1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「お越しください」だけじゃない「来てください」の敬語表現を徹底解説
「お越しください」だけじゃない「来てください」の敬語表現を徹底解説

「お越しください」だけじゃない「来てください」の敬語表現を徹底解説

目上の人に対して「来てください」とお願いするとき何と言えば良いのでしょうか。「お越しください」「いらしてください」はよく使われますが、他にも表現はあるのでしょうか。敬語を間違って使ってしまうと、相手に失礼だと思われたり、常識がないと思われてしまう可能性があります。そこで今回は「来てください」の正しい敬語表現について解説していきます。「来てください」の敬語表現を覚えて、社会人として正しい知識を身につけましょう。

「来てください」の意味と使い方

「ください」は丁寧語なので、「来てください」は実は正しい敬語になります。 ただ「来てください」は”絶対に来てほしい”という意味合いになるため、少々上から目線に聞こえます。 取引先など目上の人に対して「弊社まで来てください」というと、フランクな印象が強く命令しているような印象を与えてしまいます。 「来てください」自体は敬語ですが、少々失礼な印象が強いため、主に取引先やお客様など目上の人にはなるべく使わないようにしましょう。

例文 ・今度の休みに私の家までぜひ遊びに来てください。 ・お昼休みに私の方まで来てください。 ・いつでもいいのでまた来てください。 ・お好きな時間に来てください。 ・良かったらぜひ私の家まで来てください。

「来てください」以外の敬語表現《類語》

「お越しください」

「お越しになる」は「来る」の尊敬語です。 「お越しください」は、「来る」の尊敬語「お越しになる」+丁寧語「ください」で成り立っています。 「来てください」よりも「お越しください」の方が丁寧な表現になります。 丁寧な表現になるため、主に社外の人に向けて使うことが多いです。取引先の相手に自社への来社をお願いするときに「△時にお越しください」といったように使うことが多いです。 社内の上司に「会議はこちらで行いますので、◯時までにお越しください」と言ってしまうと少し仰々しい印象を与えてしまいます。

例文 ・当日は混雑が予想されるので、電車でお越しください。 ・明日の発表会には13時にお越しください。 ・どうぞお気をつけてお越しください。 ・本日はお忙しい中お越しくださり、誠にありがとうございます。 ・では◯月△日に面接を行うので、時間厳守の上お越しください。 ・弊社で講習会を行うのでぜひお越しください。 ・いつでも気軽にお越しください。

「いらしてください」

「いらしてください」は「いらっしゃってください」を略した言葉になります。 「いらっしゃる」は「来る」の尊敬語で、「お入りになる」という言い方からできた言葉です。 「いらしてください」は相手がこちらに来ることを敬う表現で、依頼するときに使います。 本来は「いらっしゃってください」と使わなくてはいけませんが、長く使い勝手が悪いため「いらっしゃて」を「いらして」に変化させた形が使われています。 「いらっしゃる」が「居る」の尊敬語のため、誤用ではないのかと言われていますが、慣習的に「いらしてください」は「来てください」の意味で使われているので正しい使い方になります。 「いらっしゃってください」は「行ってください」という意味で使う場合もあります。 しかし、今では「いらっしゃってください」は「来る」の意味で使うことがほとんどのため、「行ってください」ということを伝えたい場合は「行かれてください」を使うのが無難になります。

例文 ・◯月△日の××時に弊社までいらしてくださいませんでしょうか。 ・先日は遠方から我が家までいらしてくださり、誠にありがとうございました。 ・どうぞお気をつけていらしてください。 ・ぜひ、次の機械にまたいらしてください。 ・展示会を開催しているので、興味がありました是非いらしてください。 ・時間が空いてしまうこともあるので、お好きなものを持っていらしてください。

いらっしゃってください

「いらっしゃってください」は「来てください」の敬語表現です。 「いらしてください」をより丁寧にした表現なので、目上の人など丁寧に伝えたい場合は「いらっしゃってください」を使うのが良いでしょう。 「いらっしゃる」は「居る」の尊敬語ですが、「来てください」と同じ意味で使います。 ただ、「いらっしゃる」は「居る」という意味のため、使用場面や前後の文章によって「居てください」の敬語表現であると誤解を招いてしまう場合もあるので、使う際には気をつけるようにしましょう。

例文 ・ぜひ、お気をつけていらっしゃってください。 ・こちらの方までいらっしゃってください。 ・都合がよろしければ△時までにいらっしゃってくださいませんでしょうか。 ・会場は屋外になりますので、暖かくしていらっしゃってください。

お立ち寄りください

「立ち寄る」は「目的地へ行く途中、ついでに訪れる」「近くに行く」ことを意味します。 「お立ち寄りください」は来ることを強く願うというよりは、「来てくれたら嬉しく思う」というニュアンスになります。「お越しください」や「いらしてください」というよりもカジュアルな表現です。 「立ち寄る」という意味から「今度、会議にお立ち寄りください」などとは使えませんが、「今度ぜひ我が家にお立ち寄りください」といったようにプライベートに関することについて使うことができます。

例文 ・お近くにお越し際にはぜひお立ち寄りください。 ・今度近くまで来た時には、ぜひ我が家にお立ち寄りください。 ・都合の良いときにぜひお立ち寄りください。 ・今度東京においでの折には、どうぞお立ち寄りください。 ・せっかくお立ち寄りいただいたのに、お目にかかることができずに誠に申し訳ありませんでした。 ・駅前に移転してアクセスも便利になったので、ぜひお立ち寄りください。

おいでください

「おいで」は「行く」「来る」の尊敬語です。 「おいでください」は漢字だと「御出でください」と書きます。 「おいでください」は「来ること」をより丁寧にした表現で、「おいでいただけませんか」と疑問形にすることによってより柔らかい印象を与えることができます。

例文 ・今度、新居においでになってください。 ・こちらの方で用意しておくので、当日は手ぶらでおいでください。 ・個展を開催することとなったので、よろしければおいでください。 ・せっかくの機会ですので家族の皆様でおいでください。 ・夕方になると混みますので、お早めにおいでください。

「ご足労ください」はNGなので注意

「ご足労」は”相手が来ること、行くことを敬っていう語”です。 「ご足労」は「足を苦労させた」「足を働かせる」という意味合いになります。 「ご足労」は基本的に、本来自分が訪問しなくてはいけないところを、相手が来訪してくれた場合に使います。「本来は自分から出向かなければいけないところ、わざわざいらしていただいてすみません」というニュアンスになります。 主に「ご足労いただき〜」「ご足労いただきまして〜」などと用います。 「ご足労ください」とすると「来ること」を強要するような言い方になるため、間違いになります。 他にも「ご足労お待ちしております」「ご足労お願い申し上げます」といった使い方は誤用です。

<「ご足労」の正しい使い方> ・本日はお足元の悪い中、ご足労いただき誠にありがとうございます。 ・先日は弊社までご足労いただき、ありがとうございました。 ・ご足労おかけしてしまい大変申し訳ありません。

「来てください」の英語

「来てください」の英語は、

You must come!

せひ来てください!

Will you come?

来てください。

Please come visit us.

訪ねてきてください。

「come visit us」で「弊社を訪ねてきてください」 「come see me」で「私に会いに来てください」 など、「come」の後の不定詞「to」が省略されることがしばしばあります。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

科学的に正しい英語勉強法

こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!

この本の詳細を見る

正しいxxxxの使い方

授業では教わらないスラングワードの詳しい説明や使い方が紹介されています。タイトルにもされているスラングを始め、様々なスラング英語が網羅されているので読んでいて本当に面白いです。イラストや例文などが満載なので、この本を読んでスラングワードをマスターしちゃいましょう!

この本の詳細を見る

おすすめの英会話教室・オンライン英会話・英語学習アプリ

ビジネスシーンで英語が必須な方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました。興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「来てください」の敬語表現について理解できたでしょうか? 「お越しください」だけでなく、「いらしてください」「おいでください」などがあります。 「来てください」の敬語表現を知って、正しい使い方を確認したり、言い回しのバリエーションを増やして上手く使いこなせるようにしましょう!

敬語・ビジネスマナーを学びたい方におすすめの書籍

敬語の使い方が面白いほど身につく本

元NHKアナウンサーの著者が教科書通りの敬語ではなく、様々なシーンで使うことができる生きた敬語表現を紹介しています。文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。こちらの本では ”気の利いた敬語” の使い方を、言葉のプロがコンパクトに解説しています。

この本の詳細を見る

入社1年目ビジネスマナーの教科書

ビジネスシーンでの正しい敬語の使い方から身だしなみ、電話対応などビジネスマナーについて幅広く書かれている書籍です。新入社員からベテラン社員まで使える大変便利な一冊です。イラスト付きで分かりやすくまとめられているので、スキマ時間でスラスラと読むことができます。

この本の詳細を見る
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「お越しください」だけじゃない「来てください」の敬語表現を徹底解説