1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「気丈」の意味と使い方、類語、対義語、英語は?気丈な人の特徴とは?
「気丈」の意味と使い方、類語、対義語、英語は?気丈な人の特徴とは?

「気丈」の意味と使い方、類語、対義語、英語は?気丈な人の特徴とは?

「気丈に振る舞う」という言い回しを耳にしたことがあると思いますが、「気丈って何?」と疑問に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな「気丈」という言葉の意味と使い方を例文付きで解説します。また、「気丈な人」の特徴や、気丈に振る舞うことに疲れてしまったときの対処法なんかも併せて紹介しますのでぜひ参考にしてください。

「気丈」の読み方と意味

「気丈」の読み方は「きたけ」ではなく「きじょう」

「気丈」は、「きじょう」と読みます。 「丈」は、音読みで「ジョウ」訓読みで「たけ」とも読まれます。 「たけ」の場合、長さや身のたけ、高さを表す言葉になるため、「きたけ」とは読みません。 「きたけ」と読み間違えてしまう人が多いので注意してくださいね。

「気丈」の意味は「気の持ち方がしっかりしていること」

「気丈」の意味は、「気の持ち方がしっかりしていること」です。 「気」は、意識といった「心の働き」を意味する言葉で、「丈(じょう)」は、「強いこと」を意味している漢字です。 したがって、この2つの漢字を組み合わせた「気丈」は心や気持ちを強く保つことができている様子を言い表す言葉になります。 「気が強い」ということではなく、感情に左右されることなくどんなときでも明るく前向きに振る舞うことができる気持ちの強さをを「気丈」といいます。

「気丈夫」とも

「気丈」は、「気丈夫(きじょうぶ)」という言葉としても使用されます。 「気丈」と同じく「気持ちがしっかりしている」という意味で使用される言葉ですが、 ・「頼りにするものがあって心強い」 という意味でも使用されます。 例えば、 「まだ幼い子供と言えど、一人ではないというだけで気丈夫だ」 というように使用されます。 これは、「まだ幼いと言っても、一人でなないので心強い」といった意味合いになります。

「気丈高」という言葉はなく、正しくは「居丈高」

「気丈高」という言葉は、存在しない言葉になりますので注意しましょう。 「気丈高」は、誤って「居丈高」を「気丈高」として使用してしまっていることが考えられます。 正しくは「居丈高(いたけだか)」になりますので、覚えておきましょう。 「居丈高」の意味は、「人に対して威圧的な態度をとるさま」です。 「威圧する」ことから「威丈高」と表記されることもありますが、これは当て字です。意味がわかりやすいように使っているようですが、正しくは「居丈高」です。

「居丈高」の正しい意味と使い方とは?類語・反対語、英語表現も!

eigobu.jp

「気丈」を含む四字熟語はない

「気丈」を含む四字熟語はありません。

「気丈」の使い方と例文

「気丈に振る舞う」の形で使うのが定番

「気丈」という言葉は、「気丈に振る舞う」という形で使用されることがほとんどです。 例えば、辛くで悲しいことがあったにも関わらず、泣き顔を見せないことはもちろん、何事もないように明るく元気に振る舞うといった様子を「気丈に振る舞う」と言い表すことができます。 「気丈に頑張る」という表現が使われることもありますが、文法的には間違いではないものの、あまり使用される表現ではないので、注意してください。

例文 ・母は、父と離婚をしたときも泣き言一ついわず気丈に振る舞っていた。 ・どんなときも気丈に振る舞っていた彼女が突然泣き出したときは、さすがに焦った。 ・気丈に振る舞っていたけど、友人を亡くすなんて相当辛く悲しいことだったはずだ。 ・気丈に振る舞うも、動揺していることは見てすぐにわかった。

「気丈な人」「気丈さ」の形でも使う

また、「気丈な人」「気丈さ」といった形でも使用されることがあります。 「気丈な人」だと、「気持ちが強くてしっかりしている頼れる人」というような意味で使用されます。 「気丈さ」は、「心の強さ」といったニュアンスになります。 その他にも、 ・気丈である ・気丈にも ・気丈さに欠ける ・気丈そう といった言い回しで使用されます。

例文 ・どんな時でも弱音を吐かない彼はまさに気丈であると言えるだろう。 ・疲労困憊のなか、気丈にも家のことも手を抜かずにきちんとしていた。 ・好きなアイドルが結婚したからといってさすがに仕事中に泣くのは気丈さに欠けていた。 ・新しい担任の先生は、まさに気丈そうな元気な女性でした。

「気丈」の使用上の注意点

葬儀で「気丈に振る舞って」と相手に言うべきでない

葬儀などで、元気のない人に対して「気丈に振る舞って」といった声がけをすることはできません。 「元気だしてください」というニュアンスで使用しているつもりかもしれませんが、辛いことがあった人に対して「気丈に振る舞って」と言ってしまうのは酷すぎます。 「辛い時でも無理をして笑っていなければいけないんだ…」と相手を精神的に追い詰めてしまう可能性があるので注意してください。 本人が「どんな時でも気丈に振る舞おう」と決めるものであって、「気丈に振る舞って」なんて人に言うものではありません。

会社で「気丈さに欠ける」と部下に言うのもパワハラの可能性あり

例えば、社内などでミスをして落ち込んでいるなど、なにか辛いことがあって暗い表情をしている部下にむかって「君は気丈さにかけるな」なんて言ってしまっては、パワハラになってしまう可能性があります。 確かに、いつまでもミスを引きずっていたり、プライベートな事情を職場に持ち込んで周りの雰囲気を悪くしている部下がいたら、「気丈さに欠ける」と言いたくなってしまう気持ちもわかります。 しかし、「気丈さに欠ける」と言ってしまうということは、「もっと気丈に振る舞え」と言っているのと同じことですよね。 つまり、上述したのと同じで、この言葉は本当に辛い思いをしているかもしれない相手を追い詰めてしまう可能性があるのです。 最近ではちょっとした厳しい一言が「パワハラだー!」なんて騒がれかねませんので、注意が必要です。

褒め言葉のニュアンスを持つ「気丈」を自分に対して使うと不自然

「気丈」という言葉は、「褒め言葉」のニュアンスが強いので、自分の振る舞いに対して「気丈」という言葉を使用するのは避けましょう。 例えば、「気丈」の使用方法として、 ①「A子さんは悲しいはずなのに気丈に振る舞っていた」………◎ ②「私は気丈に振る舞っているんですよ」……………☓ となります。 ①は、「A子さんは悲しいことがあったはずなのに、明るく振る舞っていて心が強い」という褒め言葉になるので正しい使用例になります。 ②の場合は、簡単に言うと「私、辛いけど無理して明るく振る舞ってるんです、偉いでしょ」と言っているのと同じなので誤った使用例と言えます。 この場合、自分で「気丈に振る舞おう」と決めたのなら「全然元気ですよ(^o^)」と答えられなければ逆に「気丈に振る舞っている」とは言えないでしょう。

「気丈」の類語

タフ

語源は英語の「Tough」で、物の成り立ちが固く丈夫なという意味のある単語です。 日本では、、「がんじょうで、たくましい様子」という意味のカタカナ語として使用されています。 主に、強い体力と不屈の精神力を備えている様子を「タフだ」と言い表します。

例文 ・一人でこの作業すべてを終わらせたなんで、タフすぎない??? ・若い時こそタフに動いていたけど、今は体力もないし色々しんどいです。

強靭

「強靭」は、「きょうじん」と読みます。 「強靭」の意味は、「強くてねばりのあること・しなやか強いこと」です。

例文 ・あんな不祥事を起こしながらテレビに出られるなんて強靭なメンタルの持ち主に違いない ・この山を登って下るには、強靭な精神をもっていないとなかなか難しいですよ。

芯が強い

「芯が強い」は、「自分の中にしっかりとした意思をもっている」という意味で使用される言葉です。 ぶれない価値観をもっていたり、自分自身で「こうしよう」と思ったことを貫き通す一貫性のある「意思が強い人」「気持ちが強い人」に対して「芯が強い」と言ったりします。

例文 ・ふわっとしたオーラがあるが、中身が芯が強い人でとってもしっかりしていた。 ・○○さんのどんなときでも一貫した態度をとることができる芯の強さを見習いたい。

我慢強い

「我慢強い」は、「忍耐力がある」という意味で使用される言葉です。 つまり、困難や逆境など、辛い状況でも耐えることができる人のことを「我慢強い」といいます。

例文 ・兄は、幼いことから我慢強く、わがままを言って自我を通す姿を一度も見たことがない。 ・この病は、どんなに我慢強い人でも、決して絶えることができない痛みを感じると言われている。

打たれ強い

・「打たれ強い」 「打たれ強い」は、「敵の攻撃に耐える力がある」「くじけない精神力の強さ」を表現している言葉です。

例文 ・彼はとても打たれ強い性格なので、社会にでてもめげずに努力することができるだろう。 ・学生のうちに辛いことに耐えて、打たれ強さを身につけておくといいよ。

「気丈」の対義語

気弱

「気弱」の意味は「気が弱いこと」です。 小さなことに、びくびくしてしまったり、元気に振る舞えないことを「気弱」といいます。

例文 ・彼は、昔から気弱なので何か注意をされるたびに仕事を辞めてしまう ・体格がいいわりに、声も小さく気弱だったので驚いてしまいました。

脆弱

「脆弱」は、「ぜいじゃく」と読みます。 「脆弱」は、「身体・組織・器物」などがもろくて弱いこと」を表現する言葉です。

例文 ・彼は昔から脆弱で、どちらかというと頼りがいのない人でした。 ・華奢な見た目から、脆弱だと思われがちだが実はしっかりと身体を鍛えている。

ひ弱

「ひ弱」の意味は、「勢いや力が、かすかで弱いこと」です。 いかにも弱々しい人に対して「ひ弱な人」と表現したりします。

例文 ・自信がないのか、新入社員はひ弱な声でプレゼンをはじめた。 ・ひ弱なことばがり言っていても上手くいかないよ!強気でいかなくちゃ!

「気丈」の英語

「strong」「tough」が一般的

「気丈」は「心が強いこと」を意味するので、英語は「strong」「tough」が一般的です。 「brave」「courageous」は「勇敢な、勇気のある」という意味なので、微妙に日本語の「気丈」とはニュアンスが違います。 「brave」「courageous」は「恐怖感を抱かない」という意味が強いので、能動的に行動する人に対して使うことが多いです。 英和辞典によっては「stout-hearted」などがありますが、これはネイティブがあまり使う言葉ではありません。 また、「気丈に振る舞う」を「act courageously」としてしまうのも不自然な英語なので注意です。 これでは「勇気を持って行動する」という意味合いになってしまいます。 「気丈に振る舞う」は「耐えている」という意味の「bear up」が自然です。 または「普通にしている」を意味する「doing okay/fine」などもよいでしょう。

「気丈」の英語の例文

Even though she went through a hard time, she is very strong and didn't shed a tear.

辛い経験をしたにも関わらず、彼女は気丈な人なので涙一つ流さなかった。

It's been only a week since her mother passed away, but she is bearing up.

彼女の母が亡くなってからまだ1週間しか経っていないが、彼女は気丈に振る舞っている。

「go through」の6つの意味と使い方 - スラングの意味も説明します!

eigobu.jp

「even if」と「even though」の意味とその違いと使い分け

eigobu.jp

【完全版】「even though」「although」の意味と使い方

eigobu.jp

気丈な人の特徴

自分を強くもっている

気丈な人は、自分を強く持っている人が多いです。 自分をもっているからこそ、どんなときでもブレずに気丈な態度でいることができるのでしょう。 おそらく、「どんな時でも笑顔でいよう」「悲しい時でも仕事はきちんとするべきだ」というような信念があるのです。 自分をしっかりと持っている人は、目標とする自分であるために、どうすればいいのか自分の信じる 方向に突き進む傾向にあります。だから、どんなときでも気持ちを強く保っていることができるのです。

我慢強い

気丈な人は、どんなに悲しくても辛くても人前で涙を見せることはありません。 どんなに苦しい状況下であっても、ぐっとこらえて気丈に振る舞うことができるのは、まさに 我慢強いからであると言えるでしょう。 悲しくないから涙を見せないわけではありません。 みんなに心配かけまいと、どんなに泣きたいときだってこらえているです。 これって精神的な強さがないとできないことですよね。 気丈な人は、いつだって大人の振る舞い型をします。

いつも笑顔

気丈な人はいつでも笑顔!HAPPYオーラが出ています。 例え、周りが悲しいお葬式ムードであっても、いつも笑顔で周りを和ませてくれます。 いつも口角が上がっているという印象で、その笑顔に「包容力」を感じ、この人がこの場にいてくれるだけで安心感を感じます。 例えば、自分だって疲れているであろう時でも、いつでも笑顔で出迎えてくれたら、思わずその包容力に救われますよね。また、どんな時でも笑顔でいてくれる優しさが心にしみます。 どんな時でも気丈な人を見ていると「自分も落ち込んでられないな!頑張らないくと!」と前向きな気持ちにさせてくれます。

いつでも冷静

気丈な人は、いつでも冷静です。 例え、周りの人がパニクってしまったとしても落ち着いて物事を判断することができます。 冷静に物事を見て判断できるので、慌てたりパニックになったりするようなことがないのです。 突然イレギュラーなことが起こっても、落ち着いて状況を把握して対処法導き出します。周りに説明をするときも落ち着いているので、他の人たちも慌てずに落ち着けるようになります。 周りの人からしたら安心感が抜群ですよね。気丈な人は、リーダーなど人の上にたって指示するこおとが向いていると言えるでしょう。

感情をコントロールすることができる

気丈な人は、感情的になることがありません。 イライラしたり悔しがったり、いきなり悲しみに暮れたり、周りがどうしていいか分からないようなヒステリックは絶対に起こしません。 相手からすごく嫌なことをされても冷静に対処するでしょう。 そのため例えば彼女が約束を破ったとしても感情的になって怒るのではなく、なんで約束を破ってしまったのかちゃんと相手の事情を聞きます。 気丈な人だからといって何でも許すわけではありません。しかし感情的に怒ったところで事実は何も変わらないので、怒ったりはせずに冷静に解決できる方法を考えるか、もしくは腸が煮えくり返りそうなときはわざわざ口に出さずとも、そっと離れていきます。

気持ちの切り替えが素早い

気丈な人は、基本的に気持ちの切り替えがとっても早いです。 結局、気丈に振る舞うことができない人って気持ちの切り替えをすることができないから、いつまでも悲しいといった気持ちや、苦しい気持ちを引きずってしまって、それが表情や態度に出てしまうのです。 例えば、気丈な人は何か失敗をしてしまったとき、「よし!じゃあ、こうしてみよう!」とスッと気持ちを切り替えて新しい方法を試そうとします。 失敗したことは、ショックだし、一瞬「どうしよう」と焦っていることでしょう。 それでも、パッと切り替えて前を向くことができるのが気丈な人の特徴です。

ポジティブ

気丈な人は、とってもポジティブです。 悲しいことでも明るく前向きに捉えることができます。 例えば、失恋。 大切な恋人と別れてしまったり、思いが叶わないことはとっても辛いことです。 気丈な人は、悲しくても「きっと自分の運命の人は他にいるんだな」「もっと素敵な人に出会えるってことなんだな」とポジティブに考えます! だから気持ちもすぐに明るくなるんです。 気丈な人には、悲しいときにあえて物事をポジティブに考えることができる心の強さがあるのです。

頼れる

どんな時でもブレない精神的な強さがあるし、いつでも物事を冷静にとらえて対応することができるので気丈な人は頼りになります。 例えば、危機的状況において「どうしよう!!!」とただ焦って、そんでもない行動を衝動的にとってしまう人と、「さて、どうするか、、ひとまず気持ちを落ち着かせて、じっくり考えよう」と気丈に振る舞ってくれる人だったら、どちらが頼もしいでしょうか。 一緒になってワーワー焦ってしまうひとよりも、気丈に物事を判断してくれる人が側にいるほうが安心できますよね。 気丈な人ってとっても頼りになるんです。

弱音をはかない

気丈な人は、どんなときでも弱音をはくことがはありません。 自分が他人で弱音を吐いていたところで、どうにもならないということを良く知っているし、誰かが弱音を吐けば、周りにいる人の空気が悪くなるだけだということを知っているのです。 どんなに悲しくても、苦しくても、ぐっとこらえることができるのです。 自分が弱っているところを人に見せたくないというプライドの高さもあるでしょう。 基本的には弱音を吐かないし、どんなときでもポーカーフェイスを保っています。

実は繊細

気丈な人は、人に弱っているところを見せないだけで、本当は誰よりも繊細ということが多いです。 あくまでも「元気なふり」をしているだけなので、実際の心はボロボロかもしれません。 なので、本当に悲しい!と泣きわめいたり、怒りちらしたり自分の感情をむき出しにしている人よりも、本当は人一倍気にかけてあげないといけない存在であると言えるでしょう。 本来は泣いたり喚いたりするだけで、ストレス発散になりますが、自分の感情を押し殺しているのでストレスが溜まってしまうのです。 「いつも元気そう」だからこそ、こちらが気づいてあげなければ、心が崩壊してしまう可能性があるのです。

気丈に振る舞うのが疲れたときの対処法

自分の感情を大切にする

悲しい気持ちや苦しい気持ちを隠して気丈に振る舞うのって心に大きな負担がかかります。 「気丈に振る舞うのが疲れた」と感じたのなら、自分の感じているその感情を大切にしましょう。 例えば、「〜をやらなければいけないけれど、やりたくない」といった感情があるならば「やらない方法」を考えてみるなど、自分が思った通りに行動できる方法に目を向けてみてください。 「もう疲れてしまって眠くて眠くて仕方がないんだ」という感情ならば、寝てみましょう。 無理に元気にする必要はありません。 我慢をしていることがある・無理をしているということで精神的な負担がかかっている可能性が高いので、まずは自分の感情を大切にしてみてください。

周りの目を気にしない

いつもやたらと気丈に振る舞いすぎてしまうのは、周りの目を気にしているからではないですか? ・弱いところを人に見せてはいけない ・メンヘラだと思われたくない ・影で馬鹿にされるのではないか など、周りの目ばかりを気にするから自分の本当の感情に蓋をしてしまうのではないでしょうか。 周りの目を気にするこおとを一度辞めてみてください。 意外と周りの人は何も気にしていないですし、あなたの「悲しい」「辛い」といった感情に寄り添ってくれる人が沢山いるはずですよ。

気の置けない友人との時間を過ごす

外では気丈に振る舞わなければと気を張りっぱなしな人でも、「この人の前ではありのままの自分のままでいることができるな」と感じる気の置けない友人がいるはずです。 友人なら喜んで時間をあけてくれるはずなので、声をかけて一緒に楽しい時間を過ごしてもらいましょう。 思っていることや悩みをぶちまけてみてもいいですし、ただ一緒に笑って過ごすだけで、心が開放されてスッと楽になるはずです。 とにかく気が緩む時間を作ることが大切です。

一人でゆっくりと休養する時間を作る

「気丈に振る舞うのが疲れた」と感じるのは自分の心からのSOSです。 なので、ゆっくりと一人になれる時間をつくって休養しましょう。 ゆっくりと座って読書をするのもいいですし、ゆっくりとお風呂に浸かってポカポカになった体のまま布団にくるまってぐっすり眠るのもいいです。 気持ちをゆっくり休めてあげないと、体まで壊れていってしまいます。 心からのSOSにきちんと耳を傾けてあげましょう。

気丈な人になるためにおすすめの書籍

心が強い人のシンプルな法則

メンタルを自在に操る28のコツ。大切なのは「心が折れないこと」ではない。「折れてから回復するまでのスピード」だ。折れかけたメンタル、復活法はシンプル。超実践的手法を明かす!

メンタルが強い人がやめた13の習慣

メンタルが強くなれば、最高の自分でいられる。主婦から兵士、教師からCEOまで役立つ、新しい心の鍛え方。

弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉

一流アスリートの言葉をもとに、メンタルを育てる具体的方法を徹底解説。

まとめ

「気丈」について理解していただけましたか? 簡単にまとめると… ✓「気丈」の読み方は「きたけ」ではなく「きじょう」 ✓「気丈」の意味は「気の持ち方がしっかりしていること」 ✓「気丈」は「気丈夫」とも言われる ✓「気丈高」という言葉は、「居丈高」の間違え など どんなときでも気丈に振る舞う事ができる人ってすごいですよね。 しかし、どんなに気丈に振る舞っていても、自分の心に嘘を付き続けていると、いつか心も体も壊れてしまいます。 気丈に振る舞う気遣いも大切ですが、自分の心に正直になることも忘れないでいたいものですね。

こちらの記事もチェック

「老婆心」の意味と使い方、語源、返し、類語、読み方、男は?

eigobu.jp

「ご提案」は自分に使える敬語?意味、類語、提案メールの書き方、英語は?

eigobu.jp

「お伝えします」の社内外での使い方、敬語、「申し伝えます」との違い

eigobu.jp

「切ない」の意味と語源、類語「寂しい、やるせない、悲しい」との違いは?

eigobu.jp

皮肉の意味と語源を例文付きで解説!類語「嫌味」との違い

eigobu.jp

【完全版】「ご提供」は自分に使える敬語?二重敬語?意味、類語、英語も解説

eigobu.jp

「お尋ね」の意味と敬語、メール、類語「お伺い、お訊ね」との違いは?

eigobu.jp

「ご一読ください」の意味と読み方、類義語、返信方法を例文付きで解説!

eigobu.jp

「恐縮ですが」の意味と敬語、類語「申し訳ありませんが」との違い、英語表現

eigobu.jp

「感謝いたします」の意味と使い方、敬語、類語「感謝申し上げます」との違い

eigobu.jp

「大変恐縮ですが」の意味、お願い時の使い方、類語・言い換え、英語表現

eigobu.jp

「考察」の意味と使い方、類語「感想、結果、結論、推察、まとめ」との違い、英語

eigobu.jp

「致し方ない」は敬語?意味は?類語「仕方ない」との違いは?

eigobu.jp

トレンド

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「気丈」の意味と使い方、類語、対義語、英語は?気丈な人の特徴とは?