1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「二の舞を踏む」は誤用?「二の舞」の意味と使い方、語源、類語、英語
「二の舞を踏む」は誤用?「二の舞」の意味と使い方、語源、類語、英語

「二の舞を踏む」は誤用?「二の舞」の意味と使い方、語源、類語、英語

「二の舞」という言葉をご存知でしょうか。「二の舞となる」「二の舞を演じる」などと使います。日常会話でも比較的聞くことが多い言葉なので、見聞きしたことがある方が多いかもしれません。では、「二の舞」と聞くとどのような意味をイメージするでしょうか。「二の舞」と聞くと、マイナスな印象を抱く人が多いと思います。実は、「二の舞」は間違えた言い回しで使われていることが多い言葉です。正しく使うためには、しっかりと意味を知っておく必要があります。そこで今回は「二の舞」の意味や使い方、語源、類語について解説していきます。適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「二の舞」の意味

「二の舞」の意味は、 1.舞楽の一つで、壱越調の中曲のこと 2.他の人より後に出てきて、その真似をすること。前の人と同じ失敗を繰り返すこと です。 主に、2つめの意味で用います。 失敗を起こした前例があるにも関わらず、同じミスをすることを表します。

「二の舞」の語源

元々「二の舞」は舞楽の一つで、蔵面をつけて行う案摩(あま)の舞という踊りからできました。 案摩の舞には、一の舞と二の舞があり、二の舞は一の舞の後に真似る滑稽な舞いとされています。 二の舞では、笑面をつけた男と腫れ上がっている疫面をつけた老婆が出てきて、二人がわざとミスをしながら舞います。 真似て踊っているものの、なかなか上手にできないことで笑いを取ります。 このことから、「人の真似をする。同じ失敗を繰り返す」という意味で「二の舞」が使われるようになりました。

「二の舞を踏む」は誤用!正しくは「二の舞を演じる」

「二の舞を踏む」は誤用です。正しくは「二の舞を演じる」となります。 「二の舞を演じる」の意味は「前の人と同じ失敗をすること、前の人をそのまま真似すること」です。 「演じる」を「演ずる」としても正しい表現になります。元々は「演ずる」が正しい表現で、現代では「演じる」と言うことの方が多いです。 「二の舞を踏む」という間違った表現は、「二の足を踏む」と混同して使われるようになりました。 「二の足を踏む」の意味は「戸惑って、どう行動するか迷うこと」です。 物事を進める決断がつかずに、実行をためらってしまうこと・しり込みをすることを表します。『◯◯する!』と何かをしようとするも、それによって発生するマイナスな考えが思いつき迷ってしまっている状況です。 「舞は演じるもの」、「足は踏むもの」と覚えておきましょう。

「二の舞を演じる」の例文 ・勉強面においては、姉の二の舞を演じないように気をつけよう。 ・先日の二の舞を演じてしまわないように、今回は時間を有効に使って必死に練習したいと思う。 ・かつてのA社の不祥事の二の舞を演じないよう、細心の注意を払う。 ・そんなに意気込んでいても、どうせ前任者の二の舞を演じるのがオチだろう。 ・改善点をしっかり見出さないと、絶対に以前の事故の二の舞を演じることになってしまうよ。 「二の足を踏む」の例文 ・前から車を欲しいと思っているが、値段を考えると二の足を踏んでしまう。 ・この時計は機能性や値段は完璧だが、デザインを重視すると二の足を踏んでしまう。 ・ここのお店は美味しいと評判が高いが、外観が汚くて、大体のお客さんが二の足を踏む。 ・二の足を踏む友人を説得して、なんとかそのイベントに参加してくれるように頼む。 ・お店で知っている人を見たが、人違いではないかと思い、話しかけるのに二の足を踏んだ。

「二の足を踏む」の意味と使い方、誤用、類語、例文、英語表現

eigobu.jp

「二の舞を演じる」の同義語は「同じ轍(てつ)を踏む」

「二の舞を演じる」の同義語は「同じ轍(てつ)を踏む」です。 「同じ轍を踏む」の意味は「前の人が起こした失敗を再びすること」です。 「轍」とは「わだち」で、タイヤが通った跡を表します。転倒した前の車をわだちを沿って進み、同じように転倒することからきています。 元々は「前車の轍を踏む」「前轍を踏む」と言う表現が使われていました。 「二の舞を演じる」と「同じ轍を踏む」は同じ意味です。 ただ、「同じ轍を踏む」の方が少々硬い表現なので、新聞記事や文書など改まった場面で使います。 日常会話では「二の舞を演じる」を使うことが多いです。 「同じ轍を踏む」は動詞部分が「踏む」なので、とても混乱しますよね。。「二の轍を踏む」とは言わないので注意しましょう。

例文 ・このままだと先代と同じ轍を踏むことになってしまうので注意しよう。 ・先輩と同じ轍を踏まないためには、私たちの代はしっかりと練習する必要がある。 ・あれだけ気をつけるようにアドバイスしたのに、彼は同じ轍を踏んでしまったようだね。

「二の舞」の使い方と例文

前回と同じことを繰り返してしまうこと、前と同じ失敗をすることを表す場合に「二の舞」を使います。 主に、「二の舞になる」という形で使います。 「二の舞を舞う」でも間違いではありませんが、少々くどい言い方になるのであまり使わないです。また、「二の舞」に「繰り返す」という意味が含まれているため「二の舞を繰り返す」とも言いません。 例えば、「何とか対策を考えないと、前回の二の舞となるだろう」と言えます。「対策をしないと、前回失敗したように同じことを繰り返すだろう」という意味になります。 「二の舞」は、何か繰り返してはいけない前例がある場合に使います。失敗したケースがない場合は「二の舞」は使えません。 「二の舞」の言い回しとしては、 ・二の舞だ ・二の舞になる ・二の舞になりかねない などがあります。

例文 ・前任者の二の舞になってしまわないように、彼にはしっかりと指導する必要がある。 ・そのままにしておくと前回の事件の二の舞となってしまうから、手を打たないといけない。 ・うっかりしていると、大失敗した彼の二の舞になるから君はしっかりと練習する必要があるよ。 ・このままずっと勉強しないと高校の二の舞となってしまうから、大学生の今はきちんと勉強に取り組もう。 ・彼が監督だと前監督の二の舞で、そのチームは大会を制覇することができないだろう。

「二の舞」の類語

覆轍(ふくてつ) (意味:前の人の失策) 「覆轍を踏まないように、十分注意する必要がある」 同じ過ち (意味:同じ失敗) 「彼と同じ過ちを犯さないようにしないといけない」 同じ失敗 (意味:同じしくじり) 「同じ失敗をすると、恥をかくだけだ」 同じミス (意味:同じ出来損ない) 「同じミスをしないようにする」 同じ間違い (意味:同じ誤り) 「彼女と同じ間違いをすれば笑い者だ」 リバイバル (意味:昔の映画を再び上映すること) 「人気だった劇のリバイバル上映が決まった」 味噌をつける (意味:失敗して評価を下げること) 「一度味噌がつくと、信用を取り戻すには時間がかかる」 とちる (意味:ミスをすること) 「交渉でとちらないように落ち着こう」 虻蜂(あぶはち)取らず (意味:複数のものを取ろうとして、結局どれも取れないこと) 「虻蜂取らずにならないよう、一つのことだけに集中しよう」 手抜かり (意味:不注意で、するべきことを忘れること) 「手抜かりがあるようでは上手くいかない」

「二の舞を演じる」の英語

「二の舞を演じる」は英語で「make the same mistake as...」になります。 「...と同じ間違いをする」という意味になります。 目の前で二の舞を演じている人がいたら、「Here we go again!」ということもできます。「またかよ」という感じです。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

正しいxxxxの使い方

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「二の舞」について理解できたでしょうか? ✔︎「二の舞」は「他の人より後に出てきて、その真似をすること。前の人と同じ失敗を繰り返すこと」を意味 ✔︎「二の舞を踏む」ではなく、「二の舞を演じる」が正しい表現 ✔︎「二の舞」は、何か失敗やミスなど前例があった場合に使う ✔︎「二の舞」の類語には、「覆轍」「同じ失敗」「味噌をつける」「手抜かり」などがある

日本語を学ぶのにおすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

伝え方が9割

同じ内容でも伝え方次第で結果が全く変わってしまう。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか?実は言葉の選び方や順序には公式があり、それに気付きさえすれば、ビジネスシーンだけではなく人生全般でのコミュニケーションを円滑にすることができます。こちらの本では、相手の返事を「ノー」から「イエス」に変える具体的な方法が体系化されています。

この本の詳細を見る

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

偏差値35だった筆者が、二年間の浪人と東大合格の末にたどり着いた読書術を余すところなく大公開しています。文章を読み込む力や論理的に整理する力などが劇的に向上する実践的な読み方が分かりやすく解説されています。仕事・勉強の生産性を上げたい人にも読書嫌いにも効果テキメンの一冊です。

この本の詳細を見る

こちらの記事もチェック

間違いの多い敬語「させていただく」の正しい使い方

eigobu.jp

正しい敬語?「ですので」の意味と使い方と類語

eigobu.jp

キリスト教も使える?「ご冥福をお祈りします」の意味と使い方と類語・言い換え、英語も解説

eigobu.jp

志望動機で使える「一翼を担う」の意味と使い方とは?類語、例文、英語表現も解説

eigobu.jp

【ことごとく】(悉く・尽く・盡く・咸く・畢く)の意味と使い方・英語表現も!

eigobu.jp

ちょうふく?じゅうふく?「重複」の正しい読み方は?意味・使い方や英語表現も解説します!

eigobu.jp

「鑑みる」意味・読み方・英語表現!「考慮する・踏まえる」との違いも

eigobu.jp

例文付「罷免・解任・更迭・弾劾」の意味の違いと使い分け!英語表現も紹介

eigobu.jp

言質を取るの「言質」の読み方と意味は?使い方や英語表現も紹介

eigobu.jp

トレンド

ランキング

カテゴリーランキング

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「二の舞を踏む」は誤用?「二の舞」の意味と使い方、語源、類語、英語