としては、「ご査収」よりも低いです。

▶︎「ご査収」・・・「よく確認してから受け取ること」 ▶︎「ご査証」・・・「調査してから証明すること」

例文 ・問題のあった件について、ご査証のほどよろしくお願いいたします。 ・何か不具合がありました、ご査証ください。

「ご査収」のその他の類語

ご検収

「ご検収」は<ごけんしゅう>と読みます。 「検収」は「納品されたしなが注文通りであることを確かめた上で受け取ること」を意味します。 「ご検収ください」は品が実際に届くときに使い、書類など数量を確認しないものには使われません。 「ご査収」と似ていますが、「ご査収」は”金銭や書類等”などに対して、「ご検収」は”発注に応じて納められた品やサービス”に対して使います。 また、「ご検収」はコンピュータのシステムを外注したときに検証してほしいという場面でも用います。

例文 ・商品に間違いがないか、ご検収ください。 ・システムに誤りがないか、ご検収お願いいたします。

ご笑納

「ご笑納」は<ごしょうのう>と読みます。 「笑納」は贈り物をする際、「つまらない物ですが笑って納めてください」という気持ちを込め用いる語です。 「ご笑納ください」と言った場合は、「差し上げる品は大したものではないですが、笑って受け取ってください」といったニュアンスになります。 「ご笑納」は、比較的冗談を言い合える相手に対してではないと、軽々しい印象を与えてしまいます。 したがって、目上の人に対しては、よほど親しい間柄ではない限り、使用しないのが無難です。 「ご笑納」は気軽な関係の相手に、お礼として記念品や粗品を送る際に使用するのが適切になります。 また、ビジネスメールやビジネスレターなど、かしこまった場面では使わないので気をつけましょう。

例文 ・実家で採れたりんごをお送りいたします。ご笑納いただければ幸いに存じます。 ・別便にてお礼の品をお送りいたします。 ご笑納いただければ幸いに存じます。

ご一読

「ご一読」は<ごいちどく>と読みます。 「一読」は「一度読むこと。ひととおり読むこと」を意味しています。 「ご一読ください」といった場合は、配布した書類などに対して目を通しておいてくださいということになります。 ビジネスシーンにおいて「ご一読」は、会議が行われる際に資料を配布し、上司など目上の人に対して読んでおいてほしいときに使うことができます。 「目を通してください」と言っても問題ありませんが、相手によっては失礼な印象を与えてしまう可能性があるので、「ご一読ください」を使うのが良いでしょう。

例文 ・明日の会議までに、お渡しした資料をご一読いただければと思います。 ・弊社の新しいパンフレットで完成しました。大変恐縮ですが、ご一読いただけましたら幸いです。

ご高覧

「ご高覧」は<ごこうらん>と読みます。 「高覧」は「他人が見ること」を意味する尊敬語です。 「ご高覧」の「ご」は、尊敬語の接頭語になります。 「ご高覧」は目上の人に、文章や商品を見てもらうことをお願いするときに使用します。 ビジネスシーンにおいての「ご高覧」は、目上の人に資料や書類を見てほしい場合、商品を紹介する場合などに使います。 「ご高覧」は「何卒ご高覧ください」といったように使うことで、「ご覧ください」とお願いするよりも丁寧な印象を与えることができます。 「ご高覧」は目上の人に対して、「見てください」と促す表現です。 「ご高覧」は堅い表現なので、主に文章内で使われることが多く、口頭ではあまり使われません。 口頭では「ご覧ください」という表現を使います。

例文 ・会議の詳細につきましては、資料をご高覧いただきたく存じます。 ・見積書を同封いたしましたのでご高覧の上、ご検討くださいますようお願い申し上げます。

「ご高覧」の読み方と意味、使い方、例文、「ご査収」との使い分け

eigobu.jp

「ご査収」の英語

「ご査収」の英語を見ていきましょう。 日本語の「ご査収」とピッタリ合う英語は残念ながらありません。。 ですので、「ご査収ください」はシンプルに「見てください」などと表現すればよいでしょう。

I've attached the document in this email. I hope that you will be able to take a look at it.

このメールに資料を添付しました。ご査収くださいませ。

Please see the attached.

添付資料ご査収ください。

I'll send you for your consideration.

ご査収の程よろしくお願いします。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。↓

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「ご査収」について理解できたでしょうか? ✔︎「ご査収」は「よく確認してから受け取ること」を意味 ✔︎ 何か添付する資料や、同封する書類がないと「ご査収」は使えない ✔︎「ご査収ください」への返信としては、「受領しました」「確かに受け取りました」などが良い ✔︎「ご査収」の類語には、「ご検収」「ご高覧」などがある

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

「精査」の意味とビジネスでの使い方!検査・検討・照査・査収との違い

eigobu.jp

「お納めください」の意味とビジネスでの使い方、返事の仕方や類語表現も紹介

eigobu.jp

「ご高覧」の読み方と意味、使い方、例文、「ご査収」との使い分け

eigobu.jp

間違いも多い?「ご確認ください」の正しい使い方、その他「ご確認」の敬語表現は?

eigobu.jp

「憔悴」の読み方、意味、使い方を例文付きで解説!類語と英語も紹介

eigobu.jp

「邁進」の意味、敬語での使い方!四字熟語、類語、英語も紹介

eigobu.jp

間違いが多い「割愛」の正しい意味と使い方、読み方、語源、例文、類語を解説!

eigobu.jp

「内約」と「内訳」の意味の違いと使い分け

eigobu.jp

「惰性」の読み方、意味、使い方!「慣性」との違い、類語、英語も紹介

eigobu.jp

「了解しました」「承知しました」「かしこまりました 」「承りました」の意味と違い

eigobu.jp

トレンド

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 社内で使える?「ご査収」の意味と使い方、類語、返事の仕方、「ご確認」との違いを解説!