1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「血は争えない」の意味とは?親子、兄弟、いとこ、親戚に対しても使える?
「血は争えない」の意味とは?親子、兄弟、いとこ、親戚に対しても使える?

「血は争えない」の意味とは?親子、兄弟、いとこ、親戚に対しても使える?

「血は争えない」という言葉をご存知でしょうか。「血は争えないものだ」「血は争えないと感じる」といったように使います。では、「血は争えない」について意味をしっかりと理解しているでしょうか。「血は争えない」と聞くと「争う」という言葉が含まれているため、あまり良くない意味をイメージしますよね。「血は争えない」は日常会話でも使うことがある言葉なので、意味を適切に知っておく必要があります。そこで今回は「血は争えない」の意味や使い方、語源、類語について解説していきます。正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう!

「血は争えない」の読み方と漢字

「血は争えない」の読み方は「ちはあらそえない」です。 漢字は「争えない」と表記するのが正しくて、「荒そえない」「粗そえない」は間違いなので注意しましょう。 「血は抗えない(ちはあらがえない)」と言うこともありますが、より一般的なのは「血は争えない」になります。

「血は争えない」の意味と語源

「血は争えない」の意味は「父母の気質や性向は、何らかの形で子供に受け継がれていること」です。 子供が親の性格や能力を受け継いでいることは、否定しようがない・認めるしかないことです。 血の繋がりが強いため、周囲から見ると姿や中身がほとんど同じであることを指します。外見や中身だけではなく、癖・仕草・才能などがあてはまります。 「血」は「血縁、類縁、血筋」、「争えない」は「事実がはっきりとしていて、否定できないこと」を意味します。 「血は争えない」の「争う」は「戦う」という意味ではなくて、「認めざるをえない」という意味になります。 「血は争えない」は語源ははっきりとは分かっていませんが、親によく似ている人を「血は争えないね」と言ったことが始まりだとされています。

「血は争えない」の使い方と例文

「血は争えない」は、親子に対してのみ使います。 兄弟やいとこなどの親戚に対しては基本的に使いません。 しかし「血は争えない」の理論からいくと、同じ親から生まれている兄弟姉妹がみな親と似た行動を取る場合がありますよね。その場合は似ている行動を取っている兄弟姉妹に対して「血は争えないね」と言っても不自然ではないでしょう。この場合は「君たち兄弟はみんな親に似ているね」という意味になります。 「血は争えない」は、親と子供の姿や性質が似ていることを表す場合に使います。 例えば、父が浮気性である場合、その息子も女性関係が派手だったり、母がピアノが上手な場合、その娘もピアノが上手かったりということを「血は争えない」と表現できます。 「血は争えない」は良い意味としても、悪い意味としても使うことができます。

例文 ・仕草や振る舞いは親に似るもので、何気ないことでも血は争えないなと思うことがある。 ・血は争えないのだから、どんなに頑張って練習してもこれ以上他の人みたいに上手くはならない。 ・甥っ子が成長して、声や体型が親に似てきたのを見て血は争えないなと感じる。 ・血は争えないなと思う瞬間は、服の好みが一緒だったり、考えが同じときだ。 ・Aさんは、かつて父親が優勝したわんこ蕎麦大会で自分も勝ち、周囲の人に血は争えないなと言われた。 ・血は争えないと言うように、親と同じように自分も人に対して厳しい。 ・泥酔して人を殴って逮捕されるとは、自分の父親と同じで血は争えないものだ。

「血は争えない」の類語

血筋は争えない (意味:親の気質や性向は、何らかの形で子供に受け継がれていること) 「血筋は争えないから、どんな努力しても無駄だよ」 蛙の子は蛙(かえるのこはかえる) (意味:子供は親に似ること) 「蛙の子は蛙だし、彼もどうせ失敗するだろう」 子は親に似る (意味:親子はいつのまにか似てしまうこと) 「子は親に似ると言うし、きっと娘も優秀なのだろう」 瓜二つ(うりふたつ) (意味:親子や兄弟の顔や姿がよく似ていること) 「彼女は3つ上の姉と瓜二つだ」 そっくり (意味:とてもよく似ていること) 「二人ともそっくりで区別できない」 合わせ鏡のように (意味:形や姿が非常に似ていること) 「合わせ鏡のように、二人の姿は似ていた」 彷彿(ほうふつ)させる (意味:ある事柄を見て、似ている他のものをイメージすること) 「彼女の容姿はAさんを彷彿させた」 酷似(こくじ) (意味:とてもよく似ていること) 「彼は指名手配犯と酷似していた」 親譲り (意味:親から気質や財産を受け継ぐこと) 「彼のわがままぶりは親譲りだ」 そら似 (意味:とてもよく似ていること) 「彼によく似ていたが、他人のそら似だろう」

「血は争えない」の英語

「血は争えない」の英語表現を見ていきましょう。 「血は争えない」を意味する英語の慣用句には「Blood will tell.」というものがあります。 この「tell」は自動詞で「物語る」という意味です。直訳すれば「血は物語る」になります。つまり「親子が似ているのは血縁関係が証明しているよね」というニュアンスになります。

英語学習をしたい方へおすすめの書籍

正しいxxxxの使い方

この本の詳細を見る

ビジネス英語を本気で学ぶには?

職場で英語が必須な方や海外留学を検討している方など、本気で英語を学びたい人にオススメの英会話教室、オンライン英会話、英語学習アプリを厳選した記事を書きました!興味のある方はぜひご覧ください。

24a89e5f 9e39 46cc 8994 9c5c19803036 thumb

ビジネス英語を本気で学びたい人に絶対にオススメの英会話教室を紹介!

eigobu.jp

まとめ

「血は争えない」について理解できたでしょうか? ✔︎「血は争えない」は「ちはあらそえない」と読む ✔︎「血は争えない」は「父母の気質や性向は、何らかの形で子供に受け継がれていること」を意味 ✔︎「血は争えない」は、親子に対してのみ使う ✔︎「血は争えない」の類語には、「蛙の子は蛙」「子は親に似る」「瓜二つ」「酷似」などがある

こちらの記事もチェック

Article 19 thumb

「拝借」の意味と使い方、類語、例文、対義語、「借用」との違い

eigobu.jp
Article 17 thumb

「失念」の意味とビジネスでの使い方、メール例文、類語、英語表現、読み方

eigobu.jp
Article 16 thumb

意味が色々ある敬語「致す」「いたす」の使い方、「申し上げる」との使い分け

eigobu.jp
Article 15 thumb

「お越しください」だけじゃない「来てください」の敬語表現を徹底解説

eigobu.jp
Article 22 thumb

「意趣返し」の正しい意味、語源、使い方、英語表現も!「仕返し」との違いとは?

eigobu.jp
この記事のライター
Editor

人気記事

  1. TOP
  2. 日本語の意味と使い方
  3. 「血は争えない」の意味とは?親子、兄弟、いとこ、親戚に対しても使える?